正統派パチスロ攻略サイト - パチスロ立ち回り講座 | HOME | はじめに | サイトマップ | お問い合わせ |


ゴーストスロッター 第62話



■ 第62話 ■

「や、八尾さん!
  ど、どうしたんですか?
  い、いきなり呼び出すなんて?
  お、俺、今北斗の6掴んでて・・・・」

いきなり八尾に呼び出された信次。
軽く不満を口にするも、それを意に介さず八尾が口を開く。

「・・・・・・・俺、たった今グループ抜けてきたよ。」

一瞬動きが止まる信次。

「え・・・・?
  な、何言ってるんですか八尾さん・・・・?」

「本当なんだ。
  ヒロちゃ・・・・ いや、広瀬から直接『グループを抜けてくれ』って言われちまったよ。」

「そ、そんな・・・・・」

「お前はどうする?
  あんなくだらないグループに残るつもりか?」

「・・・・・・い、いや、それなら自分も抜けます。
  八尾さんと一緒に。」

この信次の言葉に、急に表情が和らぐ八尾。

「そっか。
  よし、それなら今からお前もグループから抜けるんだぞ。
  俺と一緒に。」

「・・・・・はいッ!」

八尾は、ただにこやかに頷いた。

「そ、それにしても・・・・
  ひ、広瀬さんも見る目ないですよね!
  八尾さんをクビにするなんて!
  め、目が曇ってきたんですかね〜。」

何気なく喋った信次。
だが、ついさっきまでにこやかだった八尾の表情は一変した。

「・・・・・おい。
  二度とそういうことを言うんじゃねぇ・・・・
  次言ったら許さねぇぞ信次・・・・」

「え、え・・・・?
  あ、あの・・・・・」

「いいか、くだらないのはあのグループにたかってる寄生虫どもだ。
  広瀬じゃねぇ。
  大体、俺には間違っても広瀬に文句言う資格なんかないしな。
  文句言うつもりもねぇし。
  むしろ・・・・・・・
  まあいいや。 とにかく、そういうことは二度と言うなよ。」

「・・・・・・・はい。」

信次としては、八尾をかばうくらいのつもりで言った言葉。
しかし、なぜか予想外の叱咤。

妙にしょんぼりとしてしまった信次を見て、再び八尾が話しかける。

「悪かったよ。 そんなにしょげるな。」

信次の肩を軽くポンっと叩き、八尾はふたたびにこやかな表情に戻った。


**********************************************************************


「ホントありがとうございます!
  いやぁ、一瞬ヒヤっとしましたよぉ〜!
  もしかしたら俺が追い出されるんじゃないかと思って!」

八尾と天秤にかけられた結果、グループに居座る権利を獲得した伊藤。
そのはしゃぎっぷりはかなりのものだった。

単純に『残れた!』という嬉しさよりも、積年の恨みがつもる八尾に対して『勝った!』という気に
なってしまっているのだ。

だが、そんな浮かれた伊藤を見て、いつも穏やかな広瀬が珍しく厳しい口調で伊藤に向かって
話し出した。

「伊藤・・・・・
  喜んでる場合じゃないぞ。
  俺がなんであいつを抜けさせてお前を残したかわかるか?」

「え・・・・?
  いや・・・・
  それは、八尾はグループにとって邪魔なヤツで、俺は特に問題がないから・・・・・」

この伊藤の言葉に、今まで見せたことのないような悲しい表情へと変わっていく広瀬。

「はぁ・・・・・
  何にもわかってなかったんだな・・・・・」

「な、何がですか・・・・・?」

「あのな、俺が八尾をグループから抜けさせたのは、アイツには独立してやっていく力量があると
  思ったからだ。
  逆に、お前はまだ不安な部分があるから残しただけだ。 」

「へっ・・・・・?」

「確かにお前は、八尾よりは台読みの能力がある。
  でもな、稼動に対する貪欲さがないんだ。
  調子の悪い時は粘ってもしょうがない、みたいな考えを持ってるよな?」

「えぇ・・・・ まぁ・・・・」

「それは間違ってる。
  6に座ったらとことんまで粘るべきなんだ。
  どれだけハマろうとも、10万でも20万でもぶっこむのが正しい立ち回りなんだよ。
  八尾は、その点では成熟してる。
  自分では『ヒキが強いからなんとかなる』とか考えてるみたいだけど、どっちにしてもそれが粘る
  原動力になってるわけだから結果オーライだ。」

「・・・・・・・・」

「伊藤、お前は『今日の6はダメだ』と思ったらすぐヤメちまうだろ? 」

「・・・・・まあ、そんな時もありますね。」

「確かにわからないでもない。
  出ない時は徹底して出ない6もあるからな。
  ・・・・・でもな、八尾は決してそういうことを言わない。
  あいつにだって、高設定でヘコむ時ももちろんあるんだ。
  そんな時でも、八尾は文句一つ言わず閉店まで黙々と回す。
  それこそが正しい姿勢なんだ。
  機械の調子なんてのは、人にはわからないんだからな。
  そんな、存在するかどうかもわからない機械の調子なんてものを考慮しようとすんのは間違いなんだよ。
  お前にはそういう部分がまだ身に付いてない。
  地力では、お前よりは八尾の方が上なのさ。」

「お、俺より八尾の方が上・・・・・・?」

「ああ。 それは間違いない。
  だからこそお前を残したんだ。
  本当なら、お前は残されたことを恥じなきゃいけないんだよ。
  それなのに喜んじまって・・・・・
  情けないよ、俺は・・・・」

「・・・・・・・・・・・・」

自分が残された本当の意味を知った伊藤。
ただただ恥ずかしく、言葉もなく黙ってしまった。

さらに広瀬が言葉を続ける。

「元々、そろそろ八尾は独立させようと思ってたんだ。
  地力も充分についてるし、お前らとも噛み合ってなかったみたいだしな。
  あいつも、集団行動は苦手な感じだし。
  でも、もちろん俺はこれからも個人的には八尾と付き合っていくつもりだ。
  お前らがどう思おうとな。
  大体、独立して初めて対等な関係になれるんだ。
  それは分かるだろ?
  このグループにいたんじゃ、どうしても俺に気を使っちまうもんな。」

「・・・・・・・・・・」

グゥの音も出ず、ただただ下を向く伊藤たち。
そう、これは伊藤だけでなく、その周りについていた若い連中すべてに言えることだった。

『基金』の存在があるゆえ、多少稼動に対する甘えがあったメンバー達。
八尾のように、どんなに設定6で悪い展開を喰らおうとも閉店ギリギリまで粘る貪欲さが彼らにはなかった。

痛いところを突かれ、ただ黙るしかない伊藤と他のメンバー達。
しかし、それ以上に彼らにショックだったのが、グループ内で一番広瀬から評価されていたのは、
実は八尾だったということを知ったことだった。

静まりかえる『ロージー』。

広瀬は、寂しそうに物思いに耽る。

「(八尾、きっと誤解してるだろうな・・・・・
  でも、あそこでゴチャゴチャとフォローじみたことは言いたくはなかった。
  その方がお前はもっと傷つくはずだ。
  プライドの高いお前だから、どんなに言い繕ったって、追い出す口実にしか聞こえないだろうしな。
  でも、俺にとって、グループ内で唯一対等に話ができるのはお前だけだったよ、八尾・・・・・)」
 

第63話へ進む

第61話へ戻る

目次へ戻る





【換金可能】 目指せ一攫千金! オンラインスロットで電子マネーゲット!

一撃5,000枚も可能!オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」
特許取得により「換金」が可能となっている、オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」。

現在新台リリースイベントで大盛況! 前作に比べてボーナス確率はなんと【250%超】!
オール役からのボーナス解除や高確モードからの連チャンは圧倒的破壊力で一気に大爆発の可能性アリ!
今なら特別キャンペーン中!3000円分の無料ポイント配布中!


ディーチェ



キャッシング比較情報/キャッシングコラム

頼れるキャッシング比較 | キャッシング・ローンを比較
自分に合う最適なキャッシングやローンを探すことができる徹底比較サイト。
銀行系キャッシング、低金利キャッシング、無利息キャッシングなど。




【姉妹サイト】 パチスロとも共通点の多い投資『FX』を徹底解説

≪ FX初心者向けFX講座 ≫
当サイトの姉妹サイトで、運営7年目を迎える老舗のFX初心者向け入門サイト。
特に人気のコンテンツを以下にご紹介。


■知識ゼロだけどFXに興味がある >> FX早分かり一問一答

■初めてFXに挑戦する場合はどのFX口座がいい? >> これからFXを始める人にお勧めなFX口座特集

■FX投資をしたいが忙しくて時間がない >> 投資のプロが作った売買プログラムで無料自動取引




【パチスロ・スロット機種解析情報】

≪ 解析セブン ≫
当サイトの機種ページについて、操作性・見やすさを重視するため、「解析セブン」というブログ形式のものにして別出し!
最新の解析情報や、「解析セブン」でしか手に入らない情報など、豊富なコンテンツにてお出迎え!



ページ最上部へ戻る

「パチスロ立ち回り講座」トップへ戻る