正統派パチスロ攻略サイト - パチスロ立ち回り講座 | HOME | はじめに | サイトマップ | お問い合わせ |


ゴーストスロッター 第97話



■ 第97話 ■

「(マジで・・・・・・ 怖かった・・・・・・
  なんなんだあいつら・・・・・・?)」

角刈りたちが去った後、一人公園に残っていた優司。
つい先ほどまでの恐怖を思い出していた。

「(乾の連れってあんなのかよ・・・・・
  そういえば、御子神が言ってたっけ。
  空手かなんかで全国優勝した、みたいな。 そういう繋がりか・・・・・?
  いや、そうとも限らないか・・・・・・ もう何がなんだか・・・・・)」

必死で頭を整理しようとする。

「(まさか、こんな行動に出てくるとは・・・・・・
  素直に伝えてくれないかもとは思ってたけど、脅されるなんて・・・・・・
  あいつらは本気だ。 ここで俺が諦めなければ、多分マジで俺を・・・・・・)」

絶望感が次第に募ってくる。

「(嘘だろ・・・・・
  ここで諦めなきゃいけないのか?
  もしやるとすれば、あいつらに痛い目に遭わされることを覚悟しないといけない。
  いや、痛い目くらいじゃ済まないかも・・・・・・・)」

次々と最悪のシナリオが頭に浮かんでくる。

「(乾でこれってことは、この街で一番とされてる神崎と勝負なんて絶対に無理だ。
  叶うわけない・・・・・
  つまり、これで俺はもうスロ勝負を諦めるしかないってこと・・・・・・?
  そんな・・・・・・・・・・)」


**************************************************************************


翌日の朝。

優司は、御子神と約束した通り朝10時に公園へ来ていた。

昨日と同じベンチに腰掛け、じっと一点を見つめながら微動だにしないでいる。
その表情は暗く虚ろで、明らかに顔色が悪い。

御子神も10時ちょっと過ぎに現れ、すぐに優司を発見して近くへ寄ってきた。

「おはよう。 ちゃんと来てくれたのね?
  もしかしたら来ないかと思ってたら。
  優司君にとってはメリットないもんね。 ここで私を待ってても。」

「・・・・・・・・・・」

御子神の問いかけに、チラっと顔を上げて目を合わせるも、再び俯いてしまう優司。
御子神は、優司のその表情などから、明らかにいつもと違うとすぐにわかった。

「ど、どうしたの・・・?」

「・・・・・・・・・・・」

「黙ってちゃわからないじゃない。 どうしたのよ?」

「・・・・・御子神さんの差し金じゃ・・・・・・ないよね?
  それはわかってるんだけど・・・」

「差し金? 何が?」

「・・・・・昨日、御子神さんが帰った後、彼らがここにきてね。
  『大和』の前で会った5人の彼らが。
  で、随分と脅されたよ。
  二度と乾と勝負しようなんて考えるな、ってね。
  もしやめなかったら、その時は相当痛い目に遭うことを覚悟しろ、だとさ。」

昨日の経緯について、手短に伝える優司。
言葉通り、御子神が仕向けたわけではないことはわかっていた。

「ふーん・・・・ そうだったんだ。
  まあ、確かにあの子たちならやりそうね。
  ・・・・で、さすがにそれは私が頼んだんじゃない、ってのはわかってくれてるのね。」

「うん、それはね。
  こういう方法で止めるなら、最初からやってるだろうから。
  彼らの独断なのはわかるよ。」

「そう。
  ・・・・・で、どうするの? 素直に諦める?」

冷淡な御子神の口調に、溜まっていたフラストレーションが一気に吹き上がってきた。

「それしかないだろっ!?
  わかりきったこと聞かないでくれよ!!」

理不尽な怒号に、眉間にしわを寄せて不快そうにする御子神。

「は・・・・?
  ちょっと・・・・・ 何を急にそんなにキレてるの・・・?」

「アンタなんかに俺の気持ちがわかってたまるかよ・・・・
  いろいろ犠牲にしながら続けてるこの勝負が、俺にとってどれだけ大事だと思ってんだよっ!!
  それを、あっさりと『諦めるの?』なんて言いやがって・・・・
  そりゃ俺だって諦めたくないよ!!
  でも・・・・・ あんな脅され方したら続けようにも続けられないんだよっ!」

「・・・・・・・・・・・・」

「もう帰ってくれよ!!
  アンタみたいな無神経な女はさ!!
  それで、二度と俺に近づかないでくれッ!!」

大声を張り上げ、御子神を強く睨みつける。

この態度に、御子神もさすがに我慢ができなかった。

「ええ、わかったわよ!!
  せっかくこっちは心配して言ってあげてるのに、なんなのよその態度!? 信じらんない!!
  一人で勝手にキレて・・・・
  もう頼まれても来ないから安心してよねっ!!」

御子神は、言い終わると同時に踵を返し、公園の出口目指して早足で歩いていった。

優司は、その様子を目で追う事もなく、生気のない表情で俯きだした。


**************************************************************************


「(なんなのよアイツ!
  いきなりあんなふうに怒り出して。)」

公園の出口を目指して早足で歩く御子神。

「(心配して損したわ。 もう知らない。
  大体、私の当初の目的はもう達成してるわけだし、もうこれ以上優司君なんかに関わる必要なんて
  ないのよ!)」

怒り心頭といった感じだった。



御子神は、そのまま出口付近まで辿り着き、何の躊躇いもなく公園を後にしようとしていた。

すると、正面から3人の男がこの公園へ向かってきているのがわかった。

なんとなく3人連れの男達の方へ視線をやる御子神。
そして相手を確認した瞬間、御子神は咄嗟に目を伏せた。

「(あ、あれは・・・・・ 土屋君・・・・・?
  な、なんでこんなところに・・・・・・?)」

3人組はヒソヒソと声を抑えて喋りながら歩いている。
表情は真剣で、御子神のことは全く見えていない感じ。

御子神と3人組はそのまますれ違い、御子神は公園の外へ、3人組は公園の中へ入っていった。

妙な胸騒ぎを覚えた御子神は、素直にその場を立ち去ることをやめ、木陰に身を隠しながらうずくまり、
公園内の様子を窺うことにした。

「(土屋君・・・・・・
  今更この街に何か用があるの?
  優司君がいる公園に入っていったのは偶然?)」

しかし、偶然でないことはすぐにわかった。

土屋たちは、公園内に入るや真っ直ぐ優司が座っているベンチへと向かっていき、そのベンチの前で
立ち止まった。

御子神の胸騒ぎは的中した。

しかし次の瞬間、ふと冷静になる御子神。

「(でも・・・・・ もう私には関係のないことよね。
  和弥が巻き込まれないようなら、これ以上私がしゃしゃり出ていくこともないわ。
  土屋君は、高校に入ってからはもう和弥と張り合うことをやめていたし、多分関係ないことよね。
  それならもう、私がいちいち関わることじゃないわ。
  優司君本人も・・・・・ そう言ってたしね・・・・・・)」

御子神はスクっと立ち上がり、そのまま駅の方へ向かって歩いていった。
 

第98話へ進む

第96話へ戻る

目次へ戻る





【換金可能】 目指せ一攫千金! オンラインスロットで電子マネーゲット!

一撃5,000枚も可能!オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」
特許取得により「換金」が可能となっている、オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」。

現在新台リリースイベントで大盛況! 前作に比べてボーナス確率はなんと【250%超】!
オール役からのボーナス解除や高確モードからの連チャンは圧倒的破壊力で一気に大爆発の可能性アリ!
今なら特別キャンペーン中!3000円分の無料ポイント配布中!


ディーチェ



キャッシング比較情報/キャッシングコラム

頼れるキャッシング比較 | キャッシング・ローンを比較
自分に合う最適なキャッシングやローンを探すことができる徹底比較サイト。
銀行系キャッシング、低金利キャッシング、無利息キャッシングなど。




【姉妹サイト】 パチスロとも共通点の多い投資『FX』を徹底解説

≪ FX初心者向けFX講座 ≫
当サイトの姉妹サイトで、運営7年目を迎える老舗のFX初心者向け入門サイト。
特に人気のコンテンツを以下にご紹介。


■知識ゼロだけどFXに興味がある >> FX早分かり一問一答

■初めてFXに挑戦する場合はどのFX口座がいい? >> これからFXを始める人にお勧めなFX口座特集

■FX投資をしたいが忙しくて時間がない >> 投資のプロが作った売買プログラムで無料自動取引




【パチスロ・スロット機種解析情報】

≪ 解析セブン ≫
当サイトの機種ページについて、操作性・見やすさを重視するため、「解析セブン」というブログ形式のものにして別出し!
最新の解析情報や、「解析セブン」でしか手に入らない情報など、豊富なコンテンツにてお出迎え!



ページ最上部へ戻る

「パチスロ立ち回り講座」トップへ戻る