正統派パチスロ攻略サイト - パチスロ立ち回り講座 | HOME | はじめに | サイトマップ | お問い合わせ |


ゴーストスロッター 第96話



■ 第96話 ■

「(全く・・・・ 本当にダメね、あの男は。)」

公園を出た後、駅の方へ向かって歩く御子神。
先ほどまでの優司とのやりとりを思い浮かべながら。

「(でも・・・・
  いくら和弥のためとはいえ、待ち合わせまでして優司君を逃がさないようにするなんて我ながら変よね。
  男として、人間として、彼にはなんの魅力も感じないのに、なんでなのかな・・・?
  どこかほっておけない感じがする、とか・・・・・)」

自分の行動に少し疑問を感じ始めている御子神だった。

優司も感じていたことだが、確かに『ただ乾のために』というわりには不要な行動が多い。

付きまとって諦めさせる、という行動は、人を使わずに自分自身が体を張って止めようとしている姿を
乾に知ってほしいという思いがあるのでまだわかるが、その目的はもう達成しているようなものだった。

乾を慕う人間たちにその姿を見せることが出来、さらに優司はこれ以上動かないと言っているのだから。

ゆえに、わざわざ待ち合わせまでして付いて行くことはない。

「(9割くらいは、和弥に少しでも振り向いて欲しいっていう目的でやってるけど、1割くらいは優司君の
  危うさがどこかほっとけない、っていうのがあるのかな。
  ・・・・自分ではそんなつもりは全くないのに。 不思議なものね。)」

不毛なパチスロ勝負に取りつかれてしまっている優司。
さらに、元彼女を利用されて辛い目に遭っていたところも直で目撃した。

そんなことが影響しているのかもしれない、とも考え始める御子神だった。


**************************************************************************


御子神が去った後の公園。

優司は、一人ベンチに座ったまま、物思いに耽っていた。

「(御子神は一体どういうつもりなんだろう・・・・?)」

彼女の行動について、優司もまた思い悩んでいた。

「(チラっとそう思ってはやっぱり違うと思ってきたけど・・・・・
  もしかしたら本当に、少しは俺のことを・・・・・)」

目当てのパチスロ勝負の状況については芳しくないのに、なぜか軽くほんわかとした気分に
なってしまう優司。

「(今は、俺のやること為すこと否定してくるからついついあんな態度を取っちゃうけど、でも、あれだけの
  美人と付き合えるなんてことになったら・・・・・)」

ついつい妄想が飛躍していくが、ここでハッと我に返った。

「(な、何を考えてんだ俺は!
  今はそれどころじゃないだろ。
  まずは、とにもかくにも乾のことだ。
  でもその乾の件が・・・・・ まずいんだよなぁ・・・・
  うまいこと乾の知り合いと会えて、一応勝負の依頼はしておいたけど・・・・・
  あんなんで本当に勝負なんてできるのか?
  彼ら、明らかに迷惑そうにしてたしなぁ・・・・・
  あーもうっ!! どうすりゃいいんだよっ!?!?)」

自分のやるべきことを思い出し、再び落ち込みだす優司。
ベンチに腰掛けた姿勢のまま大きくうなだれ、ため息をついて目を閉じた。

その時だった。
前方に何やら気配を感じた。

反射的に顔を上げる優司。
するとそこには、つい先ほど会話を交わした乾の知り合いたちがいた。

「よぉ。 ちょっといいか?」

話しかけてきたのは、先ほども会話の中心となっていたリーダー格っぽい角刈りの男。

「な、何・・・・・?」

男達の表情が一様に威圧感を感じさせるものだったため、優司は思わずたじろいでしまった。

そんな優司の様子など無視し、話を続ける角刈り。

「いいからさ、とりあえず立てよ。 ほら。」

そう言って、角刈りは優司の襟元を掴み、無理矢理立ち上がらせた。

最初は軽く抗おうとした優司だが、相手の予想外に強靭な腕力に為す術もなく、立ち上がらざるを
得なかった。

「なんで俺らがこうしてここに来たかわかるか?」

5人で取り囲みながら、ドスの利いた声で優司に問いかける角刈り。
襟元はまだ掴んだまま。

「い、いや・・・・・・ よく・・・・わからないけど・・・・・」

薄々は気付きつつも、しらばっくれてみた。
しかし次の瞬間、角刈りの声量が一気に上がった。

「ふざけんなオラァーーーッッッ!!
  わからないだァッッ!?!? ああッッ!?!?」

その迫力に、思わず目を伏せてしまう優司。
体は、小刻みに震えていた。

勢いに乗り、角刈りは言葉を続ける。

「お前なァ、ルイさんには迷惑かけるは、乾さんにはかったるい勝負仕掛けようとするは、なんなんだよッ!?
  ああ!? ナメてんのか!?!?」

「・・・・・・・・・・」

「あの二人はなぁ、お前みたいにヒマじゃねぇんだよッ!
  お前のくだらないお遊びに付き合ってる時間なんてねぇの。 わかるか!?」

「・・・・・・・・・・」

「わかるかって聞いてんだよッッ!!!」

誰も居ない公園内に響き渡る怒号。
優司は、あまりの恐怖で返事もできない状態。

5人ともいかつい体格と顔をしており、普通に街で出会ったら確実に避けて通るような風貌の男達。

そんな男達に囲みを喰らい、かつ、人生で初めて味わうような恫喝を受けている。
エリート街道を歩いてきた優司にとって、こんな状況は無縁だった。
恐怖で固まってしまうのも仕方がないと言える。

「・・・・・おい、何を黙りこくってんだよテメェ。
  返事くらいしろよ。 あ?」

顔を近づけつつ声を落とし、ただただ低い声で優司に詰め寄る角刈り。

「・・・・・・・・・・わ、悪かったよ・・・・・・・・」

なんとか搾り出した言葉だった。

臆病で気が小さい人間ほど、こういう時に素直に下手には出れないもの。
どこか意地を張ってしまうのだ。

「なんだその態度は? あッ?
  何タメ口きいてんだよッ!?」

「・・・・・・・・・・・・・・・」

うっすらと視線をはずしながら、無言のままでいる優司。

「おい、聞いてんのか?」

「・・・・・・・・・・・・」

「わかったのかって聞いてんだろ!?
  お前がどれだけ迷惑なことやってるかってことをよ。 ああッ?」

「・・・・・・・・・わかって・・・・・・ます。」

消え入りそうな声で呟く優司。

「ちっ!
  もっとはっきり喋れよな!? ったくよぉッ!!」

角刈りは、そう言って掴み続けていた襟元を離し、少し優司と距離を取った。

「じゃあ、二度と乾さんにパチスロ勝負なんつーくだらないモン仕掛けようとすんなよ?
  次そんなことがあったら、とんでもない目に遭わすから覚悟してろよ?」

「はい・・・・・・・・・・」

「よぉし。 わかりゃいいよ。」

「・・・・・・・・・・」

「ったくよぉ、そういうガキくさい遊びはお友達同士でやってろってんだよ。
  ・・・・じゃあ俺ら帰るけどよ、もう二度と余計なことすんじゃねぇぞ。 わかったな?」

「はい・・・・・・」

優司の返事を聞くと、5人とも無言で踵を返し、公園を出て行った。
 

第97話へ進む

第95話へ戻る

目次へ戻る





【換金可能】 目指せ一攫千金! オンラインスロットで電子マネーゲット!

一撃5,000枚も可能!オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」
特許取得により「換金」が可能となっている、オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」。

現在新台リリースイベントで大盛況! 前作に比べてボーナス確率はなんと【250%超】!
オール役からのボーナス解除や高確モードからの連チャンは圧倒的破壊力で一気に大爆発の可能性アリ!
今なら特別キャンペーン中!3000円分の無料ポイント配布中!


ディーチェ



キャッシング比較情報/キャッシングコラム

頼れるキャッシング比較 | キャッシング・ローンを比較
自分に合う最適なキャッシングやローンを探すことができる徹底比較サイト。
銀行系キャッシング、低金利キャッシング、無利息キャッシングなど。




【姉妹サイト】 パチスロとも共通点の多い投資『FX』を徹底解説

≪ FX初心者向けFX講座 ≫
当サイトの姉妹サイトで、運営7年目を迎える老舗のFX初心者向け入門サイト。
特に人気のコンテンツを以下にご紹介。


■知識ゼロだけどFXに興味がある >> FX早分かり一問一答

■初めてFXに挑戦する場合はどのFX口座がいい? >> これからFXを始める人にお勧めなFX口座特集

■FX投資をしたいが忙しくて時間がない >> 投資のプロが作った売買プログラムで無料自動取引




【パチスロ・スロット機種解析情報】

≪ 解析セブン ≫
当サイトの機種ページについて、操作性・見やすさを重視するため、「解析セブン」というブログ形式のものにして別出し!
最新の解析情報や、「解析セブン」でしか手に入らない情報など、豊富なコンテンツにてお出迎え!



ページ最上部へ戻る

「パチスロ立ち回り講座」トップへ戻る