正統派パチスロ攻略サイト - パチスロ立ち回り講座 | HOME | はじめに | サイトマップ | お問い合わせ |


ゴーストスロッター 第39話



■ 第39話 ■

小島と斉藤を相手に泥酔しながらくだを巻いたあの日から、2日が経過した2004年10月17日。
時間は17:00。

「(今日もどうせ嬉しい連絡はないんだろうな・・・・・)」

優司は、ネガティブなことを考えつつホールを巡っていた。

ここ最近は、スロ勝負相手が決まらずただただホールデータを取る毎日が続いている。

「(やっぱり、広瀬と勝負したのは間違いだったのか・・・・)」

広瀬に勝った直後こそ、スロッターとしての名誉・喜びを感じられた優司だが、その後はただただ
邪魔な勲章でしかなかった。

それでも、心の底から後悔しているわけでもない。

確かに勝負相手を探すのに苦労はしているが、裏を返せば、それだけ自分が他のスロッター達に
認められているということ。

自分との勝負を恐れて、誰も正面からぶつかってこようとしない。
このことは、優司の生活にとって不自由さはあるものの、悪い気分でもなかった。
特に、プライドの高い優司にとっては。

ただ、悪い気分ではないが、「結果を残し続けてる自分がこんなに苦しむのはおかしい」という
妙なイラ立ちに苛まれ、気持ち的には徐々に余裕をなくしていた。

だからこそ大酒に酔い、仲間たちに愚痴ってしまうわけだが。


**********************************************************************


18:00。

引き続きホールデータを取り続ける優司。

「(さて、と。
  今日の飲みには久々日高たちも来るみたいだし、一旦早めに切り上げるか。)」

久々といっても、会っていない期間はたかだか10日間程度。

しかし、それでも優司たちにとっては「久々」だった。
普段は、週に3,4回のペースで会っているのだから。

携帯を取り出し、時間を見る。
そして、もう皆集まっているのかどうかを、小島あたりに電話して確認しようとした。

しかし、その時だった。

「悪い! ちょっといいかい?」

後ろから不意に声をかけられ、反射的に振り返る優司。
するとそこには、見知らぬ男たちが二人立っていた。

一人は、そこそこ背が高く茶髪で両耳に3つずつピアスをあけ、タチの悪そうな面構えをした男。
話しかけてきた方の男だ。
もう一人は、なんとなく頼りなさげな小さい男。

「(な、なんだろう・・・?
  チンピラとその舎弟みたいな感じだけど・・・・)」

怪訝そうな表情を浮かべる優司を見て、茶髪が話を続けた。

「そんな構えることねぇよ。
  俺は八尾ってんだ。
  この街でスロ打って生活してんだけどさ。」

「・・・・・・・」

「アンタあれだろ?
  ここ最近いろんなヤツにスロ勝負を吹っかけまくって、しかも全部勝っちまってるっていうルーキー君
  だよな?
  確か『夏目優司』とかって名前の。」

この言葉に、少しカチンときた優司。

「へえ〜。 恐れ入るね。
  この俺がルーキー扱いなんだ?
  じゃあそっちは何者なの?
  ちなみに、俺は『八尾』って名前に聞き覚えもないんだけどね。」

「へっ、そう突っかかるなって!
  別に悪気はねぇよ。
  今日はちょっと話があって来たんだ。」

「話・・・・?」

「ああ。
  聞くところによると、今スロ勝負の相手探しに困ってるらしいじゃん。
  そりゃそうだよなぁ。
  あの広瀬にまで勝っちまったんじゃ、30万もかかってる以上そう簡単に相手しようなんてヤツが
  いるわけないもんな。」

「・・・・・・・」

「そりゃそうなるって。
  夏目君さぁ、アンタ『加減』って言葉を知った方がいいぜ?
  適当なところで負けておけば、相手探しになんか苦労しなかったのによ。 俺ならそうしたね。」

「うるさいな! そんなことアンタには関係ないだろ?
  何が『俺ならそうした』だよ!?
  どうせ勝ちきる腕もないんじゃないの!?
  そもそも、話ってなんなんだよ!?
  そんなくだらない話をしにきたわけじゃないんだろ!?」

イラつく優司に対し、ニヤニヤしながらふてぶてしい態度を崩さない八尾。

「だから言ってんじゃん、突っかかるなってよ。
  本題はこれからだ。」

「・・・・・・じゃあ何?」

「相手いなくて困ってんだろ?
  だったら俺と勝負しようぜ!?」

「えっ?」

「いや、『えっ?』じゃないだろ。
  俺と勝負しようぜって誘ってんだよ。」

「マ、マジで・・・・?
  八尾・・・君だっけ?
  ある程度名の通ってる人間ですら俺との勝負を避けるのに、アンタみたいな聞いたこともないような
  人間が俺と勝負して、勝てるとでも思ってんの?」

「随分言いたい放題言ってくれるねぇ。
  まあでも、確かに普通に設定読みで勝負したら分が悪いかな。」

「それが分かってるなら・・・・」

「だからさ、勝負方法を変えて欲しいんだ。」

この言葉を聞いて、「だろうな・・・」と心の中でつぶやく優司。

「・・・・やっぱりそうくるんだ。
  過去にもそういうことを言う人はいたよ。
  出玉勝負なら受けてもいいって。
  でもね、俺は出玉勝負だけは絶対に受けられない。 理由は・・・・」

優司の言葉をさえぎるように話し出す八尾。

「知ってるよ。 ヒキが凄まじく弱いんだってな。
  それを承知で勝負方法の変更を頼んでるんだ。
  人の話は最後まで聞けって。
  俺は『どっちが多く出すかの勝負』がしたいなんて一言も言ってないぜ?」

「・・・・・じゃあ、何勝負をしようって言うんだ?」

「ズバリ、『逆出玉勝負』だ。」

「は? 逆・・・?」

「そう。
  厳密に言うと『逆出玉』って表現はおかしいけどさ。
  要は、1日でどれだけ負けられるかって勝負だ。
  どうだ? これならヒキ弱は言い訳にならねぇぜ。
  むしろ有利になるくらいだ。
  断る理由はないよな?」

ここで初めて、横で黙って聞いていた舎弟っぽい男がおそるおそる口をはさむ。

「お、お前はあの有名な夏目優司なんだろ?
  こ、これで逃げたら、た、ただの臆病モンだからな!!」

八尾は、ニヤニヤしたまま優司を見据えている。

二人の言動・態度に、たまらず反応する優司。

「だ、誰が逃げるかよ!
  いいよ、やるよ!
  むしろ望むところだ。
  こっちとしては相手がいなくて困ってたわけだしね。
  渡りに船だよ。
  それに、逆出玉勝負だっけ?
  ちょこっと勝負方式をいじったくらいで俺に勝てると思うなんて甘すぎるね!」

興奮する優司の様子をものともせず、依然余裕を保っている八尾。

「(ふん、すぐムキになっちゃって・・・
  所詮ガキだな。 あっさりと乗ってきてくれたぜ。)」
 

第40話へ進む

第38話へ戻る

目次へ戻る





【換金可能】 目指せ一攫千金! オンラインスロットで電子マネーゲット!

一撃5,000枚も可能!オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」
特許取得により「換金」が可能となっている、オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」。

現在新台リリースイベントで大盛況! 前作に比べてボーナス確率はなんと【250%超】!
オール役からのボーナス解除や高確モードからの連チャンは圧倒的破壊力で一気に大爆発の可能性アリ!
今なら特別キャンペーン中!3000円分の無料ポイント配布中!


ディーチェ



キャッシング比較情報/キャッシングコラム

頼れるキャッシング比較 | キャッシング・ローンを比較
自分に合う最適なキャッシングやローンを探すことができる徹底比較サイト。
銀行系キャッシング、低金利キャッシング、無利息キャッシングなど。




【姉妹サイト】 パチスロとも共通点の多い投資『FX』を徹底解説

≪ FX初心者向けFX講座 ≫
当サイトの姉妹サイトで、運営7年目を迎える老舗のFX初心者向け入門サイト。
特に人気のコンテンツを以下にご紹介。


■知識ゼロだけどFXに興味がある >> FX早分かり一問一答

■初めてFXに挑戦する場合はどのFX口座がいい? >> これからFXを始める人にお勧めなFX口座特集

■FX投資をしたいが忙しくて時間がない >> 投資のプロが作った売買プログラムで無料自動取引




【パチスロ・スロット機種解析情報】

≪ 解析セブン ≫
当サイトの機種ページについて、操作性・見やすさを重視するため、「解析セブン」というブログ形式のものにして別出し!
最新の解析情報や、「解析セブン」でしか手に入らない情報など、豊富なコンテンツにてお出迎え!



ページ最上部へ戻る

「パチスロ立ち回り講座」トップへ戻る