正統派パチスロ攻略サイト - パチスロ立ち回り講座 | HOME | はじめに | サイトマップ | お問い合わせ |


ゴーストスロッター 第19話



■ 第19話 ■

約1年前。
とある飲み屋にて。

「いやあ! 今日もガッツリ出したな!!
  まあ、俺ら全員ほとんど6に座ってんだから当然か!」

嬉しそうに喋る真鍋。
それに呼応するように調子をあわせる日高。

「当たり前だ!
  あのクソぬるい『エース』で5人でノリ打ちしてんだから、負ける方が難しいっつー話だろ!」

今日のノリ打ちに参加した5人全員で、一緒に飲んでいた。
そして5人とも、満面の笑みで楽しそうにしている。

会話からわかる通り、今日も5人とも勝利を収めているゆえ、当然全員機嫌も良かった。

「でも、今日は俺の読みが全的中だったな!
  感謝しろよ〜光平!」

「バ〜カ! あんなの読めて当然だっての!! 調子にのんな!!」

「そりゃそっか! ハッハッハッ!!」

浮かれた口調で盛り上がる二人。

「それにしてもラッキーだよな。
  こんなヌルいホールを掴めるなんて。」

「ほんとだよ! よく見つけてくれたよ光平。
  まだ通い始めて間もないけど、今月は5人のトータルで400は抜いてんじゃねぇか??
  別にフル稼働してるってわけじゃねぇのに。」

「それくらいは軽くいってるな。
  でも、今後は少し気をつけようぜ。
  あんまし抜きすぎると、さすがにホール側に警戒されるだろうからな。」

「まあな。 そりゃ言えてる。
  もうちょっと打つホールのローテーションをちゃんと考えるべきだな。」

「おお! 遼介がそんな素直に聞いてくれるとは思わなかったぜ!?
  お前のことだから、関係ねぇ!抜きまくるぜ!なんて言うかと思ったけどな。」

「バ、バカにすんなよ!
  俺だって一応霊長類の端くれだぜ!?
  そんくらいはわかるっての!」

このやりとりを、他の3人も楽しそうに聞いていた。

良いホールを掴み、しっかりと結果も出ている今の状況に、5人とも大満足の様子。
まさに、『この世の春』という感じだった。

しかしその時、仲間の内の一人がこんなことを言い出した。

「ところで、実際のところ二人はどっちの方がスロッターとして上なんですか!?」

このグループのツートップとして存在している日高と真鍋。
他の3人にとっては、当然気になる疑問であった。

この質問を受け、真鍋が流暢に答えた。

「そりゃまあ、ほとんど互角だよ。
  機種情報も台読みも、お互い勝ってもいないし負けてもいないからな。」

「確かに。
  俺と遼介は、ほとんど互角の腕だからこそこうやって組んでやっていられるんだ。
  そうじゃなきゃ、負けず嫌いの俺らがこんなにうまくやってけるはずないからな!」

「へぇ〜! やっぱそうなんですね。
  確かに俺らの中でも、どっちが上だっていう結論は出なかったんですよ。
  それだけに、なんとなく知りたくなっちゃって。」

「変な疑問持つなっての! なあ、遼介?」

「おう! そんなことは関係ねぇよ。
  まあ、目押しの腕は若干俺に分があるかもしれないけどな。」

酔った勢いもあってか、なんとなくそんなことを口走ってしまった真鍋。

「おお〜! そうなんですか!?
  目押しもほぼ互角かと思ってたのに!?」

真鍋の答えに対し喰い付いた3人。

しかしその瞬間、日高が声を荒げた。

「おいおい! ちょっと待てよ!
  そんなわけねぇだろ??
  コイツも酔った勢いで調子乗ってるだけだよ。 なあ遼介?」

「・・・・・いや、そんなことはねぇぜ。」

なんとなく引けなくなったのか、つい反論してしまった真鍋。

「何・・・・? どういうことだよ・・・?」

「どういうことって・・・・・・言葉通りの意味だよ。
  正直、お前も目押しだけは俺に劣ってると思うだろ?」

「あ!? 何言ってんだ遼介!?
  むしろ俺の方が上だろうがよ。
  今までは、言うとウルせぇからと思って黙ってたけどよ。」

「はァ!? お、お前、そんなふうに思ってたのかよッ!?
  ふざけんじゃねぇぞ!!
  どう考えても俺の方が上だろ!?」

「何が『どう考えても』だよ!?
  何を根拠に言ってんだ?」

「光平よぉ、お前昔、『ドン2』の複合役狙いで2回連続でミスったことあったよな?
  あん時はノリ打ちだったから今でもよぉく覚えてるぜ。」

「そ、そういうお前こそ、オオハナのビタをありえねぇとこでミスってやがったじゃねぇか!!
  小役ゲームが23Gも残ってたのに最後のジャックインをさせちまってよ!」

だんだんとヒートアップする二人。

この後も、二人はお互いの目押しミスについて重箱の隅をつつくように責め合った。
互いに酒の勢いでつい熱くなってしまい、やめようやめようと思いつつもつい悪い方向へエンジンが
かかってしまった。

そんな二人の様子を見て、他の3人は「しまった」という表情を浮かべている。

「ま、まあまあ、落ち着いてくださいよ二人とも。
  誰だって、目押しミスすることくらいあるじゃないですか。
  その日の調子とかもあるし。」

止めに入られて、少し落ち着く日高。

だが、おさまらない真鍋は、日高に向かってこう口走った。

「・・・・・わかったよ。
  ここまできたらはっきりと白黒つけようぜ。
  前々から、はっきりさせておきたいと思ってたんだ。」

「は・・・・・・・? 何をだよ?」

「互いの目押し力に決まってんだろ?
  俺の方が上だってのをちゃんと証明してやるんだよ!」

「・・・・・・マジで言ってんのか・・・・?」

「当たり前だろ!
  今更オオハナでミスった話まで持ち出しやがって・・・・」

「お、お前が最初に古い話を持ち出したんだろうがッ!」

「とにかく!! こうなったら引くに引けねぇ。
  明日勝負しようぜ。
  勝負はオオハナでいいよ。
  はっきりと決着を着けようぜ!!」

「・・・・・・わかったよ。 そこまで言うならやってやる。
  ただし、ここまでオオゴトにしてんだから、何か大事なモン賭けてもらうぜ。
  それでもいいのか?」

日高としては、こんなバカげた勝負はなんとか避けたかった。

とはいえ、単に「やりたくない」などとは言えない。
ここでそんなことを言えば、ただ逃げただけと思われるのがオチだからだ。

何か大事なモノを賭けるまでのことになれば、真鍋も冷静になって勝負などやめてくれるかもしれない、
という淡い期待を持ったのだ。

今は、お互い酔っ払っていることもあり、無駄に熱くなっているだけのことなのだから。

しかし、そんな日高の思いは届かなかった。

「・・・・・ああ、いいぜ。
  じゃあ『エース』を賭けよう。
  この勝負に負けた方はグループから抜けて、今後一切『エース』にも近づかない。
  これで充分だよな?」

「りょ、遼介・・・・・」

「これで決まりだな。
  じゃあ明日は『テキサス』に集合ってことにしようぜ。
  あそこにはまだオオハナが置いてあるからな。」

ついさっきまでの楽しい雰囲気が嘘のようだった。

もはや日高と真鍋以外の3人に口をはさむ余地はなく、ただ黙っているしかなかった。

「じゃあそういうことで。
  光平、明日遅れるなよ。」

そう言って、そのまま真鍋は店を出ていった。

残されたのは、言葉をなくしたままの4人と気まずい空気だけだった。
 

第20話へ進む

第18話へ戻る

目次へ戻る





【換金可能】 目指せ一攫千金! オンラインスロットで電子マネーゲット!

一撃5,000枚も可能!オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」
特許取得により「換金」が可能となっている、オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」。

現在新台リリースイベントで大盛況! 前作に比べてボーナス確率はなんと【250%超】!
オール役からのボーナス解除や高確モードからの連チャンは圧倒的破壊力で一気に大爆発の可能性アリ!
今なら特別キャンペーン中!3000円分の無料ポイント配布中!


ディーチェ



キャッシング比較情報/キャッシングコラム

頼れるキャッシング比較 | キャッシング・ローンを比較
自分に合う最適なキャッシングやローンを探すことができる徹底比較サイト。
銀行系キャッシング、低金利キャッシング、無利息キャッシングなど。




【姉妹サイト】 パチスロとも共通点の多い投資『FX』を徹底解説

≪ FX初心者向けFX講座 ≫
当サイトの姉妹サイトで、運営7年目を迎える老舗のFX初心者向け入門サイト。
特に人気のコンテンツを以下にご紹介。


■知識ゼロだけどFXに興味がある >> FX早分かり一問一答

■初めてFXに挑戦する場合はどのFX口座がいい? >> これからFXを始める人にお勧めなFX口座特集

■FX投資をしたいが忙しくて時間がない >> 投資のプロが作った売買プログラムで無料自動取引




【パチスロ・スロット機種解析情報】

≪ 解析セブン ≫
当サイトの機種ページについて、操作性・見やすさを重視するため、「解析セブン」というブログ形式のものにして別出し!
最新の解析情報や、「解析セブン」でしか手に入らない情報など、豊富なコンテンツにてお出迎え!



ページ最上部へ戻る

「パチスロ立ち回り講座」トップへ戻る