正統派パチスロ攻略サイト - パチスロ立ち回り講座 | HOME | はじめに | サイトマップ | お問い合わせ |


ゴーストスロッター 第137話



■ 第137話 ■

「(いてて・・・・・
  あれ・・・・? こ、ここは・・・・・?)」

目を覚ますと、見知らぬ部屋のベッドの上にいた。

「(あれ・・・・?
  俺、なんでこんなところに・・・・・・)」

優司は、自分が置かれている状況を全く把握できずにいた。

ぼーっとしたままあたりをキョロキョロ見渡していると、廊下の方からがやがやとした声が聞こえてきた。
なんとなく聞いたことのある声が。

ドアの方を見ていると、そのドアがすっと開いた。

「あれ・・・・!? 起きてんじゃん?
  今意識あるんだよな? 夏目!?」

今部屋に入ってきた男たち・・・・・・・それは、日高と真鍋だった。


**************************************************************************


優司は、見舞いに来た日高と真鍋から、事の顛末を聞かされた。

藤田に刺され、救急車で運ばれ即入院となったこと。

日高のグループにいる人間の知り合いが、優司が刺された現場にたまたま居合わせたため、
日高が連絡を受けすぐにこの病院へ駆けつけることができたこと。

自分が丸1日意識を失っていたこと。

そして、すぐに藤田が捕まったこと、などなど。

日高は、挨拶もそこそこに、矢継ぎ早にこれらのことを優司に説明した。

「そうなんだ・・・・・
  俺、そんなにやばかったんだ・・・・」

ようやく状況を把握し、改めて戦慄を覚えた優司。
そんなに危ない状況だったのか、と。

「いや、命に別条はないってさ。
  ただ、出血量が凄かったってんで、こんなに意識を失ってたらしいんだ。
  うまいこと急所を避けてたし、そもそもそんなに深く刺さってなかったらしいからね。
  まあ・・・・・いろいろ医者が説明してくれたんだけど、よくわからなくてさ。」

そう言いながら、テレ笑いを浮かべる日高。

「とにかく、しばらくは安静にしとけ、だってさ。
  夏目もいろいろあったし、ここらでゆっくりするのは悪いことじゃないだろ。」

「うん、まあ・・・・・
  確かにそうかも。
  ・・・・・・・・・・で、あの・・・・・・・・本当、ここ最近は迷惑ばっかりかけて・・・・・・本当にごめん!!」

勢いよく頭を下げる優司。
土屋たちに加担し、結果この街を荒らすことになってしまったことを詫びた。

「お、おい・・・・・ 急にどうしたんだよ?」

おとなしく見守っていた真鍋も入ってくる。

「そうだよ! お前が謝ることなんてないだろ!?
  土屋んとこでいいようにされて苦しんでたお前がさ。
  むしろ、変な誤解をしてた俺らこそ悪かっただろ。」

「違うよ・・・・・・
  俺がパチスロ勝負なんてもんに変にこだわりすぎたから、こんなにややこしい事態になったんだ。
  俺のガキっぽさが災いしたんだよ・・・・」

優司の弱気な発言に、日高が答える。

「どうしたんだよ夏目?
  らしくないじゃんよ。
  入院で心が弱ったか!?
  なんにせよ、もう何も気にする必要はないんだよ。 全部終わったんだ。
  また、今までみたいにツルんでさ、自由気ままに打ちまわろうぜ!」

優司は、無言ながらも、嬉しそうにニコリと微笑んだ。

日高もニコリと返した後、すぐに神妙な顔つきに変わった。

「で、パチスロ勝負の結果については・・・・・・神崎から聞いたよ。
  あと、その後の警察沙汰のことも。
  土屋たちの件については、これで解決だな。
  あいつらもあれだけいろいろやらかしたんだ。 ちゃんと償ってもらわないと。」

「うん・・・・・・・」

「パチスロ勝負は・・・・・・残念だったな。
  さすがに神崎は厳しかったか。」

「・・・・・・・・うん。
  日高たちの言うとおりだった。
  全然ダメだったよ、俺なんか。
  完全に俺が間違ってた。
  それについても本当に申し訳なかったよ・・・・・
  客観的に冷静な意見を言ってくれてたのに、なんか俺一人アツくなっちゃって・・・・・」

「しょうがないって。
  あれだけ勝ち続ければ、人間誰しも冷静さを失うもんだよ。
  もういいじゃん。 それも終わったことだ。
  それに、もうパチスロ勝負とは縁を切るんだろ?」

「ああ、もうやらないよ。 ようやく卒業だ。」

ここで真鍋が口を挟んできた。

「お! ようやく大人になれたか夏目!?
  てっきり、『まだ乾が残ってる!』とか言い出すのかと思ってたら。」

「か、勘弁してよ・・・・
  さすがにそこまでバカじゃないよ俺も・・・・ もう充分懲りたよ。」

「大体、乾に勝負を申し込もうと思ったところで無理だけどな。」

「え?」

「乾のヤツ、今外国にいるらしいぜ。」

「そ、そうなの!?」

「ああ。
  なんか絵の勉強のために、つい最近留学したとかって話だ。 なあ光平?」

「うん。 まあ、小耳にはさんだ程度の話だからどこまで本当かわからないけどね。
  とにかく、まともにスロを打ったりはしてない、ってことは確かだ。」

「や、やっぱりそうだったんだ・・・・・・
  ほとんどスロは打ってないとは聞いてたけど。
  それなのに俺、あんなに必死こいて勝負仕掛けようとしてたなんて・・・・・」

思わず苦笑いを浮かべる優司。
そんな優司の背中を軽く叩く真鍋。

「まあ気にすんなよ!
  人生いろいろあるって! 元気出せ!」

「あ、ああ・・・・・ そ、そうだね!」

今度は日高が入ってくる。

「そうそう、あとさ、御子神さんにもちゃんとお礼を言っとけよ夏目?
  あの人のおかげで神崎も動いてくれたわけだし、俺達も事情がわかったんだ。
  いろいろ気にかけてくれてたらしいぜ?」

「おう! そうだぞ夏目!?
  大体な、あんな美人がなんでお前なんかにこんなに優しいんだぁ!? くそ!!」

「お、落ち着けよ遼介・・・・・
  密かに憧れてたのは知ってるけどさぁ。」

「べ、別に憧れてまではいねぇって!!」

「はいはい。 そうですよね。 わかりました。」

「て、てめぇ光平!
  なんで敬語なんだよ!? バカにしてんのか!?」

「いちいちデカい声出すなって!」

「お前がそういうこと言うからだろ!?」

途端に大声でやり合いだす二人。

「(こ、ここ病院なんだけどな・・・・
  挙句俺は、今さっきようやく目を覚ましたところだってのに・・・・・
  でも、なんでかな。 妙に落ち着く。)」

延々と続く日高と真鍋のやりとりを、笑みをこぼしながら眺める優司だった。
 

第138話(最終話)へ進む

第136話へ戻る

目次へ戻る





【換金可能】 目指せ一攫千金! オンラインスロットで電子マネーゲット!

一撃5,000枚も可能!オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」
特許取得により「換金」が可能となっている、オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」。

現在新台リリースイベントで大盛況! 前作に比べてボーナス確率はなんと【250%超】!
オール役からのボーナス解除や高確モードからの連チャンは圧倒的破壊力で一気に大爆発の可能性アリ!
今なら特別キャンペーン中!3000円分の無料ポイント配布中!


ディーチェ



キャッシング比較情報/キャッシングコラム

頼れるキャッシング比較 | キャッシング・ローンを比較
自分に合う最適なキャッシングやローンを探すことができる徹底比較サイト。
銀行系キャッシング、低金利キャッシング、無利息キャッシングなど。




【姉妹サイト】 パチスロとも共通点の多い投資『FX』を徹底解説

≪ FX初心者向けFX講座 ≫
当サイトの姉妹サイトで、運営7年目を迎える老舗のFX初心者向け入門サイト。
特に人気のコンテンツを以下にご紹介。


■知識ゼロだけどFXに興味がある >> FX早分かり一問一答

■初めてFXに挑戦する場合はどのFX口座がいい? >> これからFXを始める人にお勧めなFX口座特集

■FX投資をしたいが忙しくて時間がない >> 投資のプロが作った売買プログラムで無料自動取引




【パチスロ・スロット機種解析情報】

≪ 解析セブン ≫
当サイトの機種ページについて、操作性・見やすさを重視するため、「解析セブン」というブログ形式のものにして別出し!
最新の解析情報や、「解析セブン」でしか手に入らない情報など、豊富なコンテンツにてお出迎え!



ページ最上部へ戻る

「パチスロ立ち回り講座」トップへ戻る