正統派パチスロ攻略サイト - パチスロ立ち回り講座 | HOME | はじめに | サイトマップ | お問い合わせ |


「SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜V」記者発表レポート



「SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜V」の記者発表会に参加してきました

早速ですが、春川亭三七のレポートのお時間です。
復帰して早々に新しいお仕事をいただきまして、レポート記事を書かせていただきますよ。

本日のわたくしのお仕事は、「SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜V」(以下「バジV」)の記者発表会レポートでございます。

この記事が出た後には、我らがガリバー君とジャンク君により、試打レポートがありますのでね。
この記者発表会レポートの役割は、それらレポート記事のイントロダクションのようなもの。
で、さらに言えば、我らのサイトにおける新台試打レポートは、読者諸兄の皆様がホールで楽しむためのイントロダクションのようなもの。

ということは、わたくしのこの記者発表会レポートは、イントロダクションのイントロダクション。

なんだろう?
どんな役割でこのレポートを伝えたらいいのだろう・・・。

そんな悩みを吐露したところで、文字数しか稼げません。
そしてそこで稼いだ文字数では、せっかく発表された「バジV」の良さは伝わりません。

というわけで、記者発表レポートを受けてこれまでのバジリスクシリーズを振り返っていくことといたしましょう。

それでレポートが成立するかって?
大丈夫!

だって・・・


記者発表会



こちら、株式会社ユニバーサルエンターテインメント マーケット戦略室 長谷川室長。
30オーバーのぱちんこ・パチスロ好きなら誰もが知っているであろう長谷川室長です。

その長谷川室長が、この記者発表で「バジリスクシリーズ」について・・・

「・・・バジリスクシリーズというのは、その時期その時期のパチスロのトレンドを取り入れ、時代の最先端を走ってきたシリーズであると・・・」

というようなことを仰っていたわけです。
確かにバジリスクシリーズは、その時代時代のニーズをとらえ、人気を博してきたように思います。

そんなバジリスクシリーズをとりあえず、このレポートでは振り返って参りましょう。
そして、試打レポートまでの「お茶請け」よろしく、期待に胸を膨らませてください。

 


■「バジリスク〜甲賀忍法帖〜」
何事にも始まりはあるわけで、それがこのシリーズの第一陣を切った「バジリスク〜甲賀忍法帖〜」。
いわゆる「初代青ドン」筐体で、その姿をお披露目することとなった。
時期的には「銀河英雄伝説」なんかも同時期だったかと思う。

この機種、実は初動はいうほど良くはなかったと記憶している。
販売時期的な絡みもあったのかもしれないが、初週導入がそれほどの数ではなく、なかなかその姿を見る機会がなかったように思うのだ。
特に時代的には、この機種の発売3か月前に登場したサミーの「交響詩篇エウレカセブン」がホールシェアを独り占めくらいの勢いだったから、仕方のないことだったのかもしれない。

しかし、そう簡単に万歳するほど甘くなかったのが、このバジリスクシリーズがここまでのロングランシリーズになった所以であろう。

爆発的なシェア獲得はなかったが、じわりじわりその数を増やしていったように思う。
いわゆる「スルメ台」というやつだ。

時間の経過と共に、気づいたら、ホールによっては「バジリスク>エウレカ」みたいなホールもまま見受けられた。

爆発的ではなかった初代バジリスクの人気だが、2代目にて一気に花開くこととなる。

 


■「バジリスク〜甲賀忍法帖〜U」
まさにパチスロ界の「ロッキー」である。

この「バジリスク〜甲賀忍法帖〜U」(以下バジU)は、初動の稼働もシェアも一気に獲得した。

しかし何の因果か・・・
「バジリスクシリーズ」発売の裏に人気機種ありは宿命なのか何なのか、バジUも数か月前に大都技研から発売された「押忍!番長2」と否応なく争うこととなった。

ただ、ここに共通点が見受けられる。
「エウレカ」も「番長」も持っていない特徴が「バジリスクシリーズ」にはある、ということである。

エウレカにせよ番長にせよ、言ってしまえば、いわゆる「A+ART」という当時の王道スペックだ。
しかし、バジリスクシリーズは言わば、「入ってしまえばいつまで続くかわからない」という上述2機とは大きく異なる特徴を有していたのである。

これが結果的に、「時代を反映するシリーズ」と評されることとなるのであろう。

そして、初動稼働もよくシェアも拡大したバジU。
当たり前のようにロングラン稼働を確保し、いつまでたってもバラエティに追いやられないホールの主力機種として活躍することとなるのだが、今度は自身との闘いになるのである。

 


■「バジリスク〜甲賀忍法帖〜絆」
リールの役構成をより可視化しにくくすることで、「液晶リール」の遊びを初代よりもUよりも進化させたこの〜絆〜。
だが、初代バジリスクのゲーム性に回帰したようなゲーム性は、そこに賛否を生む結果となった。

しかし、そのゲーム性の奥深さはこれまた大きなシェア拡大につながり、またも稼働のロングランを実現。
さらには、来年の10月に「パチスロメイン基板役比確認用7セグ導入」があるにも関わらず、このタイミングで「再認定」を獲得し、稼働可能期間まで確実にエース扱いを約束にされる至った。

もはや、これにてバジリスクシリーズはいい意味で「頭打ち」なのではないかと思われた。

しかし、「時代のトレンドを取り入れ、先頭を走る」バジリスクシリーズはこれで終わりにならないのである。

 


■そして今作、「SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜V」

記者発表会

満を持しての登場である。

内規変更を受けて、これまでのように「メインリールは可視化不可」になってしまったので、わかりやすくするため、そのメインリールにはチェリーやベルが並ぶものの、これまでのシリーズ同様高揚感溢れる演出に一喜一憂すること必至である。

ざっと、画像を載せておこう。

記者発表会

分かりにくいかもしれないが、いわゆる「争忍の刻」は3D自力バトルになり、進化を遂げた。

記者発表会

こんな演出も相変わらず健在だし。

記者発表会

朧さんは少しばかり前作より凛々しくなったような気さえする。

 


これが「新台レポート」であれば、出し惜しむ必要はないのだが、いかんせんこのレポートの立ち位置はイントロのイントロ。
洋楽のCDで言ったら「ライナーノーツ」のようなものである。

この後に続くガリバー・ジャンクの新台レポートの為に、私の「SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜V」の記者発表レポートはここいらで「了」といたしましょう。

お目通し、ありがとうございました。



(C)山田風太郎・せがわまさき・講談社/GONZO
(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT



「SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜V」 機種ページへ

回胴小噺_楽屋裏 メニューへ戻る



【換金可能】 目指せ一攫千金! オンラインスロットで電子マネーゲット!

一撃5,000枚も可能!オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」
特許取得により「換金」が可能となっている、オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」。

現在新台リリースイベントで大盛況! 前作に比べてボーナス確率はなんと【250%超】!
オール役からのボーナス解除や高確モードからの連チャンは圧倒的破壊力で一気に大爆発の可能性アリ!
今なら特別キャンペーン中!3000円分の無料ポイント配布中!




キャッシング比較情報/キャッシングコラム

頼れるキャッシング比較 | キャッシング・ローンを比較
自分に合う最適なキャッシングやローンを探すことができる徹底比較サイト。
銀行系キャッシング、低金利キャッシング、無利息キャッシングなど。




【姉妹サイト】 パチスロとも共通点の多い投資『FX』を徹底解説

≪ FX初心者向けFX講座 ≫
当サイトの姉妹サイトで、運営7年目を迎える老舗のFX初心者向け入門サイト。
特に人気のコンテンツを以下にご紹介。


■知識ゼロだけどFXに興味がある >> FX早分かり一問一答

■初めてFXに挑戦する場合はどのFX口座がいい? >> これからFXを始める人にお勧めなFX口座特集

■FX投資をしたいが忙しくて時間がない >> 投資のプロが作った売買プログラムで無料自動取引




【パチスロ・スロット機種解析情報】

≪ 解析セブン ≫
当サイトの機種ページについて、操作性・見やすさを重視するため、「解析セブン」というブログ形式のものにして別出し!
最新の解析情報や、「解析セブン」でしか手に入らない情報など、豊富なコンテンツにてお出迎え!



ページ最上部へ戻る

「パチスロ立ち回り講座」トップへ戻る