正統派パチスロ攻略サイト - パチスロ立ち回り講座 | HOME | はじめに | サイトマップ | お問い合わせ |


SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜V
〜解析・打ち方・攻略・スペック・天井・設定変更情報など〜



50音から機種を検索


SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜V 目次










▼ 勝つ為の攻略/立ち回り ▼

■ 設定差/設定判別/立ち回り/高設定狙い





機種概要

■導入日 : 2016年11月28日
■メーカー : エレコ


筺体 リール配列
バジリスク3 筐体 バジリスク3 リール配列
(C)山田風太郎・せがわまさき・講談社/GONZO
(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT

 


■従来シリーズから演出・映像・楽曲を一新
■A+ARTタイプ
■ボーナスはリアルボーナスで、純増約200枚
■通常時は平均100G消化で自力CZ抽選
■ART「バジリスクタイム」は、1セット約35G継続で純増1.7枚/G
■争忍の刻が自力バトルとなっている
■新システム「無双ポイント」は、バトル勝利時の報酬に影響する
■特化ゾーン「(真)瞳術チャンス」も健在

目次へ戻る



天井/設定変更/ヤメ時 - [SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜V]

【天井】
ART間で1200G消化すると天井到達となり、ART+自力CZに当選する。
(ボーナスを引いても天井までのゲーム数はクリアされない)

天井到達後は、前兆を経由後に自力CZへ突入。
この自力CZは、演出上は必ず成功となる。
しかし、内部的には「成功」と「失敗」の2パターンが存在。
内部的にも「成功」だった場合は、成功分のART+天井分のART、合わせて2個のARTストックを獲得することになる。
内部的に「失敗」となっていた場合は、ARTストック1個のみ。
 

【設定変更時】
天井到達までのゲーム数がクリアされる。
通常時の周期モードが「モード1」となる。
 

【ヤメ時】
●通常時
液晶リールに以下のような「銀の玉」が出現した場合は周期到達を示唆しているので、自力CZの前兆を確認してからヤメる。
なお、最大前兆は24G。


バジリスクV

目次へ戻る



ボーナス出現率/機械割 - [SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜V]

●白BAR(プレミアムバジリスクチャンス)
全設定共通 : 1/32768.0

●黄BAR(バジリスクチャンス)
設定1 : 1/2048.0
設定2 : 1/1771.2
設定3 : 1/2184.5
設定4 : 1/1680.4
設定5 : 1/2048.0
設定6 : 1/1524.1

●青BAR(バジリスクチャンス)
設定1 : 1/2048.0
設定2 : 1/2259.9
設定3 : 1/1724.6
設定4 : 1/2114.1
設定5 : 1/1638.4
設定6 : 1/1872.5

●バジリスクチャンス合成
設定1 : 1/1024.0
設定2 : 1/993.0
設定3 : 1/963.8
設定4 : 1/936.2
設定5 : 1/910.2
設定6 : 1/840.2

●ART初当たり
設定1 : 1/376.8
設定2 : 1/363.0
設定3 : 1/356.9
設定4 : 1/312.1
設定5 : 1/316.2
設定6 : 1/256.2

●ボーナス+ART
設定1 : 1/273.1
設定2 : 1/263.7
設定3 : 1/258.4
設定4 : 1/232.4
設定5 : 1/233.0
設定6 : 1/195.2

●機械割
設定1 : 98.5%
設定2 : 99.8%
設定3 : 102.0%
設定4 : 104.0%
設定5 : 107.1%
設定6 : 110.1%

目次へ戻る



通常時の打ち方/ボーナス中の打ち方/ARTの打ち方 - [SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜V]

【通常時の打ち方】
順押し適当打ちでOK。
変則押しをしてもペナルティは発生しない。
 

【ボーナス中の打ち方】
基本的には適当打ちでOK。
カットイン発生時は、逆押しで各リールに赤BARを狙う。
 

【ART中の打ち方】
基本的には押し順ナビに従うだけでOK。
カットイン発生時は、ナビされた図柄を逆押しで各リールに狙う。

目次へ戻る



設定1試打レポート≪簡易版≫ - [SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜V]

■担当者 : 広報ライター『ジャンク』

【はじめに】
皆さんこんにちは。
パチスロ立ち回り講座広報ライターのジャンクです。

今回は、ホールデビューがとても待ち遠しい機種を試打させて頂いて参りました。
その機種は、ユニバーサルさんの「SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜V」です。

この、SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜のシリーズは、ホールにデビューすればたちまち大人気機種となり、ホールのメイン機種として君臨してきたシリーズです。
今更説明をしなくても皆さんご存知、というより実際に体感してきていることと思います。

もちろん、ジャンクも全シリーズ打ち込んでおります。
ゲーム性が面白いのはもちろんですが、原作も好きだったので。

あっ、ジャンクの推しは蛍火です。
ベタですかね…

ちなみに、原作はヤングマガジンアッパーズにて2003年から2004年に連載され、2005年にGONZOによりアニメ化されました。


さて、そんな大人気シリーズの最新作が新章突入とされ、演出や映像、楽曲までも一新し登場するということで、一足先に試打させて頂きました。

今回もガリバーさんと共に試打。
ジャンクは設定1を、ガリバーさんが設定6を試打しておりますので、2記事合わせてご覧頂ければと思います。

今回も、ジャンクの記事は演出面をメインに書かせて頂いておりますので「へ〜、こんなんあんのね〜」くらいで読んで頂ければ!

では!
よろしくお願いします!!


バジリスクV

 


【設定1試打レポート】
では、早速試打に移ります。

この日は大好きなバジリスクシリーズの試打ということで、テンション高めでユニバーサルさんにお邪魔しました。

今回は設定1ということでしたが、愛があれば関係ないっしょ!と「プレミアムバジリスクチャンス」か「真瞳術チャンス」を引くことを勝手に目標にして臨みました。


まずは、簡単にゲーム性をおさらいしながら打っていきます。

本機は、

●争忍チャレンジ(CZ)成功
●バジリスクチャンス中の瞳術揃い
●バジリスクチャンス中の発展演出成功
●バジリスクチャンス中の7告知発生

・・・などでバジリスクタイム当選orバジリスクタイムストックとなります。

「争忍チャレンジ」は周期抽選、もしくは小役での抽選となっており、ステージによって期待度が異なる模様。

ステージは以下の3つ。


■甲賀卍谷ステージ
バジリスクV


■伊賀鍔隠れステージ
バジリスクV


■甲賀弾正屋敷
バジリスクV


なお、甲賀弾正屋敷ステージはCZ高確?となっているようです。

今回は、チャンスゾーンからのバジリスクタイム(以下BT)当選もあるので、チャンスゾーンの当選は設定判別などにも大きく関わって来そうな匂いがしますね!


そんなことを考えながら打っていると、チャンス目から早速バジリスクチャンス(以下BC)当選!

今回は青BC。
黄色BCもある為、また色で偶奇で差があったりするんですかね?


バジリスクV


BC中の瞳術図柄を狙えのカットインは、今作でも健在です。

相変わらず音が最高。
カットイン来ただけで「おっ!?」っとテンションが上がりますね。


バジリスクV


このカットインは3種類。
青<赤<レインボーの順に期待度が変わるようです。
今回は朧と豹馬ではないみたいですね。

今作はレア役での抽選もあるので、揃わなくても油断は禁物ですよ。

ちなみに、ART中のBC中は陰陽座の「神風」が流れます。
バジリスクシリーズは楽曲も素晴らしいので、楽曲にも注目してみてくださいね!


このBCからはBT当選とはなりませんでした。
しかし、早いBC当選は幸先よし!
設定1だが…どういうこっちゃ…

このまま勢いに乗りたいジャンク。
大量出玉獲得に向けせっせとリールを回していきます。

そうこうしていると周期抽選により演出がザワつきます。
周期に到達すると、画面下の部分にこの様にコインが揃います。


バジリスクV


周期当選時に必ず揃うのかは不明ですが、当選していない時は何の演出も来ないこともある様なので、ザワついた時点でチャンスなのかもしれません。

この周期抽選ですが、最大255Gだそうです。
しかし、レア役からのCZがあったりもするので周期狙いはほぼできないかと…


CZに入る前には前兆ステージを経由します。

前兆ステージは2種類。

まずは「謀略の道」。


バジリスクV


不戦の約定が解かれたことを知った伊賀衆が甲賀に奇襲をかけるシーンです。

もう1つは「卍谷月下」。
弦之介が満月の下で佇んでいます。

こちらは拝見できず写真無し…
すみません…

この前兆ステージから連続演出に発展し、成功すればCZもしくはBC当選となります。

今回は謀略の道から丈助と朱絹の戦い。
新しい演出ですね。


バジリスクV


見事勝利し争忍チャレンジへ!

この争忍チャレンジは3種類あります。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●甲賀卍谷防衛戦(17G)
当選期待度42%。
奇襲を受けた甲賀衆が伊賀衆を撃退できればBTとなります。
リプレイとレア役でチャンス。
キャラが集結する毎に期待度がアップしていきます。
「刑部 < 左衛門 < 陽炎 < 豹馬 < 弦之介」の順にチャンスアップしていきます。

●人別帖ミッション(15G)
当選期待度約75%。
甲賀弾正から預かった人別帖を卍谷に持ち帰る、もしくは伊賀衆撃破でBTとなります。
ベルとレア役でチャンス。
「将監 < 十兵衛 < お胡夷」の順にチャンスアップしていきます。

●駿府城(15G)
BT濃厚。
バジリスクシリーズでは激アツの駿府城。
ミッション成功でARTの継続が確定する模様。(2セット保証)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


そして今回出て来たのは…


バジリスクV


期待度約75%のやつ!
これは大チャンスだが、油断は禁物と気を引き締めた結果、ジャンクは小役神となりました。

結果…


バジリスクV


順調にお胡夷までステップアップし、突然出てきた宿敵の念鬼を軽く撃破し…


バジリスクV


本日初のBTゲットー!!
順調だ!!

設定は1だが…
楽しいので一旦設定のことは忘れようではないか!

早速BTを消化していきましょう。


今回のBTも、「追想の刻」と「争忍の刻」の2部構成となっています。

追想の刻はアニメの全24話のストーリーが流れ、レア役でストック抽選をしています。
追想の刻の曲は、今までと同じ水樹奈々さんのヒメムラサキです。
初期G数は10G。
G数振り分けあり。
今まで通りMAX100Gなのかな?


バジリスクV


追想の刻が終わると、甲賀衆と伊賀衆の対戦人数を決め「争忍の刻」に入ります。

今作も人数や対戦相手によって継続期待度的なものも変わるんですかね?
試打の際はわかりませんでしたので解析をお楽しみに。


バジリスクV


今回はこの可愛い3Dキャラがダイナミックに戦います。

さらに、忍法勝負が自力バトルに変わっております。
簡単に説明すると、ベル・レア役で甲賀衆の攻撃、リプレイで伊賀衆の攻撃となるので、いかにベルやレア役を引くかが勝利の鍵を握ります。


バジリスクV


そして今作には、BTを盛り上げてくれる「無双ポイント」なる機能がついております。
獲得したポイントによってバトル勝利時の報酬が変わるというもの。

敵を攻撃した際に、画面上部の争忍の刻と書かれている部分に光が集まりポイントが貯まります。
さらには「無双連撃」が発生すれば、ポイント大量獲得の期待度が高まります。

連続して伊賀衆を撃破、必殺技で撃破、一度に複数人を撃破するなどが発生すると、ポイントが多めにもらえるようですね。


そして今回の争忍の刻、記念すべき初戦は何事もなく勝利!
先程から小役神となっているので、ベルやレア役の連打により継続した模様。


バジリスクV


おっ!
ボタン!
ということは、そこそこポイントをゲットしていたのかな?

基本的に、ポイントがないとボタンは出てきません。
しかし、レバーオンでの告知や鬼哭啾々にいくことがあるそうです。

この鬼哭啾々は弦之介と天膳のバトル。
弦之介が勝てば真瞳術チャンスとなります。
バジリスク〜甲賀忍法帖〜絆でいうところの無双一閃的な演出ですね!

今回出てきたのは…


バジリスクV


おー!
いきなり瞳術チャンス!

瞳術チャンス中は瞳術揃い、もしくはレア役でストック抽選をしています。
ちなみに曲は「愛する者よ、死に候え」です。
とてもカッコいい曲でイケイケ感を演出してくれていますよ!


さあ、せっかく入った瞳術チャンス。
大量上乗せのチャンスだ!と気合いを入れて消化した結果…


バジリスクV


チーン…
上乗せ無し…

普通の瞳術チャンスはそこまでバンバン揃うというわけではないようですね。


その後は特に見せ場も無く終了。
今回の獲得枚数は…


バジリスクV


もう少し伸ばしたかったですがまあよし!
次の当たりを目指します。


次の当たりは巻物から黄色BCをゲット!

ゲットはしたが見せ場は無し…
BTも無し…

ちょっともう一回BTやりたいよー!っと台にお願いしてみる。

するとお願いが通じる!!(通じてるはずない)

興奮のあまり当選契機をメモし忘れたので、何で当たったかわからないというイージーミスを犯しました。
理由は、謀略の道を抜けるとこんな演出が!


バジリスクV


やだー奥さん!
これ絶対熱いやつー!
ていうか金文字だしー!

この演出は、弾正とお幻の対決演出。
この2人のバトルが決着すれば成功という、何とも切ない演出。
なぜ切ないか知りたい方は原作も見てね!

さあ、こんな熱そうな演出、ハズすわけもなくCZ当選!
小役神となっているジャンクに当てられないCZはない!

いざ、勝負!!


バジリスクV


この赤い背景に城ということは、あの城ですわ!

そう、駿府城です!
もう当たってました!!

いやー、この流れ、スカしたと思いましたよね?
今日のジャンクは一味違うみたいですわー!

あんま自分では言いたくないですが、設定1なんでね…
設定1、なぜか得意みたいでね…


そして!


バジリスクV


朧画面ですな。
ちょっとモードがよかったりするのかな??

期待しながら回していくと、まずは青BC。
さらに、人数決定画面で伊賀衆に朧がいる!


バジリスクV


この朧の登場から、色々な事があまりにも短時間に起こったので、ここからはダイジェストでいきます!


まずはレア役から…


バジリスクV


陽炎が朱絹を撃破!


バジリスクV


ストーック!

この争忍の刻は勝利。
瞳術チャンスを獲得し…


バジリスクV


ウーハー発動からのレインボー!
ってことはもちろん…


バジリスクV


ストーック!!


この瞳術チャンスのストックは1こ。
しかし!


バジリスクV


城ー!!
前と同じ役割とかだったりするのかな?
これはさすがに期待していいやつではないだろうか?


続いては!


バジリスクV


弾正がいよいよ本気を出し無双連撃発動!

無双連撃は本当にチャンス!
どうやらほとんどベルになる模様。


バジリスクV



レア役も絡めて一気に7人抜きで余裕の勝利!


さらに、ジャンクの勢いは止まらず!!


バジリスクV


朧が開眼してストーック!!
お馴染みの次回予告も拝見できました!


バジリスクV


そして、争忍の刻中ではエピソードに発展し、甲賀衆が伊賀衆を撃破していきます。


まずは豹馬が小四郎を!


バジリスクV


ストーック!!


強攻撃の蛍火が可愛かったのでパシャり!


バジリスクV


ちょっと趣味が入りましたが、直後に…


バジリスクV


左衛門が蛍火を撃破!
この演出だけはちょっと複雑…

でもストーック!!


と、ここからさらに勢いに乗っていくぞー!というところで試打終了の時間になってしまいました。

最終結果がこちら。


バジリスクV


一撃1333枚。
この日目標としていたプレミアムバジリスクチャンスや真瞳術チャンスは引けませんでしたが、大満足で終了となりました。


ということで、今回もMr設定1っぷりを発揮した結果となりました。

何と差枚が+1178枚!
大勝利!!

あっ、今まで全く触れてはいませんでしたが、ガリバーさんは隣りで忍びの争いがいかに修羅の地獄かを味わっていたように見えました…

目次へ戻る



設定6試打レポート≪簡易版≫ - [SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜V]

■担当者 : 攻略/広報ライター『ガリバー』

【はじめに】
その時期その時期のパチスロのトレンドを取り入れ、時代の最先端を走ってきた「バジリスク」シリーズ。
各時代で必ずヒットを収め、様々なユーザーを虜にしてきた「バジリスク」の名。
新基準機となっても同じようにホールの顔となることは間違いないでしょう。


■『SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜V』エレコ
バジリスクV


今回、「バジリスク」シリーズ最新作を、ジャンクさんと共に打たせて頂きました!

またもや設定6を打たせてもらえるという光栄。
ジャンク氏が設定1だと強いという事実も判明しましたしね…。
ちなみに今回も。。。

なにはともあれ、早速試打の模様をお送り致します!

 

【設定6試打レポート】
以下、設定6試打レポートも交えながら、ところどころで解説を入れさせていただければと。

まず、開始早々…


バジリスクV


液晶上に画像の図柄が3つ並ぶとCZ周期到達となります。
一つのみ表示などで周期示唆をしているようなので、この図柄が出たら即やめ厳禁?

今回はレア役も引いていなかったので、G数での到達だったと思われます。

その後、数Gの煽りを経て、


バジリスクV


CZ前兆ステージとなる「謀略の道」。
ここでのセリフや演出でCZ当選期待度もわかりそうです。

ちなみにここでのCZ当選はならず…。


この後、隣で「ミスター設定1」のジャンクさんが盛り上がり始めているのを横目に若干のハマり…。

プライベートのヒキ弱を引きずってきてしまったか?
なんて考えていると、またまたCZ周期到達の図柄揃い。
この手前でレア役が続いていたので、それによる周期短縮だった模様。

そしてこの前兆ステージが…


バジリスクV


もう一つのCZ前兆ステージ「卍谷月下」。
どう見ても偉そうではありませんか。

期待を持ちつつ連続演出へ…


バジリスクV


演出関係は「設定1だと仕事がはかどる」ジャンクさんの方が多く説明していると思いますが、今作では演出・映像・楽曲が一新されております!
新たな演出をお楽しみにしてください!


そしてこの連続演出が期待を裏切らずに…


バジリスクV


液晶が綺麗で勝利の文字が眩しい…。


さておき、これにて初CZ当選です!


バジリスクV


CZ「争忍チャレンジ」。

CZは、

●「甲賀卍谷防衛戦」
●「人別帖ミッション」
●「駿府城ミッション」

の3種類があり、「駿府城ミッション」は突入時点でART濃厚です。

ここで引いたのは。


バジリスクV


一番期待度の低い「甲賀卍谷防衛戦」。
とは言え期待度は40%!

そして何よりも「自力感」満載です。
小役を引くことで甲賀衆を集め、ART当選を引き寄せる!


バジリスクV


レア役はもちろん、リプレイでも抽選されております。

もう一つの「人別帖ミッション」の方はベルがカギとなっており、期待度は約75%。
自力感があると、数字以上にやれる感が沸くのは私だけですかね?


上記画像をご覧いただければおわかりのように…


バジリスクV


赤の豹馬までいって外れてもらったら困る!
CZ成功です!

それすなわち…


バジリスクV


純増1.7枚・1セット約35GのART「バジリスクタイム」突入!

前作までと同様、前半は追想の刻、後半は争忍の刻の2パートに分かれています。


バジリスクV


争忍の刻中が3Dポリゴンになって可愛くなりました(笑)


そして今回の「バジリスクタイム」。
こちらも「自力感」たっぷりです。

争忍の刻中はベル(ベルリプレイ含む)・レア小役で味方側の攻撃抽選、リプレイで敵の攻撃抽選となります。

つまりずっとリプレイを引かなければ、


バジリスクV


こんな風に一人で敵五人とか倒せてしまうことも!


もちろん、


バジリスクV


レア役でのストック上乗せも!


そして自力で勝った場合は、ただでは帰してくれない…。

先ほどの画像にあるような○人抜きやレア役での攻撃などで「無双ポイント」なるものが蓄積されていきます。

そのポイントが一定以上貯まっていると、


バジリスクV


押す。


バジリスクV


ドーン!


バジリスクV


バーン!


こんなスペシャルなものがついてきてしまうという。。。
もちろん、最強上乗せ特化ゾーンの「真瞳術チャンス」もあります!


さて、実践に戻りまして。

この「バジリスクタイム」は、


バジリスクV


まずまずのショボ連…。
いかんせん最近レバーの叩き方がわからないガリバーです。

とはいえ、設定6の力なのか?
すぐさま当選したCZが…


バジリスクV


期待度75%のほうの「人別帖ミッション」!

これまた赤のお胡夷まで辿りつき、


バジリスクV


サクッと勝利。

そしてこのART開始画面が。


バジリスクV


朧ちゃん!
今回も高継続率示唆のはず!

これが調子良く、途中には。


バジリスクV


「無双連撃」。
ベルナビ高確率状態=連続攻撃&無双ポイント大量獲得の大チャンス!
通称フルボッコタイム(命名ガリバー)。

…なんかも絡み、順調に継続を重ね、


バジリスクV


8連目までいったところでタイムアップ!
まだまだストックもあると思われ、時間があれば…。

残念ながら今回はボーナスが引けなかったものの、設定6ならではの安定感と自力が上手く絡む内容となりました。
 

【設定6試打後の感想】
当然ではありますが、前作以前に比べれば純増枚数が減った分瞬発力はやや劣ります。
これは致し方ない部分ですね。

しかし、それを補って余るほど継続の長さに夢があります。

特に「自力」の部分。
正直、もっとヒキ頼みなシステムなのかというイメージがありましたが、切り札的な役割を果たしている感じです。

ベルが引けなくても、レア小役からのストックが絡むことで、ロングARTにも期待が持てます。
なおかつ、それが目に見えるというのがアツくなれます。

今後ホールもメイン機種の一つとして推していく台となるのは当然で、高設定の投入率も高いことは予想されます。

目次へ戻る



SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜Vの新台記者発表会レポート - [SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜V]

■担当者 : 業界ライター『春川亭三七』

早速ですが、春川亭三七のレポートのお時間です。
本日のわたくしのお仕事は、「SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜V」(以下「バジリスクV」)の記者発表会レポートでございます。

その前に、まずはこれまでのバジリスクシリーズを振り返っていくことといたしましょう。

それでレポートが成立するかって?
大丈夫!

だって・・・


記者発表会



こちら、株式会社ユニバーサルエンターテインメント マーケット戦略室 長谷川室長。
30オーバーのぱちんこ・パチスロ好きなら誰もが知っているであろう長谷川室長です。

その長谷川室長が、この記者発表で「バジリスクシリーズ」について・・・

「・・・バジリスクシリーズというのは、その時期その時期のパチスロのトレンドを取り入れ、時代の最先端を走ってきたシリーズであると・・・」

というようなことを仰っていたわけです。
確かにバジリスクシリーズは、その時代時代のニーズをとらえ、人気を博してきたように思います。

そんなバジリスクシリーズをとりあえず、このレポートでは振り返って参りましょう。
 

■「バジリスク〜甲賀忍法帖〜」
何事にも始まりはあるわけで、それがこのシリーズの第一陣を切った「バジリスク〜甲賀忍法帖〜」。
いわゆる「初代青ドン」筐体で、その姿をお披露目することとなった。
時期的には「銀河英雄伝説」なんかも同時期だったかと思う。

この機種、実は初動はいうほど良くはなかったと記憶している。
販売時期的な絡みもあったのかもしれないが、初週導入がそれほどの数ではなく、なかなかその姿を見る機会がなかったように思うのだ。
特に時代的には、この機種の発売3か月前に登場したサミーの「交響詩篇エウレカセブン」がホールシェアを独り占めくらいの勢いだったから、仕方のないことだったのかもしれない。

しかし、そう簡単に万歳するほど甘くなかったのが、このバジリスクシリーズがここまでのロングランシリーズになった所以であろう。

爆発的なシェア獲得はなかったが、じわりじわりその数を増やしていったように思う。
いわゆる「スルメ台」というやつだ。

時間の経過と共に、気づいたら、ホールによっては「バジリスク>エウレカ」みたいなホールもまま見受けられた。

爆発的ではなかった初代バジリスクの人気だが、2代目にて一気に花開くこととなる。

 


■「バジリスク〜甲賀忍法帖〜U」
まさにパチスロ界の「ロッキー」である。

この「バジリスク〜甲賀忍法帖〜U」(以下バジU)は、初動の稼働もシェアも一気に獲得した。

しかし何の因果か・・・
「バジリスクシリーズ」発売の裏に人気機種ありは宿命なのか何なのか、バジUも数か月前に大都技研から発売された「押忍!番長2」と否応なく争うこととなった。

ただ、ここに共通点が見受けられる。
「エウレカ」も「番長」も持っていない特徴が「バジリスクシリーズ」にはある、ということである。

エウレカにせよ番長にせよ、言ってしまえば、いわゆる「A+ART」という当時の王道スペックだ。
しかし、バジリスクシリーズは言わば、「入ってしまえばいつまで続くかわからない」という上述2機とは大きく異なる特徴を有していたのである。

これが結果的に、「時代を反映するシリーズ」と評されることとなるのであろう。

そして、初動稼働もよくシェアも拡大したバジU。
当たり前のようにロングラン稼働を確保し、いつまでたってもバラエティに追いやられないホールの主力機種として活躍することとなるのだが、今度は自身との闘いになるのである。

 


■「バジリスク〜甲賀忍法帖〜絆」
リールの役構成をより可視化しにくくすることで、「液晶リール」の遊びを初代よりもUよりも進化させたこの〜絆〜。
だが、初代バジリスクのゲーム性に回帰したようなゲーム性は、そこに賛否を生む結果となった。

しかし、そのゲーム性の奥深さはこれまた大きなシェア拡大につながり、またも稼働のロングランを実現。
さらには、来年の10月に「パチスロメイン基板役比確認用7セグ導入」があるにも関わらず、このタイミングで「再認定」を獲得し、稼働可能期間まで確実にエース扱いを約束にされる至った。

もはや、これにてバジリスクシリーズはいい意味で「頭打ち」なのではないかと思われた。

しかし、「時代のトレンドを取り入れ、先頭を走る」バジリスクシリーズはこれで終わりにならないのである。

 


■そして今作、「SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜V」

記者発表会

満を持して、バジリスクVの登場である。

内規変更を受けて、これまでのように「メインリールは可視化不可」になってしまったので、わかりやすくするため、そのメインリールにはチェリーやベルが並ぶものの、これまでのシリーズ同様高揚感溢れる演出に一喜一憂すること必至である。

ざっと、画像を載せておこう。

記者発表会

分かりにくいかもしれないが、いわゆる「争忍の刻」は3D自力バトルになり、進化を遂げた。

記者発表会

こんな演出も相変わらず健在だし。

記者発表会

朧さんは少しばかり前作より凛々しくなったような気さえする。

 


以上、私のバジリスクVの記者発表レポートはここいらで「了」といたしましょう。
お目通し、ありがとうございました。

目次へ戻る



SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜Vの新台記者発表会レポート - [SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜V]

■担当者 : 業界ライター『春川亭三七』

早速ですが、春川亭三七のレポートのお時間です。
本日のわたくしのお仕事は、「SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜V」(以下「バジリスクV」)の記者発表会レポートでございます。

その前に、まずはこれまでのバジリスクシリーズを振り返っていくことといたしましょう。

それでレポートが成立するかって?
大丈夫!

だって・・・


記者発表会



こちら、株式会社ユニバーサルエンターテインメント マーケット戦略室 長谷川室長。
30オーバーのぱちんこ・パチスロ好きなら誰もが知っているであろう長谷川室長です。

その長谷川室長が、この記者発表で「バジリスクシリーズ」について・・・

「・・・バジリスクシリーズというのは、その時期その時期のパチスロのトレンドを取り入れ、時代の最先端を走ってきたシリーズであると・・・」

というようなことを仰っていたわけです。
確かにバジリスクシリーズは、その時代時代のニーズをとらえ、人気を博してきたように思います。

そんなバジリスクシリーズをとりあえず、このレポートでは振り返って参りましょう。
 

■「バジリスク〜甲賀忍法帖〜」
何事にも始まりはあるわけで、それがこのシリーズの第一陣を切った「バジリスク〜甲賀忍法帖〜」。
いわゆる「初代青ドン」筐体で、その姿をお披露目することとなった。
時期的には「銀河英雄伝説」なんかも同時期だったかと思う。

この機種、実は初動はいうほど良くはなかったと記憶している。
販売時期的な絡みもあったのかもしれないが、初週導入がそれほどの数ではなく、なかなかその姿を見る機会がなかったように思うのだ。
特に時代的には、この機種の発売3か月前に登場したサミーの「交響詩篇エウレカセブン」がホールシェアを独り占めくらいの勢いだったから、仕方のないことだったのかもしれない。

しかし、そう簡単に万歳するほど甘くなかったのが、このバジリスクシリーズがここまでのロングランシリーズになった所以であろう。

爆発的なシェア獲得はなかったが、じわりじわりその数を増やしていったように思う。
いわゆる「スルメ台」というやつだ。

時間の経過と共に、気づいたら、ホールによっては「バジリスク>エウレカ」みたいなホールもまま見受けられた。

爆発的ではなかった初代バジリスクの人気だが、2代目にて一気に花開くこととなる。

 


■「バジリスク〜甲賀忍法帖〜U」
まさにパチスロ界の「ロッキー」である。

この「バジリスク〜甲賀忍法帖〜U」(以下バジU)は、初動の稼働もシェアも一気に獲得した。

しかし何の因果か・・・
「バジリスクシリーズ」発売の裏に人気機種ありは宿命なのか何なのか、バジUも数か月前に大都技研から発売された「押忍!番長2」と否応なく争うこととなった。

ただ、ここに共通点が見受けられる。
「エウレカ」も「番長」も持っていない特徴が「バジリスクシリーズ」にはある、ということである。

エウレカにせよ番長にせよ、言ってしまえば、いわゆる「A+ART」という当時の王道スペックだ。
しかし、バジリスクシリーズは言わば、「入ってしまえばいつまで続くかわからない」という上述2機とは大きく異なる特徴を有していたのである。

これが結果的に、「時代を反映するシリーズ」と評されることとなるのであろう。

そして、初動稼働もよくシェアも拡大したバジU。
当たり前のようにロングラン稼働を確保し、いつまでたってもバラエティに追いやられないホールの主力機種として活躍することとなるのだが、今度は自身との闘いになるのである。

 


■「バジリスク〜甲賀忍法帖〜絆」
リールの役構成をより可視化しにくくすることで、「液晶リール」の遊びを初代よりもUよりも進化させたこの〜絆〜。
だが、初代バジリスクのゲーム性に回帰したようなゲーム性は、そこに賛否を生む結果となった。

しかし、そのゲーム性の奥深さはこれまた大きなシェア拡大につながり、またも稼働のロングランを実現。
さらには、来年の10月に「パチスロメイン基板役比確認用7セグ導入」があるにも関わらず、このタイミングで「再認定」を獲得し、稼働可能期間まで確実にエース扱いを約束にされる至った。

もはや、これにてバジリスクシリーズはいい意味で「頭打ち」なのではないかと思われた。

しかし、「時代のトレンドを取り入れ、先頭を走る」バジリスクシリーズはこれで終わりにならないのである。

 


■そして今作、「SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜V」

記者発表会

満を持して、バジリスクVの登場である。

内規変更を受けて、これまでのように「メインリールは可視化不可」になってしまったので、わかりやすくするため、そのメインリールにはチェリーやベルが並ぶものの、これまでのシリーズ同様高揚感溢れる演出に一喜一憂すること必至である。

ざっと、画像を載せておこう。

記者発表会

分かりにくいかもしれないが、いわゆる「争忍の刻」は3D自力バトルになり、進化を遂げた。

記者発表会

こんな演出も相変わらず健在だし。

記者発表会

朧さんは少しばかり前作より凛々しくなったような気さえする。

 


以上、私のバジリスクVの記者発表レポートはここいらで「了」といたしましょう。
お目通し、ありがとうございました。

目次へ戻る



ホール側の扱い方や反応/稼働状況/粗利 - [SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜V]

■担当者 : 業界ライター『花火』

※2016/12/9更新※

さて、説明不要のバジリスクシリーズ第四弾。

流石の注目度だ。
初日のIN枚数23000枚、二日目IN枚数22000枚、三日目IN枚数20000枚強といった感じになっている。

粗利は、三日間共2000円程度と大分甘めに動いている。
ただ、これは今週のコラムでも書かせて頂いたが、低設定が甘い訳ではなく、全体的な設定が高めになっているものと思われる。
ホールで何台がデータ見させて頂いたが、低設定の吸い込みはえげつない事になっていたので。

絆がある以上なかなか厳しい気もするが、初週としては充分な数値。

まずは、花火自身も打ってみたいと思う。

来週以降の稼働で結果もでてくるかと思うので、続報があればまた更新したい。

目次へ戻る



通常時の小役確率/小役との重複ボーナス確率/単独ボーナス確率 - [SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜V]

【通常時の小役確率】
●リプレイ
全設定共通 : 1/7.9

●押し順ベル
全設定共通 : 1/5.2

●共通ベル : 約1/11.2
※わずかに設定差あり

●巻物
全設定共通 : 1/100.2

●弱チェリー
設定1 : 1/79.7
設定2 : 1/75.2
設定3 : 1/70.9
設定4 : 1/67.3
設定5 : 1/63.9
設定6 : 1/60.8

●強チェリー
全設定共通 : 1/222.2

●チャンスベル
全設定共通 : 1/360.1
 

【小役との重複ボーナス確率】

=== 白BAR ===
●白BAR+強チェリー
全設定共通 : 1/65536.0

●白BAR+巻物
全設定共通 : 1/65536.0


=== 黄BAR ===
●黄BAR+リプレイ
全設定共通 : 1/65536.0

●黄BAR+弱チェリー
設定1 : 1/65536.0
設定2 : 1/65536.0
設定3 : 1/32768.0
設定4 : 1/32768.0
設定5 : 1/21845.3
設定6 : 1/16384.0

●黄BAR+強チェリー
設定1 : 1/5957.8
設定2 : 1/5041.2
設定3 : 1/7281.8
設定4 : 1/5041.2
設定5 : 1/7281.8
設定6 : 1/5041.2

●黄BAR+巻物
設定1 : 1/8192.0
設定2 : 1/8192.0
設定3 : 1/7281.8
設定4 : 1/7281.8
設定5 : 1/6553.6
設定6 : 1/6553.6


=== 青BAR ===
●青BAR+リプレイ
全設定共通 : 1/65536.0

●青BAR+弱チェリー
設定1 : 1/65536.0
設定2 : 1/65536.0
設定3 : 1/32768.0
設定4 : 1/32768.0
設定5 : 1/21845.3
設定6 : 1/16384.0

●青BAR+強チェリー
設定1 : 1/5957.8
設定2 : 1/7281.8
設定3 : 1/5041.2
設定4 : 1/7281.8
設定5 : 1/5041.2
設定6 : 1/7281.8

●青BAR+巻物
設定1 : 1/8192.0
設定2 : 1/8192.0
設定3 : 1/7281.8
設定4 : 1/7281.8
設定5 : 1/6553.6
設定6 : 1/6553.6

●青BAR+チャンスベル
設定1 : 1/7281.8
設定2 : 1/9362.3
設定3 : 1/5957.8
設定4 : 1/9362.3
設定5 : 1/5957.8
設定6 : 1/9362.3
 

【単独ボーナス確率】
●黄BAR単独
設定1 : 1/32768.0
設定2 : 1/21845.3
設定3 : 1/32768.0
設定4 : 1/21845.3
設定5 : 1/32768.0
設定6 : 1/16384.0

●青BAR単独
設定1 : 1/32768.0
設定2 : 1/21845.3
設定3 : 1/32768.0
設定4 : 1/21845.3
設定5 : 1/32768.0
設定6 : 1/16384.0

目次へ戻る



ボーナス概要 - [SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜V]

【プレミアムバジリスクチャンス】
白BAR揃い。
払い出し枚数が305枚を超えると終了、純増枚数は約200枚。

プレミアムバジリスクチャンスが成立した時点で高モードのART当選が確定し、消化中も高確率で赤BAR揃いが成立する。
 

【バジリスクチャンス】
黄BAR揃い、青BAR揃い。
払い出し枚数が305枚を超えると終了、純増枚数は約200枚。

消化中はART抽選が行われる。
一度のバジリスクチャンスでのART当選期待度は約38%。

なお、ART中に成立したBIGではARTストック抽選が行われる。
こちらもストック期待度は約38%。
 

【バジリスクチャンス中の「瞳術リプレイ」・「瞳術フェイクリプレイ」確率】
●プレミアムバジリスクチャンス中
瞳術リプレイ : 1/20.0
瞳術フェイクリプレイ : 1/20.0

●バジリスクチャンス中
瞳術リプレイ : 1/163.8
瞳術フェイクリプレイ : 1/10.6
 

【バジリスクチャンス中のART抽選】
バジリスクチャンス中は、成立役に応じてART抽選が行われる。
なお、ART中に成立したバジリスクチャンス中は、ART継続ストック抽選が行われる。

各小役成立時のART or 継続ストック当選率は以下の通り。

●弱チェリー : 0.8%
●強チェリー : 50.0%
●チャンスベル : 33.6%
●瞳術リプレイ : 100%

目次へ戻る



通常時の自力CZ周期抽選/自力CZ当選率 - [SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜V]

【概要】
通常時の自力CZ抽選は周期抽選となっている。
1周期最大255Gで、平均約80Gに一度自力CZ抽選が行われる。
自力CZ当選時は、5〜24Gの前兆を経由してから突入する。

レア小役成立時は、周期到達までのゲーム数短縮抽選やCZ抽選が行なわれる。
 

【周期モードの種類】
周期モードは、「モード1」・「モード2」・「モード3」の3種類。
周期到達時には、周期モードや滞在状態を参照して自力CZ抽選が行われる。

「モード3滞在時」、もしくは「高確率状態中」ならば、周期到達で必ず自力CZに当選!
 

【レア小役成立時の周期到達抽選】
特定のレア小役成立時には、周期到達抽選が行われる。
当選時は、残り周期ゲーム数が一気にゼロになり、周期到達となる。

各レア小役成立時の周期到達率は以下の通り。

●強チェリー : 100%
●チャンスベル : 66.8%
●巻物 : 25.0%
 

【周期到達時の自力CZ当選率】
周期到達時の状況によって、自力CZ当選率が異なる。
各状況での自力CZ当選率は以下の通り。

●天井到達時/モード3滞在時/高確率状態中
全設定共通 : 100%

●上記以外
設定1 : 30.1%
設定2 : 30.1%
設定3 : 30.1%
設定4 : 36.8%
設定5 : 33.6%
設定6 : 53.6%
 

【自力CZ当選時の前兆ゲーム数振り分け】
自力CZ当選時は、5G〜24Gの前兆ゲーム数を経由してから自力CZに突入する。
前兆ゲーム数の振り分けは以下の通り。

●5〜8G : 25.0%
●9〜12G : 6.3%
●13〜16G : 6.3%
●17〜20G : 3.1%
●21〜24G : 59.3%
 

【前兆中の自力CZ昇格抽選】
自力CZの前兆中に「特定のレア小役」・「ボーナス」が成立すると、より上位の自力CZに昇格する為の抽選が行われる。
よって、前兆中のレア小役も無駄引きとはならない。

各自力CZ前兆中の昇格当選率は以下の通り。

=== 「甲賀卍谷防衛戦」の前兆中 ===
●弱チェリー
人別帖ミッションへ昇格 : 2.7%
駿府城ミッションへ昇格 : 0.4%

●強チェリー
人別帖ミッションへ昇格 : 46.9%
駿府城ミッションへ昇格 : 3.1%

●巻物
人別帖ミッションへ昇格 : 24.6%
駿府城ミッションへ昇格 : 0.4%

●チャンスベル
人別帖ミッションへ昇格 : 32.8%
駿府城ミッションへ昇格 : 0.8%

●バジリスクチャンス
人別帖ミッションへ昇格 : 43.7%
駿府城ミッションへ昇格 : 6.3%

=== 「人別帖ミッション」の前兆中 ===
●弱チェリー
駿府城ミッションへ昇格 : 0.8%

●強チェリー
駿府城ミッションへ昇格 : 19.9%

●巻物
駿府城ミッションへ昇格 : 3.1%

●チャンスベル
駿府城ミッションへ昇格 : 12.5%

●バジリスクチャンス
駿府城ミッションへ昇格 : 33.6%

目次へ戻る



周期モード移行率 - [SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜V]

【概要】
周期モードは、「モード1」・「モード2」・「モード3」の3種類。
周期到達時には、周期モードや滞在状態を参照して自力CZ抽選が行われる。

「モード3滞在時」、もしくは「高確率状態中」ならば、周期到達で必ず自力CZに当選!

周期モード移行抽選は、自力CZ後に行われる。
各状況における周期モード移行率は以下の通り。
 

【自力CZ失敗時のモード移行率】

=== モード1滞在時 ===
●モード1のまま
全設定共通 : 66.4%

●モード2へ昇格
全設定共通 : 移行無し

●モード3へ昇格
全設定共通 : 33.6%


=== モード2滞在時 ===
●モード1へ転落
設定1 : 19.9%
設定2 : 25.0%
設定3 : 19.9%
設定4 : 37.5%
設定5 : 19.9%
設定6 : 50.0%

●モード2のまま
設定1 : 80.1%
設定2 : 75.0%
設定3 : 80.1%
設定4 : 62.5%
設定5 : 80.1%
設定6 : 50.0%

●モード3へ昇格
全設定共通 : 移行無し

=== モード3滞在時 ===
モード3滞在時は必ず自力CZ成功となるため、以下の「自力CZ成功時のモード移行率」が適用される。
 

【自力CZ成功時のモード移行率】

=== モード1・2滞在時 ===
●モード1へ
設定1 : 12.9%
設定2 : 19.9%
設定3 : 13.6%
設定4 : 30.1%
設定5 : 14.5%
設定6 : 40.2%

●モード2へ
設定1 : 77.3%
設定2 : 74.2%
設定3 : 71.9%
設定4 : 62.1%
設定5 : 60.5%
設定6 : 47.3%

●モード3へ
設定1 : 9.8%
設定2 : 5.9%
設定3 : 14.5%
設定4 : 7.8%
設定5 : 25.0%
設定6 : 12.5%


=== モード3滞在時 ===

●モード1へ
設定1 : 12.5%
設定2 : 19.9%
設定3 : 12.5%
設定4 : 30.1%
設定5 : 12.5%
設定6 : 40.3%

●モード2へ
設定1 : 84.4%
設定2 : 77.0%
設定3 : 84.4%
設定4 : 66.8%
設定5 : 84.4%
設定6 : 56.6%

●モード3へ
全設定共通 : 3.1%

目次へ戻る



周期ゲーム数振り分け - [SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜V]

成功・失敗を問わず、自力CZ後には周期モード移行抽選が行われる。
そこで移行したモードに応じて、周期ゲーム数振り分けが行われる。

各モードでの周期ゲーム数振り分けは以下の通り。

●モード1
1〜32G : 0.4%
33〜64G : 9.8%
65〜96G : 1.6%
97〜128G : 19.5%
129〜160G : 2.7%
161〜192G : 0.4%
193〜224G : 15.6%
225〜255G : 50.0%

●モード2
1〜32G : 0.4%
33〜64G : 1.6%
65〜96G : 9.8%
97〜128G : 2.7%
129〜160G : 19.5%
161〜192G : 0.4%
193〜224G : 15.6%
225〜255G : 50.0%

●モード3
1G : 100%

目次へ戻る



通常時の状態/状態移行率 - [SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜V]

【概要】
通常時には、「通常」・「高確」の2つの状態が存在。
高確中に周期到達となれば、自力CZ当選が確定する。

弱チェリー成立時は高確移行のチャンス。
 

【通常時の「ハズレ」・「弱チェリー」からの高確移行抽選】
通常時の「ハズレ」・「弱チェリー」によって、高確ゲーム数抽選が行われる。
高確中に周期到達となれば、自力CZ当選が確定。

「ハズレ」・「弱チェリー」成立時の高確ゲーム数当選率は以下の通り。

●ハズレ時
・20G
設定1 : 0.4%
設定2 : 0.4%
設定3 : 0.4%
設定4 : 0.8%
設定5 : 0.4%
設定6 : 0.8%

●弱チェリー時
・10G
設定1 : 25.0%
設定2 : 33.2%
設定3 : 25.0%
設定4 : 33.2%
設定5 : 25.0%
設定6 : 33.2%

・20G
設定1 : 18.8%
設定2 : 25.0%
設定3 : 18.8%
設定4 : 25.0%
設定5 : 18.8%
設定6 : 25.0%

・30G
設定1 : 5.5%
設定2 : 7.4%
設定3 : 5.5%
設定4 : 7.4%
設定5 : 5.5%
設定6 : 7.4%

・50G
全設定共通 : 0.8%
 

【ART非当選だったバジリスクチャンス後の高確移行抽選】
ART非当選となったバジリスクチャンス後は、必ず高確率状態からスタートする。
高確ゲーム数振り分けについては以下の通り。

●20G : 75.0%
●30G : 18.7%
●50G : 6.3%

目次へ戻る



自力チャンスゾーン「争忍チャレンジ」の概要 - [SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜V]

SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜Vには、3種類の自力チャンスゾーンが搭載されている。
 

【甲賀卍谷防衛戦】
17G継続。
タイトルは「甲賀衆を集結させよ!」。

甲賀VS伊賀の攻防戦が卍谷で繰り広げられる。
甲賀衆が集結するほど期待度アップ。
リプレイやレア小役が成立するほどチャンス。

ART当選期待度は約40%。
 

【人別帖ミッション】
15G継続。
タイトルは「卍谷へ帰還せよ!」。

仲間たちの連携で卍谷への帰還を目指す。
「将監 < 地虫 < お胡夷」の順にアツい。
ベルやレア小役が成立するほどチャンス。

ART当選期待度は約75%。
 

【駿府城ミッション】
15G継続。
タイトルは「駿府城」。

突入した時点でART当選確定。
さらに、消化中に条件を満たすとART継続が確定し、2セット保証となる。

目次へ戻る



自力チャンスゾーン中のART当選率 - [SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜V]

【概要】
自力CZは、「甲賀卍谷防衛戦」「人別帖ミッション」「駿府城ミッション」のどれに当選するかによって、ART抽選内容が異なる。
各自力CZ中のART当選率は以下の通り。
 

【「甲賀卍谷防衛戦」でのART抽選の流れ/ART当選率】
17G継続の自力CZで、「霞刑部(モードA) < 如月左衛門(モードB) < 陽炎(モードC) < 室賀豹馬(モードD)」の4つのモードが存在。
消化中にモードを上げていき、最終ゲームで、滞在モードと成立役を参照してART抽選が行われる。

なお、最終ゲームでのART抽選を待たずにART当選となった場合は、最大2Gの前兆を経由してからARTへ突入する。

各モード滞在時のモード昇格率やART当選率は以下の通り。

=== 霞刑部(モードA)滞在時 ===
●ハズレ
モードBへ : 0.4%

●リプレイ
モードBへ : 100%

●ベル
モードBへ : 0.8%

●共通ベル
モードBへ : 6.3%

●弱チェリー
モードBへ : 98.4%
モードCへ : 1.6%

●強チェリー
モードCへ : 93.7%
ART当選 : 6.3%

●巻物
モードBへ : 96.9%
モードCへ : 3.1%

●チャンスベル
モードCへ : 96.9%
ART当選 : 3.1%

●バジリスクチャンス
ART当選 : 100%

=== 如月左衛門(モードB)滞在時 ===
●ハズレ
モードCへ : 0.4%

●リプレイ
モードCへ : 60.2%

●ベル
モードBへ : 0.8%

●共通ベル
モードBへ : 3.1%

●弱チェリー
モードCへ : 98.4%
モードDへ : 1.6%

●強チェリー
モードDへ : 93.7%
ART当選 : 6.3%

●巻物
モードCへ : 96.9%
モードDへ : 3.1%

●チャンスベル
モードDへ : 96.9%
ART当選 : 3.1%

●バジリスクチャンス
ART当選 : 100%

=== 陽炎(モードC)滞在時 ===
●ハズレ
モードDへ : 0.4%

●リプレイ
モードDへ : 25.0%

●ベル
モードDへ : 0.4%

●共通ベル
モードDへ : 1.6%

●弱チェリー
モードDへ : 99.2%
ART当選 : 0.8%

●強チェリー
モードDへ : 87.5%
ART当選 : 12.5%

●巻物
モードDへ : 98.4%
ART当選 : 1.6%

●チャンスベル
モードDへ : 90.6%
ART当選 : 9.4%

●バジリスクチャンス
ART当選 : 100%

=== 室賀豹馬(モードD)滞在時 ===
●ハズレ
ART当選 : 0.4%

●リプレイ
ART当選 : 6.3%

●ベル
ART当選 : 0.4%

●共通ベル
ART当選 : 0.8%

●弱チェリー
ART当選 : 50.0%

●強チェリー
ART当選 : 100%

●巻物
ART当選 : 50.0%

●チャンスベル
ART当選 : 100%

●バジリスクチャンス
ART当選 : 100%

=== 最終ゲームでのART当選率 ===
●モードA滞在時
・ハズレ : 3.9%
・リプレイ : 25.0%
・ベル : 3.9%
・共通ベル : 3.9%
・弱チェリー : 100%
・強チェリー : 100%
・巻物 : 100%
・チャンスベル : 100%
・バジリスクチャンス : 100%

●モードB滞在時
・ハズレ : 7.8%
・リプレイ : 33.6%
・ベル : 7.8%
・共通ベル : 7.8%
・弱チェリー : 50.0%
・強チェリー : 100%
・巻物 : 50.0%
・チャンスベル : 100%
・バジリスクチャンス : 100%

●モードC滞在時
・ハズレ : 25.0%
・リプレイ : 50.0%
・ベル : 25.0%
・共通ベル : 25.0%
・弱チェリー : 66.4%
・強チェリー : 100%
・巻物 : 66.4%
・チャンスベル : 100%
・バジリスクチャンス : 100%

●モードD滞在時
・ハズレ : 75.0%
・リプレイ : 100%
・ベル : 75.0%
・共通ベル : 75.0%
・弱チェリー : 100%
・強チェリー : 100%
・巻物 : 100%
・チャンスベル : 100%
・バジリスクチャンス : 100%
 

【「人別帖ミッション」でのART抽選の流れ/ART当選率】
15G継続の自力CZで、「風待将監(モードA) < 地虫十兵衛(モードB) < お胡夷(モードC)」の3つのモードが存在。
消化中にモードを上げていき、最終ゲームで、滞在モードと成立役を参照してART抽選が行われる。

なお、最終ゲームでのART抽選を待たずにART当選となった場合は、最大2Gの前兆を経由してからARTへ突入する。

各モード滞在時のモード昇格率やART当選率は以下の通り。

=== 風待将監(モードA) ===
●ハズレ
モードBへ : 0.4%

●リプレイ
モードBへ : 3.1%

●ベル
モードBへ : 39.8%

●共通ベル
モードBへ : 39.8%

●弱チェリー
モードBへ : 96.9%
ART当選 : 3.1%

●強チェリー
モードCへ : 87.5%
ART当選 : 12.5%

●巻物
モードBへ : 93.7%
ART当選 : 6.3%

●チャンスベル
モードCへ : 93.7%
ART当選 : 6.3%

●バジリスクチャンス
ART当選 : 100%

=== 地虫十兵衛(モードB) ===
●ハズレ
モードCへ : 0.4%

●リプレイ
モードCへ : 3.1%

●ベル
モードCへ : 30.1%

●共通ベル
モードCへ : 30.1%

●弱チェリー
モードCへ : 96.9%
ART当選 : 3.1%

●強チェリー
モードCへ : 50.0%
ART当選 : 50.0%

●巻物
モードCへ : 93.7%
ART当選 : 6.3%

●チャンスベル
モードCへ : 75.0%
ART当選 : 25.0%

●バジリスクチャンス
ART当選 : 100%

=== お胡夷(モードC) ===
●ハズレ
ART当選 : 0.4%

●リプレイ
ART当選 : 0.8%

●ベル
ART当選 : 10.2%

●共通ベル
ART当選 : 10.2%

●弱チェリー
ART当選 : 50.0%

●強チェリー
ART当選 : 100%

●巻物
ART当選 : 50.0%

●チャンスベル
ART当選 : 100%

●バジリスクチャンス
ART当選 : 100%

=== 最終ゲームでのART当選率 ===
●モードA滞在時
・ハズレ : 33.6%
・リプレイ : 33.6%
・ベル : 50.0%
・共通ベル : 50.0%
・弱チェリー : 66.4%
・強チェリー : 100%
・巻物 : 75.0%
・チャンスベル : 100%
・バジリスクチャンス : 100%

●モードB滞在時
・ハズレ : 50.0%
・リプレイ : 50.0%
・ベル : 66.8%
・共通ベル : 66.8%
・弱チェリー : 75.0%
・強チェリー : 100%
・巻物 : 100%
・チャンスベル : 100%
・バジリスクチャンス : 100%

●モードC滞在時
・ハズレ : 75.0%
・リプレイ : 75.0%
・ベル : 100%
・共通ベル : 100%
・弱チェリー : 100%
・強チェリー : 100%
・巻物 : 100%
・チャンスベル : 100%
・バジリスクチャンス : 100%
 

【「駿府城ミッション」中のモード昇格当選率】
15G継続の自力CZで、突入した時点でART確定。
消化中は、以下の確率で継続モードの昇格抽選が行われる。

駿府城ミッション中の継続モード昇格率は以下の通り。

●ハズレ : 6.3%
●リプレイ : 6.3%
●ベル : 6.3%
●共通ベル : 6.3%
●弱チェリー : 25.0%
●強チェリー : 100%
●巻物 : 25.0%
●チャンスベル : 100%
●バジリスクチャンス : 100%

目次へ戻る



ART「バジリスクタイム」詳細/無双連撃/鬼哭啾々 - [SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜V]

【概要】
ART「バジリスクタイム」は、1Gあたりの純増約1.7枚で、1セットの平均継続ゲーム数は約35G。
「追想の刻」と「争忍の刻」をループするお馴染のシステムだが、今作の争忍の刻は自力バトルタイプとなっている。
 

【継続モード】
ART初当たり時には、継続モードの振り分け抽選が行われる。
継続モードは、「争忍モード抽選」や「争忍の刻開始時の人数やキャラ」などに影響を与える。
 

【争忍モード/朧モード】
追想の刻開始時(セットごと)には、「争忍モード」と「朧モード」の抽選が行われる。

争忍モードとは、争忍の刻中の「ベル」と「ベルリプレイ」の出現率に影響を与えるモード。

朧モードとは、「追想の刻中のストック抽選」・「争忍の刻中のエピソード抽選」に影響を与えるモード。
当選時には画面上に朧が登場し、争忍の刻開始時のキャラ決定時に朧がいない状態となる。
セットごとの朧モード当選率は3.1%。
 

【追想の刻】
ART突入時は、まず追想の刻からスタート。
10G以上継続し、終了後は争忍の刻へ移行。

追想の刻中は、レア小役の成立によりARTストック抽選が行われている。

追想の刻ゲーム数振り分けは以下の通り。

●設定1〜5
10G : 96.9%
20G : 2.7%
40G : ---
60G : 0.4%

●設定6
10G : 96.5%
20G : 2.7%
40G : 0.4%
60G : 0.4%

上記の通り、追想の刻継続ゲーム数が40Gだった場合は、その時点で設定6が確定する。
※ただし、追想中にバジリスクチャンスに当選⇒トータルで40G継続、となった場合は除外
 

【追想の刻中のARTストック抽選】
追想の刻中にレア小役が成立した場合は、ARTストック抽選が行われる。
朧モード中の場合は、ストック当選率が大幅に優遇される。

各レア小役成立時のARTストック当選率は以下の通り。

●朧モード中以外
弱チェリー : 0.8%
強チェリー : 33.6%
巻物 : 3.1%
チャンスベル : 25.0%

●朧モード中
共通ベル : 6.3%
弱チェリー : 50.0%
強チェリー : 100%
巻物 : 66.8%
チャンスベル : 100%
 

【争忍の刻】
開始時に、甲賀VS伊賀の人数とキャラクターを決定。
以降はバトルが繰り広げられ、バトル勝利となればARTが継続する。

なおこのバトルは自力となっており、「ベル」・「ベルリプレイ」・「レア小役」ならば甲賀の攻撃抽選、「リプレイ」ならば伊賀の攻撃抽選が行われる。

また、以下のような特徴もある。

●ベルの連続成立 ⇒ 甲賀の攻撃力アップ
●レア小役 ⇒ エピソードバトル抽選
●レア小役やリプレイの連続成立 ⇒ 無双連撃抽選
 

【争忍の刻開始時のメンバーによる継続示唆】
争忍の刻開始時のメンバーによって、ART継続などが確定する場合がある。
詳細については以下の通り。

●甲賀と伊賀の人数差が3人以上ならばART継続確定

●甲賀と伊賀の人数が「奇数 VS 偶数」もしくは「偶数 VS 奇数」だった場合、高継続モードの可能性アップ

●メンバーに「弾正」or「お幻」が選ばれた時点でART継続確定
 

【無双ポイント】
争忍の刻中は、無双ポイント獲得抽選が行われる。
無双ポイントがどれだけ貯まっているかによって、バトル終了時の報酬が変化する。
以下の場合は、複数の無双ポイントを獲得するチャンス!

●一撃で伊賀衆を複数人撃破
●1キャラで伊賀衆を複数人撃破
●レア小役で伊賀衆を撃破
●無双連撃中
●甲賀が圧勝(甲賀の残り人数が多い状態で勝利)
 

【無双連撃】
無双連撃が発生すると、リプレイがすべてベルリプレイに変換され、当選したベルナビ回数を消化するまで継続する。(ベルナビは最大14回)
連続攻撃&ベル連による大ダメージが期待できるため、バトル勝利の可能性が大幅アップする。
また無双連撃中は、無双ポイントを複数獲得するチャンスとなる。

無双連撃への突入抽選は、争忍中の「レア小役成立時」・「リプレイ7連時(以降、連が途切れるまで毎ゲーム)」で行われる。
 

【鬼哭啾々】
鬼哭啾々へ突入すると、弦之介と天膳が10G間に渡ってバトルを繰り広げる。
弦之介が勝てば真瞳術チャンスへ、天膳を倒せなくても瞳術チャンスへ突入する。

消化中は毎ゲーム勝利抽選が行われる。
各小役成立時の勝利当選率は以下の通り。

●ハズレ/リプレイ/ベル ⇒ 2.3%

●弱チェリー ⇒ 6.3%

●巻物 ⇒ 12.5%

●上記以外のレア小役/BC当選 ⇒ 勝利確定!
 

【「完全勝利」発生時の恩恵】
完全勝利とは、「甲賀衆が10人残っている状態での勝利」のこと。

争忍の刻中に完全勝利となった場合は、恩恵として「継続モード」をストックする。

目次へ戻る



ART中のエピソードバトル詳細 - [SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜V]

【エピソードバトル概要】
エピソードバトルとは、原作に基づいたキャラクターのバトルのこと。
甲賀が勝利すればARTストックとなる。

エピソードバトルは以下の5種類。

●相思相殺(将監VS夜叉丸)
●胡蝶乱舞(左衛門VS蛍火)
●無明払暁(豹馬VS小四郎)
●仁慈流々(陽炎VS朱絹)
●散花海峡(刑部VS陣五郎)
 

【エピソードバトル突入抽選】
エピソードバトル突入抽選は、争忍中のレア小役成立時に行なわれる。
「成立した小役の種類」と「朧モードに滞在しているかどうか」によって、当選期待度が異なる。
詳細は以下の通り。

■非朧モード中■
●弱チェリー
バトル+ストック : 0.8%

●強チェリー
バトル発生のみ : 16.4%
バトル+ストック : 33.6%

●巻物
バトル発生のみ : 1.6%
バトル+ストック : 3.1%

●チャンスベル
バトル発生のみ : 3.1%
バトル+ストック : 6.3%

■朧モード中■
●共通ベル
バトル+ストック : 6.3%

●弱チェリー
バトル+ストック : 50.0%

●強チェリー
バトル+ストック : 100%

●巻物
バトル発生のみ : 33.2%
バトル+ストック : 66.8%

●チャンスベル
バトル+ストック : 100%
 

【エピソードバトル中のストック抽選】
エピソードバトル中は、成立役に応じてストック抽選が行われる。

「バトルのみ」に当選している場合は、ここでストックできなければストック無しで終わってしまう。
「バトル+ストック」に当選している場合は、ここでストックできなくても最低1個のストックが保証されている。

エピソードバトル中のストック当選率は以下の通り。

■非朧モード中■
●弱チェリー : 12.5%
●強チェリー : 100%
●巻物 : 25.0%
●チャンスベル : 100%

■朧モード中■
●共通ベル : 6.3%
●弱チェリー : 50.0%
●強チェリー : 100%
●巻物 : 66.8%
●チャンスベル : 100%
 

【ここで言う「ストック」とは?】
ここで言うストックというのは、「継続モードのストック」と「継続ストック」の2種類を指している。

●継続モードのストック
単発では終わらず、継続する可能性のあるストック。
詳細は後日更新。

●継続ストック
いわゆる通常のARTストック。
次セットに消化され、そのセットが終われば消滅するストック。

目次へ戻る



上乗せ特化ゾーン「瞳術チャンス/真瞳術チャンス」 - [SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜V]

【概要】
瞳術チャンス/真瞳術チャンスとは、高確率でARTストックとなる20G継続の上乗せ特化ゾーン。
レア小役でストック抽選が行われ、瞳術図柄揃いのたびにARTがストックされていく。
真瞳術チャンスならば、複数ストックの期待大!
 

【瞳術チャンス中のストック当選率】
●瞳術リプレイ : 3.1%
●弱チェリー : 3.1%
●強チェリー : 50.0%
●巻物 : 12.5%
●チャンスベル : 33.6%
●バジリスクチャンス : 100%
 

【真瞳術チャンス中のストック当選率】
レア小役が成立した時点でストック当選確定!

目次へ戻る



ロングフリーズの確率と恩恵 - [SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜V]

白BAR揃い(プレミアムバジリスクチャンス)成立時の一部で、ロングフリーズが発生する。

ロングフリーズ発生時の恩恵は以下の通り。

●ART中の継続モードが最高モード
●継続ストック2個

目次へ戻る



設定差/設定判別/立ち回り/高設定狙い - [SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜V]

【バジリスクチャンスとARTの出現率】
どちらも、高設定になるほど出現率が上がる。

特にART初当たりは要注目。
1/300よりも良い確率でART初当たりが取れている台が理想。

●バジリスクチャンス
設定1 : 1/1024.0
設定2 : 1/993.0
設定3 : 1/963.8
設定4 : 1/936.2
設定5 : 1/910.2
設定6 : 1/840.2

●ART初当たり
設定1 : 1/376.8
設定2 : 1/363.0
設定3 : 1/356.9
設定4 : 1/312.1
設定5 : 1/316.2
設定6 : 1/256.2
 

【周期到達時の自力CZ当選率】
「天井到達時」・「モード3滞在時」・「高確率状態中」以外での周期到達時の自力CZ当選率に注目。
設定6のみ、頭一つ抜けて優遇されている。

設定1 : 30.1%
設定2 : 30.1%
設定3 : 30.1%
設定4 : 36.8%
設定5 : 33.6%
設定6 : 53.6%

「天井到達時」・「モード3滞在時」・「高確率状態中」以外での周期到達時に、2回に1回以上の割合で自力CZに当選するような台は、設定6の期待度が高まる。

モード3なのか高確なのかは明確に見極められないので、ざっくりと、周期到達時の3回に2回は自力CZ当選となっているようであれば、設定6の可能性がアップすると考えてもOK。
 

【追想の刻の継続ゲーム数】
追想の刻にて40G継続が選択されれば、その時点で設定6が確定する。
ただし、途中でバジリスクチャンスをはさんだ場合は無効となるので要注意。

目次へ戻る



打ち手の評価/評判/口コミ/感想 - [SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜V]

【 「SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜V」に対する評価・感想を投稿する 】

【評価平均(5点満点)】
2.3点
※投稿総数 : 4件
【評価内訳】
★★★★★(5点) : 0件
★★★★☆(4点) : 1件
★★★☆☆(3点) : 1件
★★☆☆☆(2点) : 0件
★☆☆☆☆(1点) : 2件

投稿者 ぽこぽこ さん 年代/性別 30代/男性 投稿日 2016/12/10
【SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜Vの評価】
★☆☆☆☆(1点)

【SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜Vの感想・口コミ】
なんてことはない。
ただのガルパンのパクり台。
せっかくここまでビッグコンテンツに育ったのに。

こんな新台の為に多額の予算を割いてしまったホールも、その予算の回収の為に絞り取られるユーザーも被害者でしかない。

投稿者 ヨワゴン さん 年代/性別 30代/男性 投稿日 2016/12/4
【SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜Vの評価】
★☆☆☆☆(1点)

【SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜Vの感想・口コミ】
結論から言わせてもらうと、「これなら絆打つね」です。

1.周期抽選CZと重たいボーナスのため、通常時の子役引いた際の期待感を感じられない。
CZも自力感を出させるのであれば、バジUのように選択できるようにして欲しかった。

2.ARTは劣化ガルパンとしか言いようがなく、ガルパンやモンハン月下で感じられたドキドキ感がない。
特に1対1となった際に、4連続ベルとかでも撃破できず、弦之介が勝てる気がしない。
何故1対1となった場合に、ガルパンと同様にエピソードバトル(前作の鬼哭啾々)への発展としなかったのか。

人間とは良くも悪くも比較する生き物です。
今は導入初期で設定も期待できますが、年明け頃には、隣にある絆に、人は流れていくでしょうね。

投稿者 設定0 さん 年代/性別 40代/男性 投稿日 2016/12/3
【SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜Vの評価】
★★★★☆(4点)

【SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜Vの感想・口コミ】
バジ2の正統な後継機。
絆大好きチームには不評かも。

まずは全体の感じ。

●バジ2の方が絆よりも好きな自分は高評価です。
準備中のレア役でピコーン→ストック など,「おや,懐かしい」というポイントがちらほら。
強チェリーのビガシュシュッ!という音もバジ2ぽくて良。

●出玉感,オラオラポイントなど,絆と比較してはいけません。
全くの別物。

●ARTはバジリスク&パンツァー。
テンゼンが強すぎますが,自力感があり楽しいです。
1対1まで来たときのレア役が汁。
ガルパンが打てた方は抵抗ないかと。
ガルパンが好きではない方には辛いかも。

●新基準なので,コインの増え方にもやっとするかもしれません。
ボーナスが重要,超絶重要。


台の挙動など。

●比較的低設定,高設定がわかりやすかと。
CZ突入率が露骨に違う感じです。

●おそらく低設定では,300GぐらいCZに入らない。
そもそもテンゼン一味が走る前兆?にいかない。
おそらく高設定では,周期なのかレア役でなのか,とにかくテンゼン一味走りすぎ。
ぽこぽこCZ入ります。
化物語で,解呪連なのかレア役で入ったのか,ずっと塾か解呪のような状態になります。


演出など。

●おなじみの演出。
これまでで熱かった演出は相変わらず熱い。
ART中の3D人形は特に抵抗ありませんでした。
「見よ,テンゼン」で勝つときのゲンノスケの顔がちょっとおかしいぐらい(笑)


新曲はとても良。
新基準の中では良台(好き)だと感じたので★4です。
これなら絆打つよ族,バジ2まだあるし族も多いと思われますが,バジ2を新基準でリメイクした機種,と考えれば,結構良いと思いました。

投稿者 パオ さん 年代/性別 50代/男性 投稿日 2016/11/30
【SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜Vの評価】
★★★☆☆(3点)

【SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜Vの感想・口コミ】
初打ちで1時間、前半ベルそろいまくり、ストックしまくり今日は帰れない?と思いきや、後半リプの嵐で1200枚プラスで終了。

感想は、かなりストレスが溜まると思いました。
ARTでリプとベルリプに偏ると1セット20枚とか当たり前、、単に引きの問題ですが、、
ガルパンと同じでベルの引き次第。
私には駄目だな〜。
 


SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜Vに対する、皆様の感想や評価をお送りいただけますとありがたいです!
以下のリンクをクリックし、開いたフォームよりご投稿ください。
投稿内容を確認させていただいた後、当ページへご投稿内容を反映させていただきます。

是非お気軽にご投稿いただければと思います。

【 「SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜V」に対する評価・感想を投稿する 】

※評価・感想投稿についてのガイドライン





【換金可能】 目指せ一攫千金! オンラインスロットで電子マネーゲット!

一撃5,000枚も可能!オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」
特許取得により「換金」が可能となっている、オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」。

現在新台リリースイベントで大盛況! 前作に比べてボーナス確率はなんと【250%超】!
オール役からのボーナス解除や高確モードからの連チャンは圧倒的破壊力で一気に大爆発の可能性アリ!
1000円分の無料ポイントでまずはお試しを。




キャッシング比較情報/キャッシングコラム

頼れるキャッシング比較 | キャッシング・ローンを比較
自分に合う最適なキャッシングやローンを探すことができる徹底比較サイト。
銀行系キャッシング、低金利キャッシング、無利息キャッシングなど。




【姉妹サイト】 パチスロとも共通点の多い投資『FX』を徹底解説

≪ FX初心者向けFX講座 ≫
当サイトの姉妹サイトで、運営7年目を迎える老舗のFX初心者向け入門サイト。
特に人気のコンテンツを以下にご紹介。


■知識ゼロだけどFXに興味がある >> FX早分かり一問一答

■初めてFXに挑戦する場合はどのFX口座がいい? >> これからFXを始める人にお勧めなFX口座特集

■FX投資をしたいが忙しくて時間がない >> 投資のプロが作った売買プログラムで無料自動取引




≪最新機種/注目機種≫

エウレカセブンAO
弱虫ペダル
モンスターハンター狂竜戦線(モンハン狂竜)
麻雀格闘倶楽部2
パチスロ犬夜叉
涼宮ハルヒの憂鬱
バジリスクV
ウィッチマスター
クランキーセレブレーション
北斗修羅
まどか☆マギカ2(まどマギ2)
天下布武3
BLOOD+ 二人の女王
クレアの秘宝伝2
デビルメイクライ クロス
バーサス
コードギアス2
北斗強敵
偽物語
バジリスク絆
ゴッドイーター
ミリオンゴッド凱旋
沖ドキ
ガールズ&パンツァー(ガルパン)



ページ最上部へ戻る

「パチスロ立ち回り講座」トップへ戻る