正統派パチスロ攻略サイト - パチスロ立ち回り講座 | HOME | はじめに | サイトマップ | お問い合わせ |


リーチ目探して三千里



≪ スロッターとの親和性も高い『FX投資』の始め方やコツなどをわかりやすく解説! ≫
FX初心者向けFX講座 当サイトの姉妹サイトで、運営8年目を迎える、初心者向けの老舗FXサイト「FX初心者向けFX講座」。

●話題のFX投資、その中身とは?
●どうやって始めるのか?
●勝つためのFX投資での立ち回りとは?
●今人気があるFX口座や、初心者向けの口座ってどこ?

・・・などなど、FXにありがちな疑問をわかりやすく解決!  ⇒ FX初心者向けFX講座

北海道と勘太郎 [2018/9/17(月)]

どうも皆さま、お久しぶりになってしまいました。
勘太郎です。

早速で申し訳ないのですが、今回の連載はスロットが1割の話となります。
予めご了承ください。

なお、被災体験に触れる部分が多いため、トラウマなどでそういった内容を避けたい方は、今回の記事を読まずにスルーしてください。

 


9月1日(土)。
私勘太郎は、本業の出張で2週間の研修予定で北海道にいました。

初日から会議や英語漬けの毎日といった状況ながら、楽しい飲みなどもあり、それなりに北海道を満喫しておりました。

北海道の皆さんは、あんなにおいしいお刺身を、かつかなりお安い値段で頂いているなんてずるいですよ。
それも、量が東京の2倍はあろうかという感じで、鮮度もいい。
あぁずるい。

僕がいたのは札幌駅周辺。
近くには大通公園があり、雪まつりや電波塔でも有名ですね。

ここの公園は、朝の散歩にはもってこいの場所で、旅行先では必ず朝ランする僕としては抜群のロケーションでした。


もちろんスロットも忘れていませんよ。

2日目以降からは、北海道で知り合いが優良店と推すホールへ。

札幌のメイン通りにあるため、平日にもかかわらず夕方にはほぼフル稼働。
出玉感も申し分なかったため、研修終了後の夜8時頃から何回か通わせていただきました。


9月5日(水)。
研修後、午後8時くらいからいつものように様子見しに行くと、いい感じのバーサスを発見。
これが、あれよあれよという間に4000枚程まで伸び、しっかり閉店まで打ってきました。

「またこのお金でおいしいものが食べられるよぉ」なんて思いつつ、ホテル近くの居酒屋で夕食を済ませ、ホテルに戻り、研修の内容をまとめてから寝ました。

もちろん、明日からもいつも通りの日々が送れると疑うことなく。


そして・・・9月6日(木)、午前3時8分。
北海道胆振(いぶり)東部地震発生。

夜中に飛び起き、取り敢えずホテルが崩れないことだけを祈って布団を丸被りし、地震が収まるまで待ちました。

最初に軽い揺れを感じてから、一気に震度6くらいまで揺れが跳ね上がった感じでした。

僕は東日本大震災も体験していますが、あの時はゆらぁ〜と揺れて、そのゆらぁ〜がグラァ〜となって、僕のいたところは震度5を記録していましたが、ずっと揺れている感じがして気持ち悪くなったのを覚えています。

今回の北海道地震は、最初の小さい揺れから最大震度までの速度が速く、また収まるのも東日本大震災に比べて速かったと思います。
あくまで体感ですが。

直下型だったので、携帯の地震速報より早く揺れたのも特徴でした。


揺れが収まり、ホテルの廊下は泊まっていた中国人と韓国人が大慌てで大きな荷物を持って階段を駆け下りていました。

揺れた後、すぐにテレビをつけてみようと試みると、ちゃんとテレビはついて、速報が流れていました。

「停電していない? ・・・あ、良かった、停電はしないんだ。。。」

と思ってた矢先、ホテルの非常灯が付きテレビが消える。

「あぁやっぱりね、そりゃそうだ。 停電するわ、あんなに揺れたら」

と、あっけらかんというか、東日本を経験していたせいか心は落ち着いていました。

慌てることもなく、僕はそのまま寝ました。

「寝たんかい!!!」と、嫁にもすごい勢いで突っ込まれましたが、あの地震で崩落どころかヒビ一つ入っていなかったホテルの外観を見て、勝手に大丈夫だと判断したのと、研修の疲れもあってのことだと思いますが、普通に爆睡しました。


朝6時ごろに目が覚めると、煌々と部屋の非常灯がついている。
それがまぶしくて起きてしまいました。

ホテルの朝ごはんのビュッフェが中止となっていることを知り、ここでふと思い出す。
「あぁ、食料を確保しないと」と。
3.11の時も、近所のコンビニやスーパーから食料が一気に無くなったのを思い出したのです。


すぐにコンビニに行ってみると、なんと普通に開店して営業している。

「あぁ、すごいなぁ」と素直に思いました。

だって、コンビニの店員さんだって被災者です。
それなのに、朝からちゃんと出勤し、店舗にあるだけの在庫をさばき、店の外まで行列ができる勢いの客をさばき、レジは停電で使えないのに、非常用のワイヤレスの手持ちレジみたいなもので休憩なく働いていらっしゃる。
本当に、ただただ「凄い」としか言えません。

僕も速攻で3日分くらいの水と食料を確保し、ホテルに戻りました。

するとここで、また思い出す。

「あぁ、充電だ」

そうです、携帯の充電です。


研修先に行ってみると、そこは公的機関であるため電気が優先的に回されたのか、自家発電なのかわかりませんが、一部で電気がついており充電ができました。

僕はauユーザーです。
通信状況の電波はこちらに帰ってくるまですこぶる良好でしたが、docomoユーザーは通信がとても不安定になっていました。
家族と連絡取れない同僚もいました。
au社の方も必死で頑張っていたのでしょう。
ありがとうございました。


そしてここで、もっと重要なことに気付く。

「・・・俺、帰れないじゃん」

今回の出張で余った時間を有効に使おうと思い、9/5からレンタカーを借りていた僕。
ホテルの横の立体駐車場に止めたままでした。

この立体駐車場がエレベーター式だったので、停電により車を収めているガレージを動かせず、車が出せないことが判明。

「最悪ホテルに乗り捨てることになるかもしれない」

と、レンタカー屋さん本社に問い合わせてみると(札幌市内の固定電話は使用できない状況でした)、

「こういう状況ですから、それで結構ですよ」

と、これまた神対応。


だがしかし、ネットで状況を確認すると、市内から新千歳空港に行く術がない。

電車・バスは営業しておらず、街中にタクシーも走っていない。
走っていても、ほぼ乗車中でつかまりゃしない。

「終わった・・・」

「ホテルは9/8まで取ってるからとりあえずの寝床には困らないけど、もしそれを超えてしまったらどうしよう」

そんな不安を抱えながら街を彷徨っていると(もちろん研修は中止)、なんだかいい匂いがする。

…炊き出しだ!!!

真っ暗な居酒屋の前で、カレーを配っているのはそのお店の店員さん。

「温かいカレーありますよ〜」
「どうぞ〜」

と、笑顔でおにぎりやお惣菜を作っていました。
僕もありがたく頂きました。
火は、炭を使っていました。

おいしい。
なんておいしいカレーなんだ。
ありがたい。

僥倖。
涙が止まらない。

ボロボロ泣き出す勘太郎。
世の中には、優しさでできている人がたくさんいるんだと心から感謝しました。

店の周りには、海外から来た観光客もいて、一緒にカレーを食べました。

横に座っていたアメリカから来た老夫婦は、音楽のコンサートのため来日し、ついでに日本を観光する目的で札幌に来たとのこと。
「明日は東京に行きたかったけど諦めたよ」と言っていました。

炊き出しにもとても感動していて、「I LOVE JAPAN!!」と連呼し、笑顔で握手して、お互い気を付けてと言って別れました。

こんな状況なのに日本を愛してくれていると。
嬉しいじゃありませんか。

そんな嬉しさから、ホテルへの帰り道でまた涙ぐむ勘太郎。


こうして、ホテルに無事到着。
これからのことを考えます。

停電の状況次第では、この状況がかなり長引くことが予想される。
ニュースでは、完全復旧に1週間かかると言っています。

泊まるところを探そうと、付近の小学校や中学校を探すと、避難所としてすでに解放されているようでした。

しかし実際に行ってみると、ホテル周辺の避難所はすでに満員。
なぜか、中国の方と韓国から来た方で、すでに日本人はお断りと言われてしまいました。
ベビーカーを押したご夫婦も断られていたようで、頭を抱えていた姿が今でもよみがえります。


ここでちょっと愚痴ります。


札幌のお役所の方々。
停電した札幌の街を歩きましたか?

狸小路の商店街には、ただたださまよう人や、海外から観光に来て右も左もわからない街で被災し、硬い地面で横になっていた人も多くいました。

街を歩いてみても、炊き出しをする方はいても、避難所や地震の情報を知らせる人は皆無。

夜には携帯の充電も切れてしまい、充電場所を探す人も多数いました。

市役所の1階は、数少ない充電場所として案内されていたためおびただしい数の人が行列をなしているというのに、充電できても10分とか20分とか。
そんな状況なのに、ごく少数のお役所の方や警備員さんしか案内に立たれていませんでした。

北海道の人にとっては初めての大地震と全道停電。
お役所の人たちも、何をどう行動したらいいのかわからなかったのではないでしょうか?

予測しづらかった出来事とはいえ、地震大国日本なのですからいつこういうことが起こっても不思議じゃないはず。
それは、きちんと想定して訓練しておいてほしかったです。

あと、慣れていないのが丸分かりだったのがホテルの方。
自家発電で、まず電気をつないだのがエレベーターでした。

「いや違います! 大きい余震が来てエレベーターが止まって閉じ込められたら二次災害になります。 それよりも1階のロビーにテレビを設置するとか、携帯が充電できるようにするとかした方がいいですよ」

過去の被災体験から、ホテルの方に一応そう伝えてみたものの、やはりあたふたするだけで対応してもらえませんでした。


一旦部屋に戻ってみたものの、自分のこれからを考えるより、札幌市内のことが気になり、結局外へ出て一日中散歩していました。

気が付くと夜の11時。
街は真っ暗。

ここは本当に北海道、薄野(すすきの)なのか。
シンボルのウイスキーの看板も消え、メイン通りの狸小路は次の小路が見えないほどの真っ暗闇。 もう闇。

しかしふと空を見てみると、なんと星のきれいなことか。
街の明かりが消え、きれいな満天の星空がそこにありました。
皮肉なものです。

でも、この星空は一生忘れられない思い出になりました。


ホテルに帰り、携帯で地震情報を見てみると、停電が徐々に復旧している模様。
一縷の望みをもって床に就きましたが、やはり寝れず、結局一晩寝れませんでした。


がしかし、ここで奇跡登場。


≪ 9/7 AM4:32 停電解消 ≫


夜中、36歳のおっさんが全力のガッツポーズをしていたのはここだけの話。
「これで帰れる!」


9/7、AM6時。
車を止めていた駐車場のお兄さんから、「車が出せる状態になりました」との連絡が。

速攻で階段を駆け下り(余震で閉じ込められたくなかったので)、車を周辺にある平地のコインパーキングに駐車。
新千歳空港も、朝から飛行機を飛ばす準備を整えているとのこと。

職場から「空港に行き、飛行状況や空港自体の状況を確認せよ」との無茶指令が出たので行ってみると、そこはまた人がごった返していました。

キャンセル待ちや荷物を預ける人などで、カウンターまでとてつもない待ち時間が発生していました。

空港内のお店はすべて閉店。
もちろんお土産を買うこともできませんし、新千歳名物のおなかを満たすたくさんのおいしいレストランもやっていません。

また、ここにもやはり子連れの方が多数いて、欠航になった飛行機を予約されており、キャンセル待ちをするなら次の日の朝から空港に来て待機するか、早い便でも9/9の日曜日の便を予約し、それまで北海道に待機するかと告げられている人も見かけました。

0歳くらいであろう女の子と若いご夫婦は肩を落とし、これからどうしようかと頭を抱えている姿は、小さい子供を持つ僕にとっても他人事のように思えませんでした。

僕の帰る予定は9/9の日曜日で、なんとか予定通りの飛行機で帰ってくることができましたが、たまたまそれに乗れたというだけで、同じような状況になった可能性は大いにありました。


羽田に着いて、僕がまずしたこと。
それは、「到着ロビーで立ち食いそばを貪る」でした。

 


いかがでしたでしょうか?

まさかの自身2回目の大地震被災。
震度5以上の地震を、人生で2回食らいました。
それも2回目は、出張中という絶望。

スロット攻略サイトで何を書いているんだお前は、という声が聞こえてきます…


停電が復旧し、すぐに営業したパチンコ屋は非難の嵐に遭いました。

確かにそうでしょう。
あの状況で、娯楽なんてやっている場合じゃないと。
計画停電の話さえあるのに、何をやっているんだと。

でも、落ち着いてきたらまたいつものように打てるといいですね。
北海道の優良ホールの優良さは、ここに引っ越したいと心から思うほどでしたから。


日頃の備えの大切さは分かっていましたが、自宅ではないところで被災することがどれだけ不安になるか実感しました。

洋服は?
食べ物は?
ホテルは?
避難所は?
現金は?

地方銀行、例えば福岡銀行や千葉銀行などは、支店がないため現金を引き出せないことがありますので要注意です。

そうそう、現金もっていないと色々買えません。
カードは停電状態では使えませんでした。
モバイルSuicaなども同様です。

買い物は基本現金取引になるので、常にいくらかは持っておいた方がいいと思います。

あと大地震が来たら、避難場所の情報収集と確保です。

結局ホテルの周りの避難所は、日本人お断りのところがいっぱいありました。
観光地ならではですね。


そんなこんなで、結局避難所暮らしとはなりませんで、無事自宅に帰ってくることができました。
たくさんの方の支えがあったおかげというほかありません。

被災されました北海道の皆様。
心よりお見舞い申し上げます。

また、大変お世話になりました。
炊き出しのカレーありがとうございました。
本当においしかったです。

充電させていただいた研修先の皆様、ご自身も被災しご家族もいらっしゃる中で、我々研修生に良くしていただき心より御礼申し上げます。

被災されました皆様のこれからの生活を思うと心が痛みます。
一刻も早く、いつも通りの生活が戻りますよう祈っております。


また北海道に行き、おいしいものを食べに行きます。
その際はお礼をたっぷりさせてください。

そんなこんなで勘太郎でした。


P.S
以下に、被災した際の写真の一部も載せておきますね。


■停電した信号機
北海道


■暗闇の札幌市内(明るいのは車のライト)
北海道



■ ライターへのコメント/ご意見/ご指摘などはこちらから ■



【 リーチ目探して三千里 】 メニューへ





【換金可能】 目指せ一攫千金! オンラインスロットで電子マネーゲット!

一撃5,000枚も可能!オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」
特許取得により「換金」が可能となっている、オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」。

現在新台リリースイベントで大盛況! 前作に比べてボーナス確率はなんと【250%超】!
オール役からのボーナス解除や高確モードからの連チャンは圧倒的破壊力で一気に大爆発の可能性アリ!
今なら特別キャンペーン中!3000円分の無料ポイント配布中!




キャッシング比較情報/キャッシングコラム

頼れるキャッシング比較 | キャッシング・ローンを比較
自分に合う最適なキャッシングやローンを探すことができる徹底比較サイト。
銀行系キャッシング、低金利キャッシング、無利息キャッシングなど。




【姉妹サイト】 パチスロとも共通点の多い投資『FX』を徹底解説

≪ FX初心者向けFX講座 ≫
当サイトの姉妹サイトで、運営7年目を迎える老舗のFX初心者向け入門サイト。
特に人気のコンテンツを以下にご紹介。


■知識ゼロだけどFXに興味がある >> FX早分かり一問一答

■初めてFXに挑戦する場合はどのFX口座がいい? >> これからFXを始める人にお勧めなFX口座特集

■FX投資をしたいが忙しくて時間がない >> 投資のプロが作った売買プログラムで無料自動取引




【パチスロ・スロット機種解析情報】

≪ 解析セブン ≫
当サイトの機種ページについて、操作性・見やすさを重視するため、「解析セブン」というブログ形式のものにして別出し!
最新の解析情報や、「解析セブン」でしか手に入らない情報など、豊富なコンテンツにてお出迎え!



ページ最上部へ戻る

「パチスロ立ち回り講座」トップへ戻る