正統派パチスロ攻略サイト - パチスロ立ち回り講座 | HOME | はじめに | サイトマップ | お問い合わせ |


ゴーストスロッター 第90話



■ 第90話 ■

「パチスロ三昧なのが親にバレたんだ?」

一旦言葉を止めた優司に、広瀬が続きを促した。

「・・・・・・そう。
  毎日勉強してるのにこの成績の下がり方は明らかにおかしい、と思ったらしく、ある日の休日に、
  父親が俺の後を尾行してきてさ。
  で、パチ屋に入ったところをバッチリ見られて。
  あまりのショックに父親はそのまま帰ったらしいんだけど、その日の夜の激昂っぷりといったら
  なかったね。
  血管切れるんじゃないかってくらいに怒ってた。」

「そ、そりゃそうだろうなぁ・・・・・・・」

「うん。 あの人は、俺を医者にしたくて仕方が無かったからね。
  それを裏切られたのが悔しかったんだと思う。」

「・・・・・・・・・・」

「父親とは元々あんまり話すこともなかったんだけど、それからはさらに話さなくなった。
  母親は、どちらかというと俺をかばってくれてたけど、強く父親に逆らうことはなくてさ。
  結局は、俺一人がいつも孤立してた。」

「・・・・・・・兄弟とかは?」

「いないよ。 一人っ子だから。」

「・・・・・・・・」

「あの頃は本当にキツかったよ・・・・
  同級生にも心を許しあうような人がいなくて、家でも針のむしろだからね。」

「・・・・・・あ、でもさ、彼女は?
  飯島と付き合ってたんでしょ?
  そもそも、どうやって出会ったの?」

あまりに話が暗すぎる方向へ行ったので、少しは救いのある話を、と思って話題を変えにいった広瀬。

「飯島とは・・・・
  ちょうど俺がパチスロにハマりだした時かな。
  あの子は、同じ高校の普通クラスにいたんだ。
  で、向こうがたまたま俺のことを知ってて、ちょっとした学校行事がきっかけで知り合ってさ。
  それから付き合うようになったんだ。」

「へぇ〜、夏目って校内で有名だったんだ?」

「そんなことはないんだけど・・・・・
  ウチの学校、バカみたいにいちいちテストの成績を校内の目立つところに張り出すような学校でさ。
  そこでたまたま上位にいったことがあって、それを見たみたい。」

「羨ましいな〜。
  俺なんて、学校の成績で目立ったことなんて一切ないからな〜。」

「勉強以外では目立ってそうだけどね、広瀬君は。」

「ま、まあ・・・・ね。 そんなこともあったかな・・・・?
  ・・・・で、なんで別れちゃったの?」

「簡単なことだよ。
  日に日に成績は落ちるし、どんどんパチスロにはハマっていくし、そんな俺に愛想をつかした、
  ってこと。」

「そ、そうなんだ・・・・・」

「うん。 着実に落ちこぼれていったからね。
  ・・・・・・・でも、そんな俺を、あいつは何度も根気よく説得してくれたんだ。
  『必死になって勉強してとは言わないけど、せめてパチスロなんかにハマって落ちぶれるのはやめて』
  ってね。
  休日に俺の家に来て、打ちに行かせないように無理矢理デートに連れて行かれたりもしたし。
  手製の弁当持ってきてさ。
  少しでも俺をパチスロから遠ざけようと必死だったよ。」

「いい子だなぁ・・・・・」

「うん。 凄くいい子だったんだ。
  俺が落ちぶれてきても、なかなか見捨てようとはしなかったし。
  他にデキるやつはいたし、そいつらに乗り換えることも出来たのにね。」

「・・・・・・・・・・・」

「でも、最後は結局離れていった。
  限界がきたんだろうね。
  いくら言っても全く俺が変わらないから・・・・・ パチスロをやめられなかったから・・・・・」

「・・・・・・・・・・・」

「飯島とのことについては、本当に後悔してるんだ。
  初めてまともに、あんなに人と真剣に向き合ったし、いろいろ内面的な話もしたし。
  本当に別れたくなかった。
  けど・・・・・ もう、時既に遅し、って感じで・・・・・」

「そういう経緯があったんだ。
  そんな相手と、あんな再会の仕方じゃあヘコむよなぁ・・・・・・」

広瀬はしみじみと優司の顔を見ながら、心底哀れんだ。

「うん・・・・
  でも、もうそれはいいんだ。 終わったことだから。
  とにかく、大事なのは今後のことだよ。
  今後どうしていくか、きっちり決めないと!」

「今後・・・・・ね。
  さっきも聞いたけど、やっぱりパチスロ勝負はするんでしょ?」

「うん。 さっき御子神にも宣言したしね。
  御子神には、乾と勝負するのはやめろって言われたけど。」

「・・・・・・・・夏目さぁ、もうそろそろ普通に打っても勝てるんじゃないの?
  ヒキが鬼のように弱いから普通に打てない、って言ってるけど、ヒキなんて所詮一時的な偏りだよ。
  ずっとヒキが弱いなんてこと、理論上ありえないからさ。
  そもそも、ヒキっていう概念自体がオカルトなんだから。」

「・・・・・・・・・」

言い返そうか悩んだが、いつもの堂々巡りになる予感がしたのでやめておいた。

「俺のヒキ弱についてはまあ・・・・
  うん、どう捉えてもらってもいいんだけど。
  でも、一人暮らしを始めた瞬間から今現在まで、ほとんど勝てなくなってることは事実なんだ。
  6をツモり続けてるのにね。」

「それは・・・・・話には聞いてるけどさ。
  でも、スロ勝負をやめれば、日高たちとも元の関係に戻れるんだろ?
  それとも、日高たちとのことは別にどうでもいいとか?」

少し間をおいた後、軽く伏し目がちなままかぶりを振る優司。
そして顔を上げ、広瀬の目を見据えながらしみじみと話し出した。

「学生時代、同級生たちとは表面上はうまく付き合ってたけど、結局本当の人間関係みたいなものは
  何一つ築いてこれなかった。
  で、親とも今は完全に疎遠になってるし、唯一心を許せてた彼女ともあっさり破局した。
  飯島と出会う前も充分孤独だったけど、別れてからはさらにひどかったよ・・・・・・・・
  でも、日高たちと出会って、初めてまともな人間関係、友達関係ってのが築けたような気がしてるんだ。」

「・・・・・・・・・・・・・」

「さっきも言ったけど、俺にとっては今一番大事で失いたくないものが、彼らとの関係なんだよね。 本当は。
  それに比べたら、他のことなんて小さな問題だよ。」

すかさず広瀬は質問する。

「それなら、なんでパチスロ勝負にこだわるんだ?
  それさえやめれば、彼らと普通に戻れるわけでしょ?」

「それじゃダメなんだよ。
  勝負をやめればすぐに戻れるだろうけど、やると言い続けてきたことをここまで止められて、
  しかも最終的にその止められたことに従ってたんじゃ、まるで『勝負をやめますからまた仲の
  いい友達に戻ってください』って俺がお願いしてるようなものでしょ?
  それじゃダメなんだ。 俺にも意地があるし。
  本当に失いたくない友達だからこそ、逆にそういうことは絶対にできない。」

「・・・・・・・・・」

「あと個人的にも、ここまで極めたこと、やり通してきたことを途中で投げ出すこともしたくない。
  やっとやりがいのあることを見つけて、それに邁進できてるのにさ。
  だから、いろんな意味で俺はここで勝負をやめるわけにはいかないんだよ!」

優司の主張を聞き終え、じっと考え込む広瀬。
その様子を、優司は黙って見ていた。

1分ほどの沈黙の後、広瀬が重々しく口を開く。

「夏目・・・・・
  言おうとしてることはわからないでもないけど、やっぱりそれは違うと思うよ。
  別に日高たちの言うことに従ったからって、へりくだったことにはならないしね。
  友達ってのは、お互いの間違ったことを指摘し合って、それが正しいことなら素直に従って、それで
  成長し合っていくような存在なんじゃないかな?
  日高や真鍋も、何も偉そうに説教したいわけじゃないと思うんだよね。
  彼らなりに考えて、スロ勝負なんてものにこだわらないことが夏目のためだと思ったからこそ、必死で
  止めてるんだと思うよ?」

「・・・・・・・・・・・」

「この前、俺に『スロ勝負を続けるべきか?』みたいな質問したよね?
  で、俺はその時、勝負することでスッキリするならやった方がいい、って答えたけど、俺の意見は
  あくまで第三者的な意見だよ。
  つまり、よく考えもせずなんとなくで言ってる意見ってこと。
  でも、日高や真鍋の意見は違う。
  彼らは、夏目のことを間近で見てて、これ以上パチスロ勝負をさせるのはやめておいた方がいい、
  意味がない、って判断したから止めてるんだよ。
  それだけ親身になって考えてくれてるんだよ。」

「それは・・・・・・ まあ・・・・・・」

「人ってのは、誰しも自分じゃ気付けないところってあるからね。
  それを、他人から客観的な目線で指摘してもらって、自分じゃ気付けない問題点を修正しつつ
  成長するもんなんじゃないかな?
  夏目の場合、変に『対等でいたい』みたいな気持ちが強すぎるんだと思うよ。
  だから、ちょっとした指摘やアドバイスにも素直に従えないんだよ。」

「・・・・・・・・・」

「話を聞いてる限りでは、多分学生の頃に周囲の人たちと芯の部分から付き合うことができなかったから、
  今になってちょっと歪んだ形で出てきちゃってるんだと思う。
  俺がこんな偉そうなこと言うのもどうかと思うけど、そういう部分は直していった方がいいんじゃないかな?」

「・・・・・・・・そういうもんなのかな。
  やっぱり俺、無駄に意地を張りすぎてるのかな・・・・?」

日高たちに、頑なに勝負を止められていたことが引っ掛かっていた優司。
しかし、広瀬の真摯な言葉の前に、やや心が動きつつあった。
 

第91話へ進む

第89話へ戻る

目次へ戻る





【換金可能】 目指せ一攫千金! オンラインスロットで電子マネーゲット!

一撃5,000枚も可能!オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」
特許取得により「換金」が可能となっている、オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」。

現在新台リリースイベントで大盛況! 前作に比べてボーナス確率はなんと【250%超】!
オール役からのボーナス解除や高確モードからの連チャンは圧倒的破壊力で一気に大爆発の可能性アリ!
今なら特別キャンペーン中!3000円分の無料ポイント配布中!


ディーチェ



キャッシング比較情報/キャッシングコラム

頼れるキャッシング比較 | キャッシング・ローンを比較
自分に合う最適なキャッシングやローンを探すことができる徹底比較サイト。
銀行系キャッシング、低金利キャッシング、無利息キャッシングなど。




【姉妹サイト】 パチスロとも共通点の多い投資『FX』を徹底解説

≪ FX初心者向けFX講座 ≫
当サイトの姉妹サイトで、運営7年目を迎える老舗のFX初心者向け入門サイト。
特に人気のコンテンツを以下にご紹介。


■知識ゼロだけどFXに興味がある >> FX早分かり一問一答

■初めてFXに挑戦する場合はどのFX口座がいい? >> これからFXを始める人にお勧めなFX口座特集

■FX投資をしたいが忙しくて時間がない >> 投資のプロが作った売買プログラムで無料自動取引




【パチスロ・スロット機種解析情報】

≪ 解析セブン ≫
当サイトの機種ページについて、操作性・見やすさを重視するため、「解析セブン」というブログ形式のものにして別出し!
最新の解析情報や、「解析セブン」でしか手に入らない情報など、豊富なコンテンツにてお出迎え!



ページ最上部へ戻る

「パチスロ立ち回り講座」トップへ戻る