正統派パチスロ攻略サイト - パチスロ立ち回り講座 | HOME | はじめに | サイトマップ | お問い合わせ |


ゴーストスロッター 第51話



■ 第51話 ■

「(こ、こりゃ決まったね。
  も、もう夏目に勝ち目はない。)」

優司の頭上にあるコインを見て、改めて八尾の勝利を確信する信次。

時間は14:00。
優司の出玉は・・・・・・・  約3000枚・・・・・・

対する八尾は、投資21000円のままで出玉は150枚程度。

優司にとっては、もはや絶望を通り越して「敗北ほぼ確定」と言っても過言ではない状況。
何しろ、その差は現金にして約8万円もの開きがあるのだ。

11時の時点で既に1500枚ものコインを抱えてしまった優司だが、「こんなものは一時的な偏り」と
気を取り直してガシガシ回していた。

だが、その勢いは一向に衰えなかったのである。

「(何がどうなってるんだ・・・・・・・?
  何をどうすればこのコイン共はいなくなってくれるんだ・・・・・・?
  一度も特訓に入らずここまで増えちまうなんて・・・・・)」

もはや目の焦点が定まっていない優司。
惰性でチンタラとレバーを叩いてはいるが、全くもって生気がない。

「(このままじゃ・・・・・
  このままじゃ100%負ける。
  なんとかしないと・・・・・
  何かないのか・・・・? 何かあるはずなんだよ・・・・・
  いつもなんとかしてきたじゃないか・・・・・・)」

必死に脳内の引き出しを探す。
だが、そう簡単には打開策が見つかるはずもない。

「(・・・・とりあえず台移動だ。
  この巨人はまずい。
  何度リプレイ3連がきても全然特訓に入らないから設定1は濃厚だけど、波に乗りすぎてる。
  『波』なんて言葉使いたくはないけど、その変な意地のせいでここまで出玉が増えちまったんだ。
  移動しなきゃ・・・・)」

移動候補機種を頭の中で浮かべていく。

「(ルール上、移動は3回しかできないから真剣に選ばなくちゃいけない。
  考えろ・・・・ 考えろ・・・・
  どの機種へ行く?
  他の巨人か?
  でも、今空いてる台の中で設定1だという確信がある台がない・・・・
  ダメだ! 何がなんでも1に座らないと!
  何かないのか・・・・・・・?)」

手を止めて、ただ考えることに集中する。
後ろで監視している信次が不思議そうに覗き込んでくる。

そんな信次の行動などお構いなしに優司は考え続けた。
そして、ようやく一つの結論を出す。

「(吉宗か・・・・?
  アレなら一撃で3000枚溶かすことも可能だ。
  ・・・・・・よし、こうなったらもうしょうがない。 とりあえずそれでいこう!)」

機種の絞込みが終了し、早速席を立つ優司。
吉宗のシマはあまりピーピングしていなかったため、なんとかここまでの履歴で設定1が濃厚だと思われる
台を探そうと考えたのだ。

後ろを振り返り、信次にことわりを入れる。

「ちょっと移動候補台を探してくる。
  別にいちいちついて来なくていいよ。
  すぐ戻ってくるから。」

そう言って、吉宗のシマへ向かった。



すると、その途中のこと・・・・・



「・・・・・・え!?」



思わず声が出る優司。
ふと目をやった方向に、「気になるもの」を発見したのだ。

「(そうかッ・・・・・
  そうだ! ここは『ベガス』だッ!
  これがあったじゃないかッ!!)」

そう思うやいなや、ダッシュで元の自分の席へと戻り、約3000枚分のコインを持って移動を開始した。


**********************************************************************


「や、八尾さんッ!」

信次が大急ぎで走り寄ってきた。
そして、日高に聞こえないよう耳元で『ある報告』を行った。

「た、大変です!
  夏目が台移動して・・・・」

「台移動? 別にいいじゃねぇか。」

「そ、それが、ゴ、ゴールドXで・・・・」

「何・・・!?」

それから、二人でボソボソと喋り始めた。

その様子を黙って見ていた日高。

「(・・・・何やってんだアイツら。
  そういえば夏目が台移動したみたいだけど、どこで打ってんだろう。)」

妙に気になり、一旦八尾の後ろから離れて優司を探しに行く日高。

しばらく歩き回っていると、『変則押し禁止! 発見次第出玉没収!』という張り紙がされたゴールドXの
シマで、堂々と変則押しをする優司の姿があったのだ。

慌てて優司に飛びつく日高。

「そうか! そういうことかよ夏目!
  そうだよな、確かにこの店にはこれがあったんだよ!
  小島がまんまと喰らってたんだもんな!」

嬉々としている日高に対し、優司は大分落ち着いていた。

「ああ。
  AT機は完全に候補からはずしてたからすっかり忘れてたよ。
  さっきも、偶然このシマを通ったんだ。
  吉宗に移動しようとしてさ。」

さっきまではこれ以上なく焦り、絶望していた優司だったが、もう普段の冷静さが戻っていた。

いつの間にか監視に戻ってきた信次は、二人の様子をただじっと見ているだけ。

さらに優司が言葉を続ける。

「さっき店員が見てたから、そろそろ上の人間が注意にきそうだよ。
  まだ勝ったわけじゃないけどさ、これで大分差を縮められるよ!」

「そっか!
  マジでよかったよ・・・
  確かにまだ劣勢だけど、さっきまでの状況よりは大分前進だよな。
  一気に3000枚が没収されるんだし。
  よし、じゃあ後は頑張れよ!
  俺はとりあえず八尾んとこ戻るから。 」

「ああ。 よろしく頼むよ。」

こうして日高は、八尾のもとへ戻っていった。

優司は、再び変則押しでの消化を始めた。
あとは店員が没収に来るのを待つのみ。

「(八尾との取り決めで、『機種情報不足による出玉の減少』は反則になってるけど、こういう
  『ホール情報不足による出玉の減少』は反則にはならない。
  俺があの張り紙を見てなかったことにすりゃいいんだ。
  そうすれば、『意図的にコインを減らそうとした行為』には当たらない。
  これくらいは全然ルール内だ。
  『なんでもアリ』ってルールなんだからな。
  ルールで決められてなきゃ、何をしてもいい。
  これは、八尾が自分で決めたこと。
  八尾だってそんなことくらいはわかってるはずだ。)」

ガラガラのゴールドXのシマで、優司は自信を持って変則押しを続けた。

すると、シマのハジに一人の白シャツの男が立ち始めた。
現金の回収時などで、たまにホールへ姿を見せる男だ。

「(来たッ! あの白シャツはこのホールの主任だ。
  店員がチクったんだろうな。
  グッジョブだぜ店員!
  確か小島も、主任に出玉を没収されたって言ってたしな。
  ってことは、アイツが近藤っていう主任か・・・・?)」

そしてその白シャツ男は、ゆっくりと優司の方へ歩いてきた。
 

第52話へ進む

第50話へ戻る

目次へ戻る





【換金可能】 目指せ一攫千金! オンラインスロットで電子マネーゲット!

一撃5,000枚も可能!オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」
特許取得により「換金」が可能となっている、オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」。

現在新台リリースイベントで大盛況! 前作に比べてボーナス確率はなんと【250%超】!
オール役からのボーナス解除や高確モードからの連チャンは圧倒的破壊力で一気に大爆発の可能性アリ!
今なら特別キャンペーン中!3000円分の無料ポイント配布中!


ディーチェ



キャッシング比較情報/キャッシングコラム

頼れるキャッシング比較 | キャッシング・ローンを比較
自分に合う最適なキャッシングやローンを探すことができる徹底比較サイト。
銀行系キャッシング、低金利キャッシング、無利息キャッシングなど。




【姉妹サイト】 パチスロとも共通点の多い投資『FX』を徹底解説

≪ FX初心者向けFX講座 ≫
当サイトの姉妹サイトで、運営7年目を迎える老舗のFX初心者向け入門サイト。
特に人気のコンテンツを以下にご紹介。


■知識ゼロだけどFXに興味がある >> FX早分かり一問一答

■初めてFXに挑戦する場合はどのFX口座がいい? >> これからFXを始める人にお勧めなFX口座特集

■FX投資をしたいが忙しくて時間がない >> 投資のプロが作った売買プログラムで無料自動取引




【パチスロ・スロット機種解析情報】

≪ 解析セブン ≫
当サイトの機種ページについて、操作性・見やすさを重視するため、「解析セブン」というブログ形式のものにして別出し!
最新の解析情報や、「解析セブン」でしか手に入らない情報など、豊富なコンテンツにてお出迎え!



ページ最上部へ戻る

「パチスロ立ち回り講座」トップへ戻る