正統派パチスロ攻略サイト - パチスロ立ち回り講座 | HOME | はじめに | サイトマップ | お問い合わせ |


ゴーストスロッター 第114話



■ 第114話 ■

翌朝、いつもカプセルにて目覚める優司。

「(今日は大晦日か・・・・・
  まあ、俺にはなんの関係もないけど。
  ただただ『神崎との勝負の時を待つ』だけの一日だ。)」



昨日、御子神が喫茶店から出て行った後、すぐに携帯に連絡が入った。
柿崎からだった。

どこにいるのかを聞かれ、それを告げると、10分ほどで見慣れた男達3人がやってきた。
いつも優司に張り付いている男達だ。

この男達は、「何か用事があったらこいつらに言いつけてくれ」といって柿崎が優司に付けた男達。

つまり、名目上は優司の子分のようなもの。

しかし、実際は違うであろうということは優司にもわかっていた。
おそらく、自分が勝手な行動を取らないように見張っているのだろう、と。

が、御子神の話を聞いてからは、ただ優司に勝手な行動を取らせないためだけではなく、日高たちが
近づいてきたり、街の人間から土屋が過去にどういうことをしてきたのかということを迂闊に知られない
ようにするために付けられているのだと悟った。

だが、それがわかったからといって今更どうすることもできず、素直にその男達をそばに置いた。

そして、また一日中ホールを渡り歩いてひたすらデータを取り続け、夜にはそのデータを元に、
各ホールごとに設定6が入るであろう台番を土屋にメールした。



そして、またいつもの朝を迎えている。

2004年12月31日。
大晦日だが、優司にとってはなんら変わり映えしないいつもの『一日』でしかなかった。


**************************************************************************


18:00。
いつも通り屈強そうな3人の男に張り付かれながら、各ホールを歩き回っている優司。
すると、ポケットの中の携帯が振動を始めた。

「もしもし。」

「おう、俺だよ、土屋だ。」

「ああ、土屋君・・・・」

「お前、今から時間あるか?」

「・・・・・・うん。 大丈夫だけど。」

「よっしゃ!
  忘年会やるぞ忘年会!
  心配するな、俺のオゴリだよ!
  お前も来いよな!
  場所は前も行った『げんた』だ。
  あそこの酒とメシは美味いだろ!?」

「まあ、そうだね。」

「よし、じゃあ来いよ!
  19:00から始めるから。
  データ取りが中途半端でもいいからちゃんと時間通り来いよな!
  今日のデータ取りが不十分だったってことで、明日の設定予測がちょっとくらい狂ってもいいからさ。
  また明日っからバリバリやればいいんだよ。 な!」

「・・・・・・・・わかった。 行くよ。」

相変わらず勝手なことを、と怒りを覚えたが、素直に従うことにした。
もう優司には、このまま土屋に従って、神崎との勝負を成立させてもらうしか手はないのだ。

まずは、絶対に神崎との勝負を成立させること。
これが優司の中の鉄の掟だった。

神崎と勝負して勝てば、また元通りの生活を手に入れられるというプランが優司の中で出来上がって
いたのだ。



昨日の一件から、御子神が真実を知っているということがわかった。

それならば、まずはきっちりと神崎とスロ勝負を行ない、それに勝つ。
そして、その場で土屋に絶縁を叩きつけ、すぐに日高たちのところへ向かう。

当然日高は、「スロ勝負をしたい」という自分のエゴと金に走り、土屋などという人間と組んだことを
非難する。
しかし、自分は土屋という人間がどんな人間かを知らずに組んでいたことを告白する。

神崎に勝って戻ってきている以上、「勝てないからやめろ」と頑なに止め続けてきた日高たちにとっては、
優司を軽んじていたことに対して申し訳ない気持ちもあるはず。

よって、自分の釈明をきっと受け入れてくれるはずだと考えていた。

仮に「本当に土屋がどういう人間か知らなかったのか?」と疑われても、御子神が真実を知っているので、
いざとなれば同席してもらって真実を話してもらえばよい。
御子神の言うことならば、誰も疑わないはず。

昨日は御子神に頼ることを拒否した優司だが、この程度ならば特別頼っているということはなく、ただ
事情を知っている唯一の人間だからやむなく同席してもらった、ということになる。

これならば、自分のプライドも傷つかないし、道理が通る。



以上が、昨日の夜に必死で考えた優司のシナリオだった。

しかし、プランが立ったのにさほど吹っ切れず依然テンションが低いのは、神崎との勝負がいつに
なるかは結局不明のままだから。

土屋が自分を引き留めるため、神崎との勝負など成立させる気もないのに「もうすぐだ」と言って
いる可能性もある。

よって、いまいちスッキリできないでいた。

優司としては、なんとしてでも神崎との勝負を成立させてくれないと困る。
ゆえに、優司のやるべき最優先の仕事は、神崎の件についての本当の進捗具合を探ることだった。

素直に忘年会の誘いを受けた狙いはここにもあった。


**************************************************************************


「おっす! やっと来たか!
  10分遅刻だぞ夏目〜!」

『げんた』にて。
既に忘年会は始まっていた。

メンバーは、土屋・丸島・吉田・柿崎、そして優司。
土屋が「幹部」と呼ぶ5人だった。

「おし、俺の隣り座れ。
  ほら、ほら! まずはビールでいいだろ?」

「ああ、ビールで大丈夫。」

「よっしゃ!
  じゃあ改めて乾杯しようぜ!
  ほら、お前らも全員グラスを持てよ!」

土屋の促しに従い、全員ビールの入ったグラスを持ち上げた。
それを確認した後、土屋が大声で音頭を取った。

「それでは〜! 偉大なる設定推測人夏目優司を称えて〜! 乾杯っ!!」

「乾杯〜〜!!」

丸島と柿崎が大声で続き、グラスを勢いよくぶつけ合った。
吉田も控えめにグラスをぶつけていた。

「(結局これも・・・・演技なんだよな。
  こういう時は調子よく褒め称えてくるけど・・・・)」

内心うんざりするも、それが表に出ないよう必死で堪えた。

そこからは、他愛もない雑談が開始され、主に土屋と丸島と柿崎だけで盛り上がっていた。
 

第115話へ進む

第113話へ戻る

目次へ戻る





【換金可能】 目指せ一攫千金! オンラインスロットで電子マネーゲット!

一撃5,000枚も可能!オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」
特許取得により「換金」が可能となっている、オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」。

現在新台リリースイベントで大盛況! 前作に比べてボーナス確率はなんと【250%超】!
オール役からのボーナス解除や高確モードからの連チャンは圧倒的破壊力で一気に大爆発の可能性アリ!
今なら特別キャンペーン中!3000円分の無料ポイント配布中!


ディーチェ



キャッシング比較情報/キャッシングコラム

頼れるキャッシング比較 | キャッシング・ローンを比較
自分に合う最適なキャッシングやローンを探すことができる徹底比較サイト。
銀行系キャッシング、低金利キャッシング、無利息キャッシングなど。




【姉妹サイト】 パチスロとも共通点の多い投資『FX』を徹底解説

≪ FX初心者向けFX講座 ≫
当サイトの姉妹サイトで、運営7年目を迎える老舗のFX初心者向け入門サイト。
特に人気のコンテンツを以下にご紹介。


■知識ゼロだけどFXに興味がある >> FX早分かり一問一答

■初めてFXに挑戦する場合はどのFX口座がいい? >> これからFXを始める人にお勧めなFX口座特集

■FX投資をしたいが忙しくて時間がない >> 投資のプロが作った売買プログラムで無料自動取引




【パチスロ・スロット機種解析情報】

≪ 解析セブン ≫
当サイトの機種ページについて、操作性・見やすさを重視するため、「解析セブン」というブログ形式のものにして別出し!
最新の解析情報や、「解析セブン」でしか手に入らない情報など、豊富なコンテンツにてお出迎え!



ページ最上部へ戻る

「パチスロ立ち回り講座」トップへ戻る