正統派パチスロ攻略サイト - パチスロ立ち回り講座 | HOME | はじめに | サイトマップ | お問い合わせ |


回胴小噺



スロット・ぱちんこの依存症問題 [2017/3/6(月)]

皆様、こんにちは。
春川亭三七です。

ここのところ、ようやっと春の兆しみたいなものを感じる季節になってまいりましたな。
三寒四温とはよく言ったもので、えらい寒いなぁと思ったら日中はぽかぽか陽気で気持ちいい日が続いたりとか、体調管理の難しい時期になってまいりました。

私は特に大きな花粉症もないのですが、花粉症持ちの方にはつらい季節にもなってまいりましたな。
これから、日に日に杉やらなんやらが活発になってくると思うと、花粉症持ちの方の思いを察するに憂鬱になってくる時期ではないでしょうか…。

なんとかこのサイトを愛してくださる読者様には、そんな憂鬱を吹き飛ばすような景気のいい業界情報をと意気込んではおりますが、そんな都合のいいお話はありませんでね…。

というのも、今年はIR推進元年なわけですから、そこに向けて、既存のギャンブル性の高いもの、公営・民営問わずですね。
それらをきちんと民度の高いものに変えていかなくてはならないと、そういう時期に差し掛かっているわけでございます。

これはもはや、「昔はよかったのに…。」とか「それはあまりに厳しいのでは…。」というような話ではなくてですね。
結局、良かれ悪しかれ、それなりの市民権を得たぱちんこ・パチスロという遊技が、依存症という病と隣り合わせであり、その対策をしないことには先には進めないということの証拠でもあります。

別に、この業界だけが特別なわけでも何でもなく、フィリップモリスやJTが率先して始めたような紙巻きたばこからの脱却を狙った「アイコス」や「プルームテック」のような商品に代表されるように、時代のニーズに合わせて求められるものを許される範囲で変えていく必要が出てきたわけです。

業界的には、「風営法下だから」とか「賭博ではなくて遊技だから」とかいう甘えは許されるわけもないわけで、ここらへんで業界一丸となって、現代のニーズに合わせた動きをかけていく必要が出てきたと。
そういう分水嶺な1年でございます。

そんなわけで、今週は業界から発信された依存症対策について少々お話しさせていただきましょうか。

 


【トップダウンで始まった業界あげての依存症対策案】
基本的に警察庁は、風営法下で行われているぱちんこ・パチスロで言えば管轄官庁にあたり、適切に業務を行う上では、指導や処罰こそすれ、積極的に自身から何かを打ち出すことは「まれ」である。

何かを積極的に変えることがあるとすれば、それは「規則改正」や「運用理解の解釈の追加」。
これは法令順守に即して考えれば、警察庁からしかできないことだから、当たり前と言えば当たり前の話。
例えば、ぱちんこやパチスロの「解釈基準」の緩和をお願いしたとしても、それを変えられるかどうかという判断は警察庁にしかできないのである。

そんな上位庁である警察から、「業界の努力を求めた」のではなく、「警察庁としてやる」ということを強く求めたのが、今回の依存症対策強化案。

具体的な対策案は以下の通り。

●リカバリーサポートネットワーク(RSN)の体制強化
●自己申告プログラム
●規則改正
●管理者の業務追加
●役比モニタの強化
●封入式遊技機の導入

順を追って説明するには、一つ一つの対応案が長くなるので、かいつまんで説明させていただく。


RSNの体制強化案については、ぱちんこ・パチスロ業界は先んじて対応している。
この体制強化案についてはむしろ、公営ギャンブル向けの対策案だ。
例えば週末開催の競馬については、その開催時は対応窓口を開けておくなど、である。

この業界的には、一般的な開店時間10:00〜23:00までの間は、対応できるよう門戸を開放しておくなどの窓口強化策は求められるだろう。


そして自己申告プログラムについては、ホールに対する入場規制案がベースになってくる。

もはや、入場規制をかけるということは、法体制的に遊技だとかそういうレベルの問題ではなく、ぱちんこ・パチスロはギャンブルであるという既成事実を作ってしまっている気もするが、まぁ、そこは議論のしようもない。
今は依存対策案の問題であり、それがギャンブルか否かは問題ではないからだ。

言ってしまえば、ここ最近の依存対策文言は、微妙に変化しているのである。
これまでは「ギャンブル依存症対策」と銘打たれて行われてきたものが、「ギャンブル等依存症対策」と、わざわざ「等」をつけてきたのだから。

入場規制をかける案は、政府からも「マイナンバー」を利用しての対策案が議題にあがっているが、現時点で10000店舗弱もあるすべてのホールでその為の設備投資をし、すべての入場を規制するのはほぼほぼ不可能である。

ただし、警察庁が求める入場規制案は、「遊技頻度」や「使用限度額」なども視野に入れての対策ということになるから、マイナンバーでの管理は無理にしても、なにがしか遠くない未来にホールに入場するためのルール作りは行われるものと推察される。


管理者業務の追加については、管理者が風営法の下で行われている上で順守しなければならないものをきちんと理解しているかが、より一層求められる。

業界的には、当たり前なことがわかっていないホール管理者もいることだろう。
その辺の理解を求めるのは、当たり前と言えば当たり前かと思われる。

かくいう製造業に至っても、ぱちんこ・パチスロの産業は今でもなかなかの内需産業を誇っている。
国内生産・国内消費の流れだ。

もちろん、一部には中国などでも生産を行なっているメーカーも多いが、その場合の多くはメーカーの人間が張り付いて、生産上のルールを徹底させる向きが強い。

要は、「風営法をわかっていないで、民生機と同様に生産をしてもNG」ということをわかっていない業者が、今でもまぁまぁ存在する。

だから、昔はあるメーカーの仕事をしていたら別のメーカーの仕事は受けられないというようなことが見受けられたが、今では「風営法4号営業の理解」というものが製造業の中でも相応に求められるようになってきた。

それと同等のことが、ホール運営者にも強く求められるということだろう。

特に昨今は、「広告宣伝規制強化」の波はとどまる様子を見せないし、ホール管理責任者によるサクラ募集のようなモラルを逸脱したような行ないも見られるようになってきた。
そういう管理者教育プログラムは、今後のニーズに即した運営という意味ではホールにも求められることだろう。


役比モニタの強化と封入式遊技機の導入については、今一つ腑に落ちない部分が多い。
なぜならば、役比モニタの搭載についてはむしろ、「不正改造」撲滅のための一手のはずだ。
そして、その不正改造の先についてくるものは射幸性の抑制であり、その「射幸性の抑制」は、まんまイコール依存症対策にはならないからだ。

しかし警察の考えとしては、射幸性の抑制と依存症対策はセットになっている向きが強く、この役比モニタの強化は粛々と進むことだろう。

現在、旧内規・新内規が並列されているホールの業況を鑑みるに、パチスロだけでなく、楽ではないはずだが今後はぱちんこにまで管理システムが導入されるかもしれない。
これも、警察庁からの指導により「マスト」なのだ。
コストを抑えた開発努力が期待されるところではある。


そして封入式は、むしろメーカーから出てきたコスト低減案。

パチスロはともかく、ぱちんこについては枠と盤面での構成になっており、実のところ枠の開発・製造のコストパフォーマンスはバツグンに悪い。
その枠の共通化を図り、かつ出玉を循環式にすることで稼働の管理やメンテナンス、ひいては中古機流通においての負担軽減などがその狙いだったはず。

なので、依存症対策案の中でこの話題があがることはいささかまゆつばモノではあるが、今後封入式がなにがしかの依存対策になるのであれば、それは急ピッチに話が進むのかもしれない。


そして、最後に規則改正。
「技術上の解釈基準」の変更を警察から示唆してきたので、これはもう確実に、またぱちんこ・パチスロの解釈基準が変わり、そのゲーム性は変わってくるだろうと思われる。

ただし、これにはまだ執行猶予期間があると思っている。
というのも、パチスロが事実上の5.9号機時代にはまだ突入していないからだ。

そして、上述した役比モニタの強化案は、ぱちんこにも出玉の管理ができるモニタをつけようということなわけだから、それを鑑みるに、そのモニタ搭載機の運用がいかように機能するかがわかってからの改正になってくるのではないだろうか。

とはいえ、IR推進法案の可決から、一気にここまでの依存症対策の具体案を出してきたことを考えれば、「起きなければいいなぁ」なんてぬるいことは考えてはいられない。
むしろ、「遠くない将来、必ずある」と思っていなければならないものではある。


基本的には、この業界は「受け身」の業界だ。

これまでは、遅かれ早かれ受け身を取れれば生き残ってこれたが、これからはその受け身の「うまさ」と「早さ」を求められるようになったということだと理解している。
RSN強化や自己申告プログラムの制定など、エンドユーザーにとっても「知らなかった」では済まない話も広がりそうな気配を見せてきているのだから。

今後も、当たり前に警察に踊らされる業界であろうことを頭に入れたところで、本稿を了としよう。

 


【終わりに】
初見では、「色々やるんだなぁ〜」くらいに思っていた依存症対策。
しかし、座して死を待つよりは、対策して生き残ろうとする道を選ぶ方が、業界発展としては決して悪いことではないと思います。

とにかくこの業界はなんというか、「ほとぼりが冷めるのを待つ」で、結果、法解釈を拡大解釈して怒られて…
また、厳しい厳しいと騒いでの繰り返しですから。

そういう意味では、どういう内容のものであれ、先んじて進もうとしているのは悪いことではないと思いますがね。

これからも、依存症に限らず業界内部の動きは大きくなっていくのでしょうが、自身で発信するような業界になっていければいいなと思う、今日この頃です。


といったところでお時間です。
お目通しありがとうございました。



【 回胴小噺 】 メニューへ





【換金可能】 目指せ一攫千金! オンラインスロットで電子マネーゲット!

一撃5,000枚も可能!オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」
特許取得により「換金」が可能となっている、オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」。

現在新台リリースイベントで大盛況! 前作に比べてボーナス確率はなんと【250%超】!
オール役からのボーナス解除や高確モードからの連チャンは圧倒的破壊力で一気に大爆発の可能性アリ!
1000円分の無料ポイントでまずはお試しを。




キャッシング比較情報/キャッシングコラム

頼れるキャッシング比較 | キャッシング・ローンを比較
自分に合う最適なキャッシングやローンを探すことができる徹底比較サイト。
銀行系キャッシング、低金利キャッシング、無利息キャッシングなど。




【姉妹サイト】 パチスロとも共通点の多い投資『FX』を徹底解説

≪ FX初心者向けFX講座 ≫
当サイトの姉妹サイトで、運営7年目を迎える老舗のFX初心者向け入門サイト。
特に人気のコンテンツを以下にご紹介。


■知識ゼロだけどFXに興味がある >> FX早分かり一問一答

■初めてFXに挑戦する場合はどのFX口座がいい? >> これからFXを始める人にお勧めなFX口座特集

■FX投資をしたいが忙しくて時間がない >> 投資のプロが作った売買プログラムで無料自動取引




≪最新機種解析/注目機種解析≫

押忍!番長3(番長3)
獣王 王者の覚醒(獣王)
キン肉マン〜夢の超人タッグトーナメント編〜
鬼浜爆走愚連隊 愛情恋歌編(鬼浜)
エウレカセブンAO
アナザーゴッドポセイドン
攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG
バジリスクV
クランキーセレブレーション
北斗修羅
まどか☆マギカ2(まどマギ2)
クレアの秘宝伝2
コードギアス2
北斗強敵
偽物語
バジリスク絆
ゴッドイーター
ミリオンゴッド凱旋
沖ドキ
ガールズ&パンツァー(ガルパン)



ページ最上部へ戻る

「パチスロ立ち回り講座」トップへ戻る