正統派パチスロ攻略サイト - パチスロ立ち回り講座 | HOME | はじめに | サイトマップ | お問い合わせ |


回胴小噺



見えてきたジーグの業界的役割。回胴界の救世主となりうるか? [2016/12/12(月)]

皆様、ごきげんよう。
春川亭三七でございます。

あっという間に12月も3分の1が終わりましたな。
ほんと、光陰矢の如しとはよく言ったもので…。
気が付いたら1年が終わってしまったなぁといった印象です。

時間の流れっていうのは、楽しかったり、充実していると早く感じて、遅く感じる時は退屈だったり、興味がわかないものだったりするそうですね。

ほら。
パチスロでいえば、通常時はなかなかゲーム数進まないのに、ARTやATだと、あっという間に駆け抜けるでしょう?
そういうのと一緒ですよ。

でまぁ、じゃあ今年はそれだけ充実した1年を過ごしてきたかと言われると…
別にそういうわけでもないんですけどね。ははは。

年を重ねれば重ねるほど、一日が長くて、一週間は気づいたら終わっていて、一年なんてあっという間な印象です。


というわけで、連載に復帰してからは、業界的なポイントでいうと大きな部分ばかりにスポットを当ててまいりましたが、今回はメーカー側の部分に焦点を当ててコラムを展開してみましょう。

ほんと、その存在が表立ってから、まだ1年も経っていないのに…。
ここまでの話になってまいりました。

時間の経過はあっという間ですなぁ…。

 


【京楽の55期決算にみる業界のシュリンク感】
ぱちんこAKB(初代)の高稼働率や、その後のぱちんこ仮面ライダーV3の高稼働も今や昔。
回胴にも積極的に参戦し、導入1発目のパチスロAKBではそれなりの高評価を得たものの、続く仕事人やテラフォーマーズではその好状況を生かせず、そのメーカー規模に見合う販売状況、稼働状況を生み出せずにいた「京楽産業.」。

11月末に、その京楽の第55期決算報告が開示された。(2016.11.25官報)

その内容は、業界にいれば「さもありなん」な内容でありつつも、いざ数字を目の前にすると驚きは隠せなかった。

≪当期純損失277.29億円≫

そこまで売れてなかったのかと。
正直驚いたというのが本音だ。

実際のところ、利益剰余金が1000億近くあるため、すぐすぐにどうこうなるようなものでもないであろうし、2016年の企業向け年賀状には様々な取得済みの版権を見たが、まだそのすべてがぱちんこやパチスロになったわけではないので、まだまだ巻き返しの目があるであろうと推測できる。
しかし、遠くない過去に「我世の春」を謳歌していた京楽が、現時点でここまで数字を落としてしまったのである。
ここ数年で起きた業界健全化に向けた動きが、メーカーやホールに大きな打撃を与えたことは、この決算報告がいい証拠だろう。

京楽の規模であるからこのように公示されることになるが、公示される機会のない中小メーカーにおいては、ここまでの損失ではなくとも、売れていない現況を鑑みればどこのメーカーもやはり苦しいはずだ。

機械が売れなければ、メーカーが潤うことはないし、潤わなければ、新しい機械を作ることもままならない。
故に筐体単価が上がり、その上がったしわ寄せがホールにいき、ひいてはエンドユーザーにも及び、「勝てる」「楽しめる」環境が減り、ユーザー人口減少にまで及ぶという、バッドスパイラルに陥ってしまうのだ。

ではメーカーにおいて、売れていようが売れていなかろうが、抱えていなくてはならないものは何か?

それは「開発部」だ。

ハードやメカ、ソフトまで最終的な製造の設計を行うのは「開発」。
その開発を担うのは「人」。
であれば、「開発力」を有しているメーカーは、それだけ「人」を確保しておく必要があり、企業であれば、その人を確保するために資金が必要ということになる。

しかしその確保している財産も、お金を生むことが出来なければ手放さなければならなくなり、開発力の低下につながってしまう。
ここにもまた「業界」がシュリンクしていることに対するバッドスパイラルが生まれているのである。

そこに、もしかすると救世主となりうる存在が誕生した。
それが「ジーグ」だ。

誕生の経緯は以前にもお話しさせていただいた。(第38回参照)

誕生当時は「購買能力の集約によるコストダウン」が目的であると目されていたジーグだが、どうもそれだけではなく、今後の業界において、その存在価値が高くなる可能性が高くなってきた。

それが明るみになるのはまだ先の話ではあろうが、誕生からここに至るまでで見えてきたジーグの存在意義を検証してみよう。

 


【初手としてのサミーとサンセイR&Dのタッグ】
もうプロモーションも始まっているので、書いても問題ない話と思うが、パチスロにて「牙狼」が出ることが発表された。

開発はサミーで、販売がサンセイ。
ざっくり言ってしまえば、「牙狼」というコンテンツを使っての「北斗転生」のようなイメージの台だ。

元々サンセイは、「牙狼」での爆発的なヒットがなければ、奥村やマルホンより「持ちこたえられるかどうか怪しい」と言われていたメーカーだった。
しかし、牙狼のヒットにより息を吹き返し、そのコンテンツを十二分に生かした内容で一気にぱちんこシェアを伸ばしてきた。

そしてそのぱちんこの実績から、パチスロの開発に着手するのではないかと、ここ数年常に「噂」に上がっていた。

最初に言われていたのが「キャプテン翼」の版権取得の時だ。
あれは、回胴開発向けに取得した版権だったはずと業界内では耳にしていた。

しかし、あの辺の時期(2015年上半期)はいわゆる「保通協テスト方法の変更問題」で揺れていた時期であったため、回胴開発に関しては素人のサンセイが、まさか回胴に着手するわけがないとも言われていた。
その想像通り、キャプテン翼は結局ぱちんこで登場となった。

しかし、常にホールの主役となりえた牙狼シリーズを保有しているサンセイが回胴にも出てくるであろうことは想像に難くなく、あとはそのタイミングだけだろうと思っていた矢先に、今度はもっと現実的な噂が耳に飛び込んできた。
「サミーにOEMで作らせて、販売はサンセイで回胴牙狼が出てくるのではないか」と。

結果的に、サンセイがやりたかったことをサミー開発が具現化したのが、回胴牙狼だ。
コンテンツ的にも、これまでサミーが持っていたノウハウとマッチしたことも、このタッグが生まれたきっかけになったであろう。

個人的な印象としては、「サンセイ」の方がメリットは大きい。
自社ブランドと化した牙狼を、自社開発力なし・資金投入なしで、回胴として誕生させることが出来たのだから。
もちろん、サミーにとっても悪い話ではなく、営業力を消耗することなく自社のブランド力を高めることが出来る。
いわゆる「ウィン・ウィン」な関係を両社が築いたと言えるだろう。

新内規の評価が極めて微妙な状況下であるため、そこまでの販売台数にはならないだろうが、転生スペックの牙狼には期待したいところである。

そして、このサミー×サンセイのタッグが初手であると想像出来うるのが、ジーグの中にあるのである。

 


【共通筐体と意匠変更の容易さを目指して】
回胴の筐体というのは、ぱちんこのそれのように「盤面変更」というのが無理なものになっている。
枠ではなく、箱そのものに様々なメカや基板が取り付けられているからだ。

だからこそ、パチスロ自体は登場当初からぱちんこに比べて販売価格そのものが高値であった。
今と大きく変わりはなかったように記憶している。

それを安価にする方法があるとすれば、大量生産と大量消費を可能にする生産能力と供給能力の確保だ。

ジーグは、サミーとユニバーサルの良いところを掛け合わせ、その能力を倍以上にするのだろうと思われたが、その矛先は自社向けの調達能力のみにあらず、他社向けへの販売も考慮していたのである。
要は、ジーグとしての汎用筐体の開発だ。

ちなみにジーグはメーカーではないため、ジーグとしてホールに登場することはない。
ジーグとして開発した筐体を、他社向けに意匠変更を容易にしてオリジナル性を持たせることを狙いとしている。

平和・オリンピアやユニバーサルのウィザード筐体(アステカ・太陽)のように、フロントドアが2枚構成になっていると考えていただければ想像しやすいだろうか。

箱の中のもの、電源やホッパー、メイン基板やサブ基板に至るまでの共通性の高いもの。そして、リールやフロントドアの腰部の部分。
それらに共通性を持たせて大量生産を可能にする。

そして、上部の部分。
液晶周りの電飾系や役物などは、状況に応じてオリジナルのものを作り、そこへ組み込みの最低限の取り決めさえしてしまえば、いかようにも意匠変更ができるような筐体の開発に取り組んでいるようだ。

そして、その筐体の使用先は、タッグを組んだユニバーサルとサミーだけではなく、回胴の開発力が乏しい他メーカーへの売り込みに使われるわけだ。

こうなれば、ジーグとしては汎用品に関しては大量購入によるコストダウンが可能になるし、購入する側の他メーカーも自身での開発力はフロントドア上部の意匠デザイン及び出玉設計に注力できるのである。

どこにとっても悪くない話のように映るし、今後こういう大量生産性が生まれてくれば、新規参入メーカーも出てきやすい環境ができるかもしれない。

ただ、現時点ではジーグという会社自体にネームバリューがないため、まずはジーグが商流の主となる資金力とブランド力をつける必要は出てくる。
しかし、それはユニバとサミーという業界においての2トップのタッグであれば、時間の問題で解決できるであろう。


これらの話は、現時点で見えてきたジーグの「可能性」の話ではある。
しかし、今の閉塞感のある業界環境を考えると、こういう前向きな話が出てくるのは大歓迎だ。
今後その動きが活発になってくれば、ジーグという名前を目にする機会は増えてくるであろう。

来年の今頃には、おそらくその名前が業界に飛び交ってくる可能性は想像に難くない。
そして再来年くらいには、下手したら市場をジーグの筐体が席巻している可能性すらある。

その結果として、業界が活性化していることを夢見て、この稿を終わりとしよう。

 


【終わりに】
まだまだ、海のものとも山のものとも思っていなかった「ジーグ」ですが、その存在が畳の目ひとつずつ、明らかになってきました。

本編にも書いたように、いまだネームバリューには乏しいですが、その存在にネームバリューがついてきたら・・・その時には・・・。
私の愛する機種が「鼓膜殺し」なんて言われることがなくなるかもしれません。

なんにせよ、ジーグの存在が救世主になる可能性があるかもということを夢見たところでお時間です。

お目通しありがとうございました。



【 回胴小噺 】 メニューへ





【換金可能】 目指せ一攫千金! オンラインスロットで電子マネーゲット!

一撃5,000枚も可能!オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」
特許取得により「換金」が可能となっている、オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」。

現在新台リリースイベントで大盛況! 前作に比べてボーナス確率はなんと【250%超】!
オール役からのボーナス解除や高確モードからの連チャンは圧倒的破壊力で一気に大爆発の可能性アリ!
1000円分の無料ポイントでまずはお試しを。




キャッシング比較情報/キャッシングコラム

頼れるキャッシング比較 | キャッシング・ローンを比較
自分に合う最適なキャッシングやローンを探すことができる徹底比較サイト。
銀行系キャッシング、低金利キャッシング、無利息キャッシングなど。




【姉妹サイト】 パチスロとも共通点の多い投資『FX』を徹底解説

≪ FX初心者向けFX講座 ≫
当サイトの姉妹サイトで、運営7年目を迎える老舗のFX初心者向け入門サイト。
特に人気のコンテンツを以下にご紹介。


■知識ゼロだけどFXに興味がある >> FX早分かり一問一答

■初めてFXに挑戦する場合はどのFX口座がいい? >> これからFXを始める人にお勧めなFX口座特集

■FX投資をしたいが忙しくて時間がない >> 投資のプロが作った売買プログラムで無料自動取引




≪最新機種解析/注目機種解析≫

押忍!番長3(番長3)
獣王 王者の覚醒(獣王)
キン肉マン〜夢の超人タッグトーナメント編〜
鬼浜爆走愚連隊 愛情恋歌編(鬼浜)
エウレカセブンAO
アナザーゴッドポセイドン
攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG
バジリスクV
クランキーセレブレーション
北斗修羅
まどか☆マギカ2(まどマギ2)
クレアの秘宝伝2
コードギアス2
北斗強敵
偽物語
バジリスク絆
ゴッドイーター
ミリオンゴッド凱旋
沖ドキ
ガールズ&パンツァー(ガルパン)



ページ最上部へ戻る

「パチスロ立ち回り講座」トップへ戻る