正統派パチスロ攻略サイト - パチスロ立ち回り講座 | HOME | はじめに | サイトマップ | お問い合わせ |


回胴小噺



復帰第一弾!業界のことを徒然に [2016/10/17(月)]

【復帰前披露口上】
えー。

・・・重い腕がなかなか動かず。
パソコンの前で固まっております・・・。

恥ずかしながら戻ってまいりました。
春川亭三七でございます。

この70日間、クランキーの旦那と連絡は取りながらも、サイト活動については何の役にも立っておらず、広報活動についてはジャンクくんに。
「連打!」及びホール様へのアプローチはガリバーくんに。
そして何より、<業界コラム>としての立ち位置は相も変わらず花火あにさんにおんぶにだっこの状態が続いてまいりました。

サイトでの活動がイヤになったとか、ぱちんこ・パチスロ自体に興味がなくなったというわけではなく、そもそも本業の方で首が回らないほど忙しいと。
そんな状況に陥りまして・・・。

そんなわけで、復帰未定の休載に入らせていただいたわけでございます。

なにより、稼働や稼働にまつわるエトセトラがネタになるコラムではなかったわけですから、きちんとしたものを伝えなければならない中で、それができる状況になかったのです。

となると、まぁ、旦那に伝えるしかなかったわけですよ・・・。
「先生・・・記事が書けません・・・」と。(三井くんの気持ちで読んでみよう)

ただ、ほんと「かまってちゃん」的なノリで「やめないで〜」って言ってほしくて「書けません」って言っていたのではなく、ほんとメンタル的には、

「このまま何もできずにいるならやめた方が良いなぁ」
「何の役にも立ってねぇなぁ・・・」
「いや、もう辞めるべきだ!」

になっていましたから。

そんなわたしが結局残留させていただき、記事を再開させていただく運びとなったのには、3つほど理由があります。

一つは、上記のような心境にも関わらず、クランキーの旦那に慰留いただいたこと。
三井くんみたいに前向きな発言でもないのに、「じゃあ、辞めろ」と言わず、「必要ですよ」と暖かい言葉をかけていただいた恩に少なくとも貢献しないといけないなと思ったこと。

もう一つは、「もちこ」さんの加入。
いや、男子丸出しのいやらしい気持ちじゃなくて。

あの子、最初の記事でこんなこと言っていたでしょう?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

なんとなく「パチンコ・パチスロ=悪!」みたいな方程式がありますしね。
別に数学で習ってへんのにね。
不思議やね。

けどもこれだけは言わせてください。
非難するなら打ってから言うてくれんかいな!(怒)
百聞は一見に如かずって言いますよね?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


って。

エンドユーザーに任せっきりでいいのかと。
そんな無駄な勝負根性が出てしまったわけですよ。

もちろん、「ぱちんこ・パチスロに触れて楽しい」って思ってもらうことは大事ですし、それがなくなったときは本当に淘汰されればいいとも思っております。

楽しくなければ、娯楽じゃないでしょう?余暇じゃないでしょう?
だから、もちろんその遊びに触れて楽しいと思わせることは大事なわけです。
当たり前の前提ですね。

で、もちこさんはその「触れて」楽しい部分を自身の日記を通してお伝えしたいわけでしょう。

であれば、根っこの部分。
もっと業界側に寄った部分は、きちんと伝えなければならないなと。

しかも私はむしろ、「じゃあ『一見』できない環境にあるならば、『百聞』すればいいんじゃない?」と思っているタイプですので、少なくとも「そもそも業界自体悪い世界じゃないよ?面白いし、興味深いよ?」って思わせることを、コラムを通して『百聞』のうちの『五聞』くらいにはしたいわけです。
だから、「23歳のお嬢さんに負けている場合じゃねぇ!」なんて思った次第なんですな。

そして最後の理由は、念願かなった「連打」の再始動です。

あの「連打」再開の決まったときの旦那とガリバーくんの一体感たるや。
やはり、そこに関わってないと味わえないものです。

一発目の連打が終わった後のレポートで「今後はがっつり運営で・・・」とか偉そうな事書いていたくせに、フタを開けてみたら、そこに自分はいないわけです。

これじゃいかんと。
どういう立場であれ、そこに関わっているのであれば、自分の責任は果たさないかんのです。

だからこその復帰であります。

おそらく、今後は体壊して倒れたりしない限りは隔週継続できるかと思います。
本業の環境も変わりつつありますしね。

これからも私のコラムは、「知って得するパチスロライフ」はお届けできませんが、業界で起きたことや書けうる範囲での販売や企画状況をお伝えできればと思っております。
今後ともひとつ、どうぞご贔屓にいただければと思います。


さて。
前口上はここまでといたしまして…。

早速ではありますが、お休みいただいていた間に起きた業界内の事をお伝えしていくことしましょう…。

 


【保安課課長補佐・大門氏の異動】
9月2日付で、警察庁生活安全局保安課・課長補佐の大門氏が警視庁の機動隊特科車両隊長に異動となった。

これに際して、掲示板やらまとめサイトやらで「どうした?どうした?」と大盛り上がりとなり、「暴れまわったツケが回った」とか、「とうとう年貢の納め時だ」とか、やおら左遷的な印象を持った情報が多いことに驚いた。

確かに警察庁→警視庁の異動はあまり例を見ない。
しかし、「特科車両隊長」は高級官僚がつくポストのひとつだそうで、キャリア官僚が時期を見てこのポストに異動したのなら、それはそれで栄転であろう。

ただ別に、栄転を「左遷だ!左遷だ!わっしょい!」とネガティブな方向にリードしようとしたことに驚いたというわけではなく、業界に携わる人間以外でそこに興味がある人が多いことに驚いたといったところ。
実際、掲示板が立っているのだから。

確かに大門氏が行なった実績は、業界側の管轄部署からしたらでかい。
これまで暗黙の了解としてきたところを白日の下にさらすきっかけを作った。

実際Yahooのトップニュースにまで掲載されることとなり、ぱちんこやパチスロをやらない人にとっては「あーやっぱりよろしくない業界なんだ」と思わせるには十分だったであろう。

しかも、業界内においても遊技くぎの問題については、全日遊連(ホール組合)には「日工組(ぱちんこメーカー組合)は非を認めたから、何とかしろ」といい、かたや日工組には「全日が補償さえクリアされれば撤去するって言っているから撤去に動け」と持ち掛けた。

実際問題、実はこれ、双方ともまだ協議が終わっていない。
日工組も非を認めてなければ、全日遊連も外すなんて約束はしていない。
そもそも条件が決まっていないのだから、決めようがない状態だった。

要は、大門課長補佐は、双方が納得するようなやり方を強引に通したのだ。

ポジティブな物の見方をすれば、大門氏が強引に投じた一石は、業界健全化の一歩になるであろう。
その手法がモラル的にどうこうは置いておいて。
「くぎをいじる以前に遊技機として成立する環境を作れ」と解釈できなくもない。

だから、管理する警察庁からしたら、「よくやった!大門!」になるはずである。

だからそもそも、「やりすぎて」なんて言葉が出ようはずもない。

現状の業界を取り巻く保安課との関係を見れば、大門氏がメスを入れるか入れないかなんて二の次で、遅かれ早かれくぎの問題は警察につつかれたはずだ。
むしろ、受け入れざるを得ない問題だったともいえる。

であれば、「左遷か?栄転か?」で騒ぐよりも、「アフター大門」をもっと考えるべきが業界のあるべき姿であろう。


大門氏から次の課長補佐がどこまで業界に興味がある人かはわからないが、少なくとも大門氏の「実績」は耳にはいっていると考えるのが普通だ。
その「大門バズーカ」を受けて息も絶え絶えの業界に、さらに塩を擦り込みに来るのか、それとも自身の就任期間をおとなしく過ごすかは、今後の業界の取るべき姿勢次第なのだ。

「大門さんほどうるさくないからちょっと緩和に動いてもらおう」と考えれば、それはどう贔屓目に見ても大甘だろう。

言っても彼らは課長「補佐」である。
その上の課長の小柳氏はいまだ健在だし、少なくとも彼らより業界の射幸性抑制に対しては厳しい。
ちょっと調子に乗った態度を取ったら、それは大きなしっぺ返しを食らうと考えるべきだ。

 


【「君の名は。」大ヒットに見る、わざわざ観たくなる感覚】
もはや、世間は「前前前世」。
ジブリ以外では初の興行収入100億円越えの空前の大ヒットとなった「君の名は。」。

あの映画のどこがどういいかを議論したいというわけではなく、とあるクリエーターさんが以下のように評論していたのが興味深かった。

「あの映画はストーリーとしてすごいというより、ミュージッククリップを観ているようだった。 あの監督の真骨頂とも言った感じ。 内容がどうこうというより、あの手の映画を『視聴者が見たい』というところに昇華させたのはすごい。」

とのことである。

そもそも「君の名は。」の目標興行収入は、「(行って)15億」だったのだそうな。
それが今や、その10倍はゆうに超えそうな勢いである。

一昔前のアニメ文化と言えば、子供が見るもので、ちょっと前だと特異な固定層、いわゆるオタクと言われる方々が中心だった。
それが最近では、老若男女をすべて取り込めるものがアニメの人気のバロメーターのように思える。

ここになんとなく、パチスロ人気回復のヒントがあるような気がしてならない。
いや、別にこういう人気のアニメの版権を頑張って取ってくれ、とメーカーに言いたいわけではなくて。

スペックありきではあるが、4号機時代の「北斗の拳」の人気は、それはそれはすごかった。
それこそ20代の学生から70代の年金暮らしのお年寄りまで、老若男女すべてを取り込んだ台だったように思う。

「ヘヴィーユーザーが中身を知れば、より面白くなるけども、ライトユーザーでも見た目上の面白さはシンプルに」というところが、メディアミックスにまで発展したような人気になった。

スペックというよりもゲーム性。
版権というよりもゲーム性なのだ。

今のところ、規制が入ってから出てきた新台で、例えば「偽物語」あたりは、どうしても初代のゲーム性を踏襲したものを「今のスペックに合わせたもの」であり、それはほかの続編台についてもおおよそがそういうものが多いように感じるのはわたしだけではないだろう。

ということは、まだ「今の時代に合わせたこれ!というスペックありきの台」というのは出ていないということになる。

で、あればだ。
今後「これ!」というスペックはまだ出てくるのではないだろうか?

終わった業界だとネガティブにリードするのではなく、今後起こりうる可能性とスペックに期待するのもまた、業界の見方として間違ってはないと思う。

 


【終わりに・・・】
さて。
いかがでしたでしょうか?

急に書き方変わったなおい!と思った方も多いことでしょう。
ええ、私もそう思います。

ですが、まぁ、ほんとここにきていろんなライターが増えたことですし、まぁ、少し硬めのコラムにわたしが傾倒してもいろんな文章があっていいかなと。
そんな風に思った次第なんですな。

本当はもう少し、色々書きたかったのですが、そっちまで書くとエラい長くなるので、とりあえず、今回はこの辺でパソコンを閉じることといたしましょう。

不評とあらば、一気に書き方変わるかもしれませんが、その辺はご愛敬で。
ご容赦いただけれと思います。


といったところでお時間です。
お目通しありがとうございました。



【 回胴小噺 】 メニューへ





【換金可能】 目指せ一攫千金! オンラインスロットで電子マネーゲット!

一撃5,000枚も可能!オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」
特許取得により「換金」が可能となっている、オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」。

現在新台リリースイベントで大盛況! 前作に比べてボーナス確率はなんと【250%超】!
オール役からのボーナス解除や高確モードからの連チャンは圧倒的破壊力で一気に大爆発の可能性アリ!
1000円分の無料ポイントでまずはお試しを。




キャッシング比較情報/キャッシングコラム

頼れるキャッシング比較 | キャッシング・ローンを比較
自分に合う最適なキャッシングやローンを探すことができる徹底比較サイト。
銀行系キャッシング、低金利キャッシング、無利息キャッシングなど。




【姉妹サイト】 パチスロとも共通点の多い投資『FX』を徹底解説

≪ FX初心者向けFX講座 ≫
当サイトの姉妹サイトで、運営7年目を迎える老舗のFX初心者向け入門サイト。
特に人気のコンテンツを以下にご紹介。


■知識ゼロだけどFXに興味がある >> FX早分かり一問一答

■初めてFXに挑戦する場合はどのFX口座がいい? >> これからFXを始める人にお勧めなFX口座特集

■FX投資をしたいが忙しくて時間がない >> 投資のプロが作った売買プログラムで無料自動取引




≪最新機種/注目機種≫

エウレカセブンAO
弱虫ペダル
モンスターハンター狂竜戦線(モンハン狂竜)
麻雀格闘倶楽部2
パチスロ犬夜叉
涼宮ハルヒの憂鬱
バジリスクV
ウィッチマスター
クランキーセレブレーション
北斗修羅
まどか☆マギカ2(まどマギ2)
天下布武3
BLOOD+ 二人の女王
クレアの秘宝伝2
デビルメイクライ クロス
バーサス
コードギアス2
北斗強敵
偽物語
バジリスク絆
ゴッドイーター
ミリオンゴッド凱旋
沖ドキ
ガールズ&パンツァー(ガルパン)



ページ最上部へ戻る

「パチスロ立ち回り講座」トップへ戻る