正統派パチスロ攻略サイト - パチスロ立ち回り講座 | HOME | はじめに | サイトマップ | お問い合わせ |


回胴小噺



釘問題のゆくえの回答 [2015/11/29(日)]

てめぇのカタい記事はそんなに多く求めてねぇ!と仰る方もいらっしゃるかと思いますが、突然の登場です。
春川亭三七です。

前回の記事にて、警察庁が相当に本気で業界をどうにかしようとしてきているとお伝えしました。

そして、その講話文書内容の説明会を警察庁・保安課から11月18日に各ホール5団体に向けて行いました。

その説明をもって、ある程度胸を撫で下ろせる部分と、襟を正さなければいけない部分とが出てきたので、追加情報としてお届けさせていただければと思います。

 


【説明会で見えた部分】
結論から言うと、今回の「『型式申請時の釘』と『市場の釘』の性能の乖離」を受けて、現在市場にあるぱちんこ台が「すべて即時撤去」になることは無さそうです。
徐々に入れ替わっていくことは間違いないでしょうが。

よって、10月までに納品された旧Maxタイプ(1/400・80%ループ)は、まだしばらく打つことは出来ます。

というのは、警察庁として、業界が経済的にどうにかなってしまうような即時撤去を求めていないからです。
懸念されていた、「ぱちんこホールがベニヤだらけになる」という事態は起きないという事になります。

ベニヤだらけになるような心配をしなくてはならなかったのは、行政講話における保安課の態度にありました。

今回の釘問題の発端は「健全化機構」の「市場調査」だったわけですが、前回の講話文書発布の時点では、「調査」の結果から「型式適合台≠市場設置台」を「リスト化」したうえで「撤去」を求めるくらいの勢いがあったのですが、今回の説明会になると、「現時点ではリストなんてないよ?」ってことだったのです。

正直、メーカー・ホール双方ともここに一番ホッとしたことでしょう。

前回記事でも書きましたが、もしさらし者にされるような型式が出てきたら、全部がそれに準じているわけですから。
保通協試験適合台と市場設置台の性能乖離という意味では。

しかし、「10月以降にリリースされた台も含めてリストの準備は進めているぞ」と再度改めて釘を刺されました。


強気になれる点は2点。

一つは、性能乖離を日工組が「一部」認めているから。
日工組が認めているということは、リスト化にあたって「メーカー発信」の型式が限定できる可能性があります。
そして、リストの提出を保安課は日工組に求めているので、リストは遅かれ早かれ出てくるものと思われます。

そしてもう一つは、健全化機構の調査が絶賛継続中だからです。
調査の結果、一般入賞口を潰している機種はあるにはあったわけですが、「改善の兆し有」として現時点(11月下旬現在)では、機構の行政通報は「保留」している状態。
しかし、今後ホールが「通報がないなら・・・」と調子に乗り、一般入賞口を潰すようなことがあれば、今度は本当に「無承認変更」になるわけですから、一気にホールの責任に傾くことになります。

メーカーにせよホールにせよ、いまだ時限爆弾を抱えているような状態です。

もし、今回の説明会を受けて胸をなでおろし続けていたら、今度は有無を言わさず強制執行も有り得るでしょう。
なぜなら、説明会を受けてもなお保通協の責任は一切見えてこないのですから。

私個人の意見としては、管理管轄の警察庁保安課も含めて業界であるべきだとは思うのですが、今回の言い分からすると、保安課は「我々はあなたたち『業界』を見守る善意の第三者」という風にしか見えません。

となると、メーカーにせよホールにせよ、規制の中で襟を正すべき部分があります。

順を追って説明しましょう。

 


【メーカーはどう作るべきか?】
メーカーの至上命題としては、「型式申請適合台」と「市場納品状態」の同一性の担保になるでしょう。
釘の性能が悪いのはもちろんの事、いいものを悪い状態にして納品するのもダメなわけです。

機構の調査で「一般入賞口に20分で1個も入らない」状態の釘があまりにひどいとされ、それが改善されてきた結果を受けて、日工組としては釘の状態に対してある種の基準を設けました。

それが、

1.「申請用ゲージ」で過度な釘曲げをしないという事
2.「BYmini3未満」にしないという事

になります。

「1.」については読んだまんまです。

しかし「2.」については、わたしも調べたり聞いてみたりしたのですが、うまく説明できる言葉が見つからないので、自分がつかんでいるイメージをざっくりお伝えしておきます。

パチスロで言えば、「小役をカットするな!」みたいなことかと・・・。

そして聞いている限りですと、「2.」についてはほぼほぼメーカー側は上手に作り出しています。
性能乖離の責任を日工組が認めていますからね。
そこに所属するメーカーとしては、対応するのが常。

そして、言っても日工組は問題点の芽を摘むのが早い部類のグループですから、そら早い段階で対応するでしょう。

「1.」についても、日工組内で「ベースが30以上で申請時ゲージと市場ゲージの乖離が30%以内」と申し合わせているので、申請用ゲージで納品して問題は起きないと考えていいでしょう。
ある意味、「釘は盤面に対しておおむね垂直」の『おおむね』の部分に答えを出した格好になります。

そして、この申し合わせ通りにしていれば、「問題にならない」と線を引いてきたわけですから、ベースやゲージの乖離幅の部分をホールは気をつけなくてはいけなくなります。

 


【ホールはどう扱うべきか?】
上述のように、メーカーの申し合わせとしてある一定の答えを出してきたわけですから、ホールとしてはその申し合わせ通りに設置できているかどうかが肝になります。

「ベース30以上」と謳っているのは、「30あればいい」という事ではないので、例えば、ベース50で適合した台を30まで下げていいという事ではありません。
乖離幅が30%を超えてしまいますから。

そして、もしそんな台が見つかったとしたら、それは完全にホールの「無承認変更」を追及されることになるでしょう。
「釘をたたく」という行為に「メンテナンス」以上の事をしてはいけなくなるわけです。

盤面が板やアクリルであり、無作為に玉が釘をたたくのであれば、当たり前ですが、釘は曲がります。
なので、今後もメンテナンスは必要に迫られるはずです。

その時に「ベースを知らなかった」では済まされないことになってしまいます、機構の市場調査によって。

機構の調査結果は、納品状態の指摘だけではなく、設置されてからの状態の指摘もあったわけですから、機構としては「メーカーもホールも悪い」なわけです。

そして調査は続行中で、行政通報は「中止」ではなく「保留」ですから、ホールにも正しい運用のノウハウを理解しておく必要があるわけです。

 


【で、エンドユーザーはまだ遊べるの?】
業界として、エンドユーザーの存在を忘れるべきではありません。

こういう規制が起きて、エンドユーザーに得はあるのかという事ですが、付き合い方、向き合い方一つではないでしょうか?
これは、パチスロのメイン基板移行の時にも思ったことですが。

今回のメイン基板移行は、私個人の考えは、導入当初は「長時間ユーザー優遇だな」と思いました。
しかし、結果としてノーマルタイプの開発も進んでいると聞きます。
個人的には、岡崎産業の「スペシャルジャックポット」(アクロスとの提携ではない)は本当に面白いと思いました。

人によってはかったるいと思うかもですが、個人的には大ありです。
叩きどころがはっきりしているのでね。

話がそれましたが、ぱちんこも同じことだと思います。
大きなゲーム性が変わるわけではありませんから。
今後も面白いと思う機械は出てくるはずです。

 


【結論として】
これまでの警察庁・保安課というところの指導はどこか単一的で、「ぱちんこ売れすぎだから日工組をいじめよう」とか、「回胴が調子乗っているからシメてやろう」みたいな、どこかパフォーマンスめいたところがありました。

あとは利権絡みとかね。
CRユニットが生まれた経緯の時みたいな。

まぁ、どれにしても「僕たちちゃんとやっていますよ!」感が露見していたように見えます。
だから、メーカーもホールも甘えられるところは甘えて、「規制の網の目」を通り抜けてこられました。

しかし、今回の保安課の講話の結果、保安課にだって影響が及ぶ可能性すらあります。
業界がぶっ飛ぶ可能性あったわけですから。

そして、業界が無くなったら、風営法自体大きく変わる必要に迫られてしまいます。
その結果として、他の風俗営業の「建て前」まで瓦解しかねません。

今回の説明会で、警察庁はかなり上手い具合に「落としどころ」を作ってきました。
いわば、退路もないし、抜け道もありません。

あるとしたら、「開き直り」くらい?

でも、そうしたらお終いなのでね。
そうならないように、今後も業界を見守っていただけたらと思います。


それでは、お時間です。
お目通しありがとうございました。

【 回胴小噺 】 メニューへ





【換金可能】 目指せ一攫千金! オンラインスロットで電子マネーゲット!

一撃5,000枚も可能!オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」
特許取得により「換金」が可能となっている、オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」。

現在新台リリースイベントで大盛況! 前作に比べてボーナス確率はなんと【250%超】!
オール役からのボーナス解除や高確モードからの連チャンは圧倒的破壊力で一気に大爆発の可能性アリ!
1000円分の無料ポイントでまずはお試しを。




キャッシング比較情報/キャッシングコラム

頼れるキャッシング比較 | キャッシング・ローンを比較
自分に合う最適なキャッシングやローンを探すことができる徹底比較サイト。
銀行系キャッシング、低金利キャッシング、無利息キャッシングなど。




【姉妹サイト】 パチスロとも共通点の多い投資『FX』を徹底解説

≪ FX初心者向けFX講座 ≫
当サイトの姉妹サイトで、運営7年目を迎える老舗のFX初心者向け入門サイト。
特に人気のコンテンツを以下にご紹介。


■知識ゼロだけどFXに興味がある >> FX早分かり一問一答

■初めてFXに挑戦する場合はどのFX口座がいい? >> これからFXを始める人にお勧めなFX口座特集

■FX投資をしたいが忙しくて時間がない >> 投資のプロが作った売買プログラムで無料自動取引




≪最新機種解析/注目機種解析≫

押忍!番長3(番長3)
獣王 王者の覚醒(獣王)
キン肉マン〜夢の超人タッグトーナメント編〜
鬼浜爆走愚連隊 愛情恋歌編(鬼浜)
エウレカセブンAO
アナザーゴッドポセイドン
攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG
バジリスクV
クランキーセレブレーション
北斗修羅
まどか☆マギカ2(まどマギ2)
クレアの秘宝伝2
コードギアス2
北斗強敵
偽物語
バジリスク絆
ゴッドイーター
ミリオンゴッド凱旋
沖ドキ
ガールズ&パンツァー(ガルパン)



ページ最上部へ戻る

「パチスロ立ち回り講座」トップへ戻る