正統派パチスロ攻略サイト - パチスロ立ち回り講座 | HOME | はじめに | サイトマップ | お問い合わせ |


回胴小噺



警察庁の指摘事項を受けて、さてメーカー各社腕のまくりどころ! [2015/9/28(月)]

毎度、お引き合いのほどありがとうございます。
春川亭三七でございます。

この度、めでたく花火あにさんが復活いたしました。
なんでも、先日行なわれた全ライター集合の飲み会で刺激を受けられたそうで。

彼のお住まいの都合上、そうそう会える人でもないのでね。
こうして、文章を通じて元気な声を聞けるのは、一読者としてうれしい限りでございます。

ですが!

ただただ喜んでいるだけなら、それは読者様と変わりございません。
せっかく、こうしてサイトのやりたいこと、業界の為に外から出来ることにご一緒させていただける立場にいるわけです。

そのために、このサイトの「営業・広報」をやらせていただく運びと相成りました。

そういった活動を通して、サイトのコンテンツをより充実させていったり、「連打!」の開催頻度をあげたり、「連打!」そのものの認知度をあげたりと、上げ得るモチベーションは限りなくございますので、この度の「隔週連載」は「発展的隔週連載」でございます。

「隔週連載」になった以上、これまで以上に情報の確度が求められるので、そういう意味ではプレッシャーに他なりませんが、皆様にご満足いただけるような記事を心がけてまいりますので、今後ともご贔屓いただけますようよろしくお願いいたします。


さて、もう一点。
変更点がございます。

この度、コメント欄をなくしていただきました。

別にふてくされているわけじゃございませんよ。
その点、誤解なくお願いいたします。

正直、連載をいただいた当初から、

「大丈夫ですか!? 三七さんの性格的に、どう考えてもいちいち飲み込んじゃうタイプですけど大丈夫ですか!? ・・・・・・本当に大丈夫ですか!?」

って、管理人さんからも心配されてましたから・・・。

ええ。
限界がきました。

もちろん、辛辣なコメントのすべてが嫌だったわけではございません。
「あー、そんな風に思われているんだな」とか、「あっと。これは配慮が足りなかったかな?」とか、記事を書く上でお勉強になることはままありました。

ありがたいコメントも沢山頂戴いたしましたし、「記事のおかげで業界に興味が湧きました」なんて言われた時には、そのコメントだけで白飯三膳はいけます。
いや、いきました!

しかし、「ご指摘」や「ご意見」ではなく、ただただ「意地悪」なコメントは、かなりダメージが残りましてね・・・。
三七のお腹には、消化不良の意地悪が便秘よろしくたまってしまったようでございます。

しばらくは、お腹の中の悪玉菌を処理するお時間をいただくこととなりました。

また読者様のご意見を、「エンドユーザー様」としてのご意見を拝聴できる機会がございましたら、しれっとコメントいただくこともあるかもしれません。
その時はまた、皆様のお声を聞かせていただけたらと思います。


さて、それでは、本題の方に参りましょう。

 


【近々に登場する機種/今後主流になる機種】
「北斗の拳〜強敵〜」にて、一通りの「新基準機」の大波が落ち着いたと思われます昨今。

いやいや、そんな・・・。
甘いもんじゃございません。

2015年11月、ホールは新台のラッシュに包まれた!

北斗っぽく言わせていただくと、ホントもうこんな未来予想図が簡単に目に浮かびます。

なーんで、そんなことになるかというと、「申請持ち込み期限」や「新台設置期限」があるからなんですね。
今に至る過程を簡単に分類させていただきます。


******************************


AT/ART−@旧基準機(型式試験方法変更前)
9月15日までに型式試験を終えたもの。(新規申請はなし)


******************************


AT/ART−Aサブ制御基板管理(型式試験方法変更後)
今年の11月末までに設置完了しなくてはいけないもの。(申請適合済品はあるものの新規申請はなし)


******************************


AT/ART−Bメイン基板管理(通常時出玉率≧100%)
型式試験持ち込み期限が今年の11月末までで、かつ新台の設置期限が来年の7月まで。(現在、市場で「新基準機」と言われているもの)
通常時出玉率≧100については後述。


******************************


AT/ART−Cメイン基板管理(通常時出玉率<100%)
11月までのソフトランディング期を経て、メーカー各社が型式試験の「スタンダード」にする目標としている種類。
申請通過状況については後述。


******************************


この4種類に「ノーマルタイプ」が加わり、「AT/ART−C」と「ノーマルタイプ」が今年の11月以降のトレンドになります。
スタンダードは、AT/ART−Bでしょう。

検定切れまで設置できるという事は、3年は仕事できるという事です。
そこまでの「長命」な台がどれだけ出てくるかが要注目ですね。

AT/ART−@と−Aについては、もはや開発するメリットはありません。
というか、どこもしてないでしょう。

なので、今後検定切れとともに徐々に市場から消えていきます。

ただし、メーカーがもし旧基準での試験方法時に申請通過したものを持っていたとしたら、それは11月までに設置を終えなくてはならない。
つまりは、「売れるものは売っておけ」となっている状況です。

AT/ART−Bが、今市場を賑わせている新基準機です。

申請期限と設置期限は上述のとおりですが、メイン基板の「通常時出玉率≧100%」ってなんじゃらほい?って話ですよね?
要は、「型式試験時に通常時の小役を全部取りこぼさずに得られる出玉率」という事です。

細かく説明するとキリがないのですが、簡単に言いますと・・・

ゲームスタートした時からずっと、「ゴッドイーター」でいうところの「感応現象」が続いていて、かつレア役も一切取りこぼさない状況で、出玉率(ホールでいうところの機械割)が100%以上出ている状態。
と思っていただければ結構です。

なので、いわゆる通常時という状態において、出玉率がどうしたって100%超えてしまうわけですよ。
ベルから何から全部とれるのですから。
一般的に言われるペナルティなんて完全無視です。

で、そうなると・・・。

いわゆる「AT中」というものも、「通常時」と変わらないわけです。
その出玉性能を、警察庁としては危惧したわけですね。
「射幸心煽りすぎ」と。

これに対して、時の技術部長、現日電協会長の佐野氏が、

「メイン管理で通常時出玉率100%未満に抑える!」

と、宣言した結果の「5.5号機」時代というわけですね。

で、いきなりまるっと切り替えるとなると開発中のものが一切合切頓挫してしまうことになるので、こういう規制に向けた「お茶濁し」期間が生まれたわけです。

その期間中に開発→申請→適合となった結果・・・

11月に向けて、25機種プラスアルファの機種が販売されるということになりましたとさ。


「AT/ART−Bは来年7月まで販売できるなら、販売時期ずらせばいいじゃん!?」

って思われることでしょう。
わたしもそう思います。

ただ実際問題、「通常時出玉率<100%」というのは、簡単ではないみたいなのです。
某メーカーがすでに申請不適合をもらったみたいですから。

もともと、「いきなりサブ管理からメイン管理にしたら2年かかる」なんて言われていたことですから、一気にシフトチェンジするのはやっぱり容易ではないという事でしょう。


ただ、まぁ、警察庁の見解としては現在のメーカーの姿勢は「評価されている」ようです。

とにもかくにも「射幸性の抑制」を目標とする方針に対しての答えが現行基準機であり、今後、メーカー各社の目標はそこからさらに出玉のスピード感を下げたものを作っていくわけです。
それが市場でどういう評価をされるかはさておき。

現行の機種においては、頻度はどうあれ「2万枚」出る可能性のあるものが市場にあるわけですから、その機種と比較した時に「5.5号機」がどういう評価を受けるか?
そのための「通常時出玉率≧100%」だと思っていただければと思います。

 


【「通常時出玉率<100%」に向けた指導】
評価されているとはいえ、満足はしていないわけですから、現行機においても「指導」は出てくるわけですよ、警察庁の方から。

ざっと書くとこんな感じ。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

‐天井到達時の期待枚数が多すぎるのでは?

‐ART中の押し順ミスからの復帰困難な仕様はユーザーに損があるので対策を。

‐設定変更後の状態においてリプレイ高確率になる仕様は、ホールにモーニング的な利用を促しているのでは?

‐小役との同時当選時のボーナス図柄の引き込みが、押し順によって違ってくるのはなぜ?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


といったところです。

正直、この指導を初めて見たとき、生意気ながらこんな風に思ってしまいました。
「保通協も警察庁も、だいぶ業界のこと調べているのだなぁ」と。

これまでも、仕様というものに対しての指導は数多く受けてきたのは事実です。
しかし、時として「?」な指導も多く、開発レベルの人間ですら「なぜ、こんな指導を・・・?」っていうものもありました。

ところが、今回は出玉性能に対してかなり具体的になってきています。
「天井到達時の期待枚数」なんて、ちょっとした攻略誌でもなきゃ出てこないのではないでしょうか?

わざわざ明言してくるあたり、警察庁の今回の指導に本気さがうかがえます。


現行のメイン管理にてこういった指導が出てくるという事は、今後も「パチスロの出玉推移のマイルド化」は続くでしょう。

その結果として、メーカーはどうしましょう?
今のままでいいのでしょうか?

そんなわきゃございませんね。

 


【活路を見出すべきは・・・】
パチスロの醍醐味はどこに集約されるのか?

出玉の大量獲得?
いや、これはもうお上が認めてくれない。

となると、求められるのは「長く遊んでも飽きさせない法則の多様性」だったり、「ふとした時に感じる違和感」だったり、そういった遊技者の「射幸」ではなく「興味」をそそる仕様が求められるのでしょう。

結局のところ、いつ光るのかわからない「ハイビスカス」や「GoGoランプ」に思いを馳せたり、しれっと降臨する「リーチ目」だったり、液晶機であれば出目と演出の違和感だったり。
そういう「おっ?」って思わせることのできる仕様しかやりようもないのでしょう。

となれば、やはり基本的にはノーマルタイプにて、ボーナスに至るまでの過程に多様性を持たせること。
ここが今後メーカーに求められていることだろうと思います。

実際問題、例えば「HANABI」であれば、ほぼ今回の指導をクリアできています。

私事ではありますが、「昼休みHANABIで1本限定勝負!」なんてやってみたりしていて、この「昼休み」だけでみれば、現状プラスを維持している奇跡。
ほかは筆舌に堪えませんが・・・。

投資上限を決めて遊びのルールを設ければ、遊技性は保たれます。


メーカーも多種多様な仕様を今後も考えてくることでしょう。
我々エンドユーザーも、遊び方のルールを持って「ぱちんこ・パチスロ」を楽しめたらいいんじゃないでしょうか?

エンドユーザーが楽しむために作るルールには法的拘束力はございません。
遊び方は、その人の付き合い方ひとつで変わるものだと思います。

パチスロは打つだけが遊びだなんて、もったいないとも思います。
皆で勝った話を共有したり、負けたあいつを慰めたり、新台の解析についてあーでもないこーでもないって話をしたり、そんな話が酒のつまみになったり・・・。

そういう、「きっかけ」になれば、ぱちんこ・パチスロってもう少し評価されていいと思うのですよね。

そしてそういう場を、このサイトや「連打!」を通して提供できるようこれからも頑張ってまいります!

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


といったところでお時間です。
お目通しありがとうございました。



【 回胴小噺 】 メニューへ





【換金可能】 目指せ一攫千金! オンラインスロットで電子マネーゲット!

一撃5,000枚も可能!オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」
特許取得により「換金」が可能となっている、オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」。

現在新台リリースイベントで大盛況! 前作に比べてボーナス確率はなんと【250%超】!
オール役からのボーナス解除や高確モードからの連チャンは圧倒的破壊力で一気に大爆発の可能性アリ!
1000円分の無料ポイントでまずはお試しを。




キャッシング比較情報/キャッシングコラム

頼れるキャッシング比較 | キャッシング・ローンを比較
自分に合う最適なキャッシングやローンを探すことができる徹底比較サイト。
銀行系キャッシング、低金利キャッシング、無利息キャッシングなど。




【姉妹サイト】 パチスロとも共通点の多い投資『FX』を徹底解説

≪ FX初心者向けFX講座 ≫
当サイトの姉妹サイトで、運営7年目を迎える老舗のFX初心者向け入門サイト。
特に人気のコンテンツを以下にご紹介。


■知識ゼロだけどFXに興味がある >> FX早分かり一問一答

■初めてFXに挑戦する場合はどのFX口座がいい? >> これからFXを始める人にお勧めなFX口座特集

■FX投資をしたいが忙しくて時間がない >> 投資のプロが作った売買プログラムで無料自動取引




≪最新機種/注目機種≫

エウレカセブンAO
弱虫ペダル
モンスターハンター狂竜戦線(モンハン狂竜)
麻雀格闘倶楽部2
パチスロ犬夜叉
涼宮ハルヒの憂鬱
バジリスクV
ウィッチマスター
クランキーセレブレーション
北斗修羅
まどか☆マギカ2(まどマギ2)
天下布武3
BLOOD+ 二人の女王
クレアの秘宝伝2
デビルメイクライ クロス
バーサス
コードギアス2
北斗強敵
偽物語
バジリスク絆
ゴッドイーター
ミリオンゴッド凱旋
沖ドキ
ガールズ&パンツァー(ガルパン)



ページ最上部へ戻る

「パチスロ立ち回り講座」トップへ戻る