正統派パチスロ攻略サイト - パチスロ立ち回り講座 | HOME | はじめに | サイトマップ | お問い合わせ |


回胴小噺



好調ユニバが急ブレーキ!? サミーは反撃の狼煙となるか? [2015/9/7(月)]

24回目の登場です。
春川亭三七でございます。

もうね・・・。
わたくし、顔真っ赤っか・・・。

というのもですね。
前回の記事のコメントにて、

>なんでお前のコラムを「拝読」せなあかんねん?

というコメントを拝受いたしましてですね・・・。

「はて? そんなに変なこと言っているかな・・・? あっ! まさか!!」

と思い、調べ直してみたところ、「拝読」って基本的に「読み手」→「書き手」への尊敬語でしてね・・・。
本当に、コメントくださった方の仰る通り、わたくしが「拝読」って書くことによって「読みやがれ!」感が出てしまうと。

それをまぁ、5カ月以上も垂れ流してきたのかと思うと・・・。
もう、顔真っ赤っかなわけですよ。
何か締めの言葉を用意したいなぁと、なんとなく浮かんだ言葉をそのまま使ってしまいまして・・・。

いやぁ、お恥ずかしい・・・。
文章書かせていただいているのに、日本語の間違いを垂れ流してきたのだなぁと。

今日からは訂正して締めますよ、ということで、今週のテーマです。

 


【ユニバーサル1強体制に陰り!?】
これまで順調に見えてきたユニバーサル。
事実、まさに「1強体制」と言ってもいいくらいに、販売台数・ホール占有率を伸ばしてきていた。

特に評価されるべきは「市場評価」の高さ。

初動から評価の高かった「ハーデス」がいまだ好評稼働中で、それに及ばずとも一応の及第点は得たと言ってもいい「凱旋」。
初動では評価のいまいちだった「バジリスク絆」や「まどかマギカ」、「沖ドキ!」といった機種も、今では稼働好調で、「A-プロジェクト」と称して販売された「HANABI」などは9月以降にも再販の予定がたてられている模様だ。

他のメーカーがだらしないと言ってしまえばそれまでかもしれないが、それでも「長期稼働台」が多いというのは、それだけホール側からの信頼も得られるということに他ならない。
そうなれば、新機種への吟味も甘くなるし、「ユニバの機種ならとりあえず案パイだろう」となるのも納得といったところ。


しかし、一つの評判や申請の状況で、一気にメーカーのヒエラルキーが変わるのがこの業界の面白いところ。


「シャドウハーツU」「サンダーVリボルト」の初動の評判がすこぶる悪い・・・。

シャドウハーツについては、「ユニバカ2015」にてわざわざアミューズメント仕様にてお披露目までしたのに、この有様である。
製造側が、部材の在庫に対して頭を抱えている姿が目に浮かぶ…。

サンダーVリボルトについては、「HANABI」で「リーチ目機」的な楽しみ方のとっかかりを得た直後に出した割には、マニアックが過ぎたのかもしれない。
若干、HANABIよりは玄人向きな機種になりすぎてしまったきらいは否めない。

しかし個人的には、それでも「まだ」許される。
ここのところのユニバーサルは、「初動」の評判が悪くとも、知れば知るほど、打てば打つほど面白くなる機種を作ってきたから。
「打ち込んでいれば、面白くなるのかも?」と思わせている時点で、ホールにもユーザーにもありがたがられていい(現時点では)唯一のメーカーと言っていい。

過去もひっくるめての評判で、「シャドウハーツ」と「サンダーVリボルト」がつまずきにならないことを祈るばかりである。


「1強体制に陰り?」と言うには、もちろん他に理由もある。

ここのところ、申請不適合が続いているようなのだ。

10月以降も、再販以外のところで「ホールをユニバ一色にする気だろうか?」というくらいの勢いで計画されてきていたものが、軒並み白紙に戻されている。

現在、不適合だった機種の作り直しで、開発の人間は徹夜続きで大変だという声まで聞こえてきている。
心配である。
寝てほしい・・・。
寝不足の変なテンションで作ったら、中途半端な台が作られるのではないかと心配でこちらが夜も眠れない。

冗談はさておき。

以降は推測になるが、もしかしたらユニバーサルが「日電協」を脱退したことがここにきて影響しているのかもしれない。

各子会社は、いまだ「日工組」にも「日電協」にも加盟したままではあるが、「結局のところユニバーサルでしょ?」というのはもはや業界の常識。

基本的に、警察や保通協の指導としては「非組合が生まれる環境自体が業界として問題があるのだろう」というスタンス。

しかし、日電協にいようがいまいが、保通協申請を通さなければいけないのが、この業界。
そして、出る杭は簡単に目立つので、打たれるのも簡単なのである。
まさか、そんな陰湿な意地悪を保通協がしているなんて思いたくはないが、非組の結果の不適合連発の可能性すら否定は出来ない。

だからと言って、ユニバーサルがまた日電協に戻るとも思えないが、初動の評判が悪いこと以上に新機種が出せないのは問題だろう。

基本的に、機械の申請が通らないことは「企業」として追い風にはならない。
しかし「ホール目線」で見てみると、悪いことではないかもしれない。

現時点で、11月に販売を予定されている機種が16機種とあまりにも多すぎるのだ。

そしてこれは、日程を後ろに倒すわけにもいかない。
完全なる「旧内規台」だから、11月までに設置完了が義務なのだ。

とはいえ、当然ホールとて購入台数には限界がある。
売れる機種売れない機種が顕著に出るだろう。

各メーカーの機種が入り乱れるこの時期にわざわざぶつけてこないとなると、ユニバーサルとしては高みの見物が可能になる。
そうなれば、市場が落ち着いたときに販売が出来るという強みが生まれる。
申請に適合すれば、の話ではあるが。

申請不適合が続いた結果、11月の過剰戦線に突っ込まなくていいというのは追い風と言えるかもしれないが、今後現状のように申請不適合が続くようだと・・・。
新内規向けに、しばらくおとなしいユニバーサルになってしまうかもしれない。

 


【サミーは9月以降で反撃へ】
おそらく、今回の「北斗の拳〜強敵〜」にてよっぽどの事でもない限り、サミーは「2015年度」のパチスロ販売台数トップを取るだろう。
市場規模でいくと、どう考えても1機種で「10万台」売れる時代ではなくなってしまったから。

そんな中、北斗強敵は現時点で8万台弱。
市場で評価されれば、計画通り8万台は売り切れる格好ではないだろうか。

「北斗は裏切らない」というか、「裏切られたら目も当てられない」のがサミーとしての偽らざる本音。
今年はにっちもさっちもいってないサミーは、ここで何とかしないと、企業としてもどうにもならない。

現時点では「微風」かもしれないが、「北斗の拳」以外のところも現状は悪くはない。
前回記事にて書いた「タイヨーエレック」製番の申請適合も含めて、サミーとしての申請が軒並み通り始めている。
ようやく、トップメーカーらしい勢いが出始めた感すらある。


サミーにとっては「北斗」以降がどういう評価をされるかが勝負の分かれ目だろう。

ぱちんこでは新枠の開発にも乗り出しているという噂もあるし、新枠となると期待されるのは・・・。

ヤツである。
状況が似ている。

4号機時代に「やばいんじゃない?」と言われていた時に出た「4号機・北斗」が大ヒットし、その相乗効果で出たぱちんこ北斗まで売れた状況に。

スロ好きがオカルトめいたジンクスに頼るのもおかしな話ではあるが、先ほども書いた通り、「1機種」でどうにかなるのが、業界である。

過去には「ニューギン」だって「サンセイR&D」だって、「終わった」と言われていたのである。
それが、今やぱちんこにおいては「ニューギン様」「サンセイ様」なのだ。

サミー復興の狼煙は、着々と上がってきている。

 


【ユニバじゃない?サミーじゃない?中堅メーカーの強み】
ここのところ、業界でよく聞くのが、「KPE」と「オーイズミ」。

「何でですか?」と聞いてみると、「なるほど。納得」と膝を打った。

両社とも、特に「遊技機事業」が会社においての一番ではない、という事。

KPEの親会社は、言わずもがなの「コナミ」だし、「オーイズミ」は「関連事業」が横ばいに好調。
となると、娯楽産業において2足も3足もわらじがあるのは、現況においてはプラスになるだろうということなのだ。

「非採算」にならない程度に続けていくというスタンスは、もしかしたら縮小傾向にある遊技機事業においてはバランスが一番いいのかもしれない。

現時点でホールの数は11,000を切っている状態。
その中で、「1機種1万台売れれば御の字。年間で3機種も出せたら、超ラッキー。」みたいな感覚は、今後のトレンドになっていくのかもしれない。

 


【残るは規制の網】
最後は結局のところ、警察がどこまで業界の襟を正してくるかが問題だろう。

今回、初めてと言っていいくらいに「ぱちんこ・パチスロ」両方を規制してきた。
これまでやってきた業界の政策にご立腹というか、方向性が違うと怒りをあらわにしたわけだ。

現時点でも「ぱちんこの釘問題」に「パチスロの出玉規制」と、規制の網の目の縮小は終わっていない。
となると、どこまでの「自主規制」でストップをかけて、どのタイミングで業界に「アメ」をくれるのかが、焦点になってくる。

「アメをほしがる時点でナンセンスだ」と言われるかもしれないが、今後も業界的に自主規制は続いていく。

運用面で言えば、東京のホールでも「等価交換原則禁止」の方向に向かうなんて噂も出てきた。

それだけが業界を良くするほど甘くもないが、「非等価」でも遊べる機種というのをメーカー側も考えなくてはいけなくなったし、ホール側も10000円使って5000円バックでも満足させられる機種構成を考えなくてはいけなくなった。

なんとなく、業界の向かいたい道は見えてきた気がする。
「ぱちんこ・パチスロの大衆娯楽化」であろう。

若者離れが進む業界市場でどう評価されるか?
それが、業界復興のカギになってくれればいいと切に願う。


といったところでお時間です。
お目通しありがとうございました。



【 回胴小噺 】 メニューへ





【換金可能】 目指せ一攫千金! オンラインスロットで電子マネーゲット!

一撃5,000枚も可能!オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」
特許取得により「換金」が可能となっている、オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」。

現在新台リリースイベントで大盛況! 前作に比べてボーナス確率はなんと【250%超】!
オール役からのボーナス解除や高確モードからの連チャンは圧倒的破壊力で一気に大爆発の可能性アリ!
1000円分の無料ポイントでまずはお試しを。




キャッシング比較情報/キャッシングコラム

頼れるキャッシング比較 | キャッシング・ローンを比較
自分に合う最適なキャッシングやローンを探すことができる徹底比較サイト。
銀行系キャッシング、低金利キャッシング、無利息キャッシングなど。




【姉妹サイト】 パチスロとも共通点の多い投資『FX』を徹底解説

≪ FX初心者向けFX講座 ≫
当サイトの姉妹サイトで、運営7年目を迎える老舗のFX初心者向け入門サイト。
特に人気のコンテンツを以下にご紹介。


■知識ゼロだけどFXに興味がある >> FX早分かり一問一答

■初めてFXに挑戦する場合はどのFX口座がいい? >> これからFXを始める人にお勧めなFX口座特集

■FX投資をしたいが忙しくて時間がない >> 投資のプロが作った売買プログラムで無料自動取引




≪最新機種/注目機種≫

エウレカセブンAO
弱虫ペダル
モンスターハンター狂竜戦線(モンハン狂竜)
麻雀格闘倶楽部2
パチスロ犬夜叉
涼宮ハルヒの憂鬱
バジリスクV
ウィッチマスター
クランキーセレブレーション
北斗修羅
まどか☆マギカ2(まどマギ2)
天下布武3
BLOOD+ 二人の女王
クレアの秘宝伝2
デビルメイクライ クロス
バーサス
コードギアス2
北斗強敵
偽物語
バジリスク絆
ゴッドイーター
ミリオンゴッド凱旋
沖ドキ
ガールズ&パンツァー(ガルパン)



ページ最上部へ戻る

「パチスロ立ち回り講座」トップへ戻る