正統派パチスロ攻略サイト - パチスロ立ち回り講座 | HOME | はじめに | サイトマップ | お問い合わせ |


回胴小噺



5.5号機時代、いよいよ到来 [2015/6/29(月)]

いっぱいのお運びで・・・。
厚く御礼申し上げます。
春川亭三七でございます。

「いっぱいのお運びでというほど、お前のところにゃ来てねぇわ!このすっとこどっこい!」ってツッコミが旦那様(=管理人)から響きわたるのではないかとビクビクしながら冒頭発言してみました。
6/24の枠上を覗いてみたところ、意外と11周年に対して温度差があったので。

なんだかあたくし、顔真っ赤っか。
ひとりで「わ〜い!11周年」ってなっていたのが恥ずかしい・・・。
べっ別に祝う気なんかなかったんだからね!(←テレ隠し)

というわけで、あまり気負わず今後も業界ネタを展開していけたらと思っております。

 


さて、それでは本日のテーマですが、ようやく諸々の承認が下りたので、本格的に各社動き出すことでしょう。

そう、いよいよ5.5号機時代の到来です。

以前の記事にていくつか展開させていただきましたように、パチスロの試験方法を変えるという激震から9か月。
ようやく各メーカー方向性が決まり、日電協にて本格的に自主規制案が固まった模様です。

細かい説明は専門的になるので省きますが、これにて「現行AT機」は完全に開発不可能になりました。
絶対に保通協試験を通らないので。

自主規制が固まったことでどうなるのでしょうか?
その辺を未来予想図的に紐解いてみたいと思います。

 


【現行機の販売可能時期】
自主規制案の中には、現行機の開発〜申請持ち込み可能時期も明記していて、その内容によれば、開発〜申請持ち込み可能時期を11月までとしていて、販売可能時期を6月までとしています。

正直、「こういうこと言っているから怒られるのではないの?」と思いました。

だって、現行ATの射幸性に怒って規制が入ったわけですからね。
それを来年まで販売させてくださいだなんて虫がいいのではないだろうか?

と思っていたら、なんとビックリ!
これを警察庁が了承。
しかも、6月にはサミット開催が絡みそうな都合から、7月末と延期してくれました。

結局、サミット開催時期はメーカーも販売を自粛しますし、ホールも入れ替えを自粛するのですが、それでも販売時期「短縮」ではなく、「延期」してくれたのにはビックリしました。
あんなに「貴様ら!けしからん!ぷんすか!」って言っていたのに…。

噂の域を出ない話だったので記事にしませんでしたが、「9.16規制」を公示後、保安課課長がお偉方から呼び出しを受けて、相当お説教を賜ったのだそうです。(あくまで噂ですよ)
なぜなら、上場しているぱちんこ・パチスロメーカーの株価が一気に下落したから。(これは事実)

現在の安倍政権下において、経済回復指標としている株価が遊技機産業に足を引っ張られて下がるなんてのはもってのほか。
「君たちはいったい何がしたいのだ!」と雷を落とされたそうです。(しつこいですが噂ですよ)

その辺の噂話が真実だったのではないかと思わせるくらいの懐柔ぶりです。

だって、そもそもの話が、

「9.16以降は押し順無視するからな!その上で下限率も見るからな!ホントだぞ!」

って言っていたのに、蓋を開けてみたら・・・

「うん・・・。まぁ、下限55%切らなければサブ管理でもいいよ」

になり、

「え?たいへんなの?じゃあ、11月まではサブ管理でいいよ」

ですからね。
情緒不安定なDV夫みたいな変貌ぶりですよ。

まぁ、メーカー側も「暴力さえなければいい人なの・・・」に甘えている感は否めませんが・・・。

なので、しばらくは現状とさして変わらない機種が出てくることでしょう。


ちなみに、この販売可能機種は「麻雀物語3」以降の機種も含まれます。
新基準と謳(うた)われてはいますが、麻雀物語3以降の機種はいわば、「うん・・・。まぁ、下限55%切らなければサブ管理でいいよ」期の機種ですので、自主規制に抵触してしまいます。

5号機初頭のエヴァのように、もしかしたら麻雀3も見直されるかもしれませんが、それでも販売時期は来年6月までです。
今回の自主規制案をもって、エポックになりうる可能性を遮断されてしまった格好です。
市場でじわじわ人気を得てきた機種ですので、ギリギリまで大事に扱われてほしいものです。


噂話は噂話と置いておいたとしても、紆余曲折あって警察庁の了承を得たわけですが、これまでの自主規制のようにフワッとしていたら大目玉を食らうことになるとは思います。

それを紐解くカギが、先日の6月23日に警察庁保安課から発出された通知文書にあります。

 


【ぱちんこ釘問題から見るパチスロへの影響】
ぱちんこの釘問題に関しては、「不正改造」の観点から何度も指導を受けてきました。

「ぱちんこの機能試験抜き打ち検査」の経過報告の結果、「ホールの状況に改善がみられない」と発表を受けたこともあり、改めて保安課課長から指摘事項を発出されました。

それを要約すると、「釘をいじったことにより、偶然性を高めすぎたり、射幸性を高めたりすると行政処分の対象とする」と。
ここまでは、これまでの指導と一緒。

これ以降が、保安課の本気度がうかがえます。

その内容は・・・

「もし、その機種がメーカー主導で行われた場合、メーカーに対しても重い処分を下す」

という事でした。

このメーカー主導というのは「説明責任」も含まれます。
例えば、「ベース○○回転数保つためには○○ミリ釘を開ける」というような説明があった場合、それはメーカーにも責任を負わせるということです。

これまで、不正改造はあくまでホールが「主犯」とされてきたわけです。
売った側ではなく、扱う側に問題があると。

しかし今回の発出で、不正改造に至る過程まできちんと調査すると明確に意思表示してきました。
ここまではっきり対応するのは初めてのことではないでしょうか?

出玉の波を作ることに関して、メーカーは幾度となく指導を受けてきました。
ぱちんこもパチスロも。
出すぎてもダメ、出なさ過ぎてもダメと。

しかし、扱われ方についての指導は、ホールに対してのみがほとんどでした。

それが、今後は喧嘩両成敗。
どっちも処分すると明確に提示したわけです。


これまでも何度も言ってきましたが、正直、業界が一枚岩になったことはないわけです。

メーカーはメーカーの組合。
ホールはホールの組合。

共存しましょうというよりは、悪い言い方をすれば、どっちかが生き残れればいいじゃん、というような他力本願な意識しかないわけです。
本当は持ちつ持たれつであるべきなのに。
メーカーはホールがなければ売れないし、ホールもメーカーがなければ営業できないわけですから。

しかし、喧嘩両成敗という意思表示を行政からされた以上、ホールもメーカーも業界としてどうしなければいけないか真剣に考えないといけないきっかけを与えられたわけです。


前置きが長くなりましたが、これがどうパチスロに影響するか?

上述のように、開発した・販売した側の責任を問われるわけです。

という事は、もし今後、申請試験の裏をかくやり方で保通協試験を通過したとしたら・・・。
もし、それが市場で想定しうる出玉推移以上の動きをしたら・・・。

それがそのままメーカーの責任として問われる可能性があるわけです。

なぜなら、これまでの不正の原因は、ほぼサブ基板に対する不正だったわけです。
そのサブ基板には、今後出玉の影響を受ける機能を持たせることができないわけですから、そこに不正をされても極端な話、痛くもかゆくもないわけです。

なので、今後なにか「いかがわしい」出玉推移をみせたとしたら、それはメイン基板になにかをされていると判断できるのですね。

メイン基板に関しては、設置されてから何かをされるほどゆるい防御態勢ではないですから、もし何かがあったとしたら、それはもう「意図的」であると判断されてしまいます。
ぱちんこの釘をいじるのと一緒です。

パチスロになにがしかの不正=メイン基板になにかをしたと判断するぞと明確にしたわけです、自主規制ではなく警察が。

ぱちんこの釘問題を通して、そこまで認識しているメーカー関係者がどれだけいるかが、今後の回胴業界のカギを握っていると言っても正直過言ではないと思っています。

 


【先陣を切るのはどこから?】
これまでの保通協試験はむしろ、「チキンレース」的な印象が強かったわけです。

「ここまでやってみていいですか?」
「ほぉ〜。ここまではいいのですね?」
「では、これはどうだ!」
「あ〜・・・。これはダメでしたか・・・」

みたいな。

もう、それが許されないわけですよ。
通らないという事は、まんまメイン基板がダメ!ということですから。

という事は、どこかが5.5号機としての「モデル機種」を作る必要があるわけです。

では、どこに期待すべきでしょうか?
ひとつずつ可能性を探ってみたいと思います。


まずは現状「独り勝ち」と評判の高い「ユニバーサル」。

ここにそういうのを期待するのは野暮です、いい意味で。
ユニバーサルに鎖をつけても言う事を聞くわけがないのです。

そもそも、5号機になってからも「もはや設定は2段階である」と勝手なこと言ったくせにしれっとやめたようなメーカーですからね。

ここはほうっておいて、いろいろやってくれるのを楽しみにしていたらいいのです。
開発力は他の追随を許さないのですから。
異端児で天才なわけです。

好きに作ってもらって、良いところだけ真似したらいいわけですよ、特許を侵害しないレベルで。
それでいいと思います。


では、新日電協理事長の佐野氏要する「山佐」はどうか?

ここは余計なことはしません。
なので、一番安泰ではあるでしょう。
しばらく、冒険スペックは出してこないと思います。

前回記事で書きましたが、それは結局日電協の新人事に現れています。

なので、市場評価ではなくスタンダードな機種に依存するような気がします。

よって、ここも可能性としては伸びしろは少ないかなと思います。


各メーカー紐解いてもキリがないので、個人的に期待しているメーカーを出しておきます。
「大都技研」と「サミー」です。

「大都」は開発力よりも企画力がすごい。
「SHAKE II」だって、5号機ノーマルタイプとしてはエヴァ以上の可能性を感じさせました。

しかし、販売できたのは5号機の波が穏やかになってからです。
開発力が企画力に追い付いていない印象なのです。

もし開発力が高ければ、もっと早い段階で「SHAKE II」から「忍魂」まで間髪入れられたはず。
そうすれば、とっくにユニバーサル、サミーと並ぶ大型メーカーになっていたと思います。

それだけ、企画力と、その企画の爆発力が高いです。


そして、「サミー」。

日電協のトップではなくなったことで、足枷が外れたと解釈できれば、物量で圧倒できる可能性があります。

これは「ユニバ」にも共通することですが、会社の業績が悪くても、ユニバもサミーも「開発陣」を削減することはしません。
自分から離れる人はたくさん見てきましたが・・・。

そういう意味で、「人海戦術」で開発の質ではなく量で、サミーが市場を圧倒する可能性はあると思っています。
量が多ければそれだけ受け入れられる「可能性」を得るわけですから。
一気に攻勢反転すると思っています。

5号機初頭も結局サミーではなかったですか?
「リンかけ」に「スパイダー」。
そして、5号機エポックの「エウレカ」に「鬼武者」。

会長の里見氏自身も開発側の人間ですから、開発を失わなければそれだけどうにかできる可能性があるという事を、自身の会社で示していると言っても決して大げさではないでしょう。

 


・・・とつらつらと綴ってみましたがいかがでしたでしょうか?

なんだかんだ言ってもジタバタとあがき続ける業界ですよ、ぱちんこ・パチスロ業界って。

確かに、一般の企業に比べれば非常識さのある業界ですし、正直アミューズメント業界としてなくてもいい業界かもしれません。
でも、どうにかしてしまうのは簡単ですが、どうにかした後にその後処理をすることの方がもっと大変なのを、メーカー・ホール・行政もある程度は理解しているわけです。

そんなところだけは一枚岩なのかもしれませんね。

なので、カジノがどうだとかぱちんこ税がどうだとか言われても、現状の「風適法」の中で可能性を見出して生き残りをかけていくのです。


今回の「5.5号機」になるという動きを受けても何も変わらなければ、その時は本当に業界のあり方を追求されかねません。
そうならないことをエンドユーザー側として見守っていき、エンドユーザーの声を届く環境を作っていくべきだと思います。

こういう寄稿が砂粒程度でもその一助になればいいなと思います。

といったところでお時間です。
ご拝読ありがとうございました。


========================
≪前回の記事についてのお詫び≫
記事作成にあたって、情報の誤差はつきものですが、自分の文章の「言葉足らず」「説明足らず」で誤情報になってしまってはその不始末は自分で拭かないとまずいのかなと。

前回、シャドウハーツについての記事展開において、「いまだ検定にも出していない」と書きました。
しかし、それはあくまで「次世代筐体」向けという意味合いをもってのつもりで書きました。
そういう意味では検定にも出していないと。

なので、今後あの筐体をもってシャドウハーツが出てくることはしばらくありえないだろうと。

しかし、実際問題は「検定通過情報でてるじゃん?」というコメントが入りました。

確かに申請通過の情報も入っておりますが、それは「新筐体」においてではなく、「現行筐体」においてであり、現状のユニバーサルエンタテインメント様の販売の計画の中にはのってきておりません。

なので、わたし自身の仕入れた情報においては「まだ、販売向け申請ではないだろう」と判断して、「申請にも出ていない」と表記させていただきました。

しかしその結果が業界情報として、正確性を欠くものだったと猛省しております。

今後は提供しうる情報については正確性の判断をつけてしっかり展開するよういたします。

改めまして、不正確な情報において読者様に混乱・ご面倒をおかけしましたことをお詫びいたします。
追記にて修正訂正させていただきます。

大変失礼いたしました。

春川亭 三七
========================



【 回胴小噺 】 メニューへ





【換金可能】 目指せ一攫千金! オンラインスロットで電子マネーゲット!

一撃5,000枚も可能!オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」
特許取得により「換金」が可能となっている、オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」。

現在新台リリースイベントで大盛況! 前作に比べてボーナス確率はなんと【250%超】!
オール役からのボーナス解除や高確モードからの連チャンは圧倒的破壊力で一気に大爆発の可能性アリ!
1000円分の無料ポイントでまずはお試しを。




キャッシング比較情報/キャッシングコラム

頼れるキャッシング比較 | キャッシング・ローンを比較
自分に合う最適なキャッシングやローンを探すことができる徹底比較サイト。
銀行系キャッシング、低金利キャッシング、無利息キャッシングなど。




【姉妹サイト】 パチスロとも共通点の多い投資『FX』を徹底解説

≪ FX初心者向けFX講座 ≫
当サイトの姉妹サイトで、運営7年目を迎える老舗のFX初心者向け入門サイト。
特に人気のコンテンツを以下にご紹介。


■知識ゼロだけどFXに興味がある >> FX早分かり一問一答

■初めてFXに挑戦する場合はどのFX口座がいい? >> これからFXを始める人にお勧めなFX口座特集

■FX投資をしたいが忙しくて時間がない >> 投資のプロが作った売買プログラムで無料自動取引




≪最新機種解析/注目機種解析≫

押忍!番長3(番長3)
獣王 王者の覚醒(獣王)
キン肉マン〜夢の超人タッグトーナメント編〜
鬼浜爆走愚連隊 愛情恋歌編(鬼浜)
エウレカセブンAO
アナザーゴッドポセイドン
攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG
バジリスクV
クランキーセレブレーション
北斗修羅
まどか☆マギカ2(まどマギ2)
クレアの秘宝伝2
コードギアス2
北斗強敵
偽物語
バジリスク絆
ゴッドイーター
ミリオンゴッド凱旋
沖ドキ
ガールズ&パンツァー(ガルパン)



ページ最上部へ戻る

「パチスロ立ち回り講座」トップへ戻る