正統派パチスロ攻略サイト - パチスロ立ち回り講座 | HOME | はじめに | サイトマップ | お問い合わせ |


メーカー開発者の独り言〜今宵もオフレコで〜



≪ スロッターとの親和性も高い『FX投資』の始め方やコツなどをわかりやすく解説! ≫
FX初心者向けFX講座 当サイトの姉妹サイトで、運営8年目を迎える、初心者向けの老舗FXサイト「FX初心者向けFX講座」。

●話題のFX投資、その中身とは?
●どうやって始めるのか?
●勝つためのFX投資での立ち回りとは?
●今人気があるFX口座や、初心者向けの口座ってどこ?

・・・などなど、FXにありがちな疑問をわかりやすく解決!  ⇒ FX初心者向けFX講座

打ち手に不評でも、メーカーが映像の3D化に走る理由 [2018/2/8(木)]

巷では仮想通貨ブームなわけだが、みなさんは手を出しているだろうか?

私はブームに乗り遅れてしまった…
いいなー、もう今更って感じがするもんなぁ…

平成最後の下剋上チャンスを、こうして指をくわえて見ている次第である。
嗚呼、億り人を目指したかった…

会社の人間もかなりの人数が手を出している。
こうなってしまった以上、日々大負けメシウマ話を心待ちにしている次第である。


みなさん、こんにちは。
人の不幸は蜜の味、設定六郎です。

ちなみに、仲のいい同期が、私に仮想通貨での勝ち自慢の写メを日々送ってきてくれている。
この場を借りて言わせてもらおう、報告は負けた時だけにしてくれ。

 


それでは質問に答えていきたい。


>純増増やすより、純増抑えて有利区間長くという緩和にした方が6号機の目的にあってると思うのですが?


5号機から6号機へ移行した最大の原因は、「5号機は万枚とか射幸性をとにかく抑えるようにしたのに2万枚とか出る性能じゃないか、許さん!」みたいなところにある。

そのため、とにかく2万枚みたいなとんでもない出玉を出せなくする方向性に規制は向かっている。

よって、5.9号機では有利区間を設け、さらに6号機の試験では短時間だけでなく400Gや1600Gでも厳しい上限が設けられている。

それに対し、「わかりました。上限は仰せのままに抑えます。その代わり増えるスピードは別にいいじゃないですか?どうせ上限あるんで悪さはできませんよ。」という形で、自主規制を緩和した形になる。

結論としては、出玉の量は上限によりしっかり制限されるので、純増はまぁいいでしょということで自主規制は解除されている。
なので、流れとしてはズレていないだろう。

 


さて、今回はあまり6号機に新しい進展もないので、別の話をしていこう。
今回は映像について話していきたい。


みなさんは、こんな経験はないだろうか?

「自分の好きな版権がスロットになって嬉し………え?3Dになってる〜!?」

と、大層がっかりするという経験である。

実際、今パチンコ関係のスレッドを見ると、パチンコ「バジリスク」が3Dでヤバそうだとか、パチンコ「一騎当千」が3Dになって、今まで2Dだったのに全く求めていないという意見が大量に出ている。

実際、3Dは本当にいいイメージにつながっていない。
まぁ、アニメ系の版権なんかは元が2Dで作られているので、イメージは違ってしまうのだから当然か。
普通に受け入れられているのは北斗くらいだろう。


では、なぜ3Dを使うのだろうか?

たまに「2Dだと金がかかるから3Dにしている」なんて意見を聞いたりもする。

しかし実際のところは、3Dの方が断然金がかかる。
2Dの方が安いのである。

ではなぜ不評を受けながらも3Dで作るのかと言えば、その理由のひとつに、「調整や修正をしやすいから」という理由がある。

2Dは確かに安く済むのだが、あとあと修正を加える場合や、全く違うカットに変えたいとなった場合、どうしても書き直しをしなければならない。
カットインに使うような一枚絵ならまだしも、ムービーになると出来上がるまでにかなりの時間がかかってしまう。
そのため、納期の都合上どうしても修正が効かなくなってしまうことがある。

それに対して3Dで作ってある場合、モデルが作ってあれば動かせるので、ある程度ギリギリまでいじって調整することも可能である。
なので、ギリギリまで調整しやすい柔軟性の高さが3Dの魅力の一つだ。


他にも、ゲーム性に合わせて3Dにした方がいいケースもある。

2Dは、パターン数を作るのには向いていない。

例えば、バトルの演出で味方が3人、敵が3人いて、それぞれ誰かが出てくるとなると3×3=9通りの2Dムービーを作らなければいけなくなる。
この程度のバリエーションならまだ何とかなるが、これが10 VS 10になった日には………10×10で100通りである。
もちろん、そんなに作れるわけはないのである…

要は、メインとなるゲーム性がバリエーションの豊富さで楽しませるようなものであれば、2Dでは数パターンしか作れず、特定のパターンしか出ないつまらないものになってしまうので、3Dを使っていく必要がある。

そうでなければ、しっかり原作のイメージを生かした2Dで作った方がユーザー受けはもちろんいいだろう。

ということで、バジリスクや一騎当千はバトルパターンが非常に豊富で、対戦の組合せで信頼度を楽しむような感じの台に仕上がっているに違いない。
まぁ、バジリスクは争忍の刻をやるなら、そりゃバリエーションは必要になるよなーと納得してしまう。


他にもバジリスクで言えば、「変な3Dを使うならスロットの映像を入れればよいのでは?」というような意見も出ていた。

しかし、考えてみてほしい。
スロでは好評だったミニキャラのバトルも、パチに移植した時にも受け入れられるかといえば、大いに疑問が残る。

そもそもスロットとパチンコの大きな違いは、演出を飛ばせないところにある。
そのため、パチンコはとにかく演出を最後まで注視されるわけだ。

さらに、パチンコは役物も含めて、とにかく演出が派手である。
その中で、あのミニキャラが互いにぶつかりあうバトル演出をパチンコの液晶でそのまま使おうという勇気は…自分だったら持てないかなと感じてしまう。

キャラごとに技の特性を出したり、攻防のやり取りをもっと詳しく表現したりしたくなるだろう。
倒した時のリアクションとかも欲しい。

そういった点からも、バジリスクは一から作らなければならなかったのだろう。


ということで、今回は映像関係の話について触れてみたが、今後は「なんで3D!?」と思う機械が出てきたら、ゲーム性等を確認してみて、「これがやりたいから3Dなわけね!」などと別の角度で想像してみてもらえば、もしかしたら3Dに対する印象も少しはいいものに変わるかもしれない。

………それは無理か。


以上で今週のコラムは終了。
それではまた次回。



@@@@@@@@@@

よろしければ、以下のフォームより、この記事についての感想を選択してご投票ください。(5点満点)

なお投票と同時に、この記事についてのコメントを残すこともできます。
いただいたコメントは、今後のサイト運営の参考にさせていただきます。
※コメントは全ライター非公開

@@@@@@@@@@




【 メーカー開発者の独り言〜今宵もオフレコで〜 】 メニューへ





【換金可能】 目指せ一攫千金! オンラインスロットで電子マネーゲット!

一撃5,000枚も可能!オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」
特許取得により「換金」が可能となっている、オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」。

現在新台リリースイベントで大盛況! 前作に比べてボーナス確率はなんと【250%超】!
オール役からのボーナス解除や高確モードからの連チャンは圧倒的破壊力で一気に大爆発の可能性アリ!
今なら特別キャンペーン中!3000円分の無料ポイント配布中!




キャッシング比較情報/キャッシングコラム

頼れるキャッシング比較 | キャッシング・ローンを比較
自分に合う最適なキャッシングやローンを探すことができる徹底比較サイト。
銀行系キャッシング、低金利キャッシング、無利息キャッシングなど。




【姉妹サイト】 パチスロとも共通点の多い投資『FX』を徹底解説

≪ FX初心者向けFX講座 ≫
当サイトの姉妹サイトで、運営7年目を迎える老舗のFX初心者向け入門サイト。
特に人気のコンテンツを以下にご紹介。


■知識ゼロだけどFXに興味がある >> FX早分かり一問一答

■初めてFXに挑戦する場合はどのFX口座がいい? >> これからFXを始める人にお勧めなFX口座特集

■FX投資をしたいが忙しくて時間がない >> 投資のプロが作った売買プログラムで無料自動取引




【パチスロ・スロット機種解析情報】

≪ 解析セブン ≫
当サイトの機種ページについて、操作性・見やすさを重視するため、「解析セブン」というブログ形式のものにして別出し!
最新の解析情報や、「解析セブン」でしか手に入らない情報など、豊富なコンテンツにてお出迎え!



ページ最上部へ戻る

「パチスロ立ち回り講座」トップへ戻る