正統派パチスロ攻略サイト - パチスロ立ち回り講座 | HOME | はじめに | サイトマップ | お問い合わせ |


6の付く日はお先に失礼します



ビタ押しの行方 [2017/2/17(金)]

彼女はなぜかいつも、僕らの横に座って開店を待っていた。
パチ屋が開店し、僕らが仕事に熱中し出すといつの間にか彼女の姿は消えている。

そして、その日の晩。
僕らがいつものファミレスに集まると、彼女は朝と変わらぬ笑顔でいつの間にか僕の横に座っている。

たいしてパチスロを打つ訳でもない彼女がなぜ僕らと行動を共にするのか?

その答えが「自分」ではない事は分かっていたけれど……

 


<AM 6:00 開店待ちの並びの列で>
私がまだ園長の軍団のお世話になりだして間もない頃。
その日は園長を含め、6人のメンバーで新装初日のA店に並んでいた。

今と比べて、抽選よりも並び順の入店が主流だった時代。
スロッターの朝は、始発と共に始まるのが当たり前であった。

まだ周囲は薄暗い中で、パチ屋の入り口前に座り込む。
持参した雑誌を広げて時間を潰す者もいれば、コンビニで購入したサンドイッチと缶コーヒーで朝食を摂る者もいる。

我々軍団のメンバーも、新台の解析の話やら昨日のテレビの話やらをしながら開店時間を待つのだが、当時新参者の私は他のメンバーの会話にどう加わっていったら良いかわからず、会話の中に入るのを躊躇していた。

「誠くん…… だったよね? 良かったら食べる?」

そんな私に気を遣ってか、彼女はサイコロの箱に入ったキャラメルを取り出し、私の方へと差し出した。
見たところ、25歳前後だろうか。
私やそこに集まる20歳くらいの軍団メンバーよりは少し年上といった印象で、かすかに甘い柑橘系の香りがしたのを覚えている。

「頂きます」

私がキャラメルを受け取り、包み紙を開けるのを見ると、彼女は他のメンバーにもキャラメルを配りながら私に話を振ってくれた。

「誠くんはいつからパチスロ打ってるの?」

「初めて打ったのは……」

パチスロの話題であれば、不思議と緊張せずに話ができた。
そして、そうなると他のメンバーも自然と会話に参加してくれて、気付けば私を中心に会話が始まっていた。
それを、彼女はうんうんと黙って頷きながら聞いていた。

まだ全員の顔と名前も一致しない私にとって、彼女の「優しさ」は非常にありがたかった。

それは、孤立しがちな新人メンバーに対する彼女の「親切心」以外の何物でもないのだが、私が彼女に心惹かれるようになるのにそう長い時間は要しなかった。

 


<雪降るアスファルトの街で>
それからしばらくの時間が過ぎた。

その間、我々の軍団は数人の新メンバーを迎え、彼女はその全てに対して私と同じように接していった。

「自分だけが特別ではない」

それは最初から知っていた事だし、誰にでも分け隔てなく優しいその姿が彼女の魅力でもあった。


そんなある日……

朝起きると、前日の夜から降り出した雪は地面を白く覆っていた。
この日、私達は都内の月一イベントに参戦する予定だったのだが、携帯電話には「今日は行けません」のメールがいくつも届いていた。

家を出れば吐く息は白く、寝ぼけ眼を冷たい北風が襲う。
雪の影響で電車の動かない地域も多く、結局この日集まったのは、園長とマサさん、それに私の3人だけだった。

3人しかいない事を前提に、この日の狙い台が絞られる。

1台は前日設定6で凹みの吉宗の据え置き狙い。
次に前日ストックを大量に貯めこんでいそうなキンパル。
そして、入口目の前の最も目立つ位置にある「大花火」だ。

「俺はキンパル取るわ」

園長がそう言うと、マサさんも続けて言う。

「じゃあ、俺は吉宗行くから誠が大花ね」

どういう訳か、私に大花火がまわってきた。

大花火のポテンシャルを最大限発揮するには、BIGボーナス中のリプレイハズシが必須である。
それが完璧にできさえすれば、設定1でも大花の機械割は100%を越える。

肝心のリプレイハズシの方法だが、大花火のリプレイハズシには2種類の方法があった。

一つは、左リールにバーをビタ押しする方法。
この方法であれば、ビタ押しに成功さえすれば100%JAC INを回避する事ができる。

そしてもう一つの方法は、左リールに3連ドンちゃんを狙う方法。
この場合、目押しはアバウトでよいのだが、JAC INを回避できる確率は75%、つまり4回に1回は3連ドンちゃんを狙ってもJAC INしてしまうのであった。

「自分、ビタ押しできないっすよ」

当時の私はビタ押しどころか、2コマですら完璧に押す事はできなかった。
正確に言えば、失敗しても何も損しない場面であれば8割以上の確率でビタ押しする事もできたのだが、ここで失敗したら○○枚損するというプレッシャーにいつも負けてしまうのである。

ノリ打ちである以上、私が一日大花を打ったら、どれだけ迷惑をかけるかわからない……
その一心で、私は吉宗を志願した。

だが、園長が首を縦に振る事はなかった。

「だって、入口付近の大花は客が来る度、ドアが開いて寒いから。 こういうのは俺達みたいな年寄じゃなくて若いやつの仕事よ」

今思えば、これもビタ押しマシンの経験を積ませてくれようとする園長の親心だったのかもしれない。
このように言われてしまっては、私も「No」とは言えなかった。

「どうせ今日は3人だけだし、多少損したって俺達は構わないから、なぁマサ」

園長がそう言って笑うと、マサさんも一言、「頑張れ」と言って私の肩を叩いてくれた。

 


<ビタハズシのプレッシャー>
開店から6時間が過ぎた。

この時点でマサさんの吉宗は偶数っぽいが設定の高低は不明。
園長のキンパルは低設定でゾーン狙いの稼働に移行中、といった状況であった。

そんな中私はというと、万が一75%の抽選に漏れてJAC INしてしまってもいいように、1回目のJAC INから3連ドンちゃんを狙ってハズす「保険ハズシ」という方法を駆使してなんとかこの日の稼働を無難にこなしていた。

「今のところ大きな損はしていないぞ」

中盤戦に差し掛かったところで私が一息入れようと背伸びをすると、それに反応したかのように入口の自動ドアが開く。
外はいつの間にか晴れていて、開いたドアの隙間から差し込む明るい陽射しと共に彼女は店内へと入ってきた。

「あっ、誠くんだ」

椅子の背もたれに身を預け、天井を仰ぐ私を覗き込んで彼女はそう言った。

「誠くんが大花打ってるんだぁ、結構出てるじゃん」

私の台の上には2箱のドル箱が置かれていた。

「今日勝ったら、何か美味しいもの食べに連れてってね」

彼女は騒々しい店内で私の耳元に顔を寄せて囁いた。

えっ!?
予想外の一言に一瞬打つ手が止まる。
左リール右リールと押して山がテンパイした状態で中リールだけが回り続ける。

そんなの、今日勝っても負けても……

望外の言葉にそう答えようとして立ち上がったところで、彼女を見つけた園長がこちらに歩いてくる姿が目に入る。

「ずいぶん重役出勤じゃないか」

園長が意地悪く言うと、彼女もわざとほっぺを膨らまして答える。

「バイトの前にちょっと寄っただけだもん」

すると今度は、私に向けて園長は言う。

「そろそろビタで外してみろよ。 今日一日は失敗して損してもいいから」

園長は私が「保険ハズシ」でBIGボーナスを消化していたのも、JACゲーム中にビタ押しの練習をしていたところも全て見ていたのであった。
そしてこう言うのである。

「ビタ押しのプレッシャーを乗り越えるには自信をつけるしかない。 その自信は、実戦の場で成功した経験を積み重ねる事でしか身につかないんだぞ」

彼女はいつもの通り頷いた。

「分かりました…… やるだけやってみます」

「おう、すぐにできるようになっから」

園長は私の頭をポンポンと2回叩き、店の奥の方へと戻っていった。

「夜にまた来るから頑張ってね」

園長の姿を見送ると、彼女もまた微笑みを残して、自動ドアの外へと出ていった。

開いた自動ドアからは、彼女の代わりにピリッとした冷気が入り込んでくる。
さきほど見えた陽射しはいつの間にか姿を消し、ヒンヤリとした冬の空気が私の気を引き締めるのであった。

 


<思い出はいつも綺麗だけど>
「勝っても負けても……」

結局、その言葉は言えず仕舞いになってしまったが、そんな事は関係ない。
今日勝って堂々と誘えばいいだけだ。

その一心で、私は大花火を回し続けた。

勿論いきなりビタ押しが上手くできるようになる訳ではない。
相変わらず、1回目、2回目のJAC INから保険でハズシを行う事はあったが、あの園長の言葉を聞いてからは、ハズシは全て3連ドンちゃんではなく、バー狙いのビタハズシで行うようになっていた。

この店では22時を過ぎるとその日の高設定台が発表される。
私の打っていた大花に「サメ・エビ・アンコウ」の札が挿されるのを見届けると、「先に居酒屋に行っている」と私に告げて、園長とマサさんは店から切り上げていった。

この日、園長とマサさんの収支は合わせてマイナス5万。
私の持ちコインが2,000枚程度なので、トータルではわずかに負けている状況だった。

あと1回、BIGを引ければプラスになる。
この日の収支をどうしても「勝ち」にしたい私は、閉店まで残り15分を過ぎても懸命に粘り続けていた。

「今日勝ったら……」

そこに、私を閉店間際まで遊技台に縛りつけるあの言葉の主が、夜の冷たい空気を纏って現れる。

―ウィーン

自動ドアの気配に気付き、私が一瞬振り返ると、店内に入ってきたのは彼女であった。

「どう? 勝ってる?」

蛍の光が流れ始めた店内で、私はこの日の収支が僅かにマイナスである事、園長に出された課題の結果を彼女に伝えた。

保険のある1回目、2回目のJAC IN時であれば、ビタでも7割以上。
だが、失敗の許されない3回目のJAC INに限って言えば、その成功率は5割程度というのが私の実力だった。

「テローン」

予告音が鳴るが、左リール、右リールと止めてもハチマキリールは動かない。
出目は三尺玉と山のダブルテンパイ。
小役がハズレれば、ボーナス濃厚の熱い場面だ。

「頼む……」

祈るような気持ちで中リールに山を狙うと、そのテンパイラインに止まったのは青い七。
ハチマキリールが止まるのを待つまでもなくボーナスだった。

次ゲームでバーを狙って中押しするも、出目はREGボーナスを否定している。
そのゲームで準備目を作った私は、次のゲームで勢いよく逆押ししてBIGボーナスを揃えた。

このBIGボーナスで600枚取れば、この日の収支はプラスになる。

客もほとんどいなくなった店内には、大花のボーナス中の音楽が鳴り響く。
その中で私は、素早くその日の収支を計算した。

ボーナスゲームを消化する事3ゲーム目、ハチマキリールが逆回転してJAC INフラグが成立告げられる。

早い……
残りはまだ27ゲームもある。

ここは保険でハズシておこうと、右リールから止める私の肩を彼女は叩いた。

「それじゃあいつまで経ってもできるようにはならないよ」

そして、彼女は勝手に左リールを押すと、ハズシをせずにJAC INさせてしまったのだ。

「ビタハズシはプレッシャーとの闘いだから、プレッシャーのない状況でいくら練習したって…… ねっ」

口調は優しいが、言っている内容はなかなかスパルタ。
何も、どうしても勝ちたいこの日の最後のBIGボーナス中にそれに挑戦しなくてもよいではないか。

だが彼女の言葉を借りれば、そのプレッシャーこそがビタハズシを覚える為には必要なのである。

言われるがままに、2回目のJAC INもハズシをせずに消化し、迎えた運命の瞬間。
ボーナスゲームはまだ20ゲームも残っている。

エアコンの効いた店内は十分に快適な温度を保っていた。
にも関わらず、手が冷たい。
私は右リールと中リールを押した後に何度もグーパーしたが、どうしてもちゃんとハズせる気がしなかった。

3秒……

5秒……

その間を察してか、次の瞬間、彼女は私の手を掴むと、両手で私の右手を包むように握ってくれた。

「えっ!?」

戸惑いながら彼女の方を見る。

「大丈夫。できるよ」

それは一瞬だった。

彼女は、私の目を真っ直ぐ見つめそう言うと、握ったその手をパッと離した。

ここで決めなきゃ……

意を決して台に向き合い、左リールにバーを探す。
枠上にそれが現れたところから間を計って……押……

「キーン」

ほたるのひかりが流れる静かな閉店間際の店内で、吉宗の爺BIG中に1G連が確定するあの衝撃の告知音が響きわたる。

当時は、今のパチンコみたいに大騒ぎする台はスロットには少なく、キーンとキュインの音がすれば誰もが振り返る。
キーンはそれほどの破壊力を持っていた。

不意に鳴り響いたその音に驚いた私が、次の瞬間リールを見ると、そこにはJAC IN図柄のリプレイが揃っている。
しかもバーとは全く関係ない位置。
あろうことに「キーン」の不意討ちを受けた私は、その反動で意図せずストップボタンを押してしまったのであった。

二人の間に沈黙の時間が流れ、結局、最後のBIGで私は500枚弱しか獲得する事ができなかった。


換金を済ませ、園長達の待つ居酒屋に向かう。
この日は3人で3,000円の負けだった。

押し黙って進む居酒屋までの5分間。
その道すがら、彼女は突然耐え兼ねたように笑い出した。

「さっきの自分の顔」

私の顔を指差し彼女は言った。
自分では分からなかったが、彼女が言うにはこの世の終わりを迎えたような顔で呆然としていたらしい。

「だから保険ハズシしようとしたのに……」

私が言いかけると、彼女は広げた手を上下させ、「まぁまぁ」と私をなだめた。

「今日はどうしても勝ちたかったのに……」

彼女は昼間の自分の言葉を忘れて無邪気に聞く。

「どうして?」

はじめから分かっていた事ではあったが、私にはそれが悔しかった。
だから、意地悪く笑みを浮かべて私も返す。

「内緒です」

今は二人で並んで歩いている事に満足しよう。

誰かが道端に作った小さな雪だるまが2つ。
冬ソナの有名なあのシーンを再現していた。

私はそれを横目に見ながら、そう思うのであった。



【 6の付く日はお先に失礼します 】 メニューへ





【換金可能】 目指せ一攫千金! オンラインスロットで電子マネーゲット!

一撃5,000枚も可能!オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」
特許取得により「換金」が可能となっている、オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」。

現在新台リリースイベントで大盛況! 前作に比べてボーナス確率はなんと【250%超】!
オール役からのボーナス解除や高確モードからの連チャンは圧倒的破壊力で一気に大爆発の可能性アリ!
1000円分の無料ポイントでまずはお試しを。




キャッシング比較情報/キャッシングコラム

頼れるキャッシング比較 | キャッシング・ローンを比較
自分に合う最適なキャッシングやローンを探すことができる徹底比較サイト。
銀行系キャッシング、低金利キャッシング、無利息キャッシングなど。




【姉妹サイト】 パチスロとも共通点の多い投資『FX』を徹底解説

≪ FX初心者向けFX講座 ≫
当サイトの姉妹サイトで、運営7年目を迎える老舗のFX初心者向け入門サイト。
特に人気のコンテンツを以下にご紹介。


■知識ゼロだけどFXに興味がある >> FX早分かり一問一答

■初めてFXに挑戦する場合はどのFX口座がいい? >> これからFXを始める人にお勧めなFX口座特集

■FX投資をしたいが忙しくて時間がない >> 投資のプロが作った売買プログラムで無料自動取引




≪最新機種解析/注目機種解析≫

押忍!番長3(番長3)
獣王 王者の覚醒(獣王)
キン肉マン〜夢の超人タッグトーナメント編〜
鬼浜爆走愚連隊 愛情恋歌編(鬼浜)
エウレカセブンAO
アナザーゴッドポセイドン
攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG
バジリスクV
クランキーセレブレーション
北斗修羅
まどか☆マギカ2(まどマギ2)
クレアの秘宝伝2
コードギアス2
北斗強敵
偽物語
バジリスク絆
ゴッドイーター
ミリオンゴッド凱旋
沖ドキ
ガールズ&パンツァー(ガルパン)



ページ最上部へ戻る

「パチスロ立ち回り講座」トップへ戻る