正統派パチスロ攻略サイト - パチスロ立ち回り講座 | HOME | はじめに | サイトマップ | お問い合わせ |


6の付く日はお先に失礼します



人が魔女へと変わる時 [2017/2/10(金)]

恨みや妬み、怒りに絶望。

人は、負の感情を抱くごとに少しずつ穢れていく。
それが、少しずつ自らの中に溜まっている事に人はなかなか気付けない。

そして、ある日それは突然にやって来る。
全てに絶望した彼が、不幸な運命を背負った魔女へと変わるその瞬間が……

これは、魔法少女の世界だけの話ではないのだ。

 


<5人の大学生>
これは、私がまだ岡山県はカエルの王国に住んでいた頃のお話。

その頃、私は5つほど年下の大学生グループとよくつるんでいた。
彼等とは、パチスロとは別の世界で知り合い、知り合った当初彼等はパチスロの事を知らないようであった。
だが、いつの間にか彼等は毎日のようにホールに足を運ぶようになっていた。

「大学生はそれができるから羨ましい」

彼等からLINEで毎日のように送られてくるプレミア画像を夕方、職場の休憩室で確認するのが私の日課になっていた。

彼等は、中学・高校・大学とずっと同じ学校に通う幼馴染。
それだけに非常に仲も良かったし、彼等の中での会話も年上の私に対するそれとは異なり、全てにおいて「あけすけ」な印象だった。

A 「今日、××ホールで○○打ったらすごい事になった」

B 「俺は△△の□□で朝から天井まで嵌ってキレそう」

C 「ざまぁ」

私 「ドンマイ」

B 「もう死にたいわorz」

D 「じゃあ死ねば(笑)」

私 「○○どうなったの?」

A 「○○でフリーズ引いたら、1,000G上乗せしたわ」

B 「そういうの聞いてないから、Aは黙って」

A 「(上乗せの画像)」

E 「昨日、マックでチーズ月見食べた」

私以外、誰もAの話を聞く気もなければ、Bをフォローする気もない。

こんな会話がLINEに流れる度に、私はケンカになりはしないかとドキドキしたが、不思議な事に彼等の中ではこれで会話が成立してしまう。
当時の私は、それを見て、「気が置けない仲というのはこういうものなのかなぁ?」と疑問に思ったものだった。

とはいえ彼等とは、飲みに行けばくだらない話で朝まで盛り上がり、カラオケに行けば朝までアニソンを歌い明かすのだから、仲が良いのは仲が良い。

世代の違いの為か、彼等の関係を完全に理解できた訳ではなかったが、その事だけは私から見ても間違いのない事だった。

 


<カエルの王国のゴールデンゾーン>
カエルの王国にはゴールデンゾーンがあった。

まず、カエルの王国について説明すると、カエルの王国というのは、岡山県内に数店舗だけ存在するパチスロメーカー「山佐」の直営ホール「ENDLESS」の事で、各店舗にはトレードマークの大きなカエルの看板が掲げられている。
「山佐」の直営ホールというだけあって、鉄拳や天下布武など、「山佐」のメインタイトルの機種は「40台最速導入」が当たり前であったし、他店舗ではバラエティ扱いのケロット(スイートVer)のようなマイナー機種であっても、「山佐」の機種であれば当然のようにシマ単位で設置されていた。

しかしその一方で、「ENDLESS」には「山佐」以外の他社の機種も設置されていた。
カエルの王国とは言っても、カエルよりもピエロの方が多く生息しているし、モンキーターンよりもハーデスの方が稼働が良い。
そんな状況でもあったのだ。

そして、ゴールデンゾーンに設置されるのもなぜか決まって「ドンちゃん」シリーズであった。

ゴールデンゾーンというのは、景品カウンターから見て6列目。
景品カウンターに背を向けた時に、右手に位置する8台シマで、このシマだけはかなりの頻度で高設定が投入されるという場所の事である。

この店の常連であれば、誰もが朝一はこのシマに座る事を目指す。
それがゴールデンゾーンと呼ばれる所以であった。


そんなある日。
私と5人の大学生は、朝からカエルの王国に足を運んだ。

この日は月に一度の特定日。
カエルの王国の入場は並び順ではなく抽選であった為、ゴールデンゾーンに着席できるかどうかは運任せである。

私達は1枚ずつ三角くじを手にすると、6人で小さな円を作って「せーの」でそのくじを開いて番号を見せ合った。

●私 「6」
●E 「45」
●D 「7」
●C 「97」
●B 「27」
●A 「1」

厚い雲に覆われた空から、わずかに太陽が顔を出す。
そこから零れた光は、Aが手にした「1」番という数字を照らし出すかのようだった。

この日100人以上が並んだカエルの王国で、1番を手にしたA、6番を手にした私、そして7番を手にしたDの3人がゴールデンゾーンの着席権を手にした。
これはなかなかに奇跡のような確率の出来事ではなかろうか。

1番を手にしたAは言う。

「緑の角と4台目、どっちにしようか迷うわ〜」

緑というのは、当時ゴールデンゾーンに設置されていた緑ドンの事で、角と角から4台目はゴールデンゾーンの中でも特に熱い場所である。

「はいはい、10万負けの報告待ってっから」

このメンバーで連れ打ちする時の収支は全て個人毎で、ノリではなかった。
それ故、97番のCは入場を諦めると、捨て台詞を残して早々と帰宅していった。

だが、浮かれに浮かれたAがその事を気にする様子は一切ない。

「せっかくだから、並んで打てる可能性の高い4台目にするわ。 空いてたら隣で打とうぜ」

Cの後ろ姿を見送る私とDに向けて、Aはそう言うのだった。

 


<実戦緑ドン>
10時。
開店時刻と同時に入口の扉が開かれる。

ハイテンションのAを先頭に、私とDも小走りでゴールデンゾーンへと向かう。

幸いな事に、私達はAを挟んでその両隣に並んで座る事ができた。
この時点で、この日の勝利は約束されたようなものだった。

「あとは出すだけ」

意気揚々と3人で緑ドンを打ち始める。

すると、DがあっさりとREGボーナスを引く。
弱チェリーとの重複。
設定1で1/10923、設定6なら1/1560と大きな設定差のあるポイントだ。

続いて私も、設定1で1/5041、設定6なら1/2141と倍以上の設定差のある弱波+ドンBIGを引き、そのBIGボーナス中のドン揃いからARTアマゾンゲームをゲットする。

私もDも、月一の特定日にゴールデンゾーンに着席している事を考えれば、最高設定の期待が高まるこれ以上ない出だしであった。


そして、6時間後。

けたたましい爆音の響くホールで、多くの人がゴールデンゾーンに空き台はないかと通路を行き交う。
その中で、私達は脇目も振らずにブン回し続けた。

緑ドンはビリーをゲットし、上乗せ特化ゾーンのエクストリームラッシュに入る度、「ポポポポポ〜ン」という甲高い音が鳴る。
その都度、自分の台に集まる羨望の眼差しを背中に感じながら、エクストリームラッシュを消化する優越感は、朝一の入場抽選で8番以内を引き当てた者だけが得られる特権であった。

しかし、私とDがその権利を思う存分楽しむ中で、一人だけその権利を行使できないでいる者がいた。
「A」である。

開始2時間、AだけがボーナスもARTも引けず一人天井を目指していた。
そして、天井まであとわずかというところでボーナスを引いてしまったのを皮切りに、中ハマリと獲得枚数わずか56枚のREGボーナス。
そして、50Gを駆け抜けるアマゾンゲームを繰り返していた。

その後もA以外、7台の緑ドンは順調に出玉を増やしていく。
中でも私の台は朝から終始好調で、夕方6時を迎える事には目算では万枚を越すであろうで出玉を叩き出していた。

「すごいじゃないですか! これ、万枚あるんじゃないですか?」

朝一、ゴールデンゾーンに着席できなかったBは、私達の様子を覗きに来ると、私の台のデータ機器で+5,000枚を突き抜けたスランプグラフを指さしてそう言った。

「こっちも逆の意味ですごいな、さすがA、持ってる男は違うわ」

Bは続けて、Aのスランプグラフを指差し、そう言った。
Aのスランプは、既に-3,000枚を突き抜けていた。

「じゃあ俺はそろそろ帰るんで、みんな頑張ってね〜」

そう言うとBは、自分の出した4,000枚のレシートをチラつかせ、ゴールデンゾーンから立ち去っていった。

Bの立ち去った緑ドンのシマでふと横を見ると、Aは怒りに震えているようだった。
Bの無神経なイジリに対する怒りだろう。
そう思って、私はAに一声かけた。

「まぁ、パチスロだからこういう日もあるって。 気にしない方がいいって……」

私はAの肩をポンと叩いた。
だが、それに対してAは不快感を露わにする。

「万枚持っている人は余裕ありますよね」

私が声を掛けたのは、皮肉にも、Aの財布からは10人目の諭吉が姿を消した瞬間だったのだ。

 


<その後……>
その日の夜、LINE上ではいつものノリで会話が続けられた。

D 「誠さん23万勝ち、俺11万勝ち、A10万負け」

C 「マジでA、10万負けの報告とかウケるんだけど」

B 「俺6万勝ち」

E 「Aおつ〜(笑)」

だから、この後のAの返信も、皆いつものノリの延長くらいにしか思わなかった。

A 「おまえら性格悪すぎ、全員死んでください」

Aの大敗をイジる他の4人も4人だし、それに対してのAの暴言も暴言ではある。
だが、この日はさすがに、入場抽選1番でゴールデンゾーンの緑ドンに座って大敗したAへの同情もあり、また、これが彼等流のコミュニケーションなのだろうという気持ちもあって、それ以上深くが考えなかった。

しかし、大学生であるAが負けた10万円の重みは、社会人である私のそれとは大きく異なっていた。
私の思う以上に、Aの心の中には「良くないもの」が溜まりはじめていたのであった。


そして……

その日以降、Aの打ち方は荒くなり、負け額は日に日に積もっていった。
それと同時に、彼の仲間内での態度も「良くない方向」へと変わっていった。

今までであれば、笑って流していたようなたわいもない冗談を許せない。
そして、それに対して容赦なくキツイ言葉を浴びせ返すのだ。

「黙って(笑)」は「黙れ」になり、「死んでくださいw」は「死ね」へと語調を変えていく。
パチスロに行った日は、勝っても負けてもAはその調子だった。

「Aは魔女になってしまった」

キツイ語調で罵声を発するAを、私達は少しずつ避けるようになっていた。

Aを除いた5人のLINEグループができたのはあれから半年後の事で、それから先、Aが何をしているのかは今も知らないままである。


Aを変えてしまったものは何だったのだろうか?

それが、パチスロに懸けた希望の裏返しであったのか、それとも失った金の魔力であったのかは分からない。
彼の中に溜まり続けた「穢れ」は、彼を魔女へと変えてしまい、彼から4人の幼馴染を奪っていった。
これもギャンブルの持つ一つの側面である事は否定できない。

「すべての魔女を生まれる前に消し去りたい。 すべての宇宙、過去と未来のすべての魔女をこの手で」

Aと楽しく飲み明かしたあの日を思い出してこう思う。

「神様でもなんでもいい」

願わくば、彼等がパチスロと出会うあの日の前まで時間を戻してはくれないかと。



【 6の付く日はお先に失礼します 】 メニューへ





【換金可能】 目指せ一攫千金! オンラインスロットで電子マネーゲット!

一撃5,000枚も可能!オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」
特許取得により「換金」が可能となっている、オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」。

現在新台リリースイベントで大盛況! 前作に比べてボーナス確率はなんと【250%超】!
オール役からのボーナス解除や高確モードからの連チャンは圧倒的破壊力で一気に大爆発の可能性アリ!
1000円分の無料ポイントでまずはお試しを。




キャッシング比較情報/キャッシングコラム

頼れるキャッシング比較 | キャッシング・ローンを比較
自分に合う最適なキャッシングやローンを探すことができる徹底比較サイト。
銀行系キャッシング、低金利キャッシング、無利息キャッシングなど。




【姉妹サイト】 パチスロとも共通点の多い投資『FX』を徹底解説

≪ FX初心者向けFX講座 ≫
当サイトの姉妹サイトで、運営7年目を迎える老舗のFX初心者向け入門サイト。
特に人気のコンテンツを以下にご紹介。


■知識ゼロだけどFXに興味がある >> FX早分かり一問一答

■初めてFXに挑戦する場合はどのFX口座がいい? >> これからFXを始める人にお勧めなFX口座特集

■FX投資をしたいが忙しくて時間がない >> 投資のプロが作った売買プログラムで無料自動取引




≪最新機種解析/注目機種解析≫

エウレカセブンAO
アナザーゴッドポセイドン
攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG
牙狼-守りし者-
宇宙戦艦ヤマト2199
ヱヴァンゲリヲン 勝利への願い
モンキーターン3(モンキーターンV)
弱虫ペダル
モンスターハンター狂竜戦線(モンハン狂竜)
バジリスクV
クランキーセレブレーション
北斗修羅
まどか☆マギカ2(まどマギ2)
BLOOD+ 二人の女王
クレアの秘宝伝2
コードギアス2
北斗強敵
偽物語
バジリスク絆
ゴッドイーター
ミリオンゴッド凱旋
沖ドキ
ガールズ&パンツァー(ガルパン)



ページ最上部へ戻る

「パチスロ立ち回り講座」トップへ戻る