正統派パチスロ攻略サイト - パチスロ立ち回り講座 | HOME | はじめに | サイトマップ | お問い合わせ |


6の付く日はお先に失礼します



園長列伝≪その3≫ 〜園長 VS マナー悪軍団〜(後編) [2016/12/2(金)]

<前回のあらすじ>
マナ悪軍団を懲らしめるべく、彼等がイベント期間中に着席しそうな台を予想して、そこに低設定を投入するパチスロ店「トレジャー」。

3日間のイベントの初日。
彼等の好んで座るキンパル・吉宗の前日ハマり台に低設定を投入したところ、それらの台には見事マナ悪軍団の面々の姿が。
狙い通りの結果に気を良くした私達は、イベント2日目も彼等が今まで敬遠してきた機種を全6にする事を決めた。

一方、死神のノートに記載された台番のほとんどは、彼等の好んで座るキンパル・吉宗・北斗の拳のものだった。

〜デスロノート〜
そのノートに書かれた台番は翌日「設定1」になるという死神のノート。

 


<イベント2日目>
この日は土曜日。
開店時刻ちょうどに私が「トレジャー」に到着すると、そこには設置台数以上の人の列が待ち構えていた。

私はその列の一番後ろから店内に入場すると、キンパルのシマに彼等の姿を探す。

「1131番台……、1139番台にもいない……」

1131番台と1139番台は、共に前日800Gオーバーのところで閉店。
前日のボーナス確率からストックもたくさん溜まっていそうに見えた為、自信を持ってノートに記載した台番であった。

にも関わらず、そこに彼等の姿はない。

「アイツは必ず今日の状況を見て対応してくるから。」

園長の昨日の言葉が頭をよぎる。

続いて私は、吉宗のシマ、北斗の拳のシマと彼等の姿を探し求めたが、マナ悪軍団のボスである影山の姿はもちろん、他のメンバー誰一人としてその姿を見つける事はできなかった。

店内は、人とすれ違う事すらままならないほどの混雑ぶり。
その中で、特定の人物を、しかも台に向き合う後姿だけで探し出す事は困難を極めた。
昨日はキンパルのシマにいるだろうという検討が付いていたからこそ、容易に見つけ出す事もできたが、今日は既にその当ても外れている。

店内を1周、2周と周回するも、なかなかその姿は見つからない。
この店内にいる事だけは間違いないのだが……

私が半ば諦めかけてトイレに向かおうとすると、昨日と同じ「金札」に関するアナウンスがホール内に流れる。

「お客様にお知らせします。 間もなく約5分のお時間で朝一チャンス札を回収させて頂きます。 チャンス台の確認がお済でないお客様におかれましては、是非今一度店内データ機器の上部にご注目下さいませ。 繰り返します……」

この日、金札が挿された全6シマは百景とスーパービンゴ、それにジャグラーの合わせて3シマ。
これらは、決して彼等が座る事はないだろうと選ばれた3機種である。

それ故、そこに彼等の姿を探していなかった事に私は気が付いた……

 


<2日目、閉店後>
据え置き狙いのジャグラーと猪木、それに百景と猛獣王と北斗の拳にそれぞれ2人ずつ。
これが2日目のマナ悪軍団の配置だった。

結果として、ジャグラーと百景の設定6を2台ずつと、猛獣王の設定5。
それに北斗の拳の中間設定を彼等は終日打ち切って、この日彼等は6台で2万枚近くの出玉を手にして帰っていった。

「くそっ、思うようにはいかんな。」

園長と私、それに愛さんの3人が待つファミレスのテーブルに遅れて現れた南店長は、開口一番そう言ってテーブルを軽く叩いた。

「昨日の全6シマを見て、敵も考えてきましたね。」

なだめるように穏やかな口調で園長は言ったが、悔しい気持ちは園長も同じ。
言葉の節々からは、南店長に対する申し訳ないという気持ちが感じ取れた。

この日、影山が全6シマ狙いに作戦を切り換えてきた事は、結果を見れば明白だった。
その上で、前日ゲーム数管理のストック機に当たりがなかった事から、AタイプとAT機に絞ってメンバーを散らしてくる影山の読みは見事であった。

「さすがは園長もその実力を認めるスロッター。」

私は思わずそう口にしそうになったところで、テーブルの空気がそれを口に出せるような状態ではない事に気が付いた。

自然と目線はテーブル上へと落ちていき、私はうつむきがちに誰かが次の言葉を発するのを待った。

30秒。
わずかに沈黙の時間が過ぎていく。

その重苦しい雰囲気を慮ってか、はたまたただの天然なのか、これまでその場にいてもほとんど言葉を発しなかった愛さんが軽い口調で一言呟いた。

「でも、これって良い展開なんじゃないの?」

その言葉を聞いて、2人のいかついオヤジの視線が20歳そこそこの愛さんに集中する。

「だって……」

元々の作戦はイベント最終日、彼等を金札台に誘導する事であった。
その為には、今日、金札台の信頼度を実感させられたのは決して悪い事ではないのではないかと愛さんは言った。

「イベント最終日、彼等10人の座る台だけが設定1で、それ以外の台は全て高設定。」

言われてみれば確かにその通り。
これが我々の狙いであって、紛れもなく本番は明日のイベント最終日。
それは、イベント前夜から話していた事だった。

とは言え、そう簡単に割り切れるものなのだろうか?
私は目線を上げず、机の隅に置かれたオシボリを見つめていた。

「そうだな、愛ちゃんの言う通りか。」

南店長はポンと手を合わせると、自分に言い聞かせるように言った。

それを聞いて、前を向く園長と私。

「幸い、我々が彼等をターゲットにしている事は気付かれていないと思います。 明日は予定通り潰しにいきましょう。」

「予定通り」、その言葉の意味するところは、ノートの最初のページに書かれている。

●開店前に挿しておく金札は、北斗の拳のシマに3台おきに全部で10台だけ。 それらの台は全て「設定1」。
●金札台以外、北斗の拳のシマは全台「設定6」。

明日の仕掛けは、シンプルにこれだけである。

本当は彼等より先に並ぶ客がいた場合に、彼等に被害が及ばないようにする為のシナリオもいくつか書かれていたが、閉店30分前から並びの列の先頭に並ぶ彼等の姿を見て、他のシナリオは必要ないと我々は判断した。

北斗の拳のシマは、入り口からよく見える位置にある。
扉が開けば、そこに金札台がある事を彼等が見落とす事はまずないだろう。

周りの台は全て高設定で、彼等の座る台だけが設定1。
南店長の望みを叶えるお膳立ては整った。

 


<イベント最終日>
自分が影山の立場だったらどうするか。
私は何度もシミュレーションを繰り返しながら、現地に向かった。

開店時刻が近付くと、入口のブラインドが開く。
入口からは、金札の挿された北斗の拳のシマがよく見える。

金札台が設定6である事を彼等は前日体感している。
金札以外に朝一台を選択する為のヒントは一切ない……

となれば、彼等が「設定1であるその北斗」以外のどの台に座るというのだろうか。

「それ以外ありえない。」

何度シミュレーションしても結果は同じ。
もはや現地に向かう必要すらないように思えたし、事実、現場で待っていた光景もシミュレーションの結果と同じであった。

それはそうだろう。
ここまで計画的に、彼等を潰す為だけに用意された「金札台」に、誰が抗う事ができるというのだろうか。
それは、絆の3ベルと同じように彼等を縛り続けるのだった。

そして……

 


<21時>
私は最後の仕事があると告げられ、園長にトレジャーに来るよう呼び出された。

現地に到着した私が店内を1周すると、至る所にドル箱が、別積みの山が築き上げられており、閉店2時間前の21時だというのに、店内はほぼフル稼働の熱気を帯びていた。

店内のベンチに座っていた園長は、私の姿を見つけると手招きして私を横に座らせた。

「あいつらの台、どうだ?」

今のようにスランプグラフや差枚数の表示などなかった時代だ。
その台の収支は総回転数とボーナス回数から計算するしかなかったが、それでも彼等が大きく凹んでいる事は一目瞭然だった。

「ざっと計算して2万枚以上、昨日の勝ち分は優に溶けているだろう。」

園長はそう言うと、最後の仕事とやらを始めると言って店外に私を連れ出した。

携帯電話を取り出し、どこかに電話を掛ける園長。
すると、しばらくして影山がトレジャーの出入り口から現れる。

「久し……」

園長の姿を見つけるなり、影山は挨拶しようとしたが、その言葉を制して園長は影山に問い掛けた。

「お前達10人が10人、揃いも揃ってなんであんなクソ台打ち続けてんだ?」

そのぶっきらぼうな口調に、影山がややムッとした事が見て取れる。

最後の仕事というのはなんの事だったのだろうか?
私はその意図を測りかね、困惑した。

「朝一の札台だったからだよ。 昨日も一昨日も札台は設定6。 周年イベントなんだから当然打つだろ。」

影山の口調も荒々しくなる。

元々、因縁のあった二人。
まさに一触即発の雰囲気である。

「で、お前の判別だと、あの台は設定6なのか?」

こんなに挑発的な物言いの園長は見た事ない。
園長が影山を煽っている事は明白だった。

「何が言いたいんだよ。 てめぇには関係ねぇだろうが。」

影山は髑髏の指輪を光らせ、園長の胸倉を掴む。

だが、園長もそれに少しも動じず、影山を睨み返す。

「お前達、店からマークされて嵌められたんだよ。」

その言葉を聞いて、ハッとして胸倉を掴む手を放す影山。

「影山、お前ほどのスロッターなら俺やコイツがなぜこの激熱の周年イベントで打ちもしないのにこの場に毎日いたか、その意味がもうわかるだろう?」

一瞬、影山の視線が私に向けられる。
そして次の瞬間、影山は無言で店内の仲間達の元へと戻っていった。

設定変更による天井クリアやストック飛ばし。
空回しによるガックン対策やダミーの札台。
優良な一般客に対してはそれをしないだけで、ホール側が特定の客を狙い撃とうと思ったら、その為の手段はいくらでもある時代だった。

ホールに目を付けられたらまず勝てない。
影山ほどのスロッターであれば、その事は熟知している。
あとは、その事を気付かせ、彼等に引導を渡すのが我々の最後の仕事だったという訳だ。

「これで影山達がトレジャーに来る事はないだろう。」

南店長がこうしてくれと言葉にした事は一度もなかった。
だが、この結果を望んでいた事が間違いない事くらいは私にも分かる。
それを察して、やってあげる事もまた乗りかかった船に対する責任だろうと園長は語った。

「さぁ、俺達も帰ろうか。」

最後の仕事を終えた園長は私の肩を叩くと、安堵の表情を見せてそう言った。

 


<1週間後>
私達の目の前には、見た事もないほど分厚い肉の塊がそびえ立っていた。

一人一万円の鉄板焼きのフルコース。
それは、今回の一件のお礼として南店長が我々に御馳走してくれたものだった。

「これ、すっごい柔らかい。」

意外にも最も勢い良く食べるのは愛さんだった。
その様子を満足そうに見つめる南店長。

あれから、影山が店に姿を見せる事はなくなったという。

「ホント、こんなの今まで食べた事ないですよ。 お二人もお酒ばっか飲んでないでほら。」

私を笑顔にしたのは、その肉の美味しさだけではなかったと思う。


〜デスロノート〜
そのノートに書かれた台番は翌日「設定1」になるという死神のノート。






【 6の付く日はお先に失礼します 】 メニューへ





【換金可能】 目指せ一攫千金! オンラインスロットで電子マネーゲット!

一撃5,000枚も可能!オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」
特許取得により「換金」が可能となっている、オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」。

現在新台リリースイベントで大盛況! 前作に比べてボーナス確率はなんと【250%超】!
オール役からのボーナス解除や高確モードからの連チャンは圧倒的破壊力で一気に大爆発の可能性アリ!
1000円分の無料ポイントでまずはお試しを。




キャッシング比較情報/キャッシングコラム

頼れるキャッシング比較 | キャッシング・ローンを比較
自分に合う最適なキャッシングやローンを探すことができる徹底比較サイト。
銀行系キャッシング、低金利キャッシング、無利息キャッシングなど。




【姉妹サイト】 パチスロとも共通点の多い投資『FX』を徹底解説

≪ FX初心者向けFX講座 ≫
当サイトの姉妹サイトで、運営7年目を迎える老舗のFX初心者向け入門サイト。
特に人気のコンテンツを以下にご紹介。


■知識ゼロだけどFXに興味がある >> FX早分かり一問一答

■初めてFXに挑戦する場合はどのFX口座がいい? >> これからFXを始める人にお勧めなFX口座特集

■FX投資をしたいが忙しくて時間がない >> 投資のプロが作った売買プログラムで無料自動取引




≪最新機種/注目機種≫

エウレカセブンAO
弱虫ペダル
モンスターハンター狂竜戦線(モンハン狂竜)
麻雀格闘倶楽部2
パチスロ犬夜叉
涼宮ハルヒの憂鬱
バジリスクV
ウィッチマスター
クランキーセレブレーション
北斗修羅
まどか☆マギカ2(まどマギ2)
天下布武3
BLOOD+ 二人の女王
クレアの秘宝伝2
デビルメイクライ クロス
バーサス
コードギアス2
北斗強敵
偽物語
バジリスク絆
ゴッドイーター
ミリオンゴッド凱旋
沖ドキ
ガールズ&パンツァー(ガルパン)



ページ最上部へ戻る

「パチスロ立ち回り講座」トップへ戻る