正統派パチスロ攻略サイト - パチスロ立ち回り講座 | HOME | はじめに | サイトマップ | お問い合わせ |


6の付く日はお先に失礼します



園長列伝≪その3≫ 〜園長 VS マナー悪軍団〜(前編) [2016/11/18(金)]

〜デスロノート〜
そのノートに書かれた台番は翌日「設定1」になるという死神のノート。

 


<某日、某ファミレスにて>
時刻は夜の11時。
この日の稼働を早めに切り上げた私達は、翌日実戦を予定していたホールの下見を終えるといつものファミレスに入った。

「いらっしゃいませ。 何名様ですか?」

自分、軍団のリーダーである園長、それに私より一つ年下の加藤と、軍団内で紅一点の愛さん。
私は一人一人を指折り数えた後に「4人です」と回答した。

私達はレジの近くにある喫煙席に通された。
各々メニューを眺めてはいるものの、頭の中は、たった今下見をしてきたホールの状況と明日の狙い台の事で埋め尽くされている。
話題は専らその事で占められており、注文が決まる様子は一向にない。

「私、これにする!」

そんな私達を見かねてか、愛さんは自分の食べるものを決めると店員さんを呼んだ。
こうでもされなければ、いつまで経ってもオーダーできない私達の事を愛さんはよく分かっているからだ。

店員さんを目の前にして、ようやく焦ってメニューをめくる私だったが、そんな短時間では決めきれるはずもない。
結局、注文するのはいつもと同じミックスグリル、困った時には定番系の無難なメニューに逃げる事になるのもいつもの事であった。

「じゃあ、俺もそれ。」

私が店員さんに注文を告げると、自分で考えるのが面倒な加藤は決まっていつもそう言った。

私達にとってファミレスのメニューなど、なんでも良いのだ。
みんなで一緒にいる時間、ただただ共通の話題で熱く盛り上がる時間が楽しいだけだった。


一通り注文を終えると、話題は明日のイベントの話に移る。

明日から3日間は、さきほど下見をしたホール「トレジャー」のグランドオープン◯周年的なイベント。
このホールの特徴は、初日よりも二日目、二日目よりも最終日と熱さを増していく事で、最終日にはほぼ全台高設定ではないかという状況になるところにある。

私達がこのホールに足を運んだのは久々であったが、このホールの店長と園長は古くからの付き合いらしく、園長自身は昔からこのホールに通ってきたという。
その園長が熱いと言うのだから、間違いなどあろうはずもない。
毎年のお祭り騒ぎを見てきた園長の話を聞いて、私の期待は高まった。

「お待たせ致しました。 ミックスグリルのお客様?」

ミックスグリルが2つ、それに鉄火丼とグラタンがテーブルに運ばれてくる。
それぞれ箸を手に取り、食べ始めようとしたまさにその時、タイミング悪く園長の携帯電話の着信音が鳴った。

「今? 駅前のファミレスにいるよ…… 今から? うん、うん。 分かった。 じゃあ……」

料理が運ばれてきてから終電までの1時間、通常であれば、私達は翌日の作戦会議を行うところであったが、この日はこの電話によって少し事情が変わってきた。

「今から何かあるんですか?」

園長の通話の中に「今から?」という単語を見つけ、加藤は園長に問い掛けた。

「トレジャーの店長が今から来るらしい。」

トレジャーというのは、先ほど私達が下見に行ったホールである。
前述の通り、昔馴染みの二人である事から何やら相談があるとの事だ。

 


<5分後>
「フライドポテトとドリンクバーで。」

大柄なその男は店内に入るなり、そう店員に告げると、私達のテーブルへと一直線に向かってきた。
右手を挙げて応える園長の様子を見て、私達はこの男が電話の主である事を察した。

「トレジャーの店長の南です。」

男はそう言って私達に会釈をすると、私達一人一人に名刺を差し出した。

私はその大柄な黒服風のスーツ姿に、多少圧倒されていたかもしれない。
だが、男はその見た目に反し、穏やかな口調で話し出した。

「実はうちの店にマナーの悪い10人くらいの集団が住み着いちゃってね……」

はじめのうちは、現行犯で見つける都度注意をしていたところ、彼等のやり口も日に日に巧妙になり、現在では店員の目に着かないところで悪さをするようになってしまったという。

「常連からも苦情が出ているんで、なんとかしたいと思ってるんだけど……」

出禁にすればそれで済む問題のように、私には思えた。

だが、そこは旧知の間柄の園長と南店長。
園長は、それだけでは満足しない南店長の本心を言い当てる。

「だから、今回のイベントで奴らにギャフンと言わせたいって事か。」

南店長の希望としては、イベント最終日には彼等10人の座る台だけが設定1、それ以外の台は全て高設定というような状況にできれば、最高に気持ち良いだろうし、常連さんのうっぷん晴らしにもなるだろうという事らしい。

だが、それをするには当然彼等がどの台に座るのかが分からないといけない。
彼らが自由に着席する台を選べる以上、それを完璧に予想する事など不可能のように思えた。

「今までの彼らの行動パターンを聞けば、ある程度の予測は可能かもしれないが……」

園長はそこまで言うと一呼吸置いて、私と加藤の方を見た。

「ある程度の予測でも良いんだ。 元からこんな事100%実現できるとも思ってないし。」

彼等が座るであろう台の予想を教えて欲しいとせがむ南店長。

正解かどうかはともかく、なんだかんだ言っても面倒見の良い園長の事だ。
結局は、予想をするのだろうと思って私は話を聞いていた。

腕組みをして、悩んだ様子の園長。
私はそれを、プレートに残ったコーンの一粒一粒をフォークに刺しては口に運びながら眺めていた。

「分かった、やろう。」

園長のその言葉を聞いて安堵の表情を見せる南店長。
と同時に、園長は私達に向けてこう言った。

「どうせ打たない愛はともかく、誠と加藤は、明日トレジャーで打つつもりなら今日はもう帰れ。」

園長VSマナ悪軍団、こんな面白そうな対決を見物しない訳にはいかないと思っていた私には意外な言葉だったが、加藤はいそいそと財布を取り出し、帰り支度をしている。

「それじゃあ、俺は明日並ぶつもりなんで、これで。」

加藤は自分の食べたミックスグリルの代金として千円札をテーブルに置くと、その場を後にした。

「誠はいいのか?」

園長はそう聞いた後に、イマイチ分かっていない様子の私の為にこう付け足した。

「今日、ここから先の話を聞くという事は、明日の設定1の台番が分かってしまうというのと同じ事だ。 設定を知って打ちに行けば、それはサクラと同じ。 つまりこの話に乗るってことは、一切打てなくなるって事だぞ。」

だから、明日から3日間の激熱イベントに参戦するのであれば、ここから先の話は聞かずに帰れという事らしい。

もちろん、園長は自分がトレジャーで打てなくなる事も、凌ぎのチャンスを逃す事になるのも承知の上で旧友の相談に乗るのだ。

期待値的には、加藤のように話を聞かず翌日からのイベントに参戦した方が良かっただろう。
だが、園長の漢気を目の前で見せられて、自分だけ帰りますというのも何か違う気がしたし、何より園長がどのようにしてマナ悪軍団を攻略するのか興味のあった。
私に帰宅という選択肢があろうはずもない。

「分かりました。 打てなくなっても良いので聞かせてください。」

園長は、別に構わないと頷く南店長の様子を確認すると、物好きな奴もいるもんだと笑って見せた。


「じゃあ早速……」

園長が普段の彼等の行動のヒアリングを始めようとすると、南店長は鞄の中からノートを取り出し、店内の見取り図を書いてくれた。

朝一、特定機種のイベント告知がない限り、彼等は北斗の拳のカニ歩きとキンパルのリセット狙いからスタートするという。

キンパルは、オーソドックスに前日嵌まってストックの貯まっていそうな台を上げ狙いで、北斗は、前日の履歴を問わずガックンチェックをして、ガックンする台だけを高確狙いで数十ゲーム回していくという。

そして、キンパルについてはリセットゾーンでボーナスを引き、設定判別要素であるビッグボーナス中の小役が良ければ終日粘る。
北斗については、朝一高確の台に限って本腰を入れて判別を行なっていくというスタイルのようだ。

それに加えて、昼過ぎからは吉宗のゾーン狙い。
特に宵越しのゾーンと設定変更後のゾーンが重複するゲーム数を好んで打っているであろう事は、毎日彼等が閉店チェックを欠かさない事から考えて間違いないという。

「それで打つ台がなくなったら帰っていくってところかな。」

南店長はため息混じりに語った。

キンパル、北斗、吉宗の3機種しか打たないのであれば、そこに設定を入れずにリセット対策をすれば良いだけかとも思えたが、それをしてしまえば一般のお客さんも飛んでしまう。
7枚交換のトレジャーで、あからさまな回収設定や朝一対策はできないという事だ。

「イベント告知時の彼等の動きは?」

トレジャーでは、イベント告知の際、機種によって設定配分に強弱を付けるような事はしていないという。
にも関わらず、彼等にはイベント告知を狙ってくる機種とそうではない機種があるという。

彼等が狙ってくるのは、キンパル、北斗、吉宗に加えて、南国育ちやボンバーパワフル。
一方、狙われない機種はというと、猪木や百景、スーパービンゴ、それにジャグラー。

ここまで聞くと、彼等が朝一リセットやゲーム数である程度判別のできる機種を好んで打っている事はなんとなくだが察しは付いた。

あとは、これらの情報に私達が下見した閉店時の最終ゲーム数を加味して、彼等が朝一着席しそうな台を選んでいくだけだ。

「だったら、明日は……」

結論が出たのは、午前2時。
話を始めてから2時間が経過する頃には、机の上に広げられたノートにはびっしりと書き込みがされていた。

彼らが座ると予想される台番、すなわち明日「設定1」となる台番がノートに次々と記載されていく。

「1136番台」
「1139番台」

この時から現在に至るまで幾度となく設定を予想してきた私であるが、設定が決まるその場に立ち会ったのは、後にも先にもこの時一回限り。
書き出される台番が、翌日その台に座る客の命運を握るのかと思うと、えもしれぬ感覚に襲われた。

「1263番台は?」

私の一言で、ノートに刻まれたその台番に座る客が例のマナ悪軍団であれば良いが……

設定1となる台番の書かれたそのノートは、まさに、その日、その台に座る客を地獄に叩き落とす為の死神のノートのように思えた。


結局、30台ほどの候補と、翌日・翌々日の為の秘策がノートに記され、この日はお開きとなった。

「二人も終電過ぎまで付き合わせちゃって悪かったね。 これ、少ないけどタクシー代。」

そう言って南店長は、私と愛さんに一万円ずつ手渡した。

「いいんですか?」

戸惑う私達を「いいから、いいから」と通りに連れ出し、タクシーに乗せると、園長と南店長はスナック街と思しき方向へ消えていった。

一人タクシーに乗せられた私は、運転手に自宅の住所を告げ、いくらくらいかかるのかと尋ねる。

「だいたい6,000円ちょっとかな。」

初めてのタクシー帰りに少しドキドキしながら、私は少しずつ増える料金メーターを眺めていた。

(続く)



【 6の付く日はお先に失礼します 】 メニューへ





【換金可能】 目指せ一攫千金! オンラインスロットで電子マネーゲット!

一撃5,000枚も可能!オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」
特許取得により「換金」が可能となっている、オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」。

現在新台リリースイベントで大盛況! 前作に比べてボーナス確率はなんと【250%超】!
オール役からのボーナス解除や高確モードからの連チャンは圧倒的破壊力で一気に大爆発の可能性アリ!
1000円分の無料ポイントでまずはお試しを。




キャッシング比較情報/キャッシングコラム

頼れるキャッシング比較 | キャッシング・ローンを比較
自分に合う最適なキャッシングやローンを探すことができる徹底比較サイト。
銀行系キャッシング、低金利キャッシング、無利息キャッシングなど。




【姉妹サイト】 パチスロとも共通点の多い投資『FX』を徹底解説

≪ FX初心者向けFX講座 ≫
当サイトの姉妹サイトで、運営7年目を迎える老舗のFX初心者向け入門サイト。
特に人気のコンテンツを以下にご紹介。


■知識ゼロだけどFXに興味がある >> FX早分かり一問一答

■初めてFXに挑戦する場合はどのFX口座がいい? >> これからFXを始める人にお勧めなFX口座特集

■FX投資をしたいが忙しくて時間がない >> 投資のプロが作った売買プログラムで無料自動取引




≪最新機種/注目機種≫

エウレカセブンAO
弱虫ペダル
モンスターハンター狂竜戦線(モンハン狂竜)
麻雀格闘倶楽部2
パチスロ犬夜叉
涼宮ハルヒの憂鬱
バジリスクV
ウィッチマスター
クランキーセレブレーション
北斗修羅
まどか☆マギカ2(まどマギ2)
天下布武3
BLOOD+ 二人の女王
クレアの秘宝伝2
デビルメイクライ クロス
バーサス
コードギアス2
北斗強敵
偽物語
バジリスク絆
ゴッドイーター
ミリオンゴッド凱旋
沖ドキ
ガールズ&パンツァー(ガルパン)



ページ最上部へ戻る

「パチスロ立ち回り講座」トップへ戻る