正統派パチスロ攻略サイト - パチスロ立ち回り講座 | HOME | はじめに | サイトマップ | お問い合わせ |


6の付く日はお先に失礼します



勝つ為に、あえて稼働を減らしたその理由 [2016/7/29(金)]

先日の日曜日には、業界の一大イベント「ユニバカ×サミフェス」が開催されましたね。

私もいち早くまどマギ2の試打をやってみたいと意気込んでいたのですが……


結果


まさかの抽選漏れ。

なんだかんだ言って、遊技人口の減少がまことしやかに囁かれる昨今。
申し込めば全員試打できるんだろうくらいの軽いノリでいたのですが、見込みが甘々でした。

他にも見所盛りだくさんの内容だったようですが、意気消沈した私は結局現地には行けず……
Twitterで会場の盛り上がりっぷりを眺めるだけとなりました。

私は試打できなかったとはいえ、タイムラインは昨年以上の盛り上がり。
まだまだこの業界も捨てたもんじゃないなと感じることができました。

もしかしたら、再来週あたりに広報ライターのどなたかからレポートがあるかもしれませんね。

 


さて、先週はまさかの「水曜日の二見さん」・「木曜日のガリバーさん」、「金曜日の私」と、3日連続北斗の拳将だった訳ですが、お二人の内容を拝見しても、やはり設定判別においては異色ボーナスがかなり大きなウエイトを占めているように感じられます。
2000Gくらい回して、異色ボーナスが引けなかったら「無し」くらいシンプルに見切っても良いのかもしれませんね。

そんな訳で、先週一人だけ異色ボーナスを引けなかった私も、負けじ魂を見せて高設定を掴んでやろうと意気込んだのですが、結果から言うと高設定を掴む事はできませんでした。

なぜなら……

「台に座る事すらできなかった」からです。

という事で、今週はそのあたりの事情について掘り下げてみたいと思います。


さて、こんな事を言うと皆様の心の声が聞こえてきます。

「攻略ライターなんて稼働してなんぼやろ!」
「打たなかった理由なんか掘り下げてもしょうもなかろう!」

しかし、私が稼働しているのは「等価交換のホール」となります。

当たり前の事ですが、等価交換のホールであれば、そうでないホールと比較して、同じ枚数のコインでより多くの現金を手にする事ができます。
そしてその裏返しとして、高設定台の台数は等価交換のホールの方が少ないという事になります。

つまり、それだけ設定狙いの稼働機会が少なくなるという事です。

そんな訳で、この連載でもかなり特定日を意識した立ち回りを強調してまいりましたし、通常営業の日には高設定台などなくても当然くらいの感覚で稼働しております。

しかしここ最近、この特定日にも、ある変化を感じ出したのです。

 


<特定日の傾向の推移>
8年くらい前でしょうか。
5号機初期、キン肉マンが出回っていた頃からとそれ以前で、イベント日・特定日の扱いが大きく変わったように記憶しています。

概念的な、そして、あくまで個人の感覚的な話で恐縮ですが、例えば、1か月間にホールが出玉として使う予算が「100」あったとします。

この予算が、以前までは…

『通常営業日 35』 対 『イベント日・新装開店日 65』

くらいの割合で割り振られていたように感じておりました。
なんだかんだ言って、あの頃は毎日イベントのようなものやオススメ機種の発表がありましたから、通常営業日でもそれらを選んで稼働する事によって、高設定台を掴むチャンスのある時代だったと思います。

しかし、その頃を境に徐々にその割合はイベント日重視の方向へとシフトしていきます。

そして、イベント日重視の傾向を決定づけた出来事が、皮肉にも「イベントの禁止」だったと思います。
宣伝によってイベント日をアピールする事ができなくなったホールは、出玉による集客を余儀なくされ、その結果、「特定の日には派手に出す→その分、それ以外の日には回収する」という傾向が強まったように記憶しております。

『通常営業日 15』 対 『特定日・新装開店日 85』

個人の感覚や地域差によるところもあるかもしれませんが、この頃から通常営業日には誰も並んでいないようなホールでも、特定日にならば200人並ぶといった光景も珍しくなくなってきましたし、「高設定台を掴んで勝ちたいなら、その日が特定日のホールだけを選んで稼働する」といった立ち回りが自分の中でも定石になってきました。

そのくらい、通常営業日と特定日には差がありました。


そして昨今、今年に入ってからの話。

配分自体は15対85と変わっていないと思うのですが、ホール側は放出日を減らす事によって、以前よりも多くの金額をユーザーから回収しようとするようになってきました。

具体的に言うと、まず新装開店日。
これはもう、通常営業日かそれ以下である場合も多くなっております。

以前であれば、新装初日には設定6を必ず1台使っていたようなホールでも、新装3回に1回しか設定6は使わないとかそんなイメージですね。

そして、特定日。
これも、本当に高設定があるのは3日に1回程度のホールが増えてきていると思います。

例えば、6の付く日が特定日のホールであれば、6の付く日は毎月6日・16日・26日と3日間ある訳ですが、そのうちの2日はガセ特定日といったイメージのホールが本当に増えてきていると思います。

このような残念ホールには、下記のような特徴があります。

●6の付く日が特定日のホールの6月6日など、明らかに熱そうな日に回収する

●平日よりも休日(常連客が集まりそうな日)にだけ、放出する

●特定日の中でも、出玉状況に大きな差を感じる/高設定と思える台が存在しない特定日がある

もし、皆様にもお心当たりがあるようであれば、それは善良な一般スロッターの敵、「以前よりも残念になったホール」であるかもしれません。

しかし、上記のような「残念ホール」であっても、客の入っているホールであれば、回収一辺倒のはずはありません。
数少なくなった1か月に1度の放出日のイメージで、1か月間客を呼び続ける訳ですから、その日だけは盛大に「祭」を開催する訳です。


という事で、ここ数か月、自分のパチスロ攻略はいかにしてこの「祭」の日に稼働するか、それ以外の日に稼働しないか、という点に集中してました。
特定日であっても、前回の特定日に放出していた場合は見(ケン)に回って情報収集とゾーン狙いに徹し、回収が続いた後の休日に特定日が重なるのをひたすら待ち続けました。

その結果が、冒頭の通り、高設定狙いの稼働機会を作れなかった事につながっているという訳です。


世の中を見れば増税に物価上昇、業界内部を見ればMAX機の撤去問題。
ホールだって以前よりも多くのお金を回収しなければ、経営が成り立たないのは分かります。

そのしわ寄せがダイレクトに設定状況に反映されている昨今、それでも高設定狙いで勝とうと思ったら、「高設定が存在する状況でしか稼働しないという断固たる決意」が必要なのではないかという事で、今週は敢えて稼働をしなかった事を書かせて頂きました。

厳しい状況になったようにも思えますが、考え方としては今までよりもかなりシンプルになったと思います。

「いかに『祭』の日に稼働して、それ以外の日に稼働しないか」

ゾーン狙いもフリーズによる一撃もないノーマルタイプの機種、設定が即出玉に直結するノーマルタイプ機種で勝負するのであれば、その1点に尽きるのではないでしょうか。

そういった意味では、今後はジグマ的な立ち回りよりも、いかに数多くのホールの情報を知っているかが収支に直結してくるのではないかと思います。

●あのホールは中古価格で200万する沖ドキを20台増台したから……

●あのホールは前回の特定日に回収/放出してたから……

●あのホールは大滑りした秘宝伝を導入しなかったから……

そんなホール側のお財布事情と、回収/放出の思惑の推理ができれば、数少なくなった高設定台を掴むチャンスも増えるのではないでしょうか。


という事で、最後に伊野谷誠的「お祭り判別フラグ」をお伝えして、今週はおしまいにしたいと思います。
「お祭り判別フラグ」は、以下の3つの視点でホールを見て回ってください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

@午後8時〜9時に (閉店2時間くらい前に)

A2,000〜3,000枚以上の出玉を持って

B通常時を遊技中のプレーヤーがどれだけいるか?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

@〜Bを見てもらえば分かると思いますが、上記のシチュエーションの台はそれなりの確率で高設定だから、閉店が近くなっても通常時が回されているのだと思います。

そんな台があるのか、ないのか。
あったとして、いつもよりも多いのか、少ないのかを見て頂くと、今日が「お祭り開催日」なのかどうか、比較的簡単に見分けられるのではないかと思います。

「お祭り開催日」が分かれば、あとは同条件の次回特定日を狙うも良し、それ以外の日の稼働を避けるも良し。
一日単位で高設定台を探す平面的な立ち回りから、もっと奥行のある立体的な立ち回りを組み立てる事ができるのではないかと思います。


なんだかんだで数少ないと文句を言っても、等価交換の設定6にはそれだけの「魅力」があります。
存在しないと諦めるよりも、存在すると信じてその夢を追い掛け続けたいと思う伊野谷誠でした。


P.S
情報収集の合間にゾーン狙い、モード狙いの稼働も細々と続けておりますが、最近は南国が8連チャンしてもこんなのばっかです。


南国物語



(C)OLYMPIA



【 6の付く日はお先に失礼します 】 メニューへ





【換金可能】 目指せ一攫千金! オンラインスロットで電子マネーゲット!

一撃5,000枚も可能!オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」
特許取得により「換金」が可能となっている、オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」。

現在新台リリースイベントで大盛況! 前作に比べてボーナス確率はなんと【250%超】!
オール役からのボーナス解除や高確モードからの連チャンは圧倒的破壊力で一気に大爆発の可能性アリ!
1000円分の無料ポイントでまずはお試しを。




キャッシング比較情報/キャッシングコラム

頼れるキャッシング比較 | キャッシング・ローンを比較
自分に合う最適なキャッシングやローンを探すことができる徹底比較サイト。
銀行系キャッシング、低金利キャッシング、無利息キャッシングなど。




【姉妹サイト】 パチスロとも共通点の多い投資『FX』を徹底解説

≪ FX初心者向けFX講座 ≫
当サイトの姉妹サイトで、運営7年目を迎える老舗のFX初心者向け入門サイト。
特に人気のコンテンツを以下にご紹介。


■知識ゼロだけどFXに興味がある >> FX早分かり一問一答

■初めてFXに挑戦する場合はどのFX口座がいい? >> これからFXを始める人にお勧めなFX口座特集

■FX投資をしたいが忙しくて時間がない >> 投資のプロが作った売買プログラムで無料自動取引




≪最新機種/注目機種≫

エウレカセブンAO
弱虫ペダル
モンスターハンター狂竜戦線(モンハン狂竜)
麻雀格闘倶楽部2
パチスロ犬夜叉
涼宮ハルヒの憂鬱
バジリスクV
ウィッチマスター
クランキーセレブレーション
北斗修羅
まどか☆マギカ2(まどマギ2)
天下布武3
BLOOD+ 二人の女王
クレアの秘宝伝2
デビルメイクライ クロス
バーサス
コードギアス2
北斗強敵
偽物語
バジリスク絆
ゴッドイーター
ミリオンゴッド凱旋
沖ドキ
ガールズ&パンツァー(ガルパン)



ページ最上部へ戻る

「パチスロ立ち回り講座」トップへ戻る