正統派パチスロ攻略サイト - パチスロ立ち回り講座 | HOME | はじめに | サイトマップ | お問い合わせ |


トリテン外れの向こう側



回らない不満、自己中心的なメーカー [2014/6/16(月)]

でもそんなじゃだ〜め♪
でもそんなんじゃだ〜めっ!

はいどーも!
皆さん、こんにちは!
頭の中は恋愛サーキュレーションの永遠リピート、花火です!
パチンコCR化物語最高!

花火の名前の中に化って字が入っている事に気が付いて、テンション上がっております。
いやぁ、名機が生まれましたね!

さぞ評価も高いんだろうなっと、化物語の稼働や中古価格を追っていたんですけど、まぁひどい。

あれ??
あれれ??
駄目?

確かに打っている時も、楽しそうなのは花火と隣のあんちゃんぐらいだった。
今回は火憐ちゃんと月火ちゃんが大活躍してるんで、それだけでもテンション爆上がりだったんだけどなぁ。

確かにスペックはひどい。
継続率70%はあっても良かったでしょ!
時短は100回でも大丈夫でしょっ!

粗利はマックスタイプを楽に超える数字を叩き出しております。

いやぁ、もったいない。
あの名機がクソ台認定されながら消えていくと考えると、胸が痛いです・・・。

ただ、確かにスペックはひどいんだけどさ、だったらもっと回すってのはどうですか?
あれが千円22回とか回ったら、打ってるストレスも全然違うと思うんです。
折角の8個保留なんだしさぁ。

確かに、稼働がない、締める、機械代だけでも回収ってのもわかるんですけど、もうちょっとなんとかなりません?

まぁ勿論、メーカーも悪いっすよ!
1万5千台限定発売ぐらいの事言ってたじゃないですか!

受注が沢山来たからって、それで沢山作りますってのも違いますよね。
ほぼ予定の倍入ってます。
それじゃあんまりだ。

メーカーも営利企業。
売上が欲しいのもわかります。

目先の利益を求める余り、大事なものがどんどん失われている気がします。
ユーザーが打ってくれて初めて成り立つ業界だという事を忘れないで頂きたい。

確かに現状は苦しい。
ただ苦しい時程、先を、前を、見ましょうよ。
メーカーだって、すぐに潰れるとかないでしょ!

ましてや天下のサミー様。
もっとデーンっと構えて下さいませ。
もっと大事に、一機種毎に愛情を持って育てましょうよ!

自分で自分の首を絞めて、苦しいって・・・。
それじゃただのピエロじゃないですか!

今回はこの熱量のまま本題に入っちゃいます。
今回は『回らない不満、自己中心的なメーカー』です。



ぱちんこが回らないんです。

いや勿論、回しているホールもありますが、残念ながら少数派になってしまうのでしょう。
ぱちんこの稼働はどんどん下がってきています。

これの一番の原因と言われているのが、『粗利の取り過ぎ』です。
ユーザー目線で言えば、『回らない』『確変中の玉減り』『大当たり出玉の削り』って所だと思います。

この不満を解消しようという試みの一つが、8個保留です。

8個保留というのは、普通の機械より辛めの設定にして、回しても利益がある程度とれるようにしたスペックです。

ただね、これも回さない。
普通の機械と同じように扱うので、ユーザーからしたら回りは普通なのに、連荘しないとか出玉が少ないといったように、より不満に思ってしまう訳です。

保留1個や2個で熱い演出が出やすいようになっているのも、回らないといった不満を薄める為のものになっております。


スロットはどうでしょう?

スロットは最低設定が1となっており、それ以下はありません。
ただこの設定1の機械割が下がってきていました。

AT機が出始めた当初、暴れる機械が多く、荒いけど甘い!といった機械が多かったんです。
それが今のAT機は、総じて辛い傾向にあります。

人気があるハーデスとかモンハンは、そういったAT機に比べるとかなり甘手の部類に入り、粗利で言うと他の機械の2分の1から3分の1になってる感じです。

それに加え、等価じゃなくなった事により、換金ギャップの差で低設定はよりきつくなってます。
まぁ、ここらへんは以前にも書きましたが、想像以上にホールさんが頑張って設定を使ってくれてたり、会員カードを上手く使えば解消される問題でもありますけどね。

またスロットには、もう一つ大きな問題があります。
それが、機械代の高騰です。

今に始まった問題でもないですけど、最近は特に高い。
やり過ぎでしょう!

確かに昔のスロットに比べたら、液晶も役物もスピーカーにランプ等、コストは間違いなく上がっていると思います。

ただそれにしても高いでしょ!
1台あたり40数万って・・・。
中古の車が買えちまいますよ!

そりゃ大事に使えって言われても無理があります。

そしてそのほとんどの機械が、機械代すら回収できないまま世を去っていく。
長く使える機械が少なく、一機種辺りの販売台数もどんどん落ち込んでいるから、今度は新台を乱発する。

ほとんどのメーカーがそういう状態に陥っています。

ちょっと本当に落ち着きましょう。
会社を存続する為だからしょうがないなんて思ってるかもしれないけど、このままじゃ業界自体がなくなってしまいます。

2004年から2014年の10年間で、遊技人口は半分にまで減りました。

10年で遊技人口半分になる業界なんて他にありませんよ。
ネットやスマホの普及で、ゲームや様々なSNS等、外的要因は勿論色々あるんですけど、それでもおかしいでしょ。

本当に業界全体で色々な事を取り組んでいかないと、このままだと10年後なんてどうなってるか想像するだけでも恐ろしいです。


読者日記を読ませて頂いても、結構この業界の行く末を心配する声が多数あります。

ユーザーに心配させちゃ駄目ですよね。
安心してぱちんこ・スロットを打てていないという事の裏返しですから。

その点JRAとかは素晴らしいっすよ。
同じく競馬人口は減ってはいるものの、業界全体の努力で減少に歯止めがかかってきてますからね。

業界全体のクリーンなイメージの浸透。
競馬場自体でも様々なイベントや試みをしてどんどん身近になってきています。


ここまでは悪い事だらけだったのですが、最後に一つ前向きなニュースをお伝えしたいと思います。

今回この業界に、一つの団体が誕生しました。
それが『遊技産業活性化委員会』なるものです。

これは、ホール・スロットメーカー・ぱちんこメーカーといった全ての業界団体が結集して立ち上げたものになります。

今までも似たような団体はあったんですが、ここまで大規模なものはありませんでした。
そしてこういった団体にありがちな、TOP会談とか全く意味のない会議ばっかりを繰り広げるといったものではなく、現場の実務者レベルの人達を含んだ人達で継続的な議論が行われるそうです。

今までになく、かなり実務的・現実的な話し合いがされております。

ここで花火が書いてきたような諸問題もしっかり取り上げており、改善策や各メーカーへの自主規制・ホール団体への要望を即上げたりと、フットワークも軽そうです。

こういった議論が活性化し、業界全体が一つの方向を向きながら取り組めば、どんな問題も解決できると思います。

冒頭にも書きましたが、自分の首を自分で締めているというのが大半ですからね。
自分の力を緩めれば良いだけです。

この団体が、より良い業界の未来を作る大きな第一歩になるよう期待しております。


さて、花火は可愛いヒロイン達に癒されてこようかなー。
それでは皆さん、良いスロライフをっ♪



【 トリテン外れの向こう側 】 メニューへ





【換金可能】 目指せ一攫千金! オンラインスロットで電子マネーゲット!

一撃5,000枚も可能!オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」
特許取得により「換金」が可能となっている、オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」。

現在新台リリースイベントで大盛況! 前作に比べてボーナス確率はなんと【250%超】!
オール役からのボーナス解除や高確モードからの連チャンは圧倒的破壊力で一気に大爆発の可能性アリ!
1000円分の無料ポイントでまずはお試しを。




キャッシング比較情報/キャッシングコラム

頼れるキャッシング比較 | キャッシング・ローンを比較
自分に合う最適なキャッシングやローンを探すことができる徹底比較サイト。
銀行系キャッシング、低金利キャッシング、無利息キャッシングなど。




【姉妹サイト】 パチスロとも共通点の多い投資『FX』を徹底解説

≪ FX初心者向けFX講座 ≫
当サイトの姉妹サイトで、運営7年目を迎える老舗のFX初心者向け入門サイト。
特に人気のコンテンツを以下にご紹介。


■知識ゼロだけどFXに興味がある >> FX早分かり一問一答

■初めてFXに挑戦する場合はどのFX口座がいい? >> これからFXを始める人にお勧めなFX口座特集

■FX投資をしたいが忙しくて時間がない >> 投資のプロが作った売買プログラムで無料自動取引




≪最新機種/注目機種≫

エウレカセブンAO
弱虫ペダル
モンスターハンター狂竜戦線(モンハン狂竜)
麻雀格闘倶楽部2
パチスロ犬夜叉
涼宮ハルヒの憂鬱
バジリスクV
ウィッチマスター
クランキーセレブレーション
北斗修羅
まどか☆マギカ2(まどマギ2)
天下布武3
BLOOD+ 二人の女王
クレアの秘宝伝2
デビルメイクライ クロス
バーサス
コードギアス2
北斗強敵
偽物語
バジリスク絆
ゴッドイーター
ミリオンゴッド凱旋
沖ドキ
ガールズ&パンツァー(ガルパン)



ページ最上部へ戻る

「パチスロ立ち回り講座」トップへ戻る