正統派パチスロ攻略サイト - パチスロ立ち回り講座 | HOME | はじめに | サイトマップ | お問い合わせ |


人生パチスロ一筋



2015年のノーマルタイプの収支/二見流北斗強敵攻略法 [2015/12/2(水)]

パチスロ立ち回り講座をご覧の皆様、メオトイワ〜!!

47度目の登場。
端玉景品のヤクルトで冷蔵庫がパンパンになりました!
二見りょうです。

最近ヤクルトを仕入れているホールがやたらと増えたような。
ま、身体に良いので個人的には嬉しんですけどね。


さて、それではさっそく本題の方へ。

前回の最後にササっと書いたんですが、ノーマルタイプの機種別個人データをまとめてみたので、まずはそれの公開から。

そして、新たに最近取り入れている立ち回りについてもご紹介したいと思います。

 


前に申し上げました通り、ノーマルタイプは基本的に苦手分野。

ただ、パチスロで収支を上げていく上では避けて通れないのもまたノーマルタイプ。
当然、苦手だから打たないというワケにはいかず、この状況なら攻める価値があるなと判断した時は積極的に触っています。

では、そんな苦手とするノーマルタイプでどれほどの成果を上げられているのか。
ハナハナ集中月間であった3月の後、4月から11月までのデータをまとめてみました。

ちなみに、どれくらいの内容&収支だったのか、今回まとめるまで僕自身ハッキリと把握していませんでした(^_^;)

では、どうぞ!!


【 ノーマルタイプ機種別データ 】

『アイムジャグラー』
実戦回数 : 2戦
総回転数 : 2040G
BIG : 8回
REG : 5回
合算 : 1/156.9(設定3付近)
収支 : +4400円

『マイジャグラー2』
実戦回数 : 2戦
総回転数 : 2007G
BIG : 5回
REG : 3回
合算 : 1/250.8(設定1以下)
収支 : −20090円

『マイジャグラー3』
実戦回数 : 3戦
総回転数 : 10566G
BIG : 46回
REG : 29回
合算 : 1/140.8(設定4付近)
収支 : +44400円

『ジャグラーガールズ』
実戦回数 : 7戦
総回転数 : 14374G
BIG : 57回
REG : 44回
合算 : 1/142.3(設定4付近)
収支 : +43000円

『ゴーゴージャグラー』
実戦回数 : 3戦
総回転数 : 8855G
BIG : 38回
REG : 40回
合算 : 1/113.5(設定6以上)
収支 : +50200円

『ハッピージャグラー』
実戦回数 : 4戦
総回転数 : 3334G
BIG : 10回
REG : 7回
合算 : 1/196.1(設定1以下)
収支 : −24000円

『キングハナハナ』
実戦回数 : 3戦
総回転数 : 2307G
BIG : 7回
REG : 4回
合算 : 1/209.7(設定1以下)
収支 : −9000円

『ドラゴンハナハナ』
実戦回数 : 7戦
総回転数 : 13175G
BIG : 53回
REG : 24回
合算 : 1/171.1(設定2と3の間)
収支 : +14100円

『クイーンハナハナ』
実戦回数 : 12戦
総回転数 : 39876G
BIG : 169回
REG : 104回
合算 : 1/146.0(設定5と6の間)
収支 : +243030円

『ニューキングハナハナ』
実戦回数 : 15戦
総回転数 : 23812G
BIG : 101回
REG : 52回
合算 : 1/155.6(設定4と5の間)
収支 : +97910円

『ハナハナホウオウ』
実戦回数 : 3戦
総回転数 : 6982G
BIG : 21回
REG : 17回
合算 : 1/183.7(設定1と2の間)
収支 : −21000円

『コクッチーマスターズ』
実戦回数 : 1戦
総回転数 : 139G
BIG : 0回
REG : 0回
収支 : −4400円


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【 4月〜11月ノーマルタイプデータまとめ 】
●実戦回数 : 62戦
●総回転数 : 127487G
●収支 : +418550円
●総稼働時間 : 183.5h
●時給 : +2280円
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


まず、それなりに収支に貢献してくれていたことにホッと一息。

しっかりデータを残しておくと、自分がどれだけの成果を上げられていたか、立ち回りの方向性が間違っていないか等の確認が出来るのでオススメですね。

これだけの実戦回数で、これくらいの収支が上げられていたということは、高設定を低設定よりもゲーム数的に多く打てていたからと判断しても良いかなと思います。
失敗は多々あったと思いますが、肝心な「トータルで見てプラスに持っていくこと」は出来ていたのかなと。

そして何より、苦手としているノーマルタイプですが、それなりの動きさえしていれば、それなりにプラスになるということも確認出来ました。

僕がノーマルタイプを打つ際に気に掛けていることは、しっかりと高設定が使われる状況かどうか。
これが、最大にして唯一の注目点ですね。

勿論、朝一から打つ場合などは狙い台を絞り込んだりする作業もそれなりにします。
ですが、前回申し上げた通り、そこに関してはそこまで時間をかけて綿密にやれていません。
判別に関しても、ボーナスが当たれば続行、当たらなければヤメ、くらいのザックリとした展開になる実戦が多いですね。

とはいえ、細かくいうとホール状況や内容等に応じて見切りラインは上下させていますけどね。

夕方以降から狙う場合は、ボーナス出現率がバッチリ高設定域かどうか、そのホールにこの日高設定が使われるかどうか、のみを意識しています。
ノーマルタイプを狙う際は、これくらいシンプルに考えています。

シンプルと言うか、ザックリ、はたまた少し適当みたいな感じですかね(^_^;)

愛知県も等価交換廃止の流れがあるし、設置されている機種的に天井・ゾーン狙いでの立ち回りが厳しくなっていくことから、今後はノーマルタイプの実戦回数が増えると思います。
なので、さすがにこれからはもう少しホール選択・台選択・判別まで、精度を上げていく必要はありますね。

 


さて、ここから話は大きく変わりまして。

お次はAT機。
題して『二見流、北斗強敵の高確狙い徹底検証!!』

ここ最近、天井・ゾーン狙いに徹している日に積極的に試している立ち回りをご紹介します。
タイトルの通り、北斗強敵にて高確モードを狙い撃つという打法です。

実戦の概要としては、朝一設定変更後(同一設定への打ち直しを含む)の高確移行を狙い、通常・低確モードよりも少しでも多く高確モードを触っていくといった感じです。

ご存じの方も多いと思いますが、簡単に北斗強敵のゲーム性を紹介しますと…

通常時は、低確・通常・高確・前兆と4つのモードの何れかに滞在しています。
前兆モードはイコールAT当選確定なので、低確・通常・高確モードから前兆モードを目指すのが基本的な流れとなります。

そして、前兆モードへ最も移行しやすいモードが高確モードとなり、高確モードからの実質的なAT当選率は約1/117(設定1)となります。
低確モードで約1/846(設定1)、通常モードで約1/634(設定1)となり、これら2つのモードと比べると、どれだけ高確モードが前兆モードへ移行しやすいか分かるかと思います。

設定6のAT初当たり確率が約1/292なので、設定1でも仮に100%で高確モードに滞在しているとしたら、設定6よりも機械割は高くなると言えますね。

当然、高確モードのみ100%の状態で打ち続けるのは不可能な仕様になっています。
ですが、機種の特性を利用したり演出による見極めを行なったりすることで、高確を打つパーセンテージを上げることは可能です。

それが今回の「二見流、北斗強敵高確狙い」の立ち回り法です。

基本的に、通常時のモードは大半が通常か低確に滞在しています。
なので、もし仮に50%ほど高確に触れていたとしたら、劇的に初当たり出現率は上昇します。

要するに、それが叶えば設定不問で勝てる立ち回りとも言えますね。

パーセンテージで言うと分かり難いかもなので、少し分かり易く説明しますと。

通常時を1000G消化した場合、500Gは通常・低確モードを打っていた、残り500Gは高確モードを打っていたとなれば、50%高確に触っていたということになります。
この高確モードを打っているパーセンテージが上がれば上がるほど、AT初当たり出現率及び期待値は上昇するとなりますね。


それでは、実際にどのように高確モードを狙うのか。

上で述べた通り、まずは朝一の設定変更台を打ちます。
設定変更台を打つ理由としては、設定変更後にモード移行抽選が行われる特性を利用する為ですね。

ちなみに、設定変更後のモード移行率は。

【高確移行率】
設定1 : 25%
設定2 : 27%
設定3 : 28%
設定4 : 30%
設定5 : 31%
設定6 : 33%

となっております。

設定変更されていなかったら元も子も無いので、ガックン対策されていないホール等での実戦をオススメします。
対策されていても、このホールは間違いなく全台変更だと推測されていれば問題なしですが、不明であればあるだけ精度が下がるので注意が必要です。

設定変更台を打ち始めましたら、後は演出を見て続行していくか見切るかの判断をしていくだけ。

と、簡単に「判断をしていくだけ」とサラっと言いましたが、実際はここが肝であり、簡単ではないところでもあります。

北斗を触ったことがある方ならご存知だと思いますが、高確モード濃厚・確定、又は高確モード否定と判断するまでに、数十ゲームを要することがしばしばあります。

高設定狙いをしている時はじっくり判断していけば良いのですが、この立ち回り法の場合、少しでも通常モード以下は早く見切っていきたいところ。
勿論、極力高確モードは捨てずに長く打ちたいところ、とも言えます。

そこで演出や挙動を見て、どれくらいで押し引きしていけば良いのか。

過去の高設定狙い時の実戦等からの経験も踏まえて導き出したルールがコチラ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●モード推測に足しになる演出が発生する前にリプレイが5回成立したらヤメ

●モード推測の足しになる演出が発生する前にベルが7回成立してLEDの色変化が無ければヤメ。

●ハートステージからシュウステージ、シュウステージからハートステージへ移行したらヤメ。

●北斗カウンターが点灯した場合は消えるまで。

●ケンシロウ第一停止見渡す、リン第一停止つまずく、バット青缶1個、黄缶1個等の通常以下期待度が上昇する演出が2回連続で出たらヤメ。

●ジャギステージへの移行、ケンシロウ第3停止振り向きやバット青缶3個、黄缶3個等の高確期待度アップ演出が発生した場合は見切りラインを上げる。

●LED矛盾、青・黄大オーラ等、高確確定演出が出た場合は、さすがに通常以下に落ちたかなと思えるところまで続行。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

と、大体こんな感じです。

一応、ルールとして書いてみましたが、ルールというよりは目安的に捉えて頂けたらと。

というのも、「見切りラインを上げる」や「思えるところまで」等、ゾーン狙いの様に○ゲームまでといった確かなモノでなく、抽象的なモノも含まれているからです。

結局のところ、モード推測には打ち手個人の読みが大きく影響してくると言えますね。
通常の実戦で培ったモノが活きる打法とも言えます。

ということで、僕なりに意識して判断に取り入れている考えは上記のモノですね。

場合によっては高確を捨てても仕方ないと思います。
確実に高確かどうかまで判断していくよりも、これくらいでサクサク判断していく方が、トータルの高確滞在率は高くなるとの予想の上での考えでもあります。

恐らく、しっかり判別していると通常モード以下を多く打ち過ぎてしまうと思うので。


では、実際の実戦データを一本紹介します。


【 北斗強敵高確狙い実戦データ 】
11 ヤメ

41 ヤメ

45 ヤメ

23 ヤメ

97 ヤメ

8 ヤメ

60 AT 8000円 中段チェリー 白

128 終了 3セット

10 ヤメ

21 ヤメ

7 ヤメ

19 ヤメ

18 ヤメ

101 AT 中段チェリー 白

110 終了 3セット

4 ヤメ

134 ヤメ


【 北斗強敵データまとめ 】
●実戦台数 : 13台
●通常時回転数 : 599G
●AT初当たり出現率 : 1/299.5
●投資 : 8000円
●回収 : 6800円
●収支 : −1200円
●獲得枚数 : 345枚


大体どんな感じかイメージして頂けたかなと。
かなりサクサク見切っていますね。

押し引きの精度が上昇したら上昇しただけ、一台あたりの期待値も上昇する打法なので、そこは各々の工夫や実力次第で上げられると思います。

まだ僕のルールは、間違いなく完璧には遠いと思いますね(^_^;)


そして一番の問題である、実際にこの狙い方で勝てるのかどうかという点。
それを検証すべく、全実戦データをまとめてみました。

それがコチラです!!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【 二見流北斗強敵高確狙いデータまとめ 】
●実戦日数 : 8日分
●実戦台数 : 119台
●通常時回転数 : 3580G
●AT初当たり出現率 : 1/275.3
●収支 : +19500円
●AT初当たり出現率から計算した一台あたりの期待値 : +305.8円
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


まず、収支に関してはAT中のヒキが弱めで若干低い数値となっています。

何より大事なところはAT初当たり出現率。
通常時3580Gの試行なので、まだ全然確信を得るのには足りないと思いますが、設定6以上の数値で当たっている点に希望は見出せるのかなと思います。

二見流沖ドキ通常B狙いに引き続き、期待値が不明な立ち回り法。
それだけに、今のところ意識的に狙っている打ち手は少なく見えます。
まだ実戦回数も少ないので、オススメとまではいきませんがね。

個人的にはイケそうな手応えは感じているので、今後もチャレンジしてみようと思ってはいます!


今回も最後までご覧頂き、ありがとうございました!
次回も宜しくお願い致します!!

 


【パチスロ立ち回り一問一答】

●現在と過去のパチスロを比べて1番変わったなーと思うのはどの辺りでしょうか?
純粋に出玉速度ですね。
昔は午前中でサクッと10万勝ち→昼には帰宅、みたいな日が度々ありました。
最近は途中帰宅のケースが殆ど無くなったので、その辺りに違いを感じますね。


●今後、動画等のメディア進出の野望は持っていますか?
機会があれば色んなお仕事をしていきたいとは思っております!!


●ライターの夏目五郎さんを知っていますか?知っていたら立ち回りについてどー思いますか?
知っていますよ!
旅打ちの途中でお会いしたこともあります(笑)
勝利に対して貪欲なところは見習わなければいけない部分もあると思っていますね。


●酒は飲めないほうということですけど、愛知の名産特産で酒のつまみに合いそうなのはなんですか?
お酒が飲めないのでイマイチ分からないんですが、手羽先なんかは合いそうかなと思います。


●カラオケでパチスロの曲歌いますか?自分は絶対、甲賀忍法帖歌います(笑)
昔は慶次や番長の曲を歌っていましたね!
甲賀忍法帖は嫁が歌っています(笑)


●パチンコ全撤去で今後の二見さんの立ち回りに影響しますか?
全撤去とはならないと思いますよ!
仮に全撤去みたいな自体が発生したら、立ち回りどうこうというよりも、ホールが軒並み潰れるんじゃないですかね。


●マエケンがメジャー移籍したら、またカープは万年Bクラスになってしまいませんか?すこぶる痛いと思います。
個人的な意見ですが、Aクラスには入れたとしても、ペナント制覇は暫く難しくなるんじゃないですかね。
イチ野球ファンとしては、もう少し日本で活躍する姿を見てみたいですね。
広島カープが優勝する瞬間も見てみたいです。


●年末年始はいつごろまで稼働するんですか?
今年はギリギリまで稼働するつもりです。


●ジャグラー難しいです。マイジャグ3好きですが。立ち回り教えてください。
ジャグラーシリーズはほんと難しいですよね。
個人的にはボーナスをメインに押し引きするのみかなと考えています。
また実戦報告出来る時があればガッツリと綴ってみますね!



【 人生パチスロ一筋 】 メニューへ





【換金可能】 目指せ一攫千金! オンラインスロットで電子マネーゲット!

一撃5,000枚も可能!オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」
特許取得により「換金」が可能となっている、オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」。

現在新台リリースイベントで大盛況! 前作に比べてボーナス確率はなんと【250%超】!
オール役からのボーナス解除や高確モードからの連チャンは圧倒的破壊力で一気に大爆発の可能性アリ!
今なら特別キャンペーン中!3000円分の無料ポイント配布中!




キャッシング比較情報/キャッシングコラム

頼れるキャッシング比較 | キャッシング・ローンを比較
自分に合う最適なキャッシングやローンを探すことができる徹底比較サイト。
銀行系キャッシング、低金利キャッシング、無利息キャッシングなど。




【姉妹サイト】 パチスロとも共通点の多い投資『FX』を徹底解説

≪ FX初心者向けFX講座 ≫
当サイトの姉妹サイトで、運営7年目を迎える老舗のFX初心者向け入門サイト。
特に人気のコンテンツを以下にご紹介。


■知識ゼロだけどFXに興味がある >> FX早分かり一問一答

■初めてFXに挑戦する場合はどのFX口座がいい? >> これからFXを始める人にお勧めなFX口座特集

■FX投資をしたいが忙しくて時間がない >> 投資のプロが作った売買プログラムで無料自動取引




≪最新機種解析/注目機種解析≫

■押忍!番長3
■北斗の拳 新伝説創造(北斗創造)
■SLOT魔法少女まどか☆マギカ2(まどマギ2)
■盗忍!剛衛門
■シンデレラブレイド3
■ミリオンゴッド〜神々の凱旋〜(ゴッド凱旋)
■アナザーゴッドハーデス
■アナザーゴッドポセイドン
■戦国パチスロ花の慶次〜天を穿つ戦槍〜(花の慶次4)
■政宗2
■忍魂 〜暁ノ章〜
■バイオハザードリベレーションズ(バイオハザード7)
■AKB48 勝利の女神(AKB勝利)
■スーパーミラクルジャグラー
■モンキーターンV(モンキーターン3)
■GI優駿倶楽部(ダービークラブ)
■エウレカセブンAO
■モンスターハンター狂竜戦線(モンハン狂竜)
■バジリスクV(バジリスク3)
■バジリスク絆
■クランキーセレブレーション
■北斗の拳 修羅の国篇(北斗修羅)
■3×3EYES(サザンアイズ)聖魔覚醒
■クレアの秘宝伝 眠りの塔とめざめの石
■バーサス
■パチスロ偽物語
■エヴァンゲリオン 魂を繋ぐもの
■ガールズ&パンツァー(ガルパン)
■ゴッドイーター
■ハナビ
■黄門ちゃま〜喝〜
■沖ドキ!
■押忍!サラリーマン番長



ページ最上部へ戻る

「パチスロ立ち回り講座」トップへ戻る