正統派パチスロ攻略サイト - パチスロ立ち回り講座 | HOME | はじめに | サイトマップ | お問い合わせ |


人生パチスロ一筋



「パチスロで勝つ」ことに対し、「オカルト」はどれだけ邪魔をするか [2017/8/23(水)]

パチスロ立ち回り講座をご覧の皆様、メオトイワ〜!!
2017年上半期の大スランプから一転、下半期に突入してから好調をキープ中の二見りょうです。

8月は、20日を終えて11勝5敗と高勝率。
お陰様で、月収支も今年のベストを更新できるかもな勢いとなっております。

ただ、この7月からの好調。
これまでリサーチしてきたモノが実ってきたのと、機種選択等の立ち回りが上手い具合に噛み合ってくれたからこそといった感じで、そこまで盤石な感じもしないんですよね。

と言いますのも、高設定狙いに関してはまずまず納得のいく内容の実戦をこなせているんですが、天井・ゾーン狙いに関しての内容がすこぶる悪い。
上半期と比べて、ビックリするくらい大幅に拾えなくなりました。

二見の推測としては、旧基準機の稼働割合が下がり、新基準機の稼働割合が上がってきていることが原因かなと。
ユーザー数が短期間で激減するとは思えず、そしてこの短期間で一気に平均的な知識量が上がるワケでもないと思うので、大きな理由としてはやはりこの推測が一番の理由なのかなと。

だとすると、これってなかなかのピンチなんですよね。
これから一気に旧基準機の稼働割合が上がることはまずあり得ないですし、天井・ゾーン狙いの性能が高い機種もそうそう出てこないでしょうから。

天井・ゾーン狙いに関しては、これから更に厳しくなっていきそうですし、ここ3年くらいずっと武器にしてきた「高設定狙い出来ない時や失敗した時のフォロー」が、これからは機能しなくなると考えた方が良さそうです。

となると、目標の収支を目指す為には、必然的に高設定狙いでの内容を大幅に上げる必要があるワケなんですが…。

今のところ、それを大幅に上げる為の突破口は見出せていません。
まあ、パチスロはその時その時の状況に左右されやすい水物的な部分もあるモノなので、状況の好転に期待したいところではありますが。

ただ、それもなかなか難しそうなのが、今のパチスロ業界の現状かなと思います。
北斗の拳創造の登場で少しは流れが変わるかな?


さて、では今週の一筋。
今週は、16年のパチスロ生活で培ってきた二見の立ち回り、特に考え方的な部分において、出し惜しみなくお伝えしていこうかと思います。

書きたいことは大体まとまっているんですが、おそらくとてもつまらない内容になる様な予感がします。
ま、元々面白い文章は書けませんが(笑)

ガチガチに勝ちに拘った内容の話になると思うので、「パチスロは収支度外視で楽しむのが一番」とお考えの方は、ここで読むのをやめることをオススメします。
そういった読者さんは、なかなか僕の連載を読まれていないとは思いますけどね(笑)

パチスロで少しでも勝ちたい、収支を上げたいとお考えの方には、少しでも足しになるお話が出来ればなと思います。

 


【大事なのは、「オカルトを一切信じない」こと】
これ、結構簡単な様で難しいことなんじゃないかなと。

パチンコ・パチスロの生涯収支がプラスの人とマイナスの人の差で、特に大きい要素の一つが「オカルトを信じるか信じないか」じゃないですかね。

特にパチンコは、オカルトが優先になると100%負けると思います。
何故なら、パチンコの勝ち負けは全て釘(回転率)で決まりますから。

パチスロはまだオカルトを信じつつも、高設定狙いやしっかりボーダーを守った上での天井・ゾーン狙いが出来ていれば、プラス収支に持ち込むことは可能かもしれません。

ただ、僕はオカルトを排除することで、信じるよりも更に収支を上げることが出来ると思うので、一切オカルトは信じません。
オカルトを信じないというより、既に頭に無いという感じですかね。

それを意識せず立ち回ったところで、一切の不備は感じませんでしたし、その考えが自分の中ではベストだったと確信しています。


ちなみに、よくあるオカルトの代表的な例を挙げると。

@ハマった後は跳ねっ返りで連チャンし易い
A連チャンしすぎて確率以上に当たるとその後ハマリ易くなる
B設定変更後は早い当たりが来やすい
Cここまで出たらもうこれ以上は出ない
Dこれだけ吸い込んだらこれくらいは戻ってくる

等々。

これらオカルトは、台の性能からして全て無根拠なモノとなります。
要するに、立ち回りに必要ない思考ってことですね。

例えば、@とAのオカルト。
ノーマルタイプの場合、抽選確率は常に一定なので、どれだけ連チャンしていようがどれだけハマっていようが、それ以降も当たり易くなったりハマリ易くなったりすることは一切ありません。

もしもこのオカルトがまかり通るのならば、天井の無いノーマルタイプでハマリ台狙いが有効みたいなことになりますよね。
ですが、これを意識して立ち回ったところで勝てませんし、おそらくそう意識して立ち回っている人の大半は負けていると思います。

連チャンが抜けたし、そろそろハマリそうだからこの出玉を持ってヤメ、みたいなことを頻繁に行っている人も、そう収支が伸びないでしょう。
連チャンしようがハマろうが、その時々で考えるのは、その後の展開じゃなくその時点での設定を予想することです。

そしてBに挙げた、設定変更以後は早い当たりが来やすいですが、これも先の理由と同じで、設定変更後だろうが何だろうがノーマルは抽選確率が常に一定なので、設定変更したから最初の当たりが早くなったり遅くなったりすることはありません。

このオカルトを信じてしまうと、根拠のない理由によって設定変更の有無を予想することになります。
実は低設定の据え置きなのに、朝一のボーナスが早かっただけで設定変更の期待度を大幅に上げてしまったとしたら、その思考のお陰で低設定をより長く打つことになります。

設定変更の推測をする際に必要なモノは、オカルトではなく事実として解明されているモノのみで良いと思います。
例えば、ガックン判別やランプ判別といったモノですね。
ハナハナやジャグラーなら、連チャン時のBGM変化なんかもですね。

これら実際の挙動として起こるモノのみを信じて利用することが、ブレない立ち回りに必要なモノだと思います。


設定変更のオカルトに関しては、「設定変更すると波が変わる」とかもありますが、これも全くの無根拠。

不発の高設定を同一設定で打ち直すと爆裂し易くなり、爆裂した低設定を大人しくさせる為に低設定の同一設定を打ち直すといった感じのモノ。
これは、よくホールの設定師の人が信じているオカルトでもありますが、こういったことも全くありません。


そして最後に例のCとDですが、これはよくパチスロ談義の時に出てくる話かなと思います。
朝の並び中なんかに聞こえてくるオカルト話のナンバー1かもしれませんね。

このオカルトも、勝ちを目指す上で超絶邪魔な要素だと思います。
これだけ吸い込んだらこれくらい戻ってきて当たり前、的な考えは超危険。

例えば、ホールで3000枚以上吸い込んでいる様な台を見つけたとしましょう。
今のご時世、そんな空き台は低設定の可能性は超特大です。

その台が設定1だった場合、そこから吹き易くなるなんてことはなく、設定1なりにマイナスの期待値を叩いていくことになります。
これが当たり前の事実なので、逆にこれを避けるだけでも勝率は上がると思います。

ですが、このオカルトを信じているというか意識しているユーザーは意外と多く感じます。
敢えて激しく吸い込んでいる台に、迷いもなく飛び込んでいる人をよく見掛けるので。

勿論、極稀に高設定であることもあると思いますが、これもトータルで見たら100%負ける立ち回りです。


そして、それに匹敵するくらい収支を上げることの妨げになるのが「これだけ出たからもうこれ以上出ないだろう」という考え。

よく聞くのが、「5000枚も出たら、もうこれ以上は伸びないだろう」・「機械割110%の限界はこれくらい」といった話。

人間の心理として、少しでも多く勝っている状況だとヤメたくなる。
これがこのオカルトの根本かなと。

ただ、これも収支を少しでも多く上げる為には邪魔な思考。

仮に高設定濃厚、又は確定の台を実戦中、閉店まで残り3時間残していたとして、その時点で「もうこれ以上出ない気がする」といった理由でヤメたとします。

この行動は、「あり得もしない事実を理由に、残り3時間分の上乗せが約束されている勝利を放棄し、それよりも低い額の目先の収支を優先した」ということになります。
こう表すと、少しでも大きく勝とうとする行動からはかけ離れた行為だというのが分かりますよね。

ちなみに、敢えて「上乗せが約束されている勝利」と書きましたが、これはあくまで期待値的な意味で、その時のヒキ次第で出玉は減る可能性もあります。
ただ、同じシチュエーションが何度もあったなら、確実に上乗せされると意味です。

つまるところ、何枚出ていようが、どれだけショボくれていようが、出玉に関係なく高設定と判断したなら閉店まで打ち切ることがベストであり、より多く収支を上げる為に当然の行為ということです。


ということで、パチスロで勝利を目指す上で、オカルトには一切のプラスが無いどころか、マイナス要素しかないという二見の考えをお伝えしました。

勿論、パチスロの楽しみ方としてオカルトを取り入れるということは全然オッケーだと思います。
オカルトを信じて打つことがダメだとも一切思いません。

ただ自分としては、パチスロで勝ちを目指す上で邪魔な思考でしかないということ。
それを無視して信じる立ち回りを徹底したことで、これまで納得のいく自分の中でのパチスロライフを送れてきたということでした。


まあ、今となってはそんなガチガチなつまらない立ち回り野郎ではありますが、パチスロ生活を始める前までは結構オカリストだったんですけどね(笑)

海物語で魚群が流れた後の50Gはヤメたらいけないとか、ギンギラパラダイスの設定1は1000Gハマらないから900Gハマリを見付けたらすかさず打つとか(笑)
あと、ハナビの850G以上のハマリを当たるまで打って折り返し100Gまで回すとかもやってましたね〜。
何故か大花火は、ハマリ台狙いが通用しないとかも言っていました(笑)

そんな時代もあっての今ということで。

本当は、オカルトに関しての話は一括りで、他にも書きたいことは沢山あったんですが、話も長くなってきましたので今回はここまで。
またの機会に続きが書ければと思います。

もし収支が伸び悩んでいて、もしかしたらオカルトに足を引っ張られている部分があるかもという方は参考にして頂ければ幸いです。


今回も最後までご覧頂き、ありがとうございました!
次回も宜しくお願い致します!!

 


【パチスロ立ち回り一問一答】

●ハナハナを制する者は名古屋のパチスロを制するとは本当ですか?
本当です(笑)
ただ、AT・ARTを制せれば尚良しだと思います!


●ホールは、自称専業ニートと一般のお客様、どちらに高設定を打ってほしいと思いますか?
価値観や状況によって違うと思います。
ちなみに僕が設定師をしていた時は、誰に高設定を打ってほしいというのは特に無かったですね。
勝負をしに来ている以上、どんな打ち手の人も平等だと考えていましたので。



【 人生パチスロ一筋 】 メニューへ





【換金可能】 目指せ一攫千金! オンラインスロットで電子マネーゲット!

一撃5,000枚も可能!オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」
特許取得により「換金」が可能となっている、オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」。

現在新台リリースイベントで大盛況! 前作に比べてボーナス確率はなんと【250%超】!
オール役からのボーナス解除や高確モードからの連チャンは圧倒的破壊力で一気に大爆発の可能性アリ!
今なら特別キャンペーン中!3000円分の無料ポイント配布中!




キャッシング比較情報/キャッシングコラム

頼れるキャッシング比較 | キャッシング・ローンを比較
自分に合う最適なキャッシングやローンを探すことができる徹底比較サイト。
銀行系キャッシング、低金利キャッシング、無利息キャッシングなど。




【姉妹サイト】 パチスロとも共通点の多い投資『FX』を徹底解説

≪ FX初心者向けFX講座 ≫
当サイトの姉妹サイトで、運営7年目を迎える老舗のFX初心者向け入門サイト。
特に人気のコンテンツを以下にご紹介。


■知識ゼロだけどFXに興味がある >> FX早分かり一問一答

■初めてFXに挑戦する場合はどのFX口座がいい? >> これからFXを始める人にお勧めなFX口座特集

■FX投資をしたいが忙しくて時間がない >> 投資のプロが作った売買プログラムで無料自動取引




≪最新機種解析/注目機種解析≫

■押忍!番長3
■北斗の拳 新伝説創造(北斗創造)
■SLOT魔法少女まどか☆マギカ2(まどマギ2)
■盗忍!剛衛門
■シンデレラブレイド3
■ミリオンゴッド〜神々の凱旋〜(ゴッド凱旋)
■アナザーゴッドハーデス
■アナザーゴッドポセイドン
■戦国パチスロ花の慶次〜天を穿つ戦槍〜(花の慶次4)
■政宗2
■忍魂 〜暁ノ章〜
■バイオハザードリベレーションズ(バイオハザード7)
■AKB48 勝利の女神(AKB勝利)
■スーパーミラクルジャグラー
■モンキーターンV(モンキーターン3)
■GI優駿倶楽部(ダービークラブ)
■エウレカセブンAO
■モンスターハンター狂竜戦線(モンハン狂竜)
■バジリスクV(バジリスク3)
■バジリスク絆
■クランキーセレブレーション
■北斗の拳 修羅の国篇(北斗修羅)
■3×3EYES(サザンアイズ)聖魔覚醒
■クレアの秘宝伝 眠りの塔とめざめの石
■バーサス
■パチスロ偽物語
■エヴァンゲリオン 魂を繋ぐもの
■ガールズ&パンツァー(ガルパン)
■ゴッドイーター
■ハナビ
■黄門ちゃま〜喝〜
■沖ドキ!
■押忍!サラリーマン番長



ページ最上部へ戻る

「パチスロ立ち回り講座」トップへ戻る