正統派パチスロ攻略サイト - パチスロ立ち回り講座 | HOME | はじめに | サイトマップ | お問い合わせ |


人生パチスロ一筋



上半期の収支・立ち回りを振り返って/ハイパーリノの登場に思う事 [2017/7/12(水)]

パチスロ立ち回り講座をご覧の皆様、メオトイワ〜!!


GOGOランプ


マイジャグ2の光か、マイジャグ3の光か。
どちらの光がよりビューティフルか。
寝る間を惜しんで考える男、二見りょうです。


突然ですが、上の写真と下の写真、どちらがマイジャグ2でどちらがマイジャグ3でしょうか!?


正解は…。


上がマイジャグ3で下がマイジャグ2でした!
一目見ただけで正解が分かったあなたには、ジャグリスト検定1級を進呈致します。


さて、2017年も半分が経過しましたが、皆様、上半期の戦績の方は如何でしたかね!?

今回、細かい戦績は割愛しますが、僕の2017年上半期戦績は過去最高レベルの絶不調でした。
連載でもちょくちょく大スランプだと報告していましたので、お察しだったかもしれませんね。

絶不調というと、過去最高レベルに収支が悪かったと思われるかもしれませんが、単純に収支額が過去の上半期の収支額と比べて悪かったということではありません。
今年の展望からこれくらいはいけるだろうと目論んでいた額を大幅に下回っているところで、絶不調だと感じています。

ん、となると、不調という言い方よりも、単なる読み間違えというのが正しいのかな。
まあ何にしても、納得のいく結果が残せていないということにおいて、自分にとって不調という表現は適しているのかと思います。

と、個人的にはテンションの上がらない上半期でしたが、そんな自分の現状も踏まえ、今回の一筋は、2017年上半期を終えての感想や今後の業界の展望等、二見が現在のスロシーンについて思うことをつらつらと語っていきたいと思います。

 


それではまず、二見個人の立ち回り内容や結果の話からいきましょう。

過去の連載でお伝えしました通り、1月から4月は内容もイマイチながら、過去最高レベルの下ムラを喰らうといった、二見のパチスロ史上、最高レベルに苦しい期間でした。

そして、なんとか大修行シーズンを抜けた5月は、今年の最高月間収支を記録。

迎えた上半期ラストの6月。
ここで5月を上回るか、せめて同等レベルの結果を残すことが出来れば、まだまだ今年も納得いくレベルで稼げるかもと考えていたところ。

結果の方は、1月〜4月よりは良かったものの、5月を大幅に下回る収支となりました。

では、何故この様な不甲斐ない結果に終わってしまったのか。

原因は。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●例年と比べて得意のAT・ART機の高設定ツモ回数が大幅に減った。
※昨年26回から今年8回へ激減

●その分、ノーマルタイプの推定高設定ツモ回数は増えたが、明らかに6よりも4・5といった内容が多かった。

●高設定狙いの合間を埋める天井・ゾーン狙いの総台数が減った。
※今年676台、昨年の約半分の台数

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


ノーマル・AT・ARTを問わない推定高設定のトータル数自体、前年の58回から52回へダウンしているし、天井・ゾーン狙いの総台数も激減しているしで、昨年より収支が減っているのは、積み重ねた期待値的にも当然と言えば当然ですね。
今年の状況予想、そして他の活動関連に時間を割くことも分かっていたので、昨年よりも下がるのは当然のことだと予想していました。
なので、昨年と比べて下がったということ自体は仕方の無いことかと。

問題なのは、「納得のいく結果が残せなかった」というところ。
下がるのは仕方ないにしても、納得のいく結果が残せていないということは、僕にとっては非常に重要なことなんですよね。

単純に収入が少なければ少ないほど苦しくなるというのはありますが、それより何よりも、勝つことで何かを伝えるということが僕の中でのパチスロライターとしての価値だと思っているからです。

僕の好きなライターさんのキャッチフレーズで、「パチスロは勝てるから面白いんだよ」という言葉があります。
正に僕も、パチスロに対して同じ気持ちを持ってこれまでライター業をやってきました。

勿論、勝ちか負けかだけで言ったら勝ってはいるので、勝ちに繋がる話は出来ます。
しかし、なんというか上手く言えませんが、納得いく結果が残せていないと、伝えられる立ち回りの話のパワーが半減してしまう気がするんですよね。

なので、ここから個人成績として浮上していけるかどうかが、ライター二見にとっての勝負どころだと考えております。

 


とまあ、二見の状況報告と、それに対する想いを綴らせて頂いたところで、お次は二見が想う今と、これからのパチスロ界のお話。

これから頑張っていかなければと決意はさせて貰ったんですが、正直なところ、今後のパチスロ界の動き次第では、自分の努力でどうのこうの出来る問題では無くなるのではないかなとも最近思っています。

それはやはり、5.9号機への移行。
そして、最近ネット等で噂になっている6号機の問題。

4号機の中期頃からパチスロを始めた二見ですが、これまで如何なる規制や困難が訪れようとも、そこに希望の光はあると予想して戦ってきました。

4号機から5号機へ移行する際は、それこそ大半のユーザーがパチスロ界の終了を予感し、実際にパチスロから離れていったユーザーも多かったですよね。
僕の周りでも専業を引退して仕事を始めた方や、趣味打ちですらしなくなった一般の打ち手の方も沢山いました。

そんな暗黒期であった4号機から5号機への移行時期でしたが、そんな時でも僕はまだ希望の光はあると予想して行動してきました。
結果、皆様ご存知の通り、当初では予想もされていなかったほどの繁栄が5号機にはありました。
4号機から4.5号機、そして5号機、イベント広告規制。
幾多の困難を乗り越えてきたと思います。

ただ、今回ばかりはヤバいんじゃないかと。

規制の内容を見れば当たり前といわれるかもしれません。
ですが僕は、そこにはまだ希望はあると考えていました。

僕がヤバいなと感じたのは、一つの機種の登場。
それは、ハイパーリノです。

先に断っておきますが、パチスロとして面白いとか面白くないとかでこの機種を取り上げたワケではありません。
ブロンディ今川さんも記事の最後にハイパーリノがすごく気になっていると言われていましたし、ゲーム性として楽しめるというのはあると思います。

なので、問題なのはゲーム性ではなく。

ご存知の方もおられると思いますが、1段階設定というやつ。
これが問題だなと。

メーカーさんは、これまでどれだけ苦しい規制をかけられた時代でも、厳しい規制の間隙を縫って、なんとかユーザーとホールに受け入れられる台を作っていこうという意思を感じてきました。
それこそが、これまでのパチスロ界の繁栄に繋がる要因の一つだと個人的には思います。

それが、このハイパーリノからは一切感じないどころか、ある意味において諦めにも感じました。
1段階設定て。

二見個人の予想で悪しからずですが、おそらくこの台は今後規制が厳しくなったところで、この手の台が通用するかどうかを確かめるために販売されたのではないかと。

実際のところ、このハイパーリノ自体は稼働もまずまず良好で、楽しんでいるユーザーも居られる様ですし、実際に自分の目でも稼働していることは確認しています。
なので、このハイパーリノ自体がどうのこうのという話ではないんです。

問題なのは、1段階設定。

昔から度々「いつまでパチスロで勝てると思いますか」と質問されることがあるんですが、その度に、「設定が1段階にならない限りは勝ち続けられると思う」と答えていました。
つまり僕の考え的に、もしもハイパーリノみたいな台ばかりになった時には、勝つこと、常勝することは難しくなるということです。

そして、これまた持論ではありますが、そうなった時にはパチスロ界も超絶に衰退すると考えています。
専業が全く残れないほどの状況になったパチスロ台に、魅力があるとはとても思えないんですよね。

パチスロには低設定と高設定があって、その高設定を使うホールがあったり低設定しか使わないホールがあったり。
そして高設定を求め、勝利を目指してユーザーが立ち回る。
この構図が成り立っているからこその業界の繁栄ではないでしょうか。

優良店の特定日に人が集まるのは何故か。
期待できる新台に人が集まるのは何故か。
僭越ながら、今一度メーカーさんにはじっくり考えていただきたいところですね。


もう少し話したいこともあったのですが、それはまたの機会にということで。
更に踏み込んだ話等、続編を求めて頂けるお声なんかがありましたら、またつらつらと業界について語ってみたいと思います。

今回も最後までご覧頂き、ありがとうございました!
次回も宜しくお願い致します!!

 


【パチスロ立ち回り一問一答】

●今回、なぜカイジ3をねらったかも、深く知りたいです。絆以外を設定狙いしたい人は多いです!
今回実戦したホールの特定日は、バラエティーコーナーも含め、満遍なく高設定が使われるという特徴がありました。
そして、カイジに関しては特定日以外でも初当たりが良好な時を度々目撃していたということもあります。

また、本文内でも書きましたが、設定変更=上げ下げの可能性大と予想しているホールだった為、朝一に触れなくても変更を見抜きやすいという点で手を出してみたということも理由の一つでした。


●カイジ3の回収は0枚?
●ちなみにカイジ3の収支は?

回収は146枚、収支はマイナス20kでした(涙)


●ゾーン&天井狙いの一覧記事お願いします!ハイエナバイブルとして!
また機会があれば触れますね!


●朝一でゲーム数が曖昧なのにチャンス目解除って言い切れるんですか?
チャンス目解除時の前兆ゲーム数は5G〜13Gまでで、ゲーム数解除時は大半が33G以上となります。
そして、この時はゲーム数解除の前兆には入っていない可能性が極めて高く、且つチャンス目成立から前兆がスタートし、11G目に当選したことで、チャンス目解除確定的と判断しました。


●あと数ヶ月で3000枚規制が始まるけど、二見的にそういう機種ばかりになってもやっていけそうな感じ?
本文にも書きましたが、簡単ではないかと思います。



【 人生パチスロ一筋 】 メニューへ





【換金可能】 目指せ一攫千金! オンラインスロットで電子マネーゲット!

一撃5,000枚も可能!オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」
特許取得により「換金」が可能となっている、オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」。

現在新台リリースイベントで大盛況! 前作に比べてボーナス確率はなんと【250%超】!
オール役からのボーナス解除や高確モードからの連チャンは圧倒的破壊力で一気に大爆発の可能性アリ!
今なら特別キャンペーン中!3000円分の無料ポイント配布中!




キャッシング比較情報/キャッシングコラム

頼れるキャッシング比較 | キャッシング・ローンを比較
自分に合う最適なキャッシングやローンを探すことができる徹底比較サイト。
銀行系キャッシング、低金利キャッシング、無利息キャッシングなど。




【姉妹サイト】 パチスロとも共通点の多い投資『FX』を徹底解説

≪ FX初心者向けFX講座 ≫
当サイトの姉妹サイトで、運営7年目を迎える老舗のFX初心者向け入門サイト。
特に人気のコンテンツを以下にご紹介。


■知識ゼロだけどFXに興味がある >> FX早分かり一問一答

■初めてFXに挑戦する場合はどのFX口座がいい? >> これからFXを始める人にお勧めなFX口座特集

■FX投資をしたいが忙しくて時間がない >> 投資のプロが作った売買プログラムで無料自動取引




≪最新機種解析/注目機種解析≫

■押忍!番長3
■北斗の拳 新伝説創造(北斗創造)
■SLOT魔法少女まどか☆マギカ2(まどマギ2)
■盗忍!剛衛門
■シンデレラブレイド3
■ミリオンゴッド〜神々の凱旋〜(ゴッド凱旋)
■アナザーゴッドハーデス
■アナザーゴッドポセイドン
■戦国パチスロ花の慶次〜天を穿つ戦槍〜(花の慶次4)
■政宗2
■忍魂 〜暁ノ章〜
■バイオハザードリベレーションズ(バイオハザード7)
■AKB48 勝利の女神(AKB勝利)
■スーパーミラクルジャグラー
■モンキーターンV(モンキーターン3)
■GI優駿倶楽部(ダービークラブ)
■エウレカセブンAO
■モンスターハンター狂竜戦線(モンハン狂竜)
■バジリスクV(バジリスク3)
■バジリスク絆
■クランキーセレブレーション
■北斗の拳 修羅の国篇(北斗修羅)
■3×3EYES(サザンアイズ)聖魔覚醒
■クレアの秘宝伝 眠りの塔とめざめの石
■バーサス
■パチスロ偽物語
■エヴァンゲリオン 魂を繋ぐもの
■ガールズ&パンツァー(ガルパン)
■ゴッドイーター
■ハナビ
■黄門ちゃま〜喝〜
■沖ドキ!
■押忍!サラリーマン番長



ページ最上部へ戻る

「パチスロ立ち回り講座」トップへ戻る