正統派パチスロ攻略サイト - パチスロ立ち回り講座 | HOME | はじめに | サイトマップ | お問い合わせ |


花の慶次〜これより我ら修羅に入る〜
〜解析・打ち方・攻略・スペック・天井・設定変更情報など〜



50音から機種を検索


花の慶次〜これより我ら修羅に入る〜 目次

損をしない為に知っておくべきポイント(注意点・ヤメ時・ペナルティ等)

筺体・リール配列

ボーナス出現率・機械割

通常時の打ち方・通常時の小役確率

ボーナスについて・ボーナス中の打ち方

通常時の革命的AT抽選方式「保留玉抽選」

保留玉によるAT抽選&自力チャンスゾーン抽選

通常時のモードについて

AT自力チャンスゾーン「傾奇ブレイク」について

AT「黎明の刻」について

天井について

主な設定差・立ち回り一言アドバイス

花の慶次〜これより我ら修羅に入る〜の一撃ランキング

打ち手の評価/評判/口コミ/感想



損をしない為に知っておくべきポイント(注意点・ヤメ時・ペナルティ等)

【基本情報】
●メーカー:ニューギン
●5号機
●戦国パチスロ花の慶次シリーズ第二弾
●AT特化機
●AT当選契機は、「規定ゲーム数消化」と「保留玉システムによる直撃抽選」と「自力チャンスゾーン」
●天井機能搭載


【機種タイプ】
ATのみでコインを増やすタイプ。


【技術介入要素】
ほとんど無し。
通常時とAT中にスイカとチェリーを取りこぼさないようにするだけ。


【ペナルティ】
●通常時
変則押しをするとペナルティが発生する場合がある。
押し順ナビ発生時以外は、必ず左リールから停止させること。

●AT中
押し順ナビに逆らうとペナルティが発生する場合がある。


【1000円あたりの回転数】
約32G


【ボーナスでの純増枚数】
ボーナスは存在しない。


【ATの概要】
●AT「黎明の刻」には、「戦鬼」と「修羅」の2タイプが存在
●「戦鬼」の初期ゲーム数は20G or 30G or 50G or 100G、「修羅」の初期ゲーム数は30G or 50G or 100G
●2つのATの違いは「赤7揃い成立確率」
●AT中の赤7揃いで大攻城戦ボーナス突入
●AT中の純増 : 1Gあたり約2.8枚


【ヤメ時】
●AT後
天国モードの可能性があるため、128Gまで回してからヤメる。


【天井】
AT間1400G消化で天井到達となり、AT当選が確定する。
天井の恩恵は、「修羅100G」。


【設定変更時】
天井到達までのゲーム数がリセットされる。
設定3以下は20%、設定4以上は33%で天国モードからスタート。



筺体・リール配列 - [花の慶次〜これより我ら修羅に入る〜]

筺体 リール配列
花の慶次〜これより我ら修羅に入る〜 筐体 花の慶次〜これより我ら修羅に入る〜 リール配列

(C)隆慶一郎・原哲夫・麻生未央/NSP 1990 版権許諾証YKZ-226
(C)Newgin



ボーナス出現率・機械割 - [花の慶次〜これより我ら修羅に入る〜]

ボーナス出現率
●AT初当たり
設定1 : 1/298
設定2 : 1/282
設定3 : 1/269
設定4 : 1/252
設定5 : 1/238
設定6 : 1/205
     



機械割
設定1 : 97%
設定2 : 99%
設定3 : 101%
設定4 : 104%
設定5 : 107%
設定6 : 112%
     



通常時の打ち方・通常時の小役確率 - [花の慶次〜これより我ら修羅に入る〜]

【通常時の打ち方】
まず、左リール枠上 or 上段にBARを狙う。
以降は、左リールの停止形により打ち分ける。

==左リール中段にチェリーが停止した場合==
中段チェリー確定。
中・右リールともに適当打ちでOK。

==左リール下段にチェリーが停止した場合==
弱チェリー or 強チェリー。
中リール適当打ち後、右リール枠下に2連赤7を狙う。
3連チェリーになれば強チェリー、それ以外ならば弱チェリー。

==左リール上段にスイカが停止した場合==
スイカ or チャンスリプレイ or チャンス目。
中リールにBARを狙い、右リールは適当打ちでOK。
リプレイが右上がりに揃えばチャンスリプレイ。
何も揃わなければチャンス目。

==左リール下段にBARが停止した場合==

中・右リールともに適当打ちでOK。
中段「リプレイ・リプレイ・ベル」が揃えばチャンスリプレイ。


※ペナルティについて※
変則押しをするとペナルティが発生する場合がある。
押し順ナビ発生時以外は、必ず左リールから停止させること。
 

【通常時の小役確率】
●リプレイ
全設定共通 : 1/2.9

●チャンスリプレイ
全設定共通 : 1/21.5

●上段ベル
全設定共通 : 1/62.2

●弱チェリー
設定1 : 1/70.5
設定2 : 1/72.0
設定3 : 1/73.6
設定4 : 1/75.3
設定5 : 1/77.1
設定6 : 1/79.0

●強チェリー
全設定共通 : 1/546.1

●中段チェリー
全設定共通 : 1/32768.0

●スイカ
設定1 : 1/71.2
設定2 : 1/69.7
設定3 : 1/68.3
設定4 : 1/66.9
設定5 : 1/65.5
設定6 : 1/64.3

●チャンス目
全設定共通 : 1/218.5

●純ハズレ
全設定共通 : 1/65536.0



ボーナスについて・ボーナス中の打ち方 - [花の慶次〜これより我ら修羅に入る〜]

ボーナスは存在しない。



通常時の革命的AT抽選方式「保留玉抽選」 - [花の慶次〜これより我ら修羅に入る〜]

花の慶次〜これより我ら修羅に入る〜では、革命的なAT抽選方式が搭載されている。
その名も、「保留玉抽選方式」。

まず、通常時は毎ゲーム「保留玉」を獲得。
成立役によって、獲得する保留玉の色が異なる。(ハズレなら白、スイカなら緑、といった具合に)

そして、獲得した保留玉が使われるのは4G後
ここで、「AT抽選」と「自力チャンスゾーン抽選」が行われる。

この抽選の際、ロゴ可動体がオープンしていればアツい!
ロゴ可動体は、主にチャンスリプレイ成立後にオープンする。
 

【各小役成立時の獲得保留玉】
小役成立時は、必ずいずれかの保留玉を獲得する。
成立した小役の種類によって、獲得できる保留玉が異なる。
灼玉を獲得できれば、その時点でAT当選が確定!

なお保留玉振り分けの設定差についてだが、振り分け率に多少の設定差があるも、判別に使えるようなレベルではない。
なので、どの保留玉に振り分けられるかは、ほぼ設定差無しのヒキ勝負と考えてOK。

小役成立時の保留玉振り分けの詳細については以下の通り。

●ハズレ時(押し順ベル取りこぼし時)
⇒白玉確定

●リプレイ成立時
⇒青玉確定

●リプレイ4連続成立時
⇒家紋玉確定

●上段ベル成立時
⇒ほぼ黄玉、稀に家紋玉、ごく稀に熱玉 or 灼玉

●弱チェリー成立時
⇒ほぼ赤玉、稀に家紋玉、ごく稀に灼玉

●強チェリー成立時
⇒ほぼ熱玉、ごく稀に家紋玉

●中段チェリー成立時
⇒灼玉確定

●スイカ成立時
⇒ほぼ緑玉、稀に熱玉 or 家紋玉、ごく稀に灼玉

●チャンス目成立時
⇒ほぼ紫玉、稀に熱玉、ごく稀に家紋玉 or 灼玉

●純ハズレ成立時
⇒虎柄玉確定



保留玉によるAT抽選&自力チャンスゾーン抽選 - [花の慶次〜これより我ら修羅に入る〜]

通常時は、獲得した保留玉の種類に応じて、AT直撃抽選&自力チャンスゾーン「傾奇ブレイク」の抽選が行われる。
当選率は、「通常消化」か「ロゴ入賞」かによって異なる。

各保留玉からの当選率は以下の通り。
 

【通常消化時】
●白玉/青玉
ほぼハズレ確定。

●黄玉
約1%で傾奇ブレイク当選。

●赤玉
約2%で傾奇ブレイク当選。

●緑玉
基本的にはハズレだが、ごく稀にAT or 傾奇ブレイクに当選する。

●紫玉
約6%で傾奇ブレイク当選、約4%でAT直撃当選。

●家紋玉
約5%で傾奇ブレイク当選。

●熱玉
約15%で傾奇ブレイク当選、約10%〜15%でAT直撃当選。

●灼玉
AT当選が確定。
 

【ロゴ可動体入賞時】
●白玉/青玉
99%以上はハズレだが、ごく稀にAT or 傾奇ブレイクに当選する。

●黄玉
約10%で傾奇ブレイク当選、ごく稀にAT直撃当選もある。

●赤玉
約12%で傾奇ブレイク当選、約1%でAT直撃当選。

●緑玉
約1.5%で傾奇ブレイク当選、約20%でAT直撃当選。

●紫玉
約12%で傾奇ブレイク当選、約31%〜38%でAT直撃当選。

●家紋玉
傾奇ブレイク当選が確定。

●熱玉
約65%で傾奇ブレイク当選、約35%でAT直撃当選。

●灼玉
修羅ATの当選が確定。



通常時のモードについて - [花の慶次〜これより我ら修羅に入る〜]

花の慶次〜これより我ら修羅に入る〜の通常時には、3つのモードが存在する。
滞在するモードによって、AT当選までの規定消化ゲーム数振り分けが異なる。

各モードの特徴については以下の通り。

●通常Aモード
天井は1400G。
チャンスとなるゾーンは「225G〜256G」・「353G〜384G」・「609G〜640G」・「900G以降」。
最深部である1400Gまでハマれば、修羅AT100Gが確定する。

●通常Bモード
天井は1280G。
チャンスとなるゾーンは「225G〜256G」・「481G〜512G」・「737G〜768G」・「1000G以降」。

●天国モード
天井は128G。



AT自力チャンスゾーン「傾奇ブレイク」について - [花の慶次〜これより我ら修羅に入る〜]

花の慶次〜これより我ら修羅に入る〜には、「傾奇ブレイク」と呼ばれるAT自力チャンスゾーンが存在する。
1セット4Gで、継続性あり。

傾奇ブレイク中は高確率でAT抽選が行われている。
一度の傾奇ブレイクでのAT当選期待度は約30%。

保留玉破壊に成功すれば、AT「黎明の刻」へ突入する。
 

【傾奇ブレイクの継続率】
傾奇ブレイクは、1セットである4G消化ごとに継続抽選が行われる。

1セット目消化後は、約8割の確率で2セット目へと移行する。
2セット目以降は、約4割の確率で継続していく。
 

【傾奇ブレイク中のAT抽選】
傾奇ブレイク中は、「保留玉による抽選」と「レア小役による抽選」のダブル抽選が行われる。


まずは、「保留玉による抽選」について。
各保留玉によるAT当選率は以下の通り。

●白玉/青玉 ⇒ 約1/75
●黄玉 ⇒ 約1/7
●赤玉 ⇒ 約1/5
●緑玉 ⇒ 約1/3
●紫玉 ⇒ 約1/2
●家紋玉 ⇒ 約2/3
●熱玉/灼玉 ⇒ AT確定


次に、「レア小役による抽選」について。
各レア小役成立時のAT当選率は以下の通り。

●上段ベル ⇒ 約1/20
●チャンスリプレイ ⇒ 約1/20
●弱チェリー ⇒ 約1/12
●強チェリー ⇒ 約1/2
●中段チェリー ⇒ AT確定
●スイカ ⇒ 約1/5
●チャンス目 ⇒ 約1/3



AT「黎明の刻」について - [花の慶次〜これより我ら修羅に入る〜]

花の慶次〜これより我ら修羅に入る〜には、「黎明の刻」と呼ばれるAT機能が搭載されている。
 

【AT当選契機】
●規定ゲーム数消化

●通常時の保留玉抽選による直撃

●自力チャンスゾーン「傾奇ブレイク」中のAT抽選に当選
 

【ATの基本仕様】
ATは、「戦鬼」と「修羅」の2種類が存在。

2つのATの違いは「赤7揃い成立確率」と「AT初期ゲーム数」。
ともに「修羅」の方が優遇されている。

AT中に赤7揃いが成立すれば、1セット34G継続の疑似ボーナス「大攻城戦ボーナス」への突入が確定する。
 

【各ATの概要】
「戦鬼」の初期ゲーム数は、20G or 30G or 50G or 100G。
赤揃い確率は約1/19。

「修羅」の初期ゲーム数は30G or 50G or 100G。
赤揃い確率は約1/10。
 

【ATの初期ゲーム数振り分け】
ATスタート時には、AT初期ゲーム数振り分けが行われる。
高設定ほど、最低初期ゲーム数である「戦鬼20G」の選択率が低くなる。
詳細については以下の通り。

●戦鬼20G
設定1〜3 : 75%
設定4〜6 : 64%

●戦鬼30G
設定1〜3 : 22%
設定4〜6 : 30%

●戦鬼50G
設定1〜3 : 1.5%
設定4〜6 : 3%

●戦鬼100G
設定1〜3 : 0.1%
設定4〜6 : 0.1%

●修羅30G
設定1〜3 : 1.5%
設定4〜6 : 3%

●修羅50G
設定1〜3 : 0.1%
設定4〜6 : 0.2%

※1400Gハマリからの解除時のみ、修羅100G確定
 

【AT中のレア小役成立時】
AT中のレア小役成立時には、ATゲーム数上乗せ抽選が行われる。
当選時は、戦鬼5G〜100G or 修羅10G〜50Gの範囲で上乗せが行われる。
稀に、戦鬼と修羅のダブル上乗せが発生する場合もあり。
 

【AT中限定の疑似ボーナス「大攻城戦ボーナス」】
大攻城戦ボーナスとはAT中限定の疑似ボーナスで、AT中の赤7揃いによって突入する。
1セット34G継続で、純増は約100枚。

基本的にAT中は、この大攻城戦ボーナス突入を目指す形となる。

一度の赤7揃いから、最大7セットまで継続する可能性あり。
ラスト4Gで繰り広げられる、シリーズお馴染の城門突破演出に成功すれば継続。

なお大攻城戦ボーナス中のレア小役成立時は、ATゲーム数の上乗せ抽選が行われる。


大攻城戦ボーナスの継続システムだが、1セット消化ごとに継続抽選が行われているわけではなく、大攻城戦ボーナススタート時にあらかじめ継続するセット数が振り分けられる。
セット数振り分けは、約2/3で1セット終了、約1/4で2セット終了が選択され、3セット以上へ振り分けられる割合は約1/20。

そして決められたセット数に応じて、36通りあるシナリオの中からいずれかが選択され、そのシナリオに沿って城門突破演出が進められる。

≪シナリオ例≫
@壱の門 ⇒ 壱の門 ⇒ 弐の門 ⇒ 終了
A壱の門 ⇒ 弐の門 ⇒ 参の門 ⇒ 参の門 ⇒ 終了
B壱の門 ⇒ 弐の門 ⇒ 弐の門 ⇒ 参の門 ⇒ 四の門 ⇒ 四の門 ⇒ 大乱制覇
 

【0G連上乗せ「天武の極」】
前作にも搭載されていた「天武の極」が、さらにパワーアップ!
今作では、80%ループの0G連でATゲーム数を上乗せする。

上乗せパターンも、「戦鬼のゲーム数のみ上乗せ」・「修羅のゲーム数のみ上乗せ」・「戦鬼と修羅のダブル上乗せ」と多彩。

天武の極へは、「大攻城戦ボーナス中の赤7揃いの一部」から突入。
天武の極突入の流れとしては、

大攻城戦ボーナス中に赤7揃い ⇒ 赤7の傾奇玉獲得 ⇒ 真城門突破演出へ ⇒ 成功 ⇒ 天武の極へ

・・・となる。

天武の極中は、青7揃いなら戦鬼10G以上、赤7揃いなら修羅10G以上、BAR揃いなら戦鬼10G&修羅10G以上、の上乗せが確定する。
 

【AT中の打ち方】
押し順ナビ発生時はそれに従って消化。
演出発生時は、通常時と同じ打ち方でスイカとチェリーをフォロー。
その他の場合は適当打ちでOK。
 

【AT中の純増】
AT中は、1Gあたり約2.8枚のペースでコインが増加していく。



天井について - [花の慶次〜これより我ら修羅に入る〜]

花の慶次〜これより我ら修羅に入る〜には、天井機能が搭載されている。

AT後1400G消化で天井到達となり、AT当選が確定する。
天井の恩恵は、「修羅100G」。

なお設定変更後は、天井到達までのゲーム数がクリアされる。



主な設定差・立ち回り一言アドバイス - [花の慶次〜これより我ら修羅に入る〜]

【設定6は、AT解除ゲーム数をチェックすれば丸分かり!】
設定6は、ゲーム数解除によるAT当選率に大きな特徴が存在する。

まず設定6は、225G〜256Gのゾーン(これに前兆の32Gを加えたゲーム数)でのAT解除が非常に多い。
このゾーンでのゲーム数解除率は、通常Aモード・通常Bモードのどちらも30%を超える。

そのため設定6のみ、「前兆込みで288G以内」でのゲーム数解除が非常に多くなり、通常Aモード・通常Bモードのどちらに滞在していても、約50%の割合で288G以内でAT当選となる。

この50%というのは、ゲーム数解除による当選だけを考えた割合なので、ここに保留玉でのAT直撃当選や傾奇ブレイクによるAT当選、天国モード移行なども考慮すると、設定6は288G以上のハマリがほとんど発生しない、ということになる。

よって、AT終了後に連続で288Gを超えるような台は設定6の可能性がかなり低くなり、3連続で288Gを超えるようなら設定6は絶望的となる。

288G以上のハマリがほとんどないような台があれば設定6濃厚なので、是非とも粘ろう。
 

【大攻城戦ボーナス中のシナリオ】
大攻城戦ボーナスにて、4連続で城門を突破して5セット目で大乱制覇となった場合は、設定4以上がほぼ確定する。
このシナリオが選択されるのは、設定3以下ではほぼありえないため。
 

【AT初期ゲーム数振り分け】
AT初期ゲーム数振り分けには、多少の設定差が設けられている。
設定4以上の場合は、最低の初期ゲーム数である「戦鬼20G」が選択される割合が低くなる。

●戦鬼20G
設定1〜3 : 75%
設定4〜6 : 64%

そこまで大きな差はないが、戦鬼20G以外が選択されることが多いような場合には様子を見てみよう。
 

【AT初当たりでざっくりと設定を推測】
AT特化機なので、当然AT初当たり確率も参考になる。
単純に、高設定ほどAT初当たりが多くなる。

●AT初当たり
設定1 : 1/298
設定2 : 1/282
設定3 : 1/269
設定4 : 1/252
設定5 : 1/238
設定6 : 1/205



打ち手の評価/評判/口コミ/感想 - [花の慶次〜これより我ら修羅に入る〜]

【 「花の慶次〜これより我ら修羅に入る〜」に対する評価・感想を投稿する 】

【評価平均(5点満点)】
2.6点
※投稿総数 : 31件
【評価内訳】
★★★★★(5点) : 5件
★★★★☆(4点) : 5件
★★★☆☆(3点) : 5件
★★☆☆☆(2点) : 5件
★☆☆☆☆(1点) : 11件

投稿者 トレボー さん 年代/性別 50代/男性 投稿日 2015/3/12
【花の慶次〜これより我ら修羅に入る〜の評価】
★★★★★(5点)

【花の慶次〜これより我ら修羅に入る〜の感想・口コミ】
何でこんなに好きなのだろう。
パチスロ歴30年位?但し「楽しみ」派。

最近は収入の点から5スロしか打ってない。
当たらなければ楽しく無いので、勉強はそれなりに。
場末の5スロ、花の慶次修羅なので、高設定なんてハナから期待してない。
でも楽しい!

気合の込めどころが複数あるのが、単調を救ってくれるのが丸。
リプ4連の家紋玉でもそこでチェッカーが開けば取り敢えずドキドキ出来るのも丸。
ブレイクの継続、強い役の引き、でドキドキ。
これってゲーム数解除のダミーの奴がある様な?謎の解除がたまにある。

ATが殆ど20でもしょうがない。
これは上乗せゾーンなのです。
ボーナス中はひたすら連チャンのサインを願おう!
これが出玉を安定させる一番の要素の様な気がする。

慶次の金文字、城の大火、望遠鏡の慶次、鬨の声とか沢山あるし、これが無いと期待薄。
煽り演出が氾濫する機種で此処だけ鉄板が多いのは不思議である。

まだ半分も書いて無いが、字数がソロソロかと。
中段チェリーは10回位引いている筈。
未だ飽きない。

投稿者 石田ダイキチ さん 年代/性別 40代/男性 投稿日 2014/8/11
【花の慶次〜これより我ら修羅に入る〜の評価】
★★★☆☆(3点)

【花の慶次〜これより我ら修羅に入る〜の感想・口コミ】
慶次には一発台というイメージしか抱いていなかったのでずっと敬遠してましたが、最近になって何度か打ちました。
あくまでも設定6に対する評価です。

前作、今作ともに設定6濃厚台を打った事があります。
ちなみに、前作は「大儀であった」+「REG中のテーブル2が選択」発生台、今作は初当たり12回全てが256G以内の当たりだったので設定6濃厚でした。

設定6を前作と比較してどちらが爆発しやすいか、と言えば、どちらも設定不問のヒキ次第という印象です。
設定1でも爆発するけど設定6でも爆発しない。
爆発しやすいか否かという事を差し引いて、どちらの設定6が安定するか、という点については今作に分があるかもしれません。

前作ももちろん設定6ならART当選率が優遇されてるんでしょうが、当選するかどうかは結局ヒキ次第。
しかし今作は自力解除の他にゲーム数解除もあるので、かなりの割合で(自分の実戦では100%でしたが)256G以内に自動的に(?)当たります。
ここでヒキを要求されない訳です。
当たりが格段に軽いのでその分チャンスが増えます。
あくまでもチャンスですけどね。
したがって安定感は強いです。

ただし、どんどんコインが増えていくという訳ではなく、あくまでも「安定」です。
一撃2000枚出すなら前作の方が優れていたような印象があります。

今作は当たりを重ねてジワジワとコインを増やす。
設定6に限って言えば一発台ではありませんでした。
その点、前作は設定6でも一発台の要素が強かったですね。
ま、自分にとってはそんな事はどうでもいいんですが。

興味があるのは仕様、システム。
その点、前作にはあまり興味が湧きませんでした。
しかし今作、特徴的なのはなんと言ってもAT中の擬似ボーナス…ではなく、チャンスリプレイの存在ですね。
特に通常時のロゴ解放。
その他ボーナス中のロゴ全開、黎明の刻中のボーナス抽選等々、このチャンスリプレイを主軸にゲーム性を構築しようとしたのだろうと推察するんですが、そのアイディアは称賛に値すると思いました。
まぁ、まずは保留玉というアイディアありきだったんでしょうが。

が、実際にはゲーム性の鍵になる筈だったチャンスリプレイを活かしきれていない印象が強いですね。
通常時、ボーナス中ともロゴ解放の恩恵を受ける機会、回数がかなり少ないですし、ボーナス中は普通にレア役で上乗せ高確にしたっていい訳です。
この点、中途半端で未消化な感じですね。

ただただロゴが虚しく開いては閉じる。
どうせなら全ての状況でこのチャンスリプレイ(ロゴ解放という仕様も含めて)にもっと重点を置いても良かったんじゃないかと思います。
もちろん重点を置くという事はその他の部分が削られるという事になりますが、たとえそうだとしても、チャンスリプレイにゲーム性を担わせるならもっと重点を置いた方が機種の個性としてのゲーム性が強くなって良かったんじゃないかと思うんですよね。
まぁそれはある意味冒険でもあるんでしょうが。

とにかく中途半端な感じでした。
ま、それでも★は3つです。
あくまでも設定6限定の評価ですが。

ちなみに★3つの内の2つは「キセルからの7揃い」です。
この機種を打つ一番の理由が「キセルからの7揃い」ですからね…。
アレは気持ち良すぎます。
アレが無かったら打たないでしょう。

良くも悪くも「慶次」ですね。
キセルや金文字をハズしてはいけません、って5号機のルールブックに書いてないんですかね?(笑)
連打の準備をしろと言われたのに、準備に費やした数秒と心の高揚を返して欲しい。

前作、からの今作。
受け継いだ「天下無双の煽り」。
なんかもう…
「わざとやってる?」という気がしますね。

何故かと言えば…

それが慶次だから

です。

ここまで来ると、もしも次回作があるなら是非とも天下無双の煽りのDNAを受け継いで欲しいですね。

投稿者 なな さん 年代/性別 30代/女性 投稿日 2014/6/5
【花の慶次〜これより我ら修羅に入る〜の評価】
★★★★★(5点)

【花の慶次〜これより我ら修羅に入る〜の感想・口コミ】
しまった・・・
最近スロを始めてサイト等を見てはいたのですが、毎回250G以内に当たっていたものの、1回嵌ったので設定3〜4位だろうけど、6はないだろうなぁと思い、連荘終わって150G程回して止めたのですが、ここのサイトを見る限り設定6だった可能性が高い・・・。
しっかり勉強しないとダメですね。

ただ・・・慶次は2回打ちましたが面白い!
当たってるからでしょ・・・と言われたらそれまでなんですが、演出が面白いです。

あんまり人気がないみたいなので、ホールに行くと高確率で座れるので当分は慶次に遊んでもらいます。
ただ・・音が大きいのでちょっとうるさいのが気になる。。

投稿者 yurinngo さん 年代/性別 20代/男性 投稿日 2014/5/3
【花の慶次〜これより我ら修羅に入る〜の評価】
★★★★☆(4点)

【花の慶次〜これより我ら修羅に入る〜の感想・口コミ】
パチンコから慶次シリーズずっと打ってます。
派手な演出がニューギンらしくて好きです(笑)

今日やっと天武の極ひいた。
戦鬼100、修羅80で総黎明の刻360G、これで5800枚でした。

これで慶次も引退かもです。
天井狙いだけかな。

好きでなければ、打ちません…。
辛いです。

投稿者 エクスカリパー さん 年代/性別 30代/男性 投稿日 2014/4/19
【花の慶次〜これより我ら修羅に入る〜の評価】
★☆☆☆☆(1点)

【花の慶次〜これより我ら修羅に入る〜の感想・口コミ】
まず、天国解除後128をすかされてしまった台は打っても全く意味ありません。
強チェリーは出現率低すぎる癖に、熱保留あっても全く当たらず、チャンス目もキセルも空気です。
僕が打たなければ天国解除がなくても300までよく当たるのに、僕が打てば、900→300→600等超巨大ハマり喰らうこと多すぎです。

打ってて一番マシな展開があっても、128内解除したときだけで1000枚以上すら稼いだ記憶が全くないです。
2000枚以上負けることが非常に多いっていうのに…

というか、前作の慶次もあまりおいしい思いしたことがないし、パチ慶次も全く勝ったことがないので、慶次との相性も超最悪ですね・・・
恐らく、逆万枚喰らう自信は大いにあると思います。

[ 花の慶次〜これより我ら修羅に入る〜の評価/口コミを全件見る ]
 


花の慶次〜これより我ら修羅に入る〜に対する、皆様の感想や評価をお送りいただけますとありがたいです!
以下のリンクをクリックし、開いたフォームよりご投稿ください。
投稿内容を確認させていただいた後、当ページへご投稿内容を反映させていただきます。

是非お気軽にご投稿いただければと思います。

【 「花の慶次〜これより我ら修羅に入る〜」に対する評価・感想を投稿する 】

※評価・感想投稿についてのガイドライン





【換金可能】 目指せ一攫千金! オンラインスロットで電子マネーゲット!

一撃5,000枚も可能!オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」
特許取得により「換金」が可能となっている、オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」。

現在新台リリースイベントで大盛況! 前作に比べてボーナス確率はなんと【250%超】!
オール役からのボーナス解除や高確モードからの連チャンは圧倒的破壊力で一気に大爆発の可能性アリ!
1000円分の無料ポイントでまずはお試しを。




キャッシング比較情報/キャッシングコラム

頼れるキャッシング比較 | キャッシング・ローンを比較
自分に合う最適なキャッシングやローンを探すことができる徹底比較サイト。
銀行系キャッシング、低金利キャッシング、無利息キャッシングなど。




【姉妹サイト】 パチスロとも共通点の多い投資『FX』を徹底解説

≪ FX初心者向けFX講座 ≫
当サイトの姉妹サイトで、運営7年目を迎える老舗のFX初心者向け入門サイト。
特に人気のコンテンツを以下にご紹介。


■知識ゼロだけどFXに興味がある >> FX早分かり一問一答

■初めてFXに挑戦する場合はどのFX口座がいい? >> これからFXを始める人にお勧めなFX口座特集

■FX投資をしたいが忙しくて時間がない >> 投資のプロが作った売買プログラムで無料自動取引




≪最新機種/注目機種≫

エウレカセブンAO
弱虫ペダル
モンスターハンター狂竜戦線(モンハン狂竜)
麻雀格闘倶楽部2
パチスロ犬夜叉
涼宮ハルヒの憂鬱
バジリスクV
ウィッチマスター
クランキーセレブレーション
北斗修羅
まどか☆マギカ2(まどマギ2)
天下布武3
BLOOD+ 二人の女王
クレアの秘宝伝2
デビルメイクライ クロス
バーサス
コードギアス2
北斗強敵
偽物語
バジリスク絆
ゴッドイーター
ミリオンゴッド凱旋
沖ドキ
ガールズ&パンツァー(ガルパン)



ページ最上部へ戻る

「パチスロ立ち回り講座」トップへ戻る